スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペスカドの手術とか、今日のニュース三題+おまけ 

ペスカド、手術。


ペスカドことカルロス・ルイス、右膝の半月板の手術をすることになりました。
以前から痛みがあったそうで、医師からも
「シーズン終了後に手術せなあかんで」と言われていたんだとか。


と言うわけで、ダラスも敗退したことだし、手術するなら今だよね?
いや、ちゃんとボリーヨ親分とも相談して決めたんだそうです。
「来年の予選に間に合わせーや、て言われてん」。


手術と言っても、切った、縫ったの手術ではなくて
関節鏡を使って半月板をゴリゴリするんだそうで、3週間程度で復帰できる模様。
手術は13日にダラスで行われる予定。


余談ですが、実はペスカド、ロホスのUNCAFクラブ杯で助っ人として参加か!
という噂もあったんですが、ご破算です。
ロホス、大丈夫かなぁ~。


ロコ、も手術。


11日のマルケンセ戦で顔?頭に膝蹴りを食らったロコことマリオ・ロドリゲス、
左の頬骨骨折で、当日のうちに手術したそうです。
経過は順調で12日には退院しておりますが、4週間はプレーできないとか。


代表、これでFWが2人減ってしまいましたね??
セルビン・モッタとか、ウィリー・シムスとか試すいい機会とも言えるかぁ・・・。


代表はともかく、マジで心配なのが、ロホス。
ロコがいないFWはとても機能するとは思えない・・・。
どーやって乗り切るんだ、UNCAFのアラフエレンセ戦。


ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞


2007年から、ラテンアメリカで最多得点をした選手に、
Bota de Oro(ゴールデンブーツ)が贈られることになったんだそうです。


本家のゴールデンブーツは各シーズンで表彰されますが、
ラテンアメリカ版ボタ・デ・オロは暦年。
各国リーグでの得点を加算するわけですが、
そのリーグのレベルも勘案して、1得点につき各国ごとに定められたポイントをかけて算出します。


ポイント数が2なのがアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、
1.5がコロンビア、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、エクアドル、
1がペルー、ベネズエラ、グアテマラ、ボリビア、ホンジュラス、パナマ。


とりあえず上記の国が対象の模様。ん?コスタリカは・・・?ま、いっか。


さてさてもうすぐ1年が終わるわけですが、
現在のところ初代ボタ・デ・オロに一番近いのがアルゼンチンのヘルマン・デニス(インデ)。
20ゴールなのでポイント2をかけて40点。
う~んむむむ、グアテマラのリーグだと年で40~50ゴールしないといけないかぁ・・・。
さすがに厳しそ・・・・・・。


おまけニュース。ギャラクシーがペスカド欲しいとか・・・


LAギャラクシーと言えば、監督がルート・フリットに代わったばかり。
でもってなぜかこのタイミングで「ペスカド欲しい」という声が聞こえてきております。
声の主はギャラクシー会長のアレクシス・ララス。


ペスカドと言えば、ギャラクシー時代に大活躍。
ペスカドがいなくなった年は、たしかパンドが優勝を決めるゴールを決めたのではなかったかな?
というわけで、実はグアテマラ人選手とギャラクシーの相性は結構良かったりするのであります。


ベッカム様を取っても優勝できなかったギャラクシー、
やっぱりこうなったら頼れるのはグアテマラ人しかいない!?


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) ゴールデンブーツ(賞)

コメント

どれも

おおお~ってニュースですね。
半月板の手術、私もやりましたよ~ドイツで。
自転車で凍った道走っててこけたんですけどね。
実際すぐ歩けるし、治りも早いと思いますが、
選手だと「まあまあ」って状態ではダメでしょうから、
早くしっかり治ってほしいですね。
で、ギャラクシーに移籍ですか!?
ベッカムもねえ、怪我ばっかりではどうしようもないですもんね……。
ここはひとつペスカド活躍してベッカム様を唸らせてみてください!?

で、気になるのがゴールデンブーツ?
本家って欧州なんでしょうか?
でも、大きな数字をかけるリーグは得点が少ない、
つまり決定力がないリーグってことですよね?
守備が固いとも言えるかもしれませんが……。
それに、総試合数だって違うでしょうに、
それは当然同じになるよう換算するんでしょうか?
本家がどうなってるのか知らないんですが、
なんか、意味があるのかそういう比較?とちょっと思ってしまいます……。

>亀さん

おや。ドイツで半月板の手術されたのですか。
まあ膝の故障の中では比較的トラブルの少ないもののようですが、
スポーツしてる人にとっては、下手すれば致命傷ですもんね。
しっかり治して、また得点王目指してほしいですねぇ~。

ペスカドは、ドノバンが戻ってきた時に
「FWにはドノバンがいるから、キミ、もういらないよ」
ってダラスに出されたんですよ。
だから今さらギャラクシー?な気もしますけれどもね。


ゴールデンブーツの本家のヨーロッパ、
昨シーズンのゴールデンブーツは
ディエゴ・フォルランじゃありませんでしたっけ。

ポイントが高いリーグってのは、
得点しにくい=レベルの高いリーグ、って意味だと思います。
総試合数、確かに若干違いはあるはずですが、
そんなに大きく違わないと思いますよ。
と言っても、総ゴール数を争うのであれば、
リーグでの試合数が1試合でも多い方がトク、てのは事実ですけれど。

まあ、一体全体どんなことになるのやら、楽しみではあります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/157-bdb88c9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。