FC2ブログ

ぷちニュース No.31 

violetタボの挑戦終わる

FCダラスでトライアルが延長されたばかりのタボ・カブレラ、
結局「ハイ、ご苦労さん」ということでアメリカでプレーするという夢は叶わなかったようです。


このトライアル延長に残ったのが、
タボの他、スコット・ジョーンズとドゥドゥ・トゥレだったのですが、
そのどちらかがダラスでプレーすることになるんでしょうね。


そう言えばダラス、ドゥイリオ・ダビーノとアンドレ・ロチャの正式お披露目を
やっとこさ済ませたようです。


violetトンプソンは・・・

フレディ・トンプソン、サンノゼ・アースクイックスとの話があったのですが、
結局のところはボツになった模様。詳細は不明ですが・・・・・・。


まあロホスなら、CONCACAFチャンピオンズももうすぐ始まることだしね。
気持ちの切り替えもなんとかつくんじゃないかな・・・・・・。


violetドーピング事件その後のその後

13日、やっと結論が出ました。
ジミー・オサエタ、エドワルド・サンテリスの両者とも2年間の試合出場停止。


若い2人にとって、この2年は長いのでしょうか、短いのでしょうか。
腐らずに、鍛錬を続けてほしいものですが。


violetさて、キューバに乗り込んだU-23代表は

結論から書きますと、2-2の引き分け。
この試合、ハバナのペドロ・マレーロ・スタジアムで12時から行われる予定だったのですが。
豪雨とグアテマラ代表を乗せたバスの故障のため(!)3時間遅れで始まったそうです。


試合は22分、ホセ・マヌエル・コントレラスがFKを決めてグアテマラ先制。
でも34分、キューバのアルバレスが得点を決めて同点。
後半開始早々の49分にはマルコ・パブロ・パッパが決めて、
グアテマラ再びリードだったのですが、
75分、キューバのウリエル・ラ・ロサが同点ゴール。
このまま試合は終わったそうです。


それにしてもこの代表、昨日キューバ入りしたばかりで、
今日はバスの故障と雨で、それでも同点って、やっぱりすごいよね。


まあ、こういうハプニングもあったせいか、
14日の朝7時に予定されていた第2戦目、中止になったそうです。
てか、元々、この日程の組み方に問題あったんじゃありませんかね・・・・・・?


【追記】
この試合、85分頃にアブネル・トリゲーロスがキューバのDFに殴られた?
か何かが原因で、全員がやいのやいのと集まって騒ぎとなり、
その時点で終了したそうです。


で、14日の試合の中止を申し入れたのはグアテマラ側。
「こんなお粗末な運営で、やってられるかぁ~(帰りの飛行機に乗り遅れたらどうする!)」
てことだったようです。
お疲れ様。

El Periodicoの記事をご参考あれ。


【追記 その2】
この試合の出場メンバーです。
GK: Ricardo Jerez
DF: Carlos Castrillo, Rafael Morales, Erwin Morales, Wilson Lalín
MF: Jairo Arreola, Wilfred Velásquez, Marco Pappa, José Contreras
FW: Carlos Villa, Minor Ignacio López

交代で出た選手と入った選手。誰と誰が交代したか等詳細は不明。
途中から入った選手:
Abner Trigueros, Jean Márquez, Jaime Vides, Cristian Noriega
途中で出た選手:
Jairo Arreola, Marco Pappa, Carlos Castrillo, Wilfred Velásquez


だとすると、出なかったのは
José Rodríguez, Marvin Ávila, Manuel León, Jonny Brownの4人かな。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) フレディ・トンプソン(選手) ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) U-23グアテマラ代表

コメント

夜じゃなくて朝7時ですか?日曜の子供の試合より
早いですね。そりゃ凄いスケジュールだ。

タボ、アルゼンチン戦を見たら髪型がより普通になってて
なんだか冴えない気がしたのですが不合格ですか。・・・残念。

さてさてもうすぐ日本戦、楽しみですね。日本国内ではメキシコなど
強豪国と対戦を組めないなか、それも各クラブのキャンプ中に
アメリカ遠征をする意味があるのか?という意見があるようです。
舐められとるぞ、グアテマラ。

>SHEさん

どうやら、グアテマラ時間の朝7時、キューバ時間の朝8時、だったらしいです。
どちらにしても早いですよね、その後市内観光でもするのかな?
グアテマラ着は14日夜、と聞いております。

試合が最後尻切れになったのは、87分にトリゲーロスが激しいファウルを受け、
選手たちが集まって来たためなんだそうです。

で、トリゲーロス、どうやらケガしてしまったとか。
大したことないといいですけれど。

選手たち、14日帰国、17日にはロサンゼルスへ向けて出発。
第6節の試合に参加してる暇もないかもですね?

とりあえず現在まで10戦負けなし(引き分けが2つ?)のU-23。
日本は手強い相手ですけれど、いい試合をして、
その勢いで最終予選に向ってほしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/272-b7f65336