スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.24 

violetドーピング事件その後

開幕シーズンの決勝戦のドーピングテストで陽性になった2人のうち、
ナンドロロン陽性と判定されたジミー・オサエタは
自分に非があることを認めたとか。
「筋肉を強化する目的で使ったんだけれど、
 買った時には、禁止成分は含まれていないと言われたんだ。
 どうやら、それは嘘だったようだけれど」


と言う訳で24日にFedeFutで行われた公聴会でも自分の非を認め、
罰則を受ける、と発言しています。
ハラパの中盤は競争の激しいポジションでもあったし、
良かれと思ったんでしょうが、不注意だったね・・・。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長は、
「残念なニュースだ。
 チームの皆もショックを受けているので、カウンセラーを雇うことにしたよ」
とさりげなく素早い対応を見せております。


一方、大麻陽性のエドワルド・サンテリス。
「どうして大麻陽性になったのか、わからない。
 唯一考えられるのは、6ヶ月前、肝炎にかかって、アメリカで入院したことだ。」


それが事実だとすれば、罰則は下されないでしょうが、
6ヶ月前のクスリが今頃になって尿から出てくる、というのもすごい話・・・。


いずれも、31日にLNFによる最終決定が下される予定です。


violet沈み行くクレマ・・・・・・

クレマのお給料払えません事件、24日に選手たちが事務所に出向いたところ、
確かにそこには、彼らが要求した通りの店頭小切手が用意されていた・・・・・・のでした。


ところが。
ここで終わらないのがクレマらしいところ。
グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、アルバロ・ヒメネス、リカルド・ヘレスの4人には
小切手が用意されてなかったからさあ大変。


この4人、マスコミや個人的な会話の中で、
「別のクラブに移籍したい」
と発言したから、そんな奴らには給料なんか払ってやらないよ、
ってことなんだとか。


そんなわけで、折角やっとこさお給料貰える!と喜んだ選手たちも、
「もともとの合意は、全員に2ヶ月半の給料を支払うってことだったはず。
 そうじゃなければ、合意の不履行とみなす」
と反発、誰も小切手もらわずに帰ったそうです。


クラブ側の言い分は、
「出て行きたいんなら、出てけば。
 でも、複数年契約してるんだから、契約を破棄する交渉してからお金払ったげるよ」。


ちょっとちょっと。
合意にあった2ヶ月半のお給料てのは、既に仕事をした分、
あんたたちの滞納分の話でしょ。
そんな理屈、成り立つかいっ。


加えて。表立って意見を言いこそはしなかったものの、
選手たちを陰ながら支えていたマルロン・イバン・レオン監督も解任されてしまいました。
表向きの理由は「監督就任3シーズンで、好成績を残していない」から。
そんな理由で、シーズン始まった直後に解任するかいっ!!


後任はアルゼンチン人のイバン・フランコ・ソペグノ。
エスペシアルカテゴリーのクレマ監督だった、というか今もそうです、という人です。


というわけで週末のエレディア戦、またしてもパトッホスの出番のような。
トップチーム登録の選手では
ロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライに加えて
ブラジルから24日夜に戻ってくるという噂のイーベルトン・パエスが出る模様。


選手たちの言い分の方がもっともだと思うんだけれどもなぁ・・・・・・。
代表に選ばれた選手たちにも影響が出そうなのも心配です。


violetペスカドやっとこさお披露目

ベッカム様の同僚となったペスカドことカルロス・ルイス。
やっとこさお披露目をしてもらったそうです。
背番号はやっぱり20。
ギャラクシーの公式(英語)にも一応話が載ってます。


ギャラクシーの試合、ダラスよりはテレビ放送されることが多いですから、
これからはもう少しペスカドの活躍が見られるかもな?
てな意味では嬉しいんですが、まあ、ギャラクシーですからね・・・・・・、
クラブとしてはダラスの方が好きだったんで、ちょっと複雑。


とにかく、心機一転、最初にギャラクシーに移籍した時のような
大活躍を期待することにしましょう。


violet最近になって聞こえてきた移籍の話

決定した人から書いていきますと、
フアン・カルロス・アリアサがエクアドルの2部ですかね?
ムニシパル・デ・カニャールというクラブへ移籍が決定。
このクラブ、現在1部への昇格を狙っているそうです。


アリアサは28歳、テクルタンでデビューし、
ロホスへ移籍したもののプレーする機会に恵まれず、
ハラパはエレディアへレンタルされたこともあったのですが、
2007年の開幕シーズンは2部のミスコでプレーしておりました。


一体全体どういうコネでエクアドルなのぉ?
てのにはびっくりですが、是非是非頑張って来てくださいませ。


で、やっぱりエクアドルへの移籍の噂があるのがロホスのパンド・ラミレス。
W杯予選とかもあるので、どうかな・・・という気はしますが。


前からアメリカに行きたい!と言ってたロホスのフレディ・トンプソンには
MLSのサンノゼ・アースクイックスからオファーが。
ロホスで今それを検討しているところだそうですが、
一足早く、沈み行くクレマから逃げ出したトンプソン、
願い通り新天地でプレーできるようになるかな?


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) フアン・アリアサ(選手) ギジェルモ・ラミレス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

コメント

iGoogleの沼に

沈みつつある亀ですが。
クレマはもっと危なっかしそうだなあ。
にしても、そこで足並みを乱さないチームメイトの皆さん、偉いじゃないですか。
目の前にお給料があるのに、唾を飲み込んで……(涙。
それだけ団結できる選手たちを、ちゃんと気持ちよくプレイさせてあげてほしいもんですよねえ?

ちょっと、あっちもこっちもコメントつけたいのに、
沼でアップアップの亀です、これだけで~。

ホントに

>亀さん

エライっ!
喉から手が出るほど欲しかったでしょうけれどもね、その小切手。
新聞なんかにも写ってましたよ、小切手束。
ええなぁ~、と私も思わず唾を飲み込んだくらいですから、
選手たちもきっとね、
彼らが帰った後には、たくさんの涎が落ちていたに違いない。

それにしても亀さん、健康のためにもiGoogleのやりすぎにはご注意を。
と言いつつ、そのガジェット、デスクトップやサイトにも置けますよ。
なんて言ったら、もっと泥沼ですかね・・・?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/245-143ca11f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。