スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.23 

violetドーピング違反

週末の試合結果もまだちゃんと書けてないけど、ニュースです。
開幕シーズンの決勝戦後のドーピングチェックで、
ハラパのジミー・オサエタとスチテペケスのエドワード・サンテリスの2人が陽性。


オサエタはナンドロロン(筋肉増強剤)陽性。
ただし、この成分、食品(豚肉、馬肉)にも含まれている上、
体内生成の可能性がある、とも言われているもののようです。


サンテリスは大麻。
たいまぁ~?ドーピングで出てくるブツとしては珍しいような気が・・・。
痛み止めなら、ハーブティー飲みなさい、ハーブティー。
U-23代表にも選ばれていたのに、これでパーだよ。


いずれもLNFの規律委員会で公聴会が行われ、処分、となるのですが
ドーピング違反が確定すれば、2年間の登録抹消となります。
2人ともまだ若いのに・・・・・・。心配。


violet24日が最終期日

いつまで経っても解決しない、クレマのお給料払えません事件。
21日、第三者をはさんで、夜まで続いた話し合いの結果、
「24日(木)までに2ヶ月半のお給料を支払う。でなきゃ、契約解消」
ということでまとまったそうです。


まとまった、というのか、話が全然進展してませんね、というのか。
ま、ともかく、この話し合いに出てきたのは
クレマ労組代表?グスタボ・カブレラ、
イタリアへの出発よりも現在の労使協議を優先したドワイト・ペッサロッシ、
何にも書くことが思い浮かばないリゴベルト・ゴメス&労組顧問?弁護士。
一方のクラブ側は法務部長カルロス・ベリス。
ふーん、キケは来ないのね。


とりあえず話はそうまとまりまして、選手も練習に出てくるはず・・・の火曜日。
練習に出てきたのはロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライの3人だけだったそうです。
代表関係はAもU-23も、それぞれにミニ合宿してるはずではありますが。
チノ・イバンとこの3人でみっちり練習。
つっても、3人じゃあミニゲームもできないしねぇ・・・。


一方のその他大勢クレマさんたちは自主トレ。
15区、Proyecto Golのあるビスタ・エルモサ通りでトレーニングしてたという噂です。
早く解決するといいけれどね・・・・・・。


violet小僧、U-23代表と遭遇

この22日、小僧は学校の遠足?社会見学?まあ何かわかんないけれど、
そういう類のもので、第2区にあるレリーフ・マップに出かけました。
ここ、北部馬事公園にあるんですが、小僧たちが行くとそこには!


U-23代表たちが練習をしていたのでした。
Proyecto GolはA代表が使っているので、こっちに追い出されて来たらしい。
小僧どもはもう大騒ぎ!
サインもらったり、握手してもらったりしたのは言うまでもありませんが、
なぜかケントン監督の奥さんまで興奮して?
ケントンさんと小僧どもの写真を撮ったりしたそうです。
「イグナシオ・ロペスのサインもらった。
 コントレラスとアビラもいたよ。
 マリアホ(担任の先生)はケツァルテナンゴの高校にいた時、
 マイノル・イグナシオと同じ学校だったって言ってた」。
興奮して話す小僧の話はところどころ意味不明で、
よっぽど嬉しかったらしい。


社会のノートに何人かの選手のサインまでもらったそうで、
そのノート、一生捨てられない宝物になりそうです。


にしても、練習の邪魔してたんと違うか。
で、肝心のレリーフ・マップはどうだったんだ・・・・・・。


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワード・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) U-23グアテマラ代表

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/242-c07fa7d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。