スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12節 最初の4試合 

CONCACAFチャンピオンズのロホス-ヒューストン戦の当日、
U-23の準決勝ホンジュラス戦の前日に行われた第12節。
1試合も見てません。
いや、かろうじてハラパの試合は部分的に見てたりしたんですが、
肝心なところはどうやら見落としたらしい。
ニュースでも見なかったし・・・。


まあそんなわけで、新聞報道から拾ってます。
なおこの12節、ロホス-シェラフ戦は4月に延期となっています。


エレディア 2 – 4 クレマ
3月19日15:00、フリアン・テスクン競技場(サン・ホセ)
主審:オスカル・レイナ


お尻に火がついてきたエレディア、勝たないといけない試合でしたが
クレマの勢いにやられたか。


先制したのはエレディア。
37分、クレマDFがクリアーしたボールをフリオ・バネガスが拾い、
ルイス・ボニヤーがシュート!で決まりました。


クレマは44分、コットのFKをロロがヘッド、
これはGKヒルトン・モレイラが弾くけれどルイス・ロドリゲスが押し込んで同点。
クレマの一同、エルナン・サンドバルの背番号20のユニを掲げてエールを送る。


54分、モレイラが中途半端に出てきたところを
ロロ・フォンセカが狙ってシュート、クレマ逆転。1-2。


ついで72分、今度はリゴベルト・ゴメス、
自陣でボールを奪って持ち上がり、なんとシュートまでしてしまふ。1-3。


79分にはエレディア、フアン・デ・レオンがヘッドで決めて2-3にするものの、
86分、シアニが止めの一発を決めて2-4。
それにしても前節から、よくゴールが決まりますな。


エレディア
Hilton Moreira, Marcelo González, Vicente Maseda, Marlon Aguirre, Ervin Alvarado, Juan De León, Jean Patrick Howell, Uwaldo Pérez (65’ Franki Goncalves), Eltón Brown (55’ Selvin Gudiel), Luis Bonilla, Julio Vanegas
DT: Byron Pérez

クレマ
David Guerra, Luis Rodríguez, Gustavo Cabrera, Álvaro Jiménez, Rigoberto Gómez, Édgar Cotto (84’ Luis Bradley), Rolando Fonseca, Tránsito Montepeque (72’ Marco Tulio Ciani), Dwight Pezzarossi (88’ Édgar Chinchilla)
DT: Iván Sopegno

得点
37分バネガス(1-0) 、44分ロドリゲス(1-1)、54分フォンセカ(1-2)、72分ゴメス(1-3)、79分デ・レオン(2-3)、86分シアニ(2-4)

警告
ホウエル、アルバラド(以上エレディア)、モンテペケ(以上クレマ)




ハラパ 2 – 0 マラカテコ
3月19日20:00、ラス・フローレス競技場(ハラパ)
主審:ワルテル・ロペス

ハラパは28分、JJカスティーヨがエリア内でファウルをもらってPKゲット。
これをアペラニスが決めて、先制。


その後も一方的にハラパペースで試合は展開、
63分にはマラカテコ退場者まで出て、押されっぱなしだったのに、
追加点できないハラパ。


まあPKだろうと1-0だろうと勝った方がエライのよね、みたいな88分。 交代で入ったエルウィン・ゴドイがヘッドで得点。
ゴドイはハラパに移って初の得点かな?


ハラパ
Luis Pedro Molina, Nicolás López, Marvin De Paz, Carlos Gallardo, Donovan Vásquez, Julián Chacón (72’ Edy Cabrera), Josué Castro, Juan Manuel Orellana, Jorge Dos Santos, Juan José Castillo (77’ Erwin Godoy), Adrián Apellaniz (84’ Carlos Castillo)
DT: Julio González

マラカテコ
Julio Hernández, Juan Castellanos, Juan Blanco, Wilmer García, Elacio Gotay, Herbert Grajeda, Rafael González, Wálter González (57’ Emerson Balán), Óscar Isaula, Daniel Linares, Wálter Estrada (66’ Marlon Aceituno)
DT: Paulo Barros

得点
28分アペラニスPK(1-0)、88分ゴドイ(2-0)

警告
フアン・ホセ・カスティーヨ(以上ハラパ)、グラヘダ、リナーレス、ブランコ、エストラダ、ゴタイ(以上マラカテコ)

退場
63分ブランコ(マラカテコ)




マルケンセ 5 – 1 サカパ
3月19日20:00、マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場(サン・マルコス)
主審:ウーゴ・カスティーヨ

第11節に引き続いて、チノ・エストラダがドブレッテ。
ひょっとして勢い出てきたかな、マルケンセ。


先制はサカパ、とは言えオウンゴールだったりするんで、
実は全得点マルケンセが叩き出しております。
エリック・ガルシアのクロスをクリアーしようとしたジョニ・フローレス、
方向誤って自分ちのゴールへ入れてしまう。


でも同点ゴールもフローレスだったから、このミスはチャラかな。
その後はチノ・エストラダが2つ、アスプリーヤが2つ決めて、
マルケンセ、圧勝。


今までの不調が嘘のよう。
やっぱりお給料カットって言われると、やる気になる?
じゃあ、どのクラブもやったらいいかもね・・・・・・?


サカパ、前監督を相手にしての戦いはさすがに不利だったかも。
それにしてもルイシーニョが監督になって、
攻撃が良くなってきましたよね、マルケンセ。


アスプリーヤ、久々のゴールのような気がしますが、
これで8ゴール、ロホスのフレディ・ガルシアと並んで得点王トップです。


マルケンセ
Miguel Ángel Klee, Élber Jiménez, Yoni Flores, Israel Donis, Ricardo Gutiérrez, Francisco Aguilar, Néstor Soria, Leonel Noriega (54’ Hipólito Fuentes), Riqui Murga (59’ Erick Priego), Carlos Asprilla, Jorge Estrada (70’ Lucas Meoño)
DT: Luiz Da Costa

サカパ
Óscar Martínez, Edwin Enríquez, Erick García, Gerardo Molina, Eddy Ortiz, Haroldo Barrios (40’ José Herrera), Edwin Rosales, Xavier España, Manuel Flores, Allan Arana (12’ Gastón Fernández) (72’ Luis Méndez), Gastón Linares DT: Camilo Aguilar


得点
9分フローレスOG(0-1)、25分フローレス(1-1)、35分エストラダ(2-1)、39分アスプリーヤ(3-1)、61分エストラダ(4-1)、68分アスプリーヤ(5-1)
警告
なし!




スチテペケス 2 – 1 ペタパ
3月19日20:00、カルロス・サラサール・イホ競技場(マサテナンゴ)
主審:カルロス・バトレス

好調ペタパの勢いを止めたのは、罰練習を避けたいスチでした。
それも、スチ、退場者1人出してたんですよね・・・・・・。
やればできるじゃん。


てか、ニンジンがぶら下がってないと走らない馬かね、君たちは・・・。


先制はスチだけれど、今節2つ目のオウンゴール。
ビヤトロのシュートをクリアーしようとしたカスティーヨ、
クリアーした先が自分ちだったというお粗末。


56分には好調フェルナンド・ガロがまたしても得点して2-0。


でもここでくじけないペタパ、66分にバーロスが決めて1点差。
でもスチ、辛くも逃げ切り成功。


スチテペケス
Cristian García, Anderson Pasos Baptista, Freddy Santiago Taylor, Edin López, Omar Villagrán, Carlos Castilo, Andrés Rivera, Sergio Morales (Jacinto Méndez), Edwin Villatoro (Florencio Martínez), Norton Griffiths (Julio Monterroso), Fernando Gallo
DT: Gabino Román

ペタパ
Ricardo Trigueño Foster, William Castillo, Milton Leal, Jorge Gil, Dennis Chen (Estuardo Rivas), Lisandro Pérez, Mynor Morales, Raúl González, Eduardo Barros, Allan Villeda, Édgar Meda (Jorge López)
DT: Alberto Salguero

得点
26分カスティーヨOG(1-0)、56分ガロ(2-0)、66分バーロス(2-1)

警告
テイラー、バプティスタ、カスティーヨ(以上スチ)、バーロス、トリゲーニョ、チェン、モラレス(以上ペタパ)

退場
62分テイラー(スチ)




第12節.シェラフとロホスは1試合少ない成績です。
勝ち点 得点 失点
1 ペタパ 23 7 2 3 15 14 1
2 クレマ 21 6 3 3 25 15 10
3 ロホス 18 5 3 3 17 11 6
4 スチテペケス 17 4 5 3 14 16 -2
5 マルケンセ 16 4 4 4 18 14 4
6 シェラフ 16 3 7 1 11 8 3
7 サカパ 16 4 4 4 15 16 -1
8 ハラパ 13 3 4 5 9 10 -1
9 マラカテコ 11 3 2 7 8 19 -11
10 エレディア 7 1 4 7 11 20 -9


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 49
  2. クレマ 48
  3. ペタパ 42
  4. シェラフ 41
    スチテペケス 41
    ハラパ 41
  5. サカパ 40
    マルケンセ 40
  6. マラカテコ 31
  7. エレディア 26




得点王ランキング。アスプリーヤがトップに並びました。
  1. フレディ・ガルシア(ロホス) 8
    カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 8
  2. アドリアン・アペラニス(ハラパ) 6
    ホルヘ・エストラダ(マルケンセ) 6
  3. エドガル・メダ(ペタパ) 5
    フェルナンド・ガロ(スチ) 5
    ロランド・フォンセカ(クレマ) 5





守護神ランキング。
  1. マルビン・バリオス(シェラフ) 0.72 (被ゴール数/試合数:8/11)
  2. ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ) 0.83 (10/12)
  3. ダビッド・ゲーラ(クレマ) 1.11 (9/10)
  4. リカルド・トリゲーニョ(ペタパ) 1.16 (12/14)


    *タグ/ペタパ(クラブ) サカパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) ハラパ(クラブ) マラカテコ(クラブ) エレディア(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/313-79e2d7ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。