スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッター大親分のグアテマラ訪問 

今週、グアテマラシティーでIOC総会が開催されておりました。
というか、まだされております(明日7日で全日程が終了するらしい)。


そのIOC総会へ、サッカー界の大元締め、
FIFAのジョセフ・ブラッター大親分も参加しておりました。
なんで???と思ったのですが、IOCの委員なんだそうで、
2014年の冬季五輪の開催地決定の投票なんかもして、
グアテのアロヨ大親分や諸々と話もして、今日、メキシコへ飛んだとんだとか。


まあでもブラッター大親分と言えば、
目下のところ「3000m以上の高地での代表の試合禁止宣言」で注目を集めております。
「だって、2500m以上でプレーするのは身体に悪いって、医者が言ってるんだもーん」
と医者に罪をなすりつける大親分。ん?じゃ、なんで3000mまで緩和したの?


緩和措置で他の国が軒並み「試合OK」になったのに、
首都ラ・パスが3600mのボリビアは、
エボ・モラレス大統領が自らもっと高いところでボールを蹴っ飛ばして
「死なないヨ」とパフォーマンスしたり、
スイスまでブラッター大親分を電撃訪問したり。


エボのしつこさに辟易した?ブラッター大親分、
「ワシ、別に高地で試合することに反対しとるわけやないで。
医者が身体に悪い、ゆーんや」
「おまけにCONMEBOLの加盟国10カ国から、
ラ・パスで試合してもええよ、ってレターもらったしな。
ラ・パスは例外にしてやってもえーかと思うとる。
なんたって首都やからな。
ま、まだ結論は出せんけど、政治的決着をつけてやろかと考えとるんよ」
とかなり後退した発言。


どうやら、首都に限って例外を認める、というところで決着がつきそうな感じです。
結論は8月頃になる、ということのようですが、さて、まだ二転三転するんでしょうかね?


ちなみにグアテマラの首都グアテマラシティーは1500m。健康的でっせー。


*タグ/ブラッター大親分

コメント

この話もね~

まあ要は、ペルー辺りが
「予選はクスコでやりゃあいいんだべ! そうすりゃ絶対おらっちが勝つべ!」とか言い出したのが元じゃないか、と実は疑ってます。
だから、首都の場合はOKになってもまあ不思議はないですよね。
てか、ホント、今の段階だとボリビアだけかわいそうだし。
いつブラッター大親分が折れるか、楽しみに待ってるんですけどね(笑。

しかしホント、3000mだ4000mだって話を聞いてると、
1500mなんてかわい~もんですよね。
メキシコシティの2300mだって大したことないしぃv-40

そうそう

ブラッター大親分、最初は威勢が良かったんですけれど、
なんだか話を聞くたびにどんどん威勢が悪くなっていって(笑

グアテマラも標高4000mくらいのところを首都にしとけば良かったかもね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/32-a9413134

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。