FC2ブログ

LNF準決勝2nd.レグ ムニシパル - スチテペケス 

ムニシパル 1 – 1 スチテペケス
12月9日17:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:エルマル・ロダス


カンクンから帰っての一週間、怒涛のように忙しかったのですが、
その疲れがぽっと出たような日曜日でした。
一方小僧は「ロホスの試合見に行こうよ~」。
まあ準決勝だし、これでロホス負けたら(¡)もうしばらく試合ないしね。
仕方ない、行ってやるか・・・とトコトコ出かけたのですが、
何ともやるせない試合になっちゃって・・・。
こんなことだったら、アトランテの試合見ながら家でテレビ観戦した方が良かったよ!?
と後悔したんですけれどもね。
家に帰ったらもうクタクタでバタンキュー。このレポはビデオを見ながら書いております。


さてこの試合、ファーストレグはスチテペケスが1-0で勝っていましたので、
ロホスは何が何でも点を取りにいかねばなりません。
というわけで、いきなりびっくりのスターティングメンバー。

ロホス
GK: 27 Jaime Penedo
DF: 7 Claudio Albizuris, 14 Selvyn Ponciano, 2 Jaime Vides
MF: 5 Fredy Thompson, 24 Sergio Guevara, 11 Pando Ramírez©, 8 Chalo Romero (LSH) 25 Loco Rodríguez (RSH)
FW: 15 Pin Plata, 9 Coyote Acevedo
DT: Jorge Benítez
ロホスが3バックですよぉ~!前の試合でノリエガがレッドくらって出られません。
DFで唯一残ってるチノ・ルアノはベンチ。
ロコちゃんは、怪我から復帰です。

スチテペケス
GK: 1 Cristian García
DF: 18 Omar Villagrant (LSB), 19 Edy López, 4 Anderson Passos, 6 Fredy Santiago Taylor (RSB)
MF: 30 Carlos Castillo, 7 Edwin Villatoro, 15 Andrés Rivera, 10 Sergio Morales©, 8 Wilber Velásquez
FW: 9 Sandro Zamboni
DT: Gabino Román
こちらは普段通りかな。セルヒオ・モラレスがスタメン復帰。
準々決勝のシェラフ戦の試合後の揉め事で6試合停止をくらっていたミルトン・カブレラと
アシスタント・コーチについては処分が取り消されています。




相当に満員のマテオ・フローレス。半分以上入ってますよ。
てえことは2万人近くかなぁ。ロホスインチャばかりで、スタンドは真っ赤~。
普段は締まっている北側ゴール裏、今日はスチテペケスの応援席。
ここも1/3は埋まってますね。白と青の寒い色が目立っております。
いやいや、すごい大歓声と騒音。こんなに賑やかなスタジアムを経験するのは初めてだわ。
試合開始前からガンガン盛り上がっています。


私たちはメインスタンドのロホスベンチの後ろあたり、前から5列目で見たのですが、
チノ・ベニテス、試合開始からずーっと、ベンチの脇に立って試合を見守ってましたね。
たま~に、テクニカルエリアまで出張することもありましたが、ほとんど動かず。
なんとも穏やかなムードのおじさんでありました。


さてさて、いきなり出足がいいのはスチテペケス。
でもすぎにロホスもイニシアチブを取り返し、ロコのスピードを生かした攻撃なんかもあったり。
しかししかし、スチのDFは無茶苦茶固い。
ロホスボールになると、自陣に全員が戻って、ゴール前に難攻不落の要塞を築き上げる。


8分、アルビスーリスにイエロー。
今日はDFにとってタフな試合になりそうだというのに、
こんな早い時間にカードもらって大丈夫かな、マニア君。


10分、チャロのFKをGKガルシアがパ~ンチ!
そのボールはロコちゃんの前にちょうど落ちたんだけれど、
ロコのシュートは、ベナード・ビヤトロがヘッドでクリアー。


15分ほど?ロコが足を蹴られてうずくまる。
審判は無視。悶えていたロコ、
目の前にボールが来たのに気づくと、さっと起き上がって走り出す。きゃはは。
こんなことしてるから、ロコちゃん、
本当にファウル受けてても審判にファウル取ってもらえないんだよねぇ。


22分くらい?スチテペケスの誰だ?パソス?が倒れて、試合中断。
スタンドからはHue●oの大合唱。
まあとにかく、放送禁止用語のオンパレードなスタンド。


ロホス、ボールがDFにわたると、中盤省略して前線へ放り込む。
でも、アセベドしっかりマークされてて、なかなか勝てないんだよねぇ~。
加えてルーズボールをプラタが拾えてないし。む・・・。


25分、ベラスケスにイエロー。
ロホス、中盤でならパスも回せるんだけれど、エリアに入り込めないねぇ。
中盤で膠着して、たま~に前線に出たと思ったら、今度は誰もいなかったり。


34分、エリアぎりぎりのところで、ロペスがアセベドに触れて倒す。
場内のもっのすごい歓声・罵声・悲鳴にも負けず、主審は流す。


36分、チャロからエリア内へのアセベドへ、ピンポイント・クロス。
アセベド、今度は競り勝つけれど、ボールをコントロールできず。


38分、ロホスがゆっくり攻める。
ゲバラのクロスにピンが飛び込もうとしたけれど、
GKガルシアとDFのテイラーが仲間同士で思いっきり衝突。
テイラーが傷んだみたいだけれど、場内は思いっきりのブーイング。ちと可哀想。


41分、「パンツ君」あらため「おむつ君」リベラにイエロー。
何でも、リベラ、短めのパンツを愛用しているんだそうで、
更にそのパンツを時に折り返しているのか?勝手に上がっちゃうのか??
とにかく短く見えるのです。そんなリベラにも放送禁止用語だらけの野次が飛ぶ。


ロホスの攻撃って、とにかくゆっくり。
パス回しをしながら、段々攻めあがっていくんだけれど、
最近はサイドチェンジもあんまりないし、パスの出し方も遅いし、どうにもねぇ~。
カルロス・ペスカドジャナイヨ・ルイスが監督代行してたころ、
ツータッチ以内でパス回ししよう!と特訓してたことがありましたが、
あの頃は確かに、パスさばきが早くなってたんですよねぇ。


最近のロホス、パスをさばくタイミングも遅くなってきてるけれど、
何よりもパスが前へ行かない。後ろや横やら、そっち方面へならさっと出せるんだけれど、
前に入れるパスに逡巡してるんだよねぇ・・・。


45分、アセベドが左サイドをボールを持って上がる。
で、どうしてシュート撃たない?ほら、DFが追いついた。
後ろのパンドにパスを出して、パンド仕方なくシュート!はGKの手の中へ。


46分、パンドがエリア手前で倒されるけれど、主審は流す。
スタンドは思いっきりのブーイングだけれど、ロダスさん、強いわ。
でもちょっとばかり、ファウル流しすぎじゃあないですかねぇ。
ロダスさん、気にせず前半終了の合図。




後半開始。交代はなし・・・。ううう~ん、誰か代えた方がいいと思うよ。
まあ、とにかく目の前で控え選手がウォーミングアップを開始致しました。


48分、エリア手前にいるプラタが、ボールを受けてゴールに向わず、
後ろにいるチャロに渡して、場内からは大ブーイング。
プラタ、なぜに?前を向かない?今日のプラタ、ホント精彩に欠ける。
頑張ってるのは、DFラインなんだよなぁ~。


3バックでも、マニアは結構積極的に攻めあがっている。
まあ、それが効果的かと言われると・・・ですが、左サイドはマニア、
右サイドはロコが走っているくらいですからね。
チャロとパンドは・・・・・・、
え~、チャロはまだ何とかしようとしてるけれど(うまくいってないけど)、
パンドは・・・・・・、たまにミドルシュート撃つくらいかしらん。


52分、場内はフレディの登場を願う大歓声。
やっぱり、そうだよなぁ~、と思いつつ、小僧も私も参加。
53分、エリア手前でロホスがFK獲得。
俄然勢いづく「フレディ!」の大歓声。
この位置、フレディが今シーズン、スチテペケス相手にFKを2つ決めた位置とほぼ同じ。
でも、なぜにプラタが蹴るの?でそのボールはカベにぶつかって何事もなく。
再び「フレディ!フレディ!」の大合唱。


55分、スチDFのクリアーしたボールを、トンプソンがミドルシュート!
わずかにゴールの上を通って行きました。
ここでスチの選手交代。「おむつ君」リベラが下がって、ミルトン・カブレラが入る。


56分、パンドが蹴ろうとしたボールをテイラーに奪われ、モラレスが左サイドへクロス。
ベナード・ビヤトロが落とし、どフリーでいたサンボーニが軽く合わせてゴール!0-1。
スチ、お得意の空中戦で華麗に決めました。
サンボーニのマークはビデスだったんだけれどなぁ、モラレスの方に気を取られてしまったか。


一瞬の沈黙(スチ応援席は大歓声)、続いてブーイングのスタンド。
アウェーゴールがカウントされるので、ロホスは3点取らないと勝ち抜けなくなってしまいました。
あああ、絶望的。


59分、今度はビヤトロがエリア内へ走りこんで来たところへ、
マークしていたビデスとペネドが衝突して、ビデスが傷む。
担架で場外に運び出されるビデス。
ここでルアノが呼ばれて用意したんだけれど、ビデス、無事にピッチに戻りました。


61分、パンドがモラレスに思いっきり滑り込んで、モラレスが倒れる。
でも、これも流しちゃうんだよねぇ~。ちょっとどうした、ロダスさん。
今度はモラレスが担架で運び出される。いやいや、今日の担架は大忙し。
かなり熱くなってきた両チーム。てか、もうかなりメチャクチャになってきておりますな。


63分、マニアのビヤトロへのスライディング・タックルで、2枚目イエロー。
がああああん。ロホス、これで10人だよ。
でもさっきのパンドのタックルの方がひどかったと思うけれどもね、
あれをちゃんと取ってたら、これはなかったかもなぁ、という気もしないでもない。
マニア、ロホスの中では頑張ってたからね、なんとも残念です。
ロホス、もう2バックでいくぞっ!!


67分、ビヤグランがロコちゃんにタックルでイエロー。
エリアの角ぎりぎりの付近からFK。スチは全員で防ぐ。
で、チャロの蹴ったボールは、スチの狙い通り、壁に当たっておしまい。


69分、ロホス最初の交代。ピン・プラタが出て、カルロス・フィゲロアが入る。


71分、ゲバラが相手ボールを奪い、縦にボールを入れる。
パンド、相手DFの裏でボールを受け、テイラーを交わしてシュート!
だけど、ボールはポストの外側に当たって転々々・・・。


73分頃から、チノ・ベニテスへの大ブーイング。
え~、残念ながら、放送禁止用語なので、何て言ってたか書けません。


74分、セルビン・ポンシアーノにイエロー。
ここでスチ、選手交代、ベラスケスが下がって、ファブリシオ・ベニテス。


75分、ロコちゃんが下がって、フレディ・ガルシア。
私の付近では、ロコじゃなくてパンドを下げろ!という声の方が多かったんですが・・・。
まあロコちゃんも、普段のキレはちょっとなかったですね。
ただ、何かやらかしてくれそう感はロコちゃんの方が上でした。


77分、フレディのスローイン、チャロが返してフレディがクロスを上げる。
これにアセベドが簡単に合わせてゴール!
ね、だからフレディを入れなきゃっていったじゃん!!!
場内、ロホス!!ロホス!!!ロホス!!!!のすっげえ大歓声。
あと2点・・・・・・。


79分、トンプソンにイエロー。後ろから手を引っ掛けてベニテスを倒した。
実は私たち、この辺りで引き上げました。
いくらフレディがいても、このロホスにあと10分で2点を入れられるとは思えず・・・。
でもって、かなりに超満員だったし、負けて怒り狂う人もいるといけませんから!?
そういえば、私たちがスタンドで買ったミネラルウォーターのペットボトル、
売り子さんは紙コップについでくれて、ボトルの方はピックアップ。
缶なんかも同様で、これきっと、
ボトルとか缶とか、投げ込まないように用心してるんでしょうね。


で、この時間帯に引き上げる人、もう結構いました。
私たちのいたメインスタンド、ほぼぎっしり埋まっていたんですが、
加えて階段にまで人が座っていて、なかなか通れない・・・・・・。
終了まで待ってたら、出るのにすごく苦労しただろうなぁ。


さて、試合の方は。
フィゲロアが右サイドを駆け上がってクロス入れたり、
フレディ→アセベドでエリア内のパンドにボールがわたったりとか、
ロホス、必死の反撃をするんですが、なかなか実らず。
スチは落ち着いて試合を進めているしね・・・・・・。
ロホスインチャにとっては、何とも切ない試合展開。


83分、スチのFKでカベのゲバラが大きく前に出てイエロー。
パンドまでクレームに言って、やっぱりイエローもらいました?
こらこら、ムダにする時間はないでしょっ。


85分、スチ、最後の選手交代。サンボーニが下がって、ウィルソン・ラリン。
いやいやそれにしても、ロホスのDF、実に良く走りますな。
ビデス、ポンシアーノ、ゲバラ、このあたり、段々プレーがハチャメチャになってきていますが、
早いスチの攻撃を相手に、走り負けはしてないですもんね・・・。


88分、CKと同じような位置からのスチのFK、ビヤトロがヘッドするけど、
同時に飛んだトンプソンとの間でボールが落ち着かず、なんとかペネドが外へ出す。


89分、チャロのクロスからパンドのヘッド、ガルシアが正面で抑える。
ガビーノ・ロマンのガッツポーズがさりげなく映っていたりして。


90分を過ぎて、スチ側はもう勝ったような大喜び、
一方ロホスインチャ、くじけずに応援を続ける。
ホント、えらいよね、ロホスのインチャって・・・。


3分を過ぎたところで、試合終了。
帰途に着いていた私たちのところにも、大歓声が聞こえてきましたよ、この瞬間。
「ひょっとして、ロホスのゴール!?」とはかない期待をしたんですが、
続いて上がった花火の音に、試合終了~と気づいたのでありました。


アラフエレンセとの試合もあって、ケガ人もいて、
万全の体勢で望めたわけではないのはわかるのですが、
それでもやっぱり不甲斐ない。
休みの間になんとかチームを立て直して、閉幕シーズンには強いロホスを見たいものです。
CONCACAFチャンピオンズだってあるんだしね。


スチは狙い通りの試合展開だったでしょうね。
今シーズン、出だしでつまずいたものの、中盤から調子を上げ、
速攻と空中戦を武器に、見事な試合を展開してきた・・・・・・と思います(あまり見てませんが)。


というわけで、決勝戦はハラパとスチテペケス。
前のシーズンに続いて、地方決戦となってしまいました。
私はやっぱりハラパ応援かな。好試合になりますように。


*タグ/ムニシパル(クラブ) スチテペケス(クラブ)

コメント

あぁこの試合、生放送は見れなくて、リピート放送を待っていたら
他のカードに差し替わって見逃してしまいました・・・。

決勝も第1戦は中継したのに何故だか第2戦の放送がなくて、
せっかく先発で起用されたラリンを見るチャンスだったのに・・・。

>SHEさん

わああ、残念。
試合の内容はともかく(え?)、
ロホスインチャの気迫のこもった応援は見応えのあるものでしたよ。
でも、再放送が中止になっちゃったの、スタンドからの放送禁止用語があまりにすごかったからかも?
録画したの見てた時も、結構はっきり聞こえてましたもん・・・・・・。

GolTV、各国のテレビ局と提携しているようで、
その局が放送する試合しか中継できない、
てのが若干ネックですよね。
だから決勝の2戦目は国際放送ないんだろうな、とは思ってました。
ハラパが勝ってしまったが故の出来事だったんですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/182-f9f4cbda