スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロドリゴ・ケントン、代表監督に内定 

まだ正式な発表はありませんが。
ボリーヨ親分の後任には、U-23代表監督として
今までのところ素晴らしい結果を出しているロドリゴ・ケントンが内定したという話です。


個人的にはU-23に専念してほしいんですが、
時間もないし、納得できる人選ではあります。
それに、ケントンだったら、マスコミもファンも、
とりあえず文句は言わないんじゃないかな。


ボリーヨに対しては、本人の率直すぎる性格や
とてもデフェンシブなシステムや戦い方に、
結構批判が集まっていましたしね・・・・・・。


前任のマラディアガも、W杯予選で最終予選まで残ったのに批判され続け、
ボリーヨにしてもゴールドカップの決勝進出を果たしたり、
U-23とは言えメキシコに勝ったという結果はありながらも、
とにかくいつも批判され続けで、代表監督って大変すぎ・・・・・・。


ケントンについては、グアテマラ代表以上に?調子の出ない
コスタリカのメドフォードの後任に!
(ってメドフォード、まだ代表監督ですよ)
という声もあったりして、コスタリカ人のケントンのことですから、
母国の監督にどう?って打診されたら、ぐらっとくるかもしれないですしね。


そういうこともあって、さっさとウチのA代表の監督にして、
U-23もA代表も、ヨロシク頼むよ!という話だったのかもしれません。


ま、何より。ケントンにはやりやすい環境で、いい仕事をしてほしいものですが。


心配・・・・・・。


*タグ/グアテマラ代表 ケントン親分

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/266-f4cb1b7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。