スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13節 コムニカシオーネス - ハラパ 

コムニカシオーネス 1 – 1 ハラパ
3月29日17:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:ルベン・カステヤーノス

どちらもスタメンの選手を何人かU-23に貸し出しておりました。
クレマはコントレラスが、
ハラパはカストリーヨとマルケスがスタメン復帰。

クレマ
GK: David Guerra
DF: Iverton Paes, Saúl De Mata (RSB), Luis Rodríguez, Álvaro Jiménez (LSB),
MF: José Contreras (RSH), Édgar Cotto (31’ Fabián Muñoz) (70’ Marco Tulio Ciani), Gustavo Cabrera (LSH), Rigoberto Gómez ©
FW: Dwight Pezzarossi (70’ Tránsito Montepeque), Rolando Fonseca
DT: Iván Sopegno
ダビッド・ゲーラ、今日のユニは黒にピンク、グラブもピンク。
乳癌撲滅キャンペーンを応援します!ってことみたいですが・・・・・・。
でもごめん、大写しになるたびに目がテンになってしまうよ。

ハラパ
GK: Luis Pedro Molina
DF: Nicolás Ángel López, Edy Cabrera, Carlos Castrillo (RSB), Carlos Gallardo (LSB)
MF: Jean Márquez (LSH), Jorge Dos Santos (85’ Josué Castro), Juan Manuel Orellana (65’ Jairo Cardona), Julián Chacón (RSH)
FW: Adrián Apellaniz, Juan José Castilo (78’ Erwin Godoy)
DT: Julio González





どちらも中盤で競っているかなぁ・・・、
11分、いきなりアペラニスがジャストミートなミドル!
ガトちゃんがかろうじて抑える。


12分、サウル・デ・マタが右サイド奥からマイナスのクロス、
コットがシュートしよう!としたところにエディ・カブレラが飛び込んでくる。
カブレラの膝がコットの足首に入ったようで、うずくまるコット君。


16分、カスティーヨのクロス、アペラニスがフリーで抜け出し、
シュートしようとしたところでボールが足から離れる。
そこにロドリゲスがすべりこんでクリアーするんだけれど、
ボールはかろうじてポストの外を通過。
あやうくオウンゴールだったけれど、ロドリゲス、良く追いついた。
てか、アペラニスをフリーにしてどうする、って言うべきか・・・・・・。


31分、クレマの交代。コットが下がってファビアン・ムニョス。
コット、足を痛めたこともありますが、
ボランチを1人切って、もう少し攻撃的に行くぞ!ってことかな。
コット、足を手当てしてるけれど、足首の関節を痛めた模様。痛そ。
コントレラスがやや後ろ目にポジションを移したようです。


マルケス、帰ってきてから髪を切った?
いや、アメリカで切ってきたのかもしれないけれど。
いつになく頭がさっぱりして、大人びて見える。


アペラニスもキレてるね、
マークが2人くらいついていても、
気にせずにシュートしたり、クロス入れたり。
特にミドルがいい感じで飛んでいくので、ガトちゃん結構大変です。


一方、クレマはといいますと、FWがイマイチかなぁ~、
ロロなんか、絶好のシュートチャンスを逃してるし・・・・・・。
OHのグスタボ。ん・・・、ちょっと微妙かも。
クリエイティブ、ってタイプじゃないしね。
運動量で勝負するタイプで、それなりに頑張っていて、
相手によっては運動量で勝てるのかもしれないけれど、
器用な選手の多いハラパでは、ちょっと分が悪いような感じ。
ボール持って上がっていって
兄ちゃんにスライディングされるシーンもあって、なかなか楽しい。


45分、半月手前からクレマのFK。
ロロの蹴ったボールはモリナの右ポストに当たって跳ね返る、
いわゆる「ペンキはがしシュート」。
ハラパにとってはラッキーでした。





後半立ち上がり、クレマが前よりプレッシャーをかけ始めた。
ハラパは前半のようにボールを回せなくなってきたけれど、
それでもボール回しがうまいのはハラパの方かな。


アペラニス、風邪引きなんだそうです。
あまり寒くない日でよかったけれど、大丈夫か。
その割には結構ボールに絡んでいて、
あまり体調が悪いという風には見えないけれどね。


65分、ハラパの選手交代。
カルドナが入ってオレヤナがアウト。
オレヤナ、ちょっと足を引きずっているみたい?
ゆっくりゆっくり帰ってくる。それとも単なる時間稼ぎか・・・。
スタンドからは罵声が飛んでるよ~。


67分、クレマDFがこぼしたボールを拾って
アペラニスが左足を振りぬく。
ゲーラ、何とかとびついたけれど、いいシュートだった~。


引き分けでもいいよ~って感じでゆるゆるとパスを回すハラパに、
勝ちたいクレマは強引に突っ込むけれど、
どうもうまくかわされている感じだなぁ~。


80分、縦パスを受けて、
なぜかするりとフリーになっちゃうアペラニスがティヘレッタ。
これもガト・ゲーラがうまく反応してはじいたけれど・・・、
ほらほら、ガトちゃんが怒ってる。何やっとんじゃ~、DF!って。
はいはい、ごもっともだけれど、ピンクユニじゃあ、迫力ないかも・・・。


85分にハラパは最後の交代。
デデーが出て、ホスエ・カストロ。
引き分けでいいよ、ってことですな。


で、このまま引き分けかぁ~と思ったら。
88分、トゥカン・ゴドイがゴール!!
チャコンの縦パスに、
最終ラインから抜け出したゴトイが頭でぽん!とやると、
ジャンプして手を伸ばしたガトちゃんの手の上を越えて、ゴールにするり。
わ~!!


って書いてる途中から今度はクレマがゴールだぁ~!!!
91分、モリーナが不用意に前に出たところをつかれて同点。
エリアぎりぎりに出たボール、
取りに出るんだけれど、
エリアの外にぽとんと落ちて、ボールはモリーナから逃げていく。
それを拾ってコントレラスがシュート。
あ、あかんよ、モリーナ・・・・・・。


というわけで、最後になって無茶苦茶盛り上がった試合でしたが、
結果はやっぱり引き分け。


ハラパってアウェーで、しかもクレマ相手でも、
引いて守らないから見てておもしろい。
それでいて、危うく勝つところだったし。


モリーナは今日は眠れないかもな・・・・・・。





得点
88分ゴドイ(0-1)、91分コントレラス(1-1)

警告
パエス、ヒメネス、モンテペケ(以上クレマ)、ロペス、オレヤナ、カストリーヨ、チャコン(以上ハラパ)


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ハラパ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/325-4e8361ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。