FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のニュース三題 

UNCAFクラブ杯はサプリッサが決勝進出

昨日のうちにレポをアップしたかったんですが、眠くてダメでした。
夜起きてられないのは、高齢化のせい!?


まあレポは別途アップするとしまして、アラフエレンセが1-0で勝ってたのですが
最後にサプリッサが得点、決勝進出をもぎとりました。


というわけで、決勝カードはサプリッサ-モタグア、
3位決定戦はアラフエレンセ-ムニシパル となります。


ロホス、後任監督決定

やっぱり!以前から名前が挙がっていたホルヘ・ベニテス(Jorge “Chino” Benítez)の監督就任が決定しました。アルゼンチン人。57歳。
契約期間は1年(今から1年・・・?それとも2008年6月まで??)だそうです。


ベニテス、過去にはボカ・ジュニアーズを率いて2004年に南米杯優勝したことあり。
だけどその翌シーズン、リベルタドーレス杯準々決勝のチバス戦で
アドルフォ・バウティスタに唾を吐きかけてクビになったという、
なかなかの経歴の持ち主。熱そうな人だなぁ・・・。


その後はエクアドルのデポルティーボ・キトの監督だったことがあるそうです。
成績は・・・・・・。不明。


グアテマラ入りは11月7日の予定。11日に行われる第17節のサカパ戦から
ロホスを率いることになりそうです。


今後の手腕に期待。


マルケンセのユース選手、リバープレートに武者修行

この前のニュースで書き逃した・・・と思ってたので、ここに追加。


マルケンセのユース(フベニル・カテゴリー)にいる3人の選手が、
アルゼンチンのリバープレートのユースに修行に行くそうです。


これ、どうやらクラブ間で何やら提携しているらしく、
グアテマラの学校が休暇になるこの時期を見計らって、
3人の選手がアルゼンチン入りし、6週間にわたって修行をする。
その後は6ヶ月間、グアテマラに戻ってトレーニングメニューをこなし、
最後にリーベルのコーチにテストをしてもらう、と。


てえことは、ひょっとしたらリーベル入りの可能性だってなくはないですね。


さてさて選ばれた3人は:
Cristian Gramajo
Brailin De León
Luis Herrador
年齢的には15~16歳の子たちです。


親元を離れてのトレーニングは辛いことも多々あるでしょうが
折角のチャンス、うまくモノにしてほしいですね。


*タグ/ムニシパル(クラブ) マルケンセ(クラブ) チノ・ベニテス親分

コメント

ボカ時代、ビアンチの堅守速攻スタイルから攻撃スタイルへの転換を
試みるも失敗して辞任したブリンディシの後を受けてコーチから昇格した
ベニテス監督は、言わばビアンチスタイルの継承派としてチームを立て直し、
南米杯を制覇しましたが、国内リーグではあまり結果を残せず、翌年の
リベルタドーレスでの敗退も重なって辞任しました。

以上のように私の記憶では堅実で守備的な印象です。再建や立て直し、
という意味において現在のロホスに最適かもしれませんね(パンドには
合わないかも・・・?)。仮に立て直しに成功した場合は、その後に自ら
新しく何かを創り出す、生み出すことができるのかが個人的な注目点です。

ベニテス監督

>SHEさん

おおお。情報ありがとうごいざいます。
ふ~ん、堅守速攻ですか。
それって微妙にロホスのサッカーと違うような気がしますが、
まあお手並み拝見です。
とりあえずザル守備は改善されそうですね・・・。
トンプソン辺りがこれから中心になっていくのかな??


ロホス、ボカほどにはプレッシャーのないチームですから、
ベニテスさんにとってもやりやすいんじゃないですかなぁ。
トロセーロのように、ロホスで実績つくってもらえるといいですけれどねぇ~。

ああトンプソンとか好きそうですね、三人くらいボランチを使ったりして(苦笑)。
ボカではテベス、ギジェ、パレルモの三人を同時に起用することもありましたが、
パンドやパッパは使ってもらえるかなぁ・・・。

ニュース繋がりで・・・
ご存知でしょうが、第1戦を勝利していたペスカドのダラスはヒューストンとの
MLSプレーオフ第2戦でペスカドが先制点を挙げたものの、エル・サルバドル人の
両親を持つアルバレスの早期退場が響いて逆転負けを喫しました。コロンビアの
トハとかラテン人が多いだけにダラスの敗退は残念ですね。

FC Dallas

>SHEさん

パンドがどうなる!?てのは、
クラシコのテレビ解説のおじさんたちも言ってましたねぇ。
大変身するかもなぁ、ロホス・・・。

ダラス、そうそう、それも書き忘れてました。
前半14分にペスカドのゴールでリードしたものの、
後半すぐにアルバレスが退場、2点入れられてグローバルで2-2の同点。
でもって、延長で2点入れられて、残念・・・と。
おまけに試合終了間際にはムーアまで退場になってるし・・・。

痛い負け方ですが、
1人少なくて延長はさすがに厳しいですよね。

まあでも今シーズンは煮え切らない試合が多くて、
プレーオフに出られたことに皆びっくり!?でしたから
あまり勝てるような気がしなかったのも事実だったんですが・・・・・・。

トーハ、いい選手ですよねぇ。
「ダラスの外国人選手で一番活躍しているのは?」
というアンケートがなぜかダラスのサイトにずっとあるんですが、
1位がペスカドで58%、ついでトーハの21%、サラが3位で16%。
ダラスの顔ともなりつつあるペスカド、
来シーズンは更なる活躍を期待したいところですが。

断トツですね、ペスカド。ゴール数は思いのほか伸びなかったのですが、
カピタンとしての振る舞いが評価されたのでしょうか。

トーハはリーベルでは活躍できなかったけど、テクニックもさることながら
まるで野生児の如く長髪を振り乱して走り回る姿が好きですねえ。
タボ・カブレラの話しの時も同じことを言いましたが(汗)。

>SHEさん

ダラスの試合を見てないので、何が評価されたのか全然わからないんですよねぇ。
オールスターに出ていたトーハの方が上でもおかしくないと思うんですけれど
やっぱりカピタンの格の違い???

トーハとタボ・カブレラ・・・。
あ、そう言われてみればそうかも。
グアテマラあたりだと髪の長い選手って少ないですから目立つんですよねぇ。
と言っても、タボ切っちゃいましたけどね。
野生児的なのは相変わらずです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/143-8cf0cb41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。