スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9節 残り3試合 

クレマ 3 – 0 ペタパ
3月1日20:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:フレディ・カンポス


この試合、ちょうどハラパ – ロホスと同時刻に開始で、
たま~にチャンネル切り替えて見たりしてました。
クレマよりも、現在2位のペタパが気になる小僧・・・でしたが、
ロホスもペタパも負けて、ロホスの首位はとりあえず安泰。


クレマ、この日はフォンセカ、サンドバル、モンテペケの3トップ。
ロロが真ん中で、サンドバルが左、モンテペケが右。
う~むむむ、好調ペタパ相手になかなか思い切ってきましたね、ソペーニョさん。


それでも最初のうちはペタパの方が良かったとか。
だけど12分、サンドバルのボールをヒルが触ったのがゴールとなってしまい
不運な失点をしちゃったのが痛かった。


後半はもうクレマが試合を支配、
追加点なんかも入れちゃって、気がついてみたら3得点。
クレマ、ホームで勝ったのは1月26日のエレディア戦以来だそうです。


クレマ
David Guerra, Iverton Paes, Álvaro Jiménez, Luis Rodríguez, Erwin Morales (72’ Luis Bradley), Rigoberto Gómez, Saúl De Mata, Édgar Cotto, Rolando Fonseca (67’ Dwight Pezzarossi), Hernán Sandoval, Tránsito Montepeque (25’ Fabián Muñoz)
DT: Iván Franco Sopegno

ペタパ
Ricardo Trigueño Foster, Raúl González, Mynor Morales, Richard Schumidt, Denis Chen, Jorge Gil (46’ Pérez), Milton Leal, Engelvert Herrera (42’ Edgar Meda), Eduardo Barros, Vicente Rocella (60’ Jorge López), Selvin De León
DT: Alberto Salguero

得点
12 分、ジル(OG)(1-0)、59分サンドバル(2-0)、65分ロドリゲス(3-0)

警告
ロドリゲス、ゴメス、デ・マタ(以上クレマ)、メダ、デ・レオン、レアル、ゴンサレス、トリゲーニョ(以上ペタパ)

退場
ロペス(ペタパ)



マルケンセ 1 – 1 シェラフ
3月1日16:00、マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場(サン・マルコス)
主審:オットー・メヒア

クラシコ・オクシデンテ。
でも最近あまり盛り上がらないようで、
クラシコ・オクシダード(酸化クラシコ)ってよんでもいい?


前サカパ監督のルイス・ダ・コスタ、マルケンセ監督として登場。
Guatefutbol.comでは、ルイシーニョがマルケンセを立て直すことができるか?
てアンケートやってるんですが、
今現在は「できる」が138、「できない」が84。
なかなか期待値は高そうだけれど、さてどうでしょうね?


で、結果はどうやら散々だったらしい。
まあ、来てすぐに指揮を取ったわけだから、
練習にさえ立ち会っていないんじゃあ、って意味では仕方ないか。


前半は中盤でのボールの取られあいに終始し、
つまらないまま前半終了か・・・と思ったら、
42分、シェラフのカウンターで、
プルデンシオ・アルバレスが落としたボールをジョニー・クベロが決めて先制。


でもマルケンセ、後半開始早々、同点に追いつく。
49分、DFのミスをついて、ホルヘ・エストラダが同点ゴール。


その後も追加点を狙う両チームでしたが、かなわず。
おつかれさん。


マルケンセ
Miguel Ángel Klee, Henry Milián, Yoni Flores, Joaquín Álvarez, Ricardo Gutiérrez, Álvaro Hurtarte (67’ Hipólito Fuentes), Néstor Soria, Léster Ruiz (47’ Riqui Nelson), Leonel Noriega, Ives Quintana (46’ Jorge Estrada), Carlos Asprilla
DT: Luis Da Costa

シェラフ
Marvin Barros, Adulfo Contreras, Jhonny Girón, Javier Sinay, Luis Reyes (67’ Édgar Herrera), Julio Estacuy, Kristian Guzmán (73’ Danny Luther Zúñiga), Miguel Fernández, Mario Piñeyro, Jhonny Cubero, Prudencio Álvarez (70’ James Owusu)
DT: Carlos Jurado

得点
42分クベロ(0-1)、49分エストラダ(1-1)

警告
ウルタルテ、ノリエガ(以上マルケンセ)、エスタクイ、グスマン(以上シェラフ)




エレディア 1 –1 スチテペケス
3月2日11:00、フリアン・テスクン競技場(サン・ホセ)
主審:ルベン・カステヤーノス

途中ちょっとだけ放送を見たんですが、
スタンドからはペテン・イツァー湖も見えて
なかなか風光明媚なスタジアムですな。


これでエレディア、調子さえ出てくれば言うことなし、なんだけれど。
サンタナ監督、この試合はベンチ入りしてない。
前節の審判への抗議のせいかな?スタンドから試合を見守ります。


最初の得点はエレディア。
44分、ジェームズ・マッカーシーのシュートを
クリスティアン・ガルシアが弾いたところ
そこにいたジョニー・ブラウンが決めて先制。


この得点、実はブラウン、オフサイドだったんだけれどね・・・、
かなりはっきりオフサイドだったんだけれど
線審はオフサイドを取らず、エレディア先制。
スチは抗議するけど、認められず。


スチは72分に同点に追いついております。
モラレスのミドルかぁ・・・、
飛び道具のあるところは、こういう時に強いよね。


最後はジョニー・ブラウンが退場になって、
エレディア、いいところないまま試合終了。


エレディア
Hilton Moreira, James McCarthy, Marcelo González, Jonathan Sandoval, Luis Maseda, Marlon Aguirre (82’ Franki Goncalves), Uwaldo Pérez, Marvin Gordon (59’ Luis Bonilla) (69’ Julio Vanegas), Juan De León, Jonny Brown, Kenny León
DT: Armando Castillo

スチテペケス
Cristian García, Joao Baptista, Fredy Santiago Taylor, Wilson Lalín, Omar Villagrán (50’ Wilber Caal), Edwin Villatoro, Fabricio Benítez (61’ Norton Griffiths), Wilfred Velásquez, Julio Monterroso, Sergio Morales (78’ Jacinto Méndez)
DT: Gabino Román

得点
44分ブラウン(1-0)、72分モラレス(1-1)

警告
マッカーシー、ゴンサレス、アギーレ、ブラウン(以上エレディア)、モラレス(スチ)

退場
89分ブラウン(エレディア)




第9節、折り返し地点通過。
勝ち点 得点 失点
1 ロホス 18 5 3 1 13 5 8
2 ペタパ 17 5 2 2 10 10 0
3 サカパ 16 4 4 1 11 6 5
4 クレマ 15 4 3 2 18 10 8
5 シェラフ 12 2 6 1 9 7 2
6 スチテペケス 11 2 5 2 7 9 -2
7 マルケンセ 8 2 3 4 11 12 -1
8 ハラパ 7 1 4 4 4 8 -4
9 マラカテコ 7 2 1 6 7 17 -10
10 エレディア 6 1 3 5 9 15 -6


通期の勝ち点は次の通り。
  1. ロホス 49
  2. クレマ 42
  3. サカパ 40
  4. シェラフ 37
  5. ペタパ 36
  6. スチテペケス 35
    ハラパ 35
  7. マルケンセ 33
  8. マラカテコ 27
  9. エレディア 25

降格争いはマラカテコとエレディア、って感じかぁ・・・。



得点王ランキング。
  1. カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 6
    フレディ・ガルシア(ロホス) 6
  2. マイノル・モラレス(スチ) 4
    セルビン・モッタ(サカパ) 4
    エルナン・サンドバル(クレマ) 4
    ジョアオ・フェレイラ(マラカテコ) 4




そしても一つ守護神ランキング。
  1. ハイメ・ペネド(ロホス) 0.47 (被ゴール数/試合数:3/6.33)
  2. ダビッド・ゲーラ(クレマ) 0.57 (4/7)
  3. オスカル・マルティネス(サカパ) 0.66 (6/9)
  4. マルビン・バリオス(シェラフ) 0.75 (7/9)

第8節まではマルティネスがトップだったんだけれどね。
1試合で2失点はちょっと痛かったか。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ペタパ(クラブ) マルケンセ(クラブ) シェラフ(クラブ) エレディア(クラブ) スチテペケス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/292-4cdc618f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。