スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNCAFクラブ杯3位決定戦 1st.レグ アラフエレンセ - ムニシパル 

アラフエレンセ(Crc) 1 - 2 ムニシパル(Gua)
11月27日20:00、アレハンドロ・モレラ・ソト競技場(アラフエラ)
主審:アレハンドロ・モレノ(Pan)
(観客の暴力行為のため、安全が確保できないとして81分で試合中止。
 UNCAFの裁定により、試合はアラフエレンセ 0 - 3 ムニシパルとなり、
 アラフエレンセには$10,000の罰金及び
 同競技場に対し6ヶ月間の国際試合禁止処分が下された)


カンクンから帰ってきて、小僧が真っ先に「見たい」と言ったのがこの試合の録画。
まあ、勝ったことはわかってるしね、いいでしょ・・・・・・と思って見始めた試合。


リーガ・アラフエレンセ
Wardy Alfaro, Roy Myrie, Mario Viquez (Jean Carlo Solorzano), Cristian Montero, Michael Rodriguez, Cristian Oviedo, Pablo Herrera, Berny Solorzano (Batata Pineiro), Pablo Gabas, Luis Lara (Kenny Cunningham), Victor Nunez
DT: Carlos Restrepo

ロホス
Cesar Paulo Motta, Claudio Albizuris, Jaime Vides, Cristian Noriega, Selvyn Ponciano, Manuel Leon, Sergio Guevara, Fredy Thompson, Gonzalo Romero (Fredy Garcia), Carlos Figueroa (Marvin Avila), Mario Acevedo
DT: Jorge Benitez

んんん・・・。ロホス、人材不足気味です?
ノリエガとかレオンとか、いきなり使うんかい・・・。大胆な。




おいおいおい。20秒で先制点取られてどーすんだ、モッタ!
居眠りしてる場合じゃないでしょ・・・。
アルビスーリス!メイリーとダンスしてる場合やないやん。
挙句にゴールだし。


その後もリーガが一方的に攻撃する、押し込む、攻撃する、で
ロホスの中盤以降はヨタヨタしながらファウルで危うく止めている感じ。
何度かカードっぽいファウルもあったけれどねぇ
(てかコスタリカ人の解説陣、これはカードだとうるさいんですけれど)、
必死さだけは伝わってきますね、今日の試合。
こういうところがなかったもんな、今までのロホスって。


なんとか凌いでいるうちに、アセベドがゴール~!
チャロからのエリア内へ届くパス、アルファロが飛び出してきたけれど、
アセベドが先に蹴ったボールは上手い具合にゴールの中へ。
アセベド、走り回って結構頑張っていたから、ご褒美かもね。
リーガがあんなにシュートしても入らないのに、ロホスはラッキーかもなぁ。
同点のまま、試合は後半へ。




後半はもう少し競り合いの試合展開となりました。
若干ロホスの方がいいかもねぇ~。
そんなロホスが追加点取ってしまったのが80分。
77分に入ったばかりのフレディ・ガルシア、
後ろからのクロスを左脚で決めてぎゃ~くて~ん!!
1-2でロホスリード!目を疑うような展開。


トラブルが起こったのがその1分後。
金網を乗り越えて数人の観客がピッチになだれ込む。
それだけならまだ良かったんだけれど、物も投げ込む。
紙、ゴミ、はともかく、ドラム缶(え!?)、入場口の回転バー(ええ!?)。
ひえ~、ウチのウルトラクレマよりもすごいかも。
グアテマラならとっくに催涙弾使われてますが、ここの警備隊&警官、おとなしいなぁ~。


混乱の中、試合は中止になってしまいました。
警官に囲まれて引き上げて行く審判と選手たち。
早く帰りたいフレディを捕まえてインタビューするど根性のテレビ局。
フレディに怪我はなかったようですが、
マルコ・パッパが投げ込まれたコインを顔?頭?に受けて怪我したらしい。
いやはや・・・。


UNCAFの規定では、80分を経過した試合は、そのまま成立となるんだそうです。
加えて、この不祥事への懲罰として、アラフエレンセは0-3の敗戦、
罰金、スタジアムの私用停止などが決まっております。
ファンが贔屓のチームを罰する形となってしまった残念な試合でしたが、
セカンドレグは好試合になってくれることを期待します。


・・・・・・もっとも、ひょっとしてこの3点差をひっくり返されるようなことがあれば、
今度はロホスファンがおとなしくしてはいないような気は致しますが。


*タグ/ムニシパル(クラブ)

コメント

お帰りなさ~い

うむ、やっぱり自力でチェックしようと思っていても、
なかなか手が回りませんです。
monjablancaさんの記事が頼りとなってしまいますな、うははは。

そうか、そんなことに……。
コスタリカ人、おバカだねえ、一点差くらい
もしかしてまだチャンスはあったかもしれないのに、
なかったとしてもまだ第二戦があったというのに。
いやはや、アラフエレンセ、とんだサポーターに頭抱えたことでしょう。
これは、第二戦、戦々恐々の楽しみになってしまいましたね(笑。
まあロホスはバカな真似せず落ち着いて、いい結果を出してくれるものと思いますが。

あ、第二戦って明日なんですね!
いやああああ、どうなることやら!?

ただいま~

>亀さん

やっぱり出来の悪い子ほど可愛いもので?
この試合、結構気になってたんですよねぇ。
でカンクンでもニュースをチェックしていたら、
1-2で勝ったというから大仰天!(ごめん、ロホス)

でもって帰って来て見てみたら、あまりの内容の悪さに二度ビックリ。
良くこれで勝ったよなぁ~な内容。
同点ゴールから後はまあ良かったですけれど、
この顔ぶれではこうなっても仕方ない部分もあるのかなぁ・・・と思ったり。

馬鹿騒ぎしたのはLa Doceとかいう、
アラフエレンセのウルトラだったようです。
亀さんおっしゃる通り、1点ビハインドならまだまだわからないのに、
ホント、馬鹿だよね。

グアテマラでは「U-23もグアテマラに負けたし、
この試合も負けそうだったし、
フラストレーションたまってるんだよ」と冷静な?分析。
U-23は関係ないと思いますが、このカード、
過去アラフエレンセの4勝1敗だったかな?
で、圧倒的にアラフエレンセ有利と思われていましたから
そういう心理は作用したかもしれません。

まあ2戦目は思いっきり来るでしょうからね。
凌ぎきれるかな、ムニシパル。

レストレポ監督、辞任してました

あ、なにやらリーガ・アラフエレンセの
レストレポ監督、辞任していらっしゃったようです。

辞任を表明したのがこの試合の翌日の28日。
今年5月にリーガの監督に就任したばかりだったんですが。
「このクラブの中で、暴力行為に加担するようなことはしたくない。
 ここへ来たのは平和を求めて、だ。
 自分が楽しめないようなところにはいられない」
と何やら意味深な発言。

それにしても。残された選手たちが、何やら哀れです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/171-16b39b9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。