スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1節 ペタパ - ロホス 

ペタパ 0 – 3 ロホス
1月12日20:00、フリオ・アルマンド・コバル競技場
主審:フアン・カルロス・ゲーラ


ほぼ満員のスタジアム。
照明を取り付けたばかりのフリオ・アルマンド・コバル競技場、
初のナイトゲームです。
閉幕シーズン終了後には、芝の張替え(天然芝から人工芝にする予定だとか)、
ロッカールームのリニューアルなど、いろいろ予定しているので、
降格なんかしたら格好つかないよね!?


開幕シーズンを最下位で終わってしまったペタパ、
何が何でも勝たないといけない試合。


一方のロホス、実はペタパ相手のアウェーではしばらく勝ってないんだとか。
加えて、今日はパンド、アセベド、シルバ、トンプソン、ロコ、メディーナ、アルビスーリス、ルアノがベンチ入りせず。
累積で出られないのがトンプソン、ケガで出られないのがアルビスーリスとルアノ、
それ以外はフィジカル・トレーニングを強化しましょう。という話らしい。


そのために、ボカのユースのフィジカル・コーチ、オスカル・アキノまで招聘して
みっちりフィジカルを鍛えているところだったりします。
というわけで、結構びっくりのスタメンだったりするんですが。


ペタパ
GK: 1 Ricardo Triguño
DF: 4 Denis Chen (LSB), 5 Jairo Pérez, 2 Richard Schmidt (60’ Jorge López), 8 Jorge Gil (RSB)
MF: 14 Mynor Morales, Engelbert Herrera (46’ 18 Mario Navas), 21 Lisandro Pérez (LSB), 7 Raúl González (RSH)
FW: 16 Selvin De León, 20 Edgar Meda (60’ 20 Alan Villeda)
DT: Alberto Salguero
トリゲーニョ、おひさ~。いいプレーを見せてくれよっ!

ロホス
GK: 27 Jaime Penedo
DF: 23 Renato Blanco(RSB), 2 Jaime Vides(LSB), 14 Selvin Ponciano, 28 Cristian Noriega
MF: 18 Manuel León, 24 Sergio Guevara (30’ 26 Marwin Marroquín), 10 Fredy García (81’ 16 Marco Pappa), 8 Gonzalo Romero
FW: 19 Marvin Ávila, 21 Carlos Figueroa (76’ 3 Pablo Melgar)
DT: Jorge Benítez
えー、最近のロホスと言えば、アセベドとかアスプリーヤとか、
とにかくポストプレーヤーに当てるプレーが多かったんですが。
この布陣ではそういうわけにもいかない。でどうなるんでしょ。




ほんっと、照明が明るくてピッチが見やすい。
デイゲームよりも明るい気がするのは・・・・、やっぱり気のせいか。


最初のシュートはペタパ。
2分、メダがエリア外から思いっきり蹴ったボール、
クロスバーの上をわずかに越えていきました。


ロホスは・・・、え~と、誰がどこにいるんだぁ?
アビラが右でフィゲロアが左!?
フレディも右にいたりしてね、ま、ポジションチェンジしたりするんでしょうが。


まだ誰がどこにいて何してるんだかよく把握できない6分、フレディのゴール。
左サイドで競ったボールがこぼれたところ
後ろから走ってきたフィゲロアがかっさらい、
右ききのフィゲロアが左足でシュート!
これはトリゲーニョが弾くんだけれど、
そこへやってきた左ききのフレディが右足で押し込んでゴール。


ペタパのDF、一体何やっとるねん。
フレディ、かんぺきフリーだったよ・・・・・・
ほらほら、トリゲーニョがもう怒ってるし。


12分、ロホスのFKの時に、線審が主審に何やらささやく。
主審、戻ってきてチャロに一言。ん?チャロ、観客席に向いましたね・・・
はああ、その辺りに大きな垂れ幕があったのですが、
CREMA HIJO DE P●●●
と書かれておりました。
チャロがお願いすると、さっと取り払われたのですが。
そういうの、やめようよ。


23分。センターサークル付近で
セルヒオ・ゲバラにマイノル・モラレスが後ろからチャージ。
どうやら2人の頭がごっつんこした模様で、2人とも倒れてしまう。
モラレスはしばらくして立ち上がったけれど、
ゲバラは頭に包帯を巻かれて担架で外へ運び出される。
どうやら病院へ運ばれる模様です。
ゲバラ、地味だけれどいい働きをしてますから、ちょっとイタイかも。


28分、ロホス、センターサークルの中でFK。
レオンかな、が蹴ったボールは大きく伸びてエリア内へ、
トリゲーニョが飛び出してキャッチするんだけれど、その後なぜか後ろへポトリ。
すぐに押えたから良かったけれど・・・・・・、大丈夫か、トリゲーニョ。


30分、26マルウィン・マロキンがゲバラの代わりに入る。
いやいや、それにしても久しく見ないくらい若返りましたね、
ピッチの中のロホスの選手たち。


34分、ペタパのゴール!だけどオフサイド。
エレーラのFKからこぼれたボールを誰だ?モラレス??がシュート!
これはペネドが一旦弾くんだけれど、デ・レオンが押し込んでゴール。
かと思ったら、シュートした時点でデ・レオンがオフサイドでした。


40分、ペタパがCK獲得。
リサンドロ・ペレスのヘッドはブランコの腕をかすってペネドの手の中へ。
審判はPKを取らず。


43分にはロホス、エリアちょっと手前右サイドでFK。
蹴るのはもちろんフレディ、ダイレクトで狙ったボール、
トリゲーニョが右に飛んでうまくはじいちゃう。


ペタパはメダが後ろに下がって、リサンドロ・ペレスが前へ、
モラレスがペレスのいたところ、ってちょっとばかりポジション変えてるみたいです。
そのペレス、ロングボールを受けてブランコをかわして
ゴンサレスにパス、ゴンサレス、シュートするけれどペネドがキャッチ。




後半開始。
ペタパはエンヘルベルト・エレーラを下げて18マリオ・フラッコ・ナバスを入れた。


51分、ペタパのボールをフィゲロアがカットして、エリア内へ持ちあがる。
右サイドから切り込んできたフィゲロアを
後ろからハイロ・ペレスですか?がタックルしてPK。
蹴るのはフレディ。柔らかく蹴ってゴール。これで2得点。


56分、左サイドでペタパがFKをゲット。
蹴るのはエドガル・メダ。
距離は相当あるけれど、ダイレクトで狙ったボールは、まっすぐゴールへ。
ペネドが飛んでうまく外に弾き飛ばしたけれど、いいシュートでした。


60分、ペタパ、12ホルヘ・ロペスが入る。出るのはリチャード・シュミット。
17アラン・ビエダが入って20エドガル・メダも下がる。
ほよ・・・。攻撃しないといけないからね。


で確かにペタパが攻撃をどんどん仕掛けるようになってきた。
66分にはいいシュートもあったんだけれど、
ペネドがパンチングでおしまい。


67分、レオンがロペスを蹴っ飛ばして2枚目イエロー。
第1節からいきなり退場かあ・・・・・・。
ま、でも、2-0で勝ってるんだしね。
この方が試合としてはおもしろそうだから、いいですよ、私は。


というわけで、ペタパの行け行け攻撃。
70分、ロペスのパスを受けてペレスがシュート!
いいシュートだったけれど、ペネドがキャッチ。


74分、ナバスのクロスを至近距離からペレスかな?がシュート、
だけどこれもペネドがはじき出しちゃう。
この試合、ロホスが勝ってますが、
仕事が多いのはトリゲーニョよりもペネドかも。


76分、メルガルが入ってフィゲロアが下がる。
何となく不満そうなフィゲロアですが・・・・・・、
DF5人でひたすら守るんですかね?
それにしても、メルガル、久しぶり~。
メルガル、なんとボランチに入ったようです。


79分、ラウル・ゴンサレスのクロスから
セルビン・デ・レオンがヘッドしたボールはポールの右を通過。
今日のボールはロホスのゴールに入りたくない!って主張してるみたいだなぁ。


80分、やっぱり右サイドのゴンサレスがクロス、
ペネドが飛び出して弾いたボールは
ホルヘ・ロペスの前へ転がって、シュート!
当たりそこないではあったけれど、再びペネドが弾いちゃう。すごいよ、ペネド。
にしても、DF厚くしても、結局ペタパが攻勢かい。


87分、ラウル・ゴンサレスがラインぎりぎりからクロス、
ノリエガと誰かが飛ぶんだけれど、2人とも手を伸ばしていて
どっちかの手に触った模様・・・。
審判はペタパのファウルを取る。


89分、再びペタパがゴール前3mくらいでシュート!
これも右に飛んで弾き飛ばすペネド。
いやいや、ペネド大当たり!


91分、ペタパが半月ちょっと手前でFKをゲット。
モラレスがダイレクトに狙ったボールはペネドがキャッチ。
そこからロホスのカウンター、右サイド上がってクロスを上げたのは誰?チャロ??
クロスを受けてパッパがくるっと振り向いてエリア外からシュートしたボール、
トリゲーニョは反応が遅れてちょっと届かず。どしたトリゲーニョ。
パッパは側転+後ろ宙返りでゴールをお祝い。


んなところで試合終了。
この顔ぶれでどうなる?と思ったロホスでしたが、
却って良かったような感じ。皆良く走ったからね。
とはいえ、ペネドがあんなに当たってなければ、
ペタパがひっくり返せていたかも。
なんと、枠に飛んだシュート数はペタパが12-4で圧倒的に勝っております。


*タグ/ペタパ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

コメント

トリゲーニョ~

復活おめでとう~。
ま、調子はいまいちだったかもですが、これから頑張ってもらうことにして。
なかなか盛りだくさんで楽しそうな試合だったんですね。
しかしなんで、クレマ罵りの垂れ幕が!?
試合間違えましたか? まあどっちにしてもそれはまずいよね。
ペタパはそれだけ攻撃してて、一点も取れなかったって悔しいでしょうねえ。
トリゲーニョも気合入れて頑張らにゃ!!

てことで、
v-308シーズン開幕!

試合勘が

>亀さん

やっぱ足りてないね。て風に見えました。

いきなりのゴールでちょっと足元掬われたってのもあるかもですが、
これからどんどん試合に出て、頑張ってもらわねば。
ペタパの降格を防ぐことができるか!?

クレマのあれね~、いや、それこそクレマ相手の試合でやったら、
生きてスタジアムから出られないですよ。
関係ない試合だからこそできるんだろうな。

ちょっとおかしかったのは、チャロがそっちに向かうと、
当然カメラが追いますよね。
でもさすがに全文入れちゃまずい、と思ったのか、
HIJO DE の辺りまでしか映してませんでした。

でもね、でもね、フレディのゴールのリプレイを見ると、
全文ちゃんと映ってたりするんだよな~。
その時は私も全然気がつきませんでしたが、
前半終わってリプレイ出てきて「きゃはは~!!」。

そちらももう始まりますね。
頑張れアトランテ!?

宙返り

>SHEさん

パッパ、リズミカルかつ軽やかに宙返りしてましたねぇ。
最初の側転は勢いをつけるためだったのかしらん・・・?

うっ、ごめんなさい!

SHEさんのメッセージ、
スパムコメントを削除したはずだったのに、
SHEさんのメッセージの方が消えてしまいました。
にゃろー。

メールで受け取っていたコメント通知から拾って貼っておきます。
ごめんなさいっv-436


パッパって足元のテクニックがとても高くて宙返りをするような
選手とは思えなかったんですけどね。アビラに教わったのかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/232-04bbf404

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。