スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 マルケンセ - クレマ やるじゃん、パトッホス 

マルケンセ 4 – 2 クレマ
1月19日20:00、マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場(サン・マルコス) 


結果だけ見ると一方的っぽいですが、実は白熱したいい試合でした。
U-20+ロロ、サナブリア、チンチーヤのクレマ、
ひょっとして引き分けか!と思われた試合だったんですが、
やっぱりそう簡単には行かないか。


最初の得点は、クレマの坊やたちの緊張が溶けない2分。
CKのボールがこぼれたのを誰かがシュート!
低いボール、GKのロビン君、止めたけれどキャッチできずに前に弾いたところを
カルロス・アスプリーヤに押し込まれてあっさりゴール。1-0。


でもこれで緊張がとけた?坊やたち、ここで踏ん張ります。
DFをしっかり固めて、余裕綽々のマルケンセの攻撃を防いでしまう。
そして44分、おじさんぶりの目立つロロのミドル、
クレーが一旦弾くんだけれどルイス・ラサロが思いっきり撃ったボールはゴールの中へ。
ええええ~、同点ですよ!?1-1。
坊やたち、大喜び。いやいや、大はしゃぎぶりがかわいらしい。


ちなみにグアテマラでは「男の子」という意味でpatojo(パトッホ)という単語を使います。
他の国では使わないと思いますが。
なわけで、この試合にU-20の選手たちが行く、って決まった時、
「クレマのパトッホスがマルケンセ戦に!」
という感じで報道されたのでありました。


ところがその喜びも長続きせず。46分、またしてもCKから。
クレマDFが落としたボールをアスプリーヤが踵で押し込んでゴール。2-1。
がっくりぶりもなかなか初々しくてよろしいですなー。




後半は、拮抗した試合となりました。
そして73分、右サイドでロロがDFに取り囲まれながらも
粘りに粘って、倒れこみながら中央へクロス。
エドガル・チンチーヤもDF4人くらいに取り囲まれた中、ボールを押し込んでゴール。
えええええええ゛~、またしても同点!!すごいぞパトッホ軍団!
マルケンセ、ぼーぜん


この後、マルケンセ、一生懸命攻撃するんだけれど、
なかなかなかなかゴールを割れず。
このまま引き分けで試合終了かな、と思われた90分。
マルケンセのFK、ハイボールを競ったアスプリーヤに当たったボールは、
そのまま後ろへ飛んでゴールに吸い込まれてしまった。
意表をつかれたGKは動けず。3-2。
ううう~ん、運を味方にしてやっとこさ勝ち越し点をあげたマルケンセって・・・。


その2分後、エリア前10mほどからのFK。
今日絶好調&絶好運のアスプリーヤがゴロで蹴ったボールも、
ひょろひょろとゴールの中へ吸い込まれてゆきました。
GKはボールが見えてなかったかも。がっくりパトッホス。


これで試合は終了ですが、マルケンセ、冷や汗の勝利でしたね
アスプリーヤは1試合で4得点って、昨シーズンのゴールをすでに越えたのと違うか・・・。
マルケンセに移って良かったね。


パトッホスはやる気に満ちていて、一生懸命さが伝わってきていましたね。
試合後、再び円陣を組んで掛け声をかけていたのも、見ていて気持ちがいい。
いっそのこと、トップチーム皆クビにして、パトッホスで試合したらどうよ、キケ。




マルケンセ
Miguel Klee, Yoni Flores, Israel Donis, Jonathan López, Henry Milian, Leonel Noriega, Ricardo Gutiérrez (N. Soria, ´72), Lester Ruiz (J. Estrada, ´40), Yves Quintana, Carlos Asprilla, Erick Priego (H. Fuentes, ´72)
DT: Francisco Melgar

クレマ
Robin Argueta, Carlos Martínez, Stevenson Cocón, Josimar Estrada, Angel Sanabria, Luis Lazaro Barillas, Antonio Castañon, Billy Torres (L. Alay, ´46), Bryan Ordoñez, Rolando Fonseca, Edgar Chinchilla (B. Ordñnez, ´80)
DT: Ivan Sopegno

得点:2分アスプリーヤ(1-0), 44分ラサロ(1-1)、45分アスプリーヤ(2-1)、73分チンチーヤ(2-2)、90分アスプリーヤ(3-2)、92分アスプリーヤ(4-2)
警告:グティエレス、ミラン、ロペス(以上マルケンセ)、サナブリア(以上クレマ)


*タグ/マルケンセ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

カルロス・アスプリーヤが4得点とは。

特に3点目は凄いですね。ヘディングシュートがあんな距離をあのコースで飛ぶなんて。

そういえば開幕シーズンはマルケンセがロホスに
ユースチームで挑んだんですよね。今回はクレマですか。

>アッキーさん

アスプリーヤの3点目、何といいますか、
「いや~、珍しいもの見せてもらいました」
てな感じでしたね。

でも、あんなのが決勝点になっちゃうんだから、世の中わかんないです。
クレマの坊やたち、かわいそ。


>SHEさん
んー、なんだかんだとユース世代にも実は結構チャンスありかも?
若い選手たちにはいい経験でしょうけれど、
こういう事情で若手が呼び出されるのは、勘弁して欲しい気が。

で、今ふと思い出したんですが、
私が時々お願いするタクシーの運転手さんの息子さん、
小僧と同様に、小さい頃からCejusaでサッカーを始めたらしいのですが、
今、クレマのエスペシアルにいるんだとか。
ひょっとして彼の息子さんが・・・と思ったんですが、
残念、招集リストからもれていたようです。

別の機会に、テレビでお目にかかることもあるかも。

へえ、クレマの現在の状況だと今シーズンは若手にたくさん
出場の機会がありそうですから、もしかしたらもしかするかも?
その時は教えてくださいね。

でもホント、そちらでは選手がけっこう身近にいるのですね。
偶然?それとも・・・?

>SHEさん

小僧がサッカーやってることもあって、
話がどんどん繋がっていくことはありますけれども、
基本的に人口に対するサッカー人口が高いのかも?
や、わかんないですね。

とにかくいつも、紙とペンは必携です(笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/238-a7c6c4b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。