スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 ハラパ - シェラフ 決定力不足 

ハラパ 0 – 0 シェラフ
1月19日20:00、ラス・フローレス競技場(ハラパ)
主審:エドガル・シフエンテス


何気に2007年のチャンピオン2チームの対戦でしたが。

ハラパ
GK: Luis Pedro Molina
DF: Marvin de Paz, José Castro, Carlos Castrillo, Carlos Gallardo
MF: Juan Orellana, Julián Chacón, Jean Márquez (81’ Donovan Vásquez), Jimmy Ozaeta (75’ Vinicio Castillo)
FW: Juan José Castillo, Erwin Godoy (61’ Adrián Apellaniz)
DT: Julio González
アペラニスはベンチ、ホルヘ・ドス・サントスはまだブラジルから帰って来ず・・・。
フリオ・エンリケスとエディ・カブレラが負傷中。

シェラフ
GK: Marvin Barrios
DF: Johny Girón, Luis Swisher, Adulfo Contreras
MF: Luis Reyes (RSH), José López (LSH), Julio Estacuy, Mario Piñeyro, Kristian Guzmán (89’ Miguel Fernández)
FW: Jhony Cubero, Jarol Miranda (72' J. Owusu)
DT: Carlos Daniel Jurado
負傷中がカルロス・キニョーネス、エドガル・エレーラ、ワルテル・アレグリア、累積がハビエル・シナイ。それ以外は全員集合。




ん。。。バリオス、他の選手と同じシャツだよ。いいのか、これ。
若干色目が違うかなぁ・・・。多分。
パンツは他の選手が青なのに彼だけ黒だけど、遠目には同じに見えますけどもね。


ハラパはスタジアムの改修、特に芝の張替えを始めたので、
この一週間、地元では練習できずに、
サンタ・ロサ(隣の県)まで出張して練習してたという話でしたが。
芝は相変わらず同に見えるけれど・・・・・・。


どちらもやる気あるんか~!な立ち上がり。
特にハラパ。中盤でボールを奪われることも多いし・・・。
シェラフの方がチームとして機能しているし、
ミランダとクベロの、走り回るツートップが、走り回っております。


ハラパは現在CB募集中で、ウルグアイかアルゼンチンから頂いてくる予定。
今日の顔ぶれだと、背の高い選手があまりいないし、
若手が多いんで、ベテランの選手が欲しいようです。
にしても・・・・・・。トゥカン・ゴドイはどこにいるんだ。
全然目だってないぞ。
古巣相手ですから、気合い入ってると思うんだけれどなぁ。


今シーズンこそはチャンピオン頂きたいシェラフ、
問題なのは中盤から前線へどう繋げるか、かなぁ~。
去年のように、クベロが一人さびしく前線に、って感じではないけれどさっ。
(まあハラパももたもたしてうるけれどね)


35分、ハラパのゴール!!と思ったけれど。
フリアン・チャコンがふわっと出したクロスに
やっと姿を現わしたトゥカン・ゴドイがヘッドでゴール!だけど、オフサイドの判定。
攻撃としては良かったのに、わずかに前に出ていたかぁ。




あまり書くことのないまま、後半突入。


51分、シリロ・ロペスのパスを受けたジョニー・クベロ、
うまくDFをかわしてシュート!したボールはモリーナがキャッチ。
シェラフの攻撃の中では、今までのところ最高の形ではありました。
後半はシェラフの中盤も良くなって、攻撃する回数も増えてきてますね。


61分、皆が待ち望んでいた交代。トゥカンが下がってアペラニス登場。
ちょっとふっくらとして帰ってきたような気がするけれど・・・・・・。
でもアペラニスがボールを持つとスタンドがわーっと沸くのは相変わらずで、
うまくボールをもらうと、DFをなんとかしてゴール前へやってくるのも一緒。
やっぱしでも、動きが重たいような気が・・・。


加えて、チャコン、マルケスといった中盤の要がどうも・・・?
マルケスはU-23の合宿にも参加していて、
チームメイトとの練習が不足気味かも、ですけれど。


やっぱりシェラフの方が出来上がりがいいなぁ~。
残念ながら、決定力が今ひとつ。
77分、右サイドに一旦出したボール、シェラフのレイエスがクロス、
クベロがヘッドで合わせたボール、なぜかゴールの外へ・・・。
あのボール、はずす方が難しいと思うんですけれど。


決定力がないのはハラパも一緒かぁ。
78分、ハラパのCK、
DFがクリアーしたボールを拾ったのは入ったばかりのビニシオ・カスティーヨ。
ミドルレンジで撃ったボールは枠の前を通って向こう側へ抜けていったけれど、
合わせようとして空振りしたのはホセの方のカスティーヨ。
がああ、何をやっとるんじゃ、どいつもこいつも!


84分、ハラパのCK。
高いボールにGKバリオスが飛び出すものの空振りしてボールはポトリ。
このボール、ホセ・カスティーヨがスライディングして蹴ったものの、
目の前にいたエスタクイの腕に当たる。
ハラパはPK!を叫ぶけれど・・・・・・。まあPKじゃないっしょ、
エスタクイ、ボールを避けようとしてたんだし。


85分、シェラフのカウンターを防ごうと
後ろから手を掛けて倒したオレヤナに2枚目イエロー。
残り時間もないけれど、10人になっちゃったよ、ハラパ。


でも何事もなく試合終了。
どっちも、もちっと何とかしてくれよぉっ!って言いたくなる試合でした。
はあ、ねむ・・・・・・。




得点:なし
警告:カストリーヨ、オレヤナ×2(以上ハラパ)、レイエス、バリオス(以上シェラフ)
退場:オレヤナ(ハラパ)


*タグ/ハラパ(クラブ) シェラフ(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/239-ca3c44bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。