スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7節 残り4試合 

クレマ 1 – 1 シェラフ
2月20日20:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:オスカル・レイナ


ケツァルテナンゴ出身の、小僧の担任の先生が
シェラフの応援に行ったとかいうこの試合。
なかなか見応えのある、熱い試合だったようです。


前半21分にハロル・ミランダが得点してシェラフが先制。
ピニェイロのCKにクベロがヘッド、次いでミランだが最後に触ったらしい。
それにしても、最近のクレマって、なんだかよく先制されてませんかね?


ホームで先制されて焦ったクレマ、大攻勢に出るんだけれど
フォンセカもサンドバルも決められないまま時間だけが過ぎてゆき・・・・・・。


このままシェラフ行けるか!と思った80分、
サンドバルのクロスにエドガル・コットが合わせてやっとこさ同点。


シェラフのフラド監督、試合の後のインタで
「どうも最後まで我慢でけんな。
ペタパ戦でもそうやったし、
今日もまた相手にゴールをプレゼントしてしもうたな」
と言っておりました。


クレマ
David Guerra, Gustavo Cabrera, Iverton Paes, Luis Rodríguez, Angel Sanabria (73’ Luis Chinchilla), Édgar Cotto, Luis Bradley, Saúl De Mata, Rolando Fonseca, Fabián Muñoz (74’ Luis Alay), Hernán Sandoval
DT: Ivan Sopegno

シェラフ
Marvin Barrios, Javier Sinay, Luis Swisher, Miguel Fernández (86’ Óscar Hernández), Julio Estacuy, José López, Dany Zúñiga, Kristian Guzmán, Harold Miranda (61’ James Owusu), Jhonny Cubero (88’ Prudencio Álvarez) Mario Piñeyro
DT: Carlos Jurado

得点
21分ミランダ(0-1)、80分コット(1-1)

警告
エスタクイ、ロペス、ルーテル、ミランダ、グスマン(以上シェラフ)、カブレラ、サナブリア、ブラッドレイ(クレマ)




マラカテコ 0 – 2 ペタパ
2月20日12:00、サンタ・ルシア競技場(マラカタン)
主審:ワルテル・ロペス


ペタパ、マラカテコのホームでも勝っちゃったよ。
いやいやびっくりですな。
開幕シーズンから大変身のペタパ、一体どうしたんでしょうね?


マラカテコ、選手が一人退場になるわ、
もらったPKはトリゲーニョに止められるわ、散々な試合だったようで。
この試合の後、マラカテコのパブロ・セサル・バロス、
辞表を提出したのですが、クラブから慰留されて留任しております。
でも、辞表を提出した時に
「このチームの問題は選手だ、指示した戦術通りにプレーできないんだから」
って言ったらしいんですよね。
そんなこと言った後で、選手らとちゃんとやっていけるのかしらね??


マラカテコ
Julio Hernández, Juan Blanco, Rafael González (46’ Omar Morales), Juan Castellanos (30’ Walter González), Daniel Linares, Joao Ferreira, Óscar Isaula
DT: Paulo Barros

ペタパ
Ricargo Trigueño, William Castillo, Jayro Pérez, Milton Leal, Denis Chen, Raúl González, Selvin De León, Mynor Morales, Eduardo Barros (55’ Jorge López), Engelbert Herrera (75’ Richard Schumidt), Vicente Rocella (58’ Edgar Meda)
DT: Alberto Salguero


得点
10分モラレス(1-0)、86分メダ(2-0)

警告
ガルシア、フェレイラ(以上マラカテコ)、トリゲーニョ(以上ペタパ)

退場
21分デ・レオン(ペタパ)




サカパ 2 – 0 スチテペケス
2月20日20:00、ダビッド・オルドーニェス競技場(サカパ)
主審:フアン・マヌエル・パルマ


7分にセルビン・モッタのオーバーヘッドもどきが、
13分にセボジータ・エスパーニャのクロスに合わせたエドウィン・エンリケスのヘッドが、
それぞれ決まって、サカパ、早い時間で勝負を決めてしまいました。
最近のサカパ、ホームで負けなし。アウェーの次節はいかに?


サカパ
Óscar Martínez, Javier Melgar, Edwin Enríquez, Élmer Padilla, Carlos Granados, Erick García, Edwin Rosales, Danilo España (67’ Erick Villatoro), Eddy Ortiz (89’ Gaston Linares), Alejandro Maureira (79’ Marvin Garrido)
DT: Camilo Aguilar

スチテペケス
Cristian García, Omar Villagrán, Anderson Pasos, Edin López, Freddy Santiago Taylor, Carlos Castillo, Fabricio Benítez (60’ Wilber Caal), Sergio Morales, Edwin Villatoro, Fernando Gallo (12’ Julio Monterroso), Norton Griffith (64’ Milton Cabrera)
DT: Gabino Román

得点
7分モッタ(1-0)、13分エンリケス(2-0)

警告
ガルシア、グラナドス(以上サカパ)、ベニテス、モラレス(以上スチ)




エレディア 1 – 1 ハラパ
2月20日15:00、フリアン・テスクン競技場(サン・ホセ)
主審:オットー・メヒア


試合内容はともかく、試合後に起こった事件がすごかった。
控え室に向うハラパのフリオ・ゴンサレス監督を
エレディアファンと見られる男性6人が取り囲み、
1人が銃を抜いてゴンサレス目掛けて撃った!
幸い、弾は発射されなかったのですが、
台尻で額と鼻を殴られ、ゴンサレス、鼻骨骨折の重傷を負っています。
その影響で一時目が見えにくかったようですが、
とりあえず金曜日からは練習にも復帰、
土曜日の試合の指揮を取り、
日曜日に鼻の手術を行う予定とか。


それにしても、災難続きですな、ハラパ。
お祓いでもしてもらった方がいいんじゃ?


エレディア
Hilton Moreira, Marlon Aguirre (65’ Kenny León), Jhonatan Sandoval (67’ Vicente Maceda), Marcelo González, James McCarthy, Patrick Howell, Juan De León, Elton Brown, Marvin Gordon (50’ Julio Vanegas), Luis Bonilla, Franki Goncalves
DT: Eduardo Santana

ハラパ
Luis Pedro Molina, Carlos Gallardo, Nicolás López, Edy Cabrera, Marvin De Paz, Julian Chacón, Jairo Cardona, Carlos Castillo, Jorge Dos Santos (59’ José Castro), Juan José Castillo, Adrián Apellaniz (87’ Erwin Godoy)
DT: Julio González



得点
14分アペラニス(0-1)、58分バネガス(1-1)

警告 ブラウン、バネガス(以上エレディア)、モリーナ、カブレラ、ガヤルド、ロペス、ドス・サントス(以上ハラパ)




第7節までの成績です。
勝ち点 得点 失点 通期
1 ロホス 15 4 3 0 12 4 46
2 ペタパ 14 4 2 1 9 7 33
3 サカパ 12 3 3 1 8 4 36
4 シェラフ 10 2 4 1 8 6 35
5 クレマ 9 2 3 2 14 10 36
6 マルケンセ 8 2 2 3 10 10 32
7 スチテペケス 7 1 4 2 5 8 31
8 マラカテコ 7 2 1 4 5 13 27
9 エレディア 5 1 2 4 8 13 24
10 ハラパ 4 0 4 3 7 32


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) シェラフ(クラブ) マラカテコ(クラブ) ペタパ(クラブ) サカパ(クラブ) スチテペケス(クラブ) エレディア(クラブ) ハラパ(クラブ)

コメント

何気なく最後まで読んで

びっくり!!!ですよ。
えええ~、監督に銃を向けたって!?
弾が出なかったって、そこがまた何だかなあ、ですが(不幸中の幸いか)、
いやはや、そんな事件はカンベンしてほしいもんですね。
監督、お大事に……。

最近

>亀さん

やたらとスタジアムでの暴力行為というよりは
犯罪行為が目につくのですが、
グアテマラの社会を反映してるわけだからね・・・、
それだけ世間が暴力に満ちているということの裏返しなんでしょう。

ゴンサレス監督がこの件については一切コメントをしていないので、
相手が誰だとか、何が原因なんだとか、そういう話は一切不明。
新しいスタジアムに引っ越したばかりのエレディア、
こんなにファンが熱狂的なところだったんですかね?

もっとも、個人的な恨みが原因という見方もできなくはないですけれど。

ほんと勘弁してほしいです、こういうの。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/283-abb83540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。