スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15節 クラシコ 好試合だったのに 

ムニシパル 1 - 0 コムニカシオーネス
11月3日20:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:オットー・メヒア


久しぶりにかなり席の埋まっているマテオ・フローレス。
第234回クラシコでございます。


前回の第233回は、クレマが先制し、終了間際にロホスが追いつくという展開でした。
最近の試合展開からは守備が良く、攻撃もしっかりしてきたクレマと
とにかくグダグダのロホス、クレマが勝ちそうだったんですが。


そう言えば、この試合の前哨戦?
CEJUSAの小僧たちの下のカテゴリー、ミニモスコの決勝は
ロホス対クレマのミニクラシコでした。
こちらはロホスが2-0で勝ったそうな。


さてロホスのキャプテンはモタグア戦に引き続き今日もパンド。
一方のクレマはいつもの通り、タボ・カブレラ。


ロホス
GK: Jaime Penedo
DF: German Ruano, Jaime Vides, Selvyn Ponciano, Claudio Albizuris
MF: Fredy Thompson, Sergio Guevara, Pando Ramírez, Chalo Romero
FW: Mario Acevedo, Loco Rodríguez

クレマ
GK: David Guerra
DF: Elmer Ponciano, Luis Rodríguez, Iverton Paez, Gustavo Cabrera
MF: Saúl De Mata, Rigoberto Gómez, Edgar Cotto, Fabian Muñoz
FW: Tránsito Montepeque, Dwight Pezzarossi




序盤から攻めていくのはクレマの方。
いきなりペネドもびっくりのFKもあったりしましたが、うまくそらして事無く。


7分には、クレマが右サイドから崩す。
コットのクロスに合わせたモンテペケが蹴ったボール、
飛び出したペネドも届かず、ゴール!って誰もが思ったんじゃないかなぁ。
ところがどっこい、クロスバー直撃で下に落ちちゃうんだな、このボール。
はねたボールをポンシアーノがヘッドでクリアー。
ポンシアーノ、勢いあまって自分がゴールだよ。


9分にはムニョスのミドルもあったりする。
やっぱりロホスは中盤を支配できない。
中盤をコントロールできなければ、ロホスは・・・・・・。


ロホス、金曜日に猛練習したという話だったんですけれどもねぇ。
速度とリアクション強化メニューだったらしく、
ミニゲームでは2タッチ以内でリズム良くボールを回すことをモットーとしたらしい。
でも今のところは全然そんな雰囲気ないなぁ・・・。


ポンシアーノでしたっけね?モンソンが辞任に追い込まれた時に、
「試合に入る前はいい。でも、ゲームに入ると、なぜか意気消沈しちゃうんんだ」
とか言ってたんですが、今日もまたそのパターンですか、ひょっとして。
折角のクラシコなんだから、もうちっと気合いいれてくれよぅ。


ん・・・、ペネドに向って煙玉が投げ込まれていますね?
今日は北側ゴール裏がクレマインチャ席なんですが・・・。
危ないからやめてくれよぉ~。先行きが不安。


16分、クレマのFK。
ムニョスの蹴ったボール、ペッサロッシがヘッドしてゴール!
なんだけれど、オフサイドの判定。
場内は歓声と罵声と怒声とがいり乱れております。
テレビカメラはオフサイドラインを追いかけていなかったので、よくわからない。


やっと少しロホスも攻撃ができるようになってきたかな・・・。
今日のパンドはまた走らないパンドに逆戻りしてるけれど。


21分、ペッサロッシの強烈ミドル。
ぺネドがそらしたけれど、「あれは手が痛いよね」と解説の人たち。
それくらい超強烈な一撃でした。


続くCK。ハイボールを競ったペネドが倒れて落ちる。
起きようとして、そこにいたルイス・ロドリゲスを蹴ったぞ。
ロドリゲス、怒ってペネドを羽交い絞め。こらこら。
ペッサロッシがロドリゲスをなだめたから良かったけれど、じゃなきゃイエローだったかも。


24分。再びクレマのゴールが取り消される。
やっぱりFKから。ムニョスの蹴ったボールに合わせて飛び込んだモンテペケ?がオフサイド。
こちら側からのテレビカメラではポンシアーノと重なっているようにも
少し先に出ているようにも見える。てか、ポンシアーノがはっきり見えない。
多分、審判のいる向こう側からはもっとはっきり見えてたはず。
どっちにしても納得できないのはクレマインチャ。怒号飛び交う場内・・・・・・。ヤな予感。


にしてもとにかく、クレマの方が全然いいですね。
そろそろラフプレーも増えてきたかな・・・。
最初はコットがトンプソンに当たってイエロー。
続いて、トンプソンがモンテペケの足引っ掛けてイエロー。


なんかこの前のクラシコで、トンプソンがかなり削られていたのを思い出すなぁ・・・。
でもってタボ・カブレラのロコちゃんへのファウルは
なぜかロコのファウルになったりして・・・。
メヒアってどうもロコに冷たいんだよねぇ・・・。
ん?なんだかよくわかんないけれど、パンドにもイエロー。


ロホスはエリアあたりまでは時々行くんだけれど、
シュートを撃つまでには至らない。
たまにシュートしても枠の外だしね・・・。


40分、トンプソンが相手ボールをカットして、右サイド、大きく前へパスを出す。
走り込んだロコ、DFのロドリゲスとパエスの間を通してクロス、
そこにフリーでいたのがアセベド。
こんな場面で失敗しないからインチャに愛されるんだよなぁ~。
ガト・ゲーラの右にやすやすと決めて、な~んと先制したのはロホス!
ボールに追いついて見事なクロスを入れたロコのお手柄。
トンプソンもナイスだぁ~。ペスカドジャナイヨ監督も大喜び。


アセベドをマークしてたのはロドリゲス?
でもロドリちゃん、アセベド見捨てて、ロコのマークに走ってたしな。
左サイドからアセベドに気がついて真ん中に走り込んできたタボ、
やっぱり右サイドから走り込んできたポンシアーノに
「何やってんだよ」と八つ当たり。
ポンシアーノだって「オレのせーじゃねーよ」と言ってるみたい。
大体、ロコをマークしてたのはタボじゃないのかしらん?
DFがいいはずのクレマ、今までピンチらしいピンチもなかったから
一瞬、混乱してしまったような感じ。油断大敵、ってヤツですな。


42分。やっとパンドが走り出した!
コットにプレッシャーをかけてボールを奪い、
ドリブルで上がっていく!と思ったらルイス・ロドリゲスが体当たりして止める。
ロドリゲスにイエロー。


前半終了。
クレマの方が全然いいんだけれど、
ロホスは、初めて枠に飛んだボールがゴールという効率の良さ。
内容は相変わらずグダグダのままですけどねぇ。
でもこの得点で、ひょっとして、リズムに乗れる・・・・・・?




う~ん。既に椅子が1個投げ込まれている。
状況からしてクレマインチャだろうなぁ・・・。
ウルトラクレマって、とにかく椅子はがすの好きだよねぇ・・・・・・。


ん?ガト・ゲーラ側のゴール、サイドネットが破れてる。
多分、ポンシアーノが絡まった時に破れたんだろうな。
結んで直して後半開始。


47分。なんだ?クレマの誰かがガトちゃんにバックパス。
ところがこれが強すぎて、危うくゴール。
ガトちゃん、足で外に出したから良かったですけれどもね。どーした、クレマ。


ロホスはしっかり守ってカウンター。になってきたなぁ・・・。
てか、今度はクレマが攻めあぐね風。


52分、モンテペケがボールを受けてDFをかわし、切り込む。
至近距離からのシュート、ペネドが脚にあてて防ぐ。うひゃ~。すごっ。
この試合もやっぱりペネド、大活躍です。


56分には右サイドを上がってきたトンプソンがタボを吹っ飛ばしてクロスを上げる。
うっひゃ~、久しぶりの先発で気合い入ってるよね、トンプソン。
でもクロスの方はガトちゃんがキャッチ。


57分、ロコのクロス、カブレラがカバーしてガトちゃんが蹴ろうとしたところに
チャロが走り込む。
ボールはゴールの上に大きく跳ねてしまうけれど、危ないシーン。


にしても、こんなに相手にプレッシャーかけてるロホスを見るのはいつ以来だ・・・。
ロホスのプレッシャーに、クレマDFがなぜかオタオタ。


というわけで、クレマ、2人一緒に交代です。
サウル・デ・マタが下がって、ホセ・コントレラス、
エドガル・コットが下がってエルナン・サンドバル。
ボランチを1枚切って攻撃的MFを入れ、更にFWを1枚追加。


59分、トンプソンのパスを受けてチャロが前にボールを出す。
ロコが走り込むけれど、ガトちゃん、かろうじて蹴り出す。


このところ、チャロがスペースに出し、ロコが走り込む、って展開が目立つ気が。
目立たないのはパンドだけれど、パンド、後半はひょっとしてDFしてる?
何か良くわかんないけれど、やたらと後ろにいるんだよね、パンド。


64分にも、チャロからロコ、ダイレクトヒールでアセベドへ、
アセベド、ダイレクトでロコに返す。
ガトが滑り込んでなんとか押える。
ほほう。ロホス、金曜日の2タッチ&パスの練習の成果がこんなところで出てますかね?
それにしても、今日はチャロを起点とした攻撃がいい感じ。


68分、タンケがマニアをスライディングで吹っ飛ばしてイエロー。
70分には、ペネドにイエロー。
FK蹴るのに、ボール取りに行って、エリアまで戻って、
あんなに脚長いのに、それがゆっくりゆっくりなんだよなぁ~。
審判の方が先に切れた。


最後の20分は激しい攻防の連続。
クレマが攻撃することが多いけれど、フィニッシュが明後日の方向に行っちゃうか、
枠に飛んでもペネドに押えられるか。
どんなに頑張ってもゴールにならないんだよねぇ・・・。


77分、ロホス選手交代。
アセベドが下がってカルロス・プラタが入る。


78分にはクレマが選手交代。
マルコ・シアニが入って、下がるのはエルメル・ポンシアーノ。
おや、SBも切ってきましたね。
今日のポンシアーノ、ボールを失うことも多く、ちょっと?なプレーが多かったような。
クレマとしてはとにかくひたすら攻撃強化あるのみ。


残り10分。
ペスカドジャナイヨ・ルイスがにこやかにフレディ・ガルシアに指示してる。
パンドが交代を頼んだらしい。
にしても、ペスカドジャナイヨ監督代行、ニコニコしてる顔以外は見たことないねぇ。


クレマのFK、ロドリゲスのヘッドは外へ出たけれどパンドが倒れてしまった。
担架に担がれてピッチの外へ、ここでフレディが入る。
パンド、後半はDFとして?頑張っていたのに・・・・・・。お疲れだったかも。


86分、リゴベルト・ゴメスがプラタに後ろから当たってイエロー。
エリア手前10mほど。
ダイレクトに狙ったフレディのFKはガトちゃんのゴールの上をわずかに越えてゆく。


89分。クレマ側のスタンドでインチャが椅子をはがしはじめた。
警備員が介入、でも、警備員もその椅子でインチャを殴っていたりするんですが・・・。
負けてるからって、まだ1点ビハインドじゃん。
まだ引き分けの可能性だってあるのに、なんでそんなことすんだ。
だけど、警備員も椅子で殴り返すのやめようよ。


試合終了。ロホス、1-0で勝利。
パンドとペスカドジャナイヨが抱き合って喜んでおります。
パンドのこういう明るい笑顔を見るのは久しぶりな気が・・・。
ペスカドジャナイヨ監督代行、初勝利です。それもクラシコで。


一方、クレマインチャのいるヘネラル・ノルテは相変わらず揉めている・・・・・・。
場外では警官隊が催涙弾を使っているという話。
なもんで出るに出られないお客さんたちも多数。


スタンドだけかと思ったら選手もかい。
選手が通るトンネルの中のランプを壊したのはクレマの選手とか。
以前、マラカテコのロッカールームを壊したのもクレマでしたねぇ。
でもルイス・ロドリゲスが襲われた?という話もあり。
で何?ペネドもなんだかトラブルに参加したという話だけれど。


折角のいい試合だったのに、どうしてこうなってしまうのかなぁ・・・。
ちょっとばかり後味の悪い、第234回クラシコでした。


*タグ/ムニシパル(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/146-1c600695

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。