スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13節 シェラフ-ムニシパル ロホス、ピンチ! 

シェラフ 1 – 0 ムニシパル
10月20日20:00、マリオ・カンポセコ競技場(ケツァルテナンゴ) 
主審:オスカル・レイナ


先週末にマラカテコ戦をこなし、通常のリズムで来ているシェラフ。
一方のムニシパルは代表に貸し出していた選手たちが金曜日の早朝に帰国したばかり。
さてどんな先発メンバーになるのかな?と思ったら、こんなでした。

シェラフ
GK: Marvin Barrios
DF: Javier Sinay、Luis Swisher、José López、Johny Girón
MF: Julio Estacuy、José Antonio Zacarias(70', Carlos Quiñonez)、Mario Piñeyro(90', Israel Silva)、Edgar Herrera
FW: Johnny Cubero(91', Adulfo Contreras)、Minor López Campollo
鼻骨骨折で手術をしたスイシェルは、シェラフ色のマスクをつけています。

ムニシパル
GK: Jaime Penedo
DF: Jaime Vides、Henry Medina、Selvyn Ponciano、German Ruano
MF: Sergio Guevarra、Marwin Marroquín(46', Chalo Romero)、Pando Ramírez、Marvin Avila(64', Fredy García)
FW: Carlos Asprilla(70', Loco Rodríguez)、Mario Acevedo
えーっと、クラウディオ・アルビスーリスとパブロ・メルガルは累積で出られません。
ケガで出られないのがカルロス・フィゲロア、プラタは私用で許可を取っているそうです。
親善試合のヒーロー、アビラが久しぶりに先発で登場。
ロホスは火曜日にUNCAFのモタグア戦を抱えているんで、代表メンバーはお休みさせたいところかも。



前半は他のことしてたんで、何が起こったのか良くみてなかったんですが。


ロホス、アウェーユニが新しくなりました。
今までは上も下も青だったんですが、今度は上がオレンジ、パンツが青で、オレンジのロホス。
ロホスの選手はたいてい長袖。シェラは寒いですからね。
ペネドは半袖だけれど、珍しく長ズボンだし。
でもシェラフの選手はほとんど半袖。やっぱり慣れてるもんなぁ。


えー、前半で唯一ちゃんと見たのはゴールシーン。
15 分、右サイドからのシェラフのFK。
ピニェイロが蹴ったクロスにクベロが頭で合わせたのがファーポスト側に突き刺さる。
ペネドも届かず。
どーしちゃったビデス。マークが遅れた。ジョニーにフリーで撃たせてはいかんよ。



後半開始とともに、チャロ・ロメロが入ってマロキンが下がる。
今日のチャロは結構頑張っていたなぁ・・・。
とは言っても、まだ攻撃のリズムをつくるには至らないところがロホス的には問題なんでしょうが。


41分、右サイドからロホスのFK。
蹴るのはパンド?と思わせて、チャロがダイレクトに狙う。
このボール、クロスバーに当たって下に落ちるんだけれど、入らず。
大きくバウンドしたボールをゴール前に詰めていたメディーナがヘッド!
したボールは大きくバーの上をそれてさようなら~。
シェラフ的には無茶苦茶ラッキーなシーンでした。
にしても、FWのお二人は、どうしてこぼれだま拾いにこないんでしょ?


53分、今度は右サイドからシェラフのFK。
ピニェイロの蹴ったボールは大きくカーブを描いてゴールの前を通過、
ファーポスト側にペネドが飛び出す。
そこへアスプリーヤもやってきて、2人で衝突。
まあ、ボールはペネドが弾きましたけれどもね、
アスプリーヤったら、自分とこのGKの邪魔してどーすんだ。


ここでなんと、停電。うぎゃああああ。
今日は大して雨も降っていないのに、なんで?
ちょっと向こうの方の家は電気ついているからなぁ、ピンポイントに我が家付近。
てことは、事故で電柱倒したとか、誰か電線盗んだとか・・・・・・?


8分くらいで電気が戻ってきました。ほっ。得点は変わらず。
でも、後から聞いた話では、この間にシェラフの監督ダニエル・フラードが退場になちゃったんだそうです。


64分、アビラに代わってフレディ・ガルシア。
後半、今のところ(見た限りでは)シェラフがロホスのゴール前にやってきて、
ペネドをどっきりさせることもしばしば。
一方、ロホスは・・・、フレディのシュートとアセベドのヘッドくらい?
いずれもやすやすと押さえられています。


70分、シェラフはサカリアスに代わってカルロス・キニョーネス。
ついでにロホスもアスプリーヤに代わってロコ・ロドリゲス。
シェラフは守備強化、ロホスは運動量強化かな・・・。


守備の固いシェラフ、きっちりマークして、ロホスにプレッシャーを与えております。
その守備を破るのは楽じゃないんだよね・・・、
ロホス、中盤でボールを失うことが多いです。


83分、右サイドに出たロングボールをロコとヒロンが追いかける。
ボールはタッチラインを割るんだけれど、ヒロン、ロコを軽く押して
ロコは芝生のないところで前につんのめって転ぶ。危なっ。


ところがこのプレーで主審にフレディが抗議したらしい。
でもってフレディに2枚目イエロー。えっ!
不満そうなフレディをチャロが一生懸命なだめているけれど・・・
にしてもこの主審、とにかくファウルの取り方が厳しかったのに
(ここまでイエローが7枚くらい?)
このプレーについてはファウルすら取らなかった。
まあ、抗議しちゃダメかもしれないけれど、それだけでイエローかい・・・。


89分、シェラフのキャプテン、シリロ・ロペスに2枚目イエロー。
パンドに体当たりしたのが取られちゃった。これもイエローは厳しいような・・・?
まあこれで10人対10人です。
観衆に手を上げて挨拶しながら去ってゆくシリロ。


91分。ん?クベロがピッチに倒れてる。
担架でピッチの外にかつがれて行きました。
そのクベロに代わって、アドゥルフォ・コントレラスが入る。


93分、最後のチャンスかな。右サイドからロホスのFK。
蹴るのはチャロ。だけど何事も起こらず。


そんな感じで試合終了。
またしても1-0で勝ったよ、シェラフ。
シェラフはこれでアウェーでの0-5の敗戦とUNCAFの恨みを果たせたかな。
シェラフ、なんとリーグ戦首位。まあ明日の試合の結果次第ですが・・・。


試合後、いつもの通りインタビューに現れるジョニー・クベロ。
なんだ、足がつっただけだったんか。
「練習した通りに試合を運べたよ。
 今日はゴールも決めることができたし、何よりも勝ち点3を得られたことが大きいね」。


ちなみに、ロホスのご一行様、普通ならシェラに一泊していくところですが
今日はこのままグアテマラシティーまで帰るんだそうです。
え~、ちなみに陸路5時間くらいかかります。お気の毒。
まあ気を取り直してモタグア戦は頑張ってちょ。

*タグ/シェラフ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/130-b3b0a5a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。