スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8節 残り3試合 

シェラフ 0 – 0 サカパ
2月23日20:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ)
主審:ルベン・カステヤーノス


サカパ、今シーズンはなかなか守備が良いようで、
失点はロホスと並んで最小の4。
一方のシェラフはそれに次ぐ失点6、
じゃあ得点力は、と申しますと、どちらも8点の引き分け。
というわけで、この試合も引き分けです。


サカパは監督が代わって、攻撃だけのチームから変身したのかも。
この試合はモッタのワントップで臨んだサカパ、
前半はアウェーながらも攻勢だったそうな。
残念ながら、攻撃の中心となるセボジータ・エスパーニャが
削られまくって負傷退場したこともあって詰めきれず。
一方シェラフもホームで勝たずにどうする!とばかりに攻め上がったけれど
サカパの固い守りに跳ね返されて終了。
なんだか結構盛り上がったみたいですねぇ~。見たかったかも。


シェラフ
Marvin Barrios, Johny Girón, Javier Sinay, José López (77’ José Antnio Zacarías), Luis Swisher, Miguel Fernández, Danny Luther, Mario Piñeyro, James Owusu (67’ Minor Ignacio López), Jarol Miranda, Jhonny Cubero
DT: Carlos Jurado

サカパ
Óscar Martínez, Élmer Padilla, Edwin Enríquez, Carlos Granados, Javier Melgar, Edwin Rosales, Eddy Ortiz, Erick García (89’ Gastón Fernández), Danilo España (67’ Luis Ibarra), Alejandro Maureira (92’ José Herrera), Selvin Motta
DT: Camilo Aguilar


得点
なし

警告
ホセ・ロペス、スイシェル(以上シェラフ)、マウレイラ、ガルシア、オルティス、モッタ(以上サカパ)




スチテペケス 1 – 0 マルケンセ
2月23日20:00、カルロス・サラサール・イホ競技場(マサテナンゴ)
主審:ワルテル・ロペス

唯一の得点を決めたのはスチの新助っ人フェルナンド・ガーヨ。
いや、Galloと書いて、ガーヨじゃなくてガロと読むそうです。
まあ、ガーヨじゃサカパのマスコットになっちゃうし。
実際スペイン語でGalloって書かれてると、一瞬どっちのことだ!と思いますよ。
でどっちでもなくて、Galloって地元のビールのことだったりしてね。


と話が四方八方へ飛び散ってしまいましたが。

スチテペケス
Cristian García, Freddy Santiago Taylor, Anderson Pasos, Wilson Lalín, Omar Villagrán, Edwin Villatoro, Carlos Castillo (60’ Fabricio Benítez), Wilfred Velásquez, Sergio Morales, Fernando Gallo (84’ Milton Cabrera), Norton Griffiths (58’ Wilber Caal)
DT: Gabino Román

マルケンセ
Miguel Ángel Klee, Henry Milián, Yoni Flores, Joaquín Álvarez, Robin Miranda, Ives Quintana, Néstor Soria, Leonel Noriega, Francisco Aguilar (52’ Jonathan López), Carlos Asprilla, Hipólito Fuentes (50’ Jorge Hidalgo)
DT: Francisco Melgar


得点
56分ガロ(1-0)

警告
カアル、ガロ、ベニテス、カブレラ(以上スチ)、アギラル、ミランダ(以上マルケンセ)




マラカテコ 0 – 1 クレマ
2月24日12:00、サンタ・ルシア競技場(マラカタン)
主審:オットー・メヒア


最近しょっぱい試合続きだったクレマ、やっとこさ勝ち。
マラカテコ、ホームだし結構攻めたようだけれど、
FWがチャンスを生かしきれず。
ゲーラも良かったみたいですけれどね。


66分にフォンセカのパスをサンドバルがティヘレッタで決めて得点。
マラカテコは87分の炉ランド・ロペスのヘディングを
デ・マタがライン上でクリアーした。と思ったら、上に跳ね上がってクロスバーに。
ボールは入らなかったけれど、クレマ的には危ういシーンだったようで。


試合後、審判には物が投げつけられたみたいですが
最近のグアテマラサッカー、それ位じゃああまりニュースにならなかったりして。


マラカテコ
Julio Hernández, Rafael González, Elacio Gotay, Rolando López, Juan Castellanos, Wilmer García, Daniel Linares (68’ Edson Castañeda), Wálter González, Juan Blanco (46’ Wálter Estrada), Joao Ferreira, Óscar Isaula (82’ Mynor Ramírez)
DT: Paulo Césaro Barros

クレマ
David Guerra, Iverton Paes, Álvaro Jiménez, Rigoberto Gómez, Luis Rodríguez, Erwin morales (52’ Gustavo Cabrera), Saúl De Mata, Édgar Cotto, Rolando Fonseca (90’ Edson Arriola), Hernán Sandoval, Tránsito Montepeque (67’ Fabián Muñoz)
DT: Iván Franco Sopegno

得点
66分サンドバル(0-1)

警告
ロペス、ゴンサレス、ガルシア、フェレイラ(以上マラカテコ)、ロドリゲス、サンドバル(以上クレマ)

退場
85分カブレラ

というわけで、5試合で4得点しか入らなかった第8節。
これって、LNFの最低得点記録タイだそうです。




第8節までの成績です。
勝ち点 得点 失点
1 ロホス 18 5 3 0 13 4 9
2 ペタパ 17 5 2 1 10 7 3
3 サカパ 13 3 4 1 8 4 4
4 クレマ 12 3 3 2 15 10 5
5 シェラフ 11 2 5 1 8 6 2
6 スチテペケス 10 2 4 2 6 8 -2
7 マルケンセ 8 2 2 4 10 11 -1
8 マラカテコ 7 2 1 5 5 14 -9
9 エレディア 5 1 2 5 8 14 -6
10 ハラパ 4 0 4 4 3 8 -5



得点王ランキング。
  1. カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 6
    フレディ・ガルシア(ロホス) 6
  2. マイノル・モラレス(スチ) 4
  3. エルナン・サンドバル(クレマ) 3
    アドリアン・アペラニス(ハラパ) 3
    ジョアオ・フォレイラ(マラカテコ) 3
    エドガル・メダ(ペタパ) 3
    マリオ・ピニェイロ(シェラフ) 3


*タグ/シェラフ(クラブ) サカパ(クラブ) スチテペケス(クラブ) マルケンセ(クラブ) マラカテコ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/287-d41b5894

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。