スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6節 残り4試合 

スチテペケス 2 – 1 クレマ
2月16日20:00、カルロス・サラサール・イホ競技場(マサテナンゴ)
主審:エルマル・ロダス


最初のゴールはなんと22秒。
カルロス・カスティーヨのミドルシュートが決まっていきなりスチ先制。


度肝を抜かれたクレマでしたが、頑張って持ち直し、37分に同点。
てか、これはフレディ・サンティアゴ・テイラーのプレゼントかもね。
サンティアゴ、GKに戻すつもりだったと思われるパス、
ちょうどタイミング良くやってきたサンドバルに熨斗つけて献上してしまい、
サンドバル、難なくヘディングを決めて同点。


後半も一進一退の攻めぎあいが続き、試合が動いたのは終了間際。
87分、セルヒオ・モラレスの蹴ったFK、エディン・ロペスがヘッドで決めて2-1。
スチの一同大喜び!
クレマも諦めずに攻め続けるけれど、さすがに時間が足りなかった。


スチテペケス
Cristian García, Edin López, Joao Baptista, Fredy Santiago Taylor (76’ Julio Monterroso), Omar Villagrán, Carlos Castillo, Fabricio Benítez (58’ Milton Cabrera), Sergio Morales, Northon Griffith (71’ Wilbel Caal), Fernando Gallo, Edwin Villatoro
DT: Gabino Román
半月板を手術したアンドレス・リベラ、もう普段通りの練習をしているとは言うものの、
さすがに試合はまだの模様。
累積等は一切なし。

クレマ
David Guerra, Luis Rodríguez, Iverton Paes, Erwin Morales, Ángel Sanabria, Rigoberto Gómez, Saúl De Mata, Édgar Cotto, Fabián Muñoz (46’ José Contreras), Tránsito Montepeque, Hernánd Sandoval (79’ Jairo Arreola)
DT: Iván Sopegno
前節のクラシコでレッドもらったロロ、ベンチにいただけなのにイエローもらったペッサロッシ、それから良くわからないけれどトリゲーロスが累積らしいです。
ダラス帰りのグスタボ・カブレラ、クラブの内規違反で出場停止。
ダラスでのトライアルが延長になった時、
クラブに電話で「遅くなるから」って通告しただけで
許可もらわなかった、てのが理由だとか。
それって、電話受けた人にも責任ないんですかね・・・?


得点
22秒カスティーヨ(1-0)、37分サンドバル(1-1)、87分ロペス(2-1)

警告
カスティーヨ、ベニテス、ビジャグラン、バプティスタ、モンテロッソ(以上スチ)、モラレス、ムニョス、コット、コントレラス、ゴメス(以上クレマ)




シェラフ 2 – 0 マラカテコ
2月16日20:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ)
主審:ワルテル・ロペス

前節、前半2-0でリードしながら後半に引っくり返されたシェラフ、
この試合も前半で2-0、前節の記憶が蘇るような?感じですが、
この試合は危なげなく勝っております。


ホームで強いシェラフ、実にここ13試合負けなしとか。
アウェーでも勝てたら言うことなし、なんだけれどね。


シェラフ Marvin Barrios, Adulfo Contreras, Luis Swisher, José López, Miguel Fernández, Julio Estacuy, Mario Piñeyro, James Owusu (85’ José Antonio Zacarías), Dany Luther, Jarol Miranda (70’ Óscar Hernández), Jhonny Cubero (85’ Prudencio Álvarez)
DT: Carlos Jurado
ハビエル・シナイは前節で受けたレッドのため、欠場。

マラカテコ
Julio Hernández, Juan Blanco (59’ Elacio Gotay), Roberto López, Juan Castellanos, Wilmer García, Gustavo Betancur, Rodolfo González, Daniel Linares, Marvin Ramírez (54’ Omar Morales), Óscar Isaula, Wálter Estrada (79’ Wlater González)
DT: Paulo Barros
ゴールゲッターのジョアオ・フェレイラが累積で欠場。


得点
13分コントレラス(1-0)、33分ピニェイロ(2-0)

警告
エスタクイ、スイシェル、クベロ、ルーテル(以上シェラフ)、ロペス、ガルシア、ラミレス、カステヤーノス(以上マラカテコ)

退場
78分ロペス(マラカテコ)イエロー2枚による。




ペタパ 1 – 0 エレディア
2月16日20:00、フリオ・アルマンド・コバル競技場(サン・ミゲル・ペタパ)
主審:フレディ・カンポス


いやぁ~、誰がペタパのこの好調を予想したでしょうねぇ。
目立つ補強と言えば、トリゲーニョの加入くらいだと思いますが。
このシーズンの台風の目はペタパになるのかな?


得点は、ウィリアム・カスティーヨのパスをリサンドロ・ペレスかな?がヘッドで落とし、
エドガル・メダがかっ飛ばしたもの。


エレディアも2回ほどいいシュートがあったようですが
トリゲーニョが頑張ったみたいです。


ペタパ Ricardo Trigueño, William Castillo, Jairo Pérez, Denis Chen, Milton Leal, Lizandro Pérez (63’ Estuardo Rivas), Mynor Morales, Raúl González, Eduardo Barros (46’ Engelver Herrera), Sevin De León, Édgar Meda (57’ Jorge López)
DT: Alberto Salguero

エレディア
Jorge Estrada, Marcelo González, Jonathan Sandoval, James McCarthy, Marlon Aguirre (81’ Julio Vanegas), Uwaldo Pérez, Jean Patrick Howell, Manuel Soto (35’ Luis Bonilla), Juan De León, Marvin Gordon (67’ Franki Goncalves), Jonny Brown
DT: Eduardo Santana

得点
18分メダ(1-0)

警告
バーロス、リバス(以上ペタパ)、ゴンサレス、デ・レオン、ホウエル(以上エレディア)




ハラパ 1 – 1 マルケンセ
2月16日18:00、ラス・フローレス競技場(ハラパ)
主審:フアン・カルロス・ゲーラ


ハラパ、かなり良くなってきてるんだけれどね。
この試合、オフサイドで取り消されたハラパのゴールが3つ。
そのうち2つがこれまたもっのすごく微妙なオフサイド。
オンサイドと言ってもそのまま通るようなオフサイドでした。
特に終盤はカスティーヨ、カブレラのゴールが相次いで取り消されたりして・・・。


そんなわけで、試合そのものよりも試合後が荒れてしまった。
最初にマルケンセの選手が審判に詰め寄り、
次いでハラパの選手が、
まあ、ここまではとりあえず普通の感じだったのですが、
ハラパ関係者と見られる人物が線審に物を投げつけてもうわやや。


まあ、審判も問題ありだったかも、だけれどね。
ちなみにこの試合、前半9分で停電。26分中断したそうです。


ハラパ
Luis Pedro Molina, Carlos Gallardo, Nicolás López, Edy Cabrera, Marvin De Paz (57’ Erwin Godoy), Julian Chacón, Jean Márquez, Juan Manuel Orellana (72’ Carlos Castrillo), Jorge Dos Santos (86’ Carlos Castillo), Juan José Castillo, Adrián Apellaniz
DT: Julio González

マルケンセ
Wálter López, Yoni Flores, Henry Millán, Jonathan López, Joaquín Álvarez, Leonel Noriega, Néstor Soria, Hipólito Fuentes, Robin Miranda (72’ Israel Donis), Ives Quintana (77’ Erick Priego), Carlos Asprilla (73’ Jorge Estrada)
DT: Francisco Melgar


得点
26分アスプリーヤ(0-1)、70分アペラニス(1-1)

警告 アペラニス、デ・パス、マルケス、オレヤナ(以上ハラパ)、フエンテス(以上マルケンセ)


第6節までの成績です。
勝ち点 得点 失点 通期
1 ロホス 14 4 2 0 11 3 45
2 ペタパ 11 3 2 1 7 7 30
3 シェラフ 9 2 3 1 7 5 34
4 サカパ 9 2 3 1 6 4 33
5 クレマ 8 2 2 2 13 9 35
6 マルケンセ 7 2 1 3 9 9 31
7 スチテペケス 7 1 4 1 5 6 31
8 マラカテコ 7 2 1 3 5 11 27
9 エレディア 4 1 1 4 7 12 23
10 ハラパ 3 0 3 2 6 31



得点王ランキング。
  1. カルロス・アスプリーヤ(マルケンセ) 6
  2. フレディ・ガルシア(ロホス) 5
  3. ジョアオ・フォレイラ(マラカテコ) 3
    マリオ・ピニェイロ(シェラフ) 3

*タグ/スチテペケス(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) シェラフ(クラブ) マラカテコ(クラブ) ペタパ(クラブ) エレディア(クラブ) ハラパ(クラブ) マルケンセ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/277-99f3c848

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。