FC2ブログ

親善試合 グアテマラ 3 - 2 メキシコ 

グアテマラ 3 – 2 メキシコ
10月17日20:00(現地時間)、メモリアム・コリッセウム(ロサンゼルス) 
主審:リカルド・サラサール(アメリカ)


この親善が決まった後、メキシコメディアのいいざまがものすごかった。
「グアテマラ、いや、グアテペオールと、何のために試合するんや!」
とほざいたのが某プーマスの監督。


16日のESPN2でも「グアテマラと親善試合をやる価値があるのか」という
ものすごいテーマで白熱した(?)議論が行われていたりして。


まあね。そりゃあグアテマラ代表、
メキシコ様には1969年の12月4日から勝ったことがないんだそうです。
でも、なんじゃ、その言い草は~!!!
無茶苦茶むかついていたんですが、
やっぱりそれでもウチのへっぽこ代表が勝てるとは思えず。いじいじ。


でも、勝っちゃいましたもんね
相手を挑発した方が負け、って言う公式、ここでも生きてくれてたかぁ~。
見てやるぞ、ESPN2。もう一度ほざいてみい。うりゃっ。


グアテマラ代表のスタメンです。
GK: 25パウロ・セサル・モッタ
DF: 13ネストル・マルティネス、3パブロ・メルガル、4ジョニ・フローレス、6グスタボ・カブレラ
MF: 2レオネル・ノリエガ、18カルロス・キニョーネス、14リゴベルト・ゴメス
7クラウディオ・アルビスーリス、11マルビン・アビラ
FW: 20 ペスカド・ルイス

メキシコ代表については名前くらいしか・・・。
詳しくは亀さんのブログの方を見てくださいね。
1オチョア、4エスパルサ、2マガヨン、3サルシード、モレノ、6アラウホ、8ピネダ、11グアルダード、ビヤルス、10ドス・サントス、9ベラ



ウチの代表、気合い入ってますね。立ち上がりは鋭い出足。


6分。タボのスローイン、ペスカドが右サイドへ、アビラが正面にいたゴメスへ。
え!?なんでそんなところにいるのよ、チューラ君!?足に当てたらゴールでした。
グアテマラが先制しちゃったよ。ひえええええ。
胸トラップして、DF2人をまきながら鋭く振り返って絶妙のパスを出した、
ペスカド君のお手柄。ティティマン・アビラも良かったよ。


まあ、最初はこんな感じでも、いつまでもつんだろ・・・。


15分過ぎくらいから、メキシコがサイドを破り始めてきました。
どうでもいいんですけれど、モッタ君、髪を切って、オトコマエになったねぇ。
今まで、どうにも???なキャラだったのが、
いかにもサッカーの選手らしい、いい面構えになってきました。ペネドに負けんな。


ロホスでは最近SBをやってるアルビスーリス、もともとはMFだったとか。
へえ。知らんかったよ。今日はMF。
アビラと時々チェンジしながら、基本は左サイドにいるようで。


メキシコのCK。サルシードをマークするのはメルガルかい。え。大丈夫か。
マークといえば、グアテマラはゾーンでマークしてるようですが、
ジョバンニ・ドス・サントスだけは担当タボ・カブレラ。やっぱりね。
タボ、ジョバンニをしっかりマークして、仕事をさせませんでした。
ジョバンニ、今日だけは何もしなくていいよ。


25分くらい。エスパルサ。こらっ。キニョーネスを蹴るな!
解説のおじさんたち、こりゃあイエローだよ。と言ってますが、
イエローもらったのはクレームに行ったタボ・カブレラ。ばか。


28分。ターボ~!自分ちのゴールにヘディングしてどーする~!!!
モッタがうまく反応して止めてくれたから良かったけれど、クラシコやないてばー!
モッタは味方や、味方~!!


29分、ベラのゴール。
フローレスがもたもたしてたところ、ベラにシュートされちゃったよ。ちっ。
1-1、同点です。


続けて31分。これもやっぱりフローレスのミス。
クリアーしたボール、目の前にいるビヤルスに渡してどーする。ん、もうっ。
あっさり逆転されちゃったよぉ。1-2。やっぱりいつものパターンかぁ・・・


33分、ノリエガにイエロー。
でもファウルをしたのはキニョーネスですけれど?
どっちもペロンだけれど、大きさかなり違うはずだけれどなぁ。
大体、この程度のファウル、てか、メキシコのもっとひどいファウル、今まで取ってなかったじゃん。


この時間帯、流れはメキシコに。落ち着け、こらぁ~。
38分、18キニョーネスが下がって、19ロコ・ロドリゲス。
少しメキシコにも慣れてきたところで、ボランチを1人切って攻撃強化。
押し込まれていた時間帯だったので、リズムを変えたい、ってこともあったかも。


かなり満員のスタジアムですが、
モッタのゴールキックの時、も~っのすごいBUUUUURRRRRO!の合唱。
やっぱりメキシコ応援の人の方が多いんでしょうねぇ・・・。


やっとこさメキシコの攻勢も少しおさまってきましたが、
グアテマラの方も足が止まってきた、というか出足が鈍ってきましたね。
やっぱり、あれをしのぐだけで精一杯。


メルガル、今日は意外と(ごめんよ)いい感じ。
ロホスでよりも、ずっといいプレーしてるかも。
審判にクレームつけにいったペスカドにもイエローが出て、前半おしまい。



後半開始。メキシコは3人一度に交代。
ベラが下がって、17番て誰?
ドス・サントスも下がって19パブロ・バレーラ
マガヨンも下がって18番も知らないよ??


49分、ロコちゃん、左サイドをぶっちぎってきたグアルダードを突き飛ばしてイエロー。
FWのロコ、もっのすごい勢いでもどってきて、グアルダードと接触。
軽量級のグアルダード、吹っ飛んで1回転してしまったけれど・・・。
ごめんね、グアルダード。ロコって、すんごい速くて、ブレーキ壊れてるんだよ。
許してやってくれぃ。


52分。なんだよ、ビヤルス。ゴメスは普通に倒れて、オマエの上に重なっただけだ。
抱きついたわけじゃないぞ。ゴメスを蹴るな~!!!
ビヤルスにレッド。
そこにやって来たペスカド、何をしたんだ、こら。ペスカドもレッド。


10人対10人。どんな親善試合や、これ。
ロコちゃん一人、トップで待ちぼうけ・・・してるわけなくって、
相変わらずあちらこちらを走りまわっていたりします。
う~ん。セルビンの方のモッタを入れにくくなったなぁ・・・。見たかったのに。


この審判・・・・・・。
ウチのボリーヨ親分を追い出しちゃったよ。ひどっ。
60分にピネダがロコに肘打ちした、これがベンチのまん前だったから
クレームつけただけだ(と思う)。
ピネダもレッド。うりっ、早く行かんか。


62分。オチョアが弾いたボールにロコが詰める。
オチョアがボールを押さえたけれど、そのまま死んだふり。
オチョア。ロコは蹴らずにちゃんと飛んでるてば。
そんなところで昼寝(もう夜か)するなぁ。


64分。アビラ~!!!やればできるじゃんっ!!
半月付近でフローレスがティヘレッタで左サイドにいたアビラに出す。
アビラが左足で蹴ったら、ポストに当たって入っちゃったよぉ~!
後ろ2回宙返りのおまけつきさっ。ティティマン、代表初ゴール。おめ。
2-2。同点。


何かすごい熱い試合になってきたなぁ。
この1人ハンディ、って人数、グアテマラ的にはちょうどいいなぁ。
いつもハンディ付でやってくれないかな・・・。
でも、うちも親分いなくなっちゃったしな・・・、選手交代どうすんだろ?


1人少ないとは言え、メキシコ。グアテマラ相手に引いてどーすんだ。
まあ親善ですからね、グアテマラ、結構本気でファウルでも何でもしてくるから、
ケガしたくないよね。
そうそう、皆そうやって大人しくしててくれれば、何も乱暴なことはしませんよ(多分)!?


きゃああああああ~。またティティマン・アビラのゴール!
73分。右サイドからのフリースロー、ロコがうまく粘って、ゴール前にボールを出す。
モレノのクリアミスをアビラがニアに押し込んでゴールだよっ!!3-2。


あらら。
ウチのトレーナーまで退場になってしもうた。ロヘリオ・フローレス、何をしたのよ?


76分。メキシコまた交代。モレノが出てって、カスティーヨが入る。
フローレスがグアルダードを倒してエリア左サイドからFK。
サルシードがダイレクトで蹴ったけれど、モッタが押さえる。
そこへメキシコの選手の黄色いシューズが登場して、モッタの頭を蹴る。ひどっ。
にしても、モッタ。そこでオマエも死んだふりできなくてどーするんだ!!
審判、ファウルを見ていなくて、モッタに「早く起きなさい」だって。
なんなんだ、こいつぅ。


観客席でもなにやらいろいろもめてるみたいです。
いいじゃん、たまにはいい思いさせてちょうだいよ、メキシコさん。
試合前、あれだけほざいていたんだからさっ。


82分。メキシコ、また交代だよ。
エスパルサが出て行って22番オマール・アレヤーノが入る。


83分、ノリエガにレッド。ヘッドで競った時に肘打ちしたのを取られてしまった。
ばかチョーロ。折角いい感じだったのに、何すんだ。
9人対9人。ボランチで残ってるのは、チューラ・ゴメスだけ。
あ。でも、今度はフレディ・トンプソンが用意してるぞ。
トンプソン、普通ならスタメンで出ている選手ですが、怪我で残念ながらリザーブ。
で、出るのかな?と思ったら、結局プレーしなかったです。


メキシコまた交代。アラウホが下がって、20番ホルヘ・エルナンデス。
テレビの解説によれば、交代は5人までにしましょ。って話だったらしいんですが?


90分近くなってきたところでメキシコのCK。オチョアまでやってきたよ。
来なくていいってば、しっしっ!
でもつつがなく過ぎ、帰ってゆくオチョア。


ひぇ~。勝ちなれないんで、無茶苦茶ドキドキする終盤。
92分。エリア内に入ってきたバレーラ、カブレラの出した足に引っかかって倒れる。
ひぇええええええ、ばかタボ!
と思ったら、審判はシミュレーションを取って、バレーラにイエロー。
審判さん、ありがとう。


で、試合終了。勝っちゃったよぉおおおおおお
相当にメチャクチャな試合でしたが、勝っちゃいました



やっぱり、メキシコの方が全体的にレベルが高かったです。
相手が若手中心だったとしても、球捌き、パスワーク、チェック、マーク、
何をとってもメキシコの方が上だったと思います。


グアテマラが勝っていたのは、気持ちの部分だけではなかったでしょうか。
例のESPN2で、試合後ボリーヨ親分が言っておりましたが、
やっぱりメキシコからあまりに馬鹿にされていたんで、
選手はもとより、親分も、試合前からかなり熱くなっていたんだとか。
まあカントクとしての経歴はウーゴ・サンチェスよりも
エルナン・ゴメスの方が上ですから、余計にくやしかったかも。
親分、普段はフランクですが、結構短気っぽいですもんね。
その結果、親分まで退場になってしまったみたいですが、
おかげでチームが一つにまとまったと言えなくもなく、
メキシコメディアの皆さん、もっと悪口言っていいですよ!?


勝ちは勝ちですが、メキシコがベストメンバーでなかったこと、
本番の試合ではなく親善試合だったことなど、
いろいろ差し引いて考えないといけないこともありますが、
一試合で3得点って、ものすごい久しぶりな気が。
ティティマン・アビラ、今日は2得点、1アシストの大活躍。
これでどうして、ロホスでスタメンじゃないんでしょね?


とにかく、ウチの代表、この勝利で自信をつけて、
この先もうまくまとまってくれるといいですねぇ。


あ、でも、期待すると負けちゃう代表なんだった、ウチ。
やっぱり、叩かれ続けていた方がいいのかな?


【追記】ゴールシーンの動画です。なぜかグアテマラのゴールだけだったりしますが・・・。



プーマス監督、フェレッティってブラジル人ですよね?
私でさえ腹が立つんだから、グアテマラ人には許しがたい暴言でしょう。

http://www.yucatan.com.mx/noticia.asp?cx=10$0405060000$3648086&f=20070925

言ってるのは大体こんなことです。
「ブラジルと試合するんは意味があるってわかるやろ。でもなんでまたグアテマラ(Guatemala)と、いや、グアテペオール(Guatepeor)なんて二流の国と、金だけはよう払ってくれるアメリカで試合するんや。メキシコ代表はW杯に向けて、ふさわしい準備をしとるとは言えん。」

「なんでスペインに行かんのや。なんでイギリスに行かん?南アフリカに行かんのはどうしてや?メキシコのサッカーに利益をもたらすんはこういう試合や。向こうにおる貧乏なワシらの同国人以外には誰も興味を示さんような、金目当ての試合やないで。」

スペインもイギリスもユーロ予選で忙しいんだよっ!
南アなんて、単にアフリカってゆうだけじゃん・・・。


*タグ/グアテマラ代表 メキシコ代表

コメント

TB送らせてもらいましたよ~

いやあ、トンデモな試合でしたなあ~。
にしてもメキシコ、試合前にそんなこと言ってたの~?
知りませんでしたよ、プーマス監督ってフェレッティ?
それとも元・プーマス監督の現・代表監督のこと?
にしてもそれは充分すぎるほど失礼ですよねえ。
ンなこと言うなら親善するなよ!!

monjablancaさんはメヒコのほうがレベル高かったって言いますけど、
そうかなあ?
そういう局面もあったけど、一部だったのでは。
やっぱりガキンチョどもってこともあるかもだけど、
全体にガタガタだったと思いました。
まあ後半はもうほとんどサッカーになってなかったし?
いやいや、熱くなれて、そういう意味ではいい試合だったと思いますよv-254

たかが、いや、されど親善試合。ビデス、セルビンが出なかったのは
ちょっと残念ですけど、こういうことを積み重ねていくことで例えば
親善試合では強豪国と組みやすくなりますし、選手たちは確かに
自信を得たことでしょう。

自信が最も足りなかった(と思われる)アビラがこの2ゴールによって
人生が変わることも・・・少なからずありえますしね。

試合後のコメント ペスカド編

ペスカドの試合後のコメントです。

「勝ったんだから、今後はウチのことをもうちょっと尊重してほしいね。
 相手のことを馬鹿にするなんて、絶対にやってはいけないことだ。
 今日は俺たちにピッチで何ができるかを示すことができたと思うし、
 いつの日かメキシコの方が馬鹿にされるようなことがあるかもしれない。」

「この勝利を、スタジアムに応援に来てくれたグアテマラ人だけじゃなく、
 グアテマラにいるすべての人たちに捧げたい。
 俺たちが勝ったのは運が良かったから、って言うヤツもいるだろうけれど、
 この勝利で、もっと胸をはってユニフォームに袖を通すことができる。」

「メキシコと試合する時には、相手がU-23だろうとU-20だろうと
 なんだろうと関係ない。
 なんだろうとCONCACAFの巨人の一つのメキシコに変わりはないからだ。
 だからこそこの勝利にはより価値がある。」

妙に淡々と語るペスカドだったりして。
書き忘れてましたが、この試合ではペスカドがキャプテンでした。

>亀さん

さすがに現代表監督はそんなこと言いませんよね。フェレッティの方です。
http://www.yucatan.com.mx/noticia.asp?cx=10$0405060000$3648086&f=20070925

試合後もまだほざいてますね、このおっさん・・・。

少なくとも、"Guatepeor"という言い方を、公にしていいのは、
グアテマラ人だけだと私は思いますね。
住んでる私だって、そんなことはよう言わん・・・

実はこのESPN2の話につきましては後日談がありまして、
この親善試合の後、ESPN2には過去最高の数のコメント(e-mail)が送られてきたそうです。

という訳で、番組の中でコメンテーターが一生懸命言い訳をしなければならなくなってしまった。

でも、彼らが間違っているのは、
メキシコがグアテマラより強い。という点で誰も否定はしないわけです。
それはグアテマラ人も認めると思う。

そうではなくて、
「グアテマラと親善試合をする価値があるのか」
なんてテーマで討論する姿勢、
相手のことを全然知らないで(グアテマラのFIFAランキングは200位くらいだろ!と言ってた)メキシコ以外の国へも放送を行う態度、なんですよね。
わかってないなぁ、相変わらず・・・


メキシコ、やっぱりレベル高いですよ。
ただ、この試合に関しては、チームとしては、グアテマラの方が良かったと思う。
メキシコは、どうプレーするかってアイディアがなかったように見えました。
でも、そんなのはおいおい解決するんでしょうし、
グアテマラもこれで満足してもらっては困る。
もっと上を目指してもらわなくてはね。

あら、リンクが切れてしまった。

リンク先のアドレスが長すぎるせい?
リンクが切れてしまったので、
追記の部分にはっておきますね、フェレッティのコメント。


ついでに、グアテマラのゴールシーンの動画も入れておきます。

>SHEさん

そうですね。何よりも自信を得られたのが大きいと思います。

アビラ、クロスが下手なのでロホスではあまり使ってもらえない?
のかもしれませんが、ゴール前に詰めてくる感覚とかは天性のものですね。
人生変わるかな?


そう言えば、チューラ・ゴメスも代表初ゴールでした。
モッタは代表初スタメンかな?
ウチの代表も、意外と初々しかったかも(笑

トゥカのコメント

今ごろになってメディオティエンポにも出てました(URL)。
でも-peorの部分はさすがに恥ずかしいのかまずいと思ったのか、
カットされてるようですね。
もっとも、トゥカの言ってる、金儲けのためにUSAで試合するな、
ってのは前にも記事になってたので(それ自体は正しいと思うけど)
そこらで私が読み落としていた可能性もないではないですが。

ていうか、なんでブラジル人の、メキシコ代表と関係ないこんな人が
がぁがぁ口出しするのかさっぱりなんですけど?
プーマスでウーゴといつも比較されてムカついてるんかしらん?

>亀さん

リンク先、見させていただきました。
これ、試合後のコメントですね。

フェレッティの最初の発言は9月末のことだったらしいので・・・、
基本的に正論を吐いているのはわかるんですが、
どうしてそこで一言余計なの?

ちょっと整理したいので、別スレを立てることにします。

試合後のコメント ティティマン・アビラ編

この試合のヒーロー、マルビン・ティティマン・アビラへのインタビュー記事。
ネタ元はこちらです。
http://www.prensalibre.com.gt/pl/2007/octubre/19/185463.html

メキシコに勝って、どんな感じかな?
勝てて嬉しいよ。でも退場者が出たにもかかわらず、良く戦えたことの方が嬉しい。皆ラインを保っていいポジショニングをしてたし、何年もの間勝てなかった相手についに勝てたしね。

2得点もできると思っていた?
グアテマラで、チームメイトにゴールしてくる、って言ってたんだよ。メキシコはConcacaf最強の相手だし、ボクにとってものすごく価値の高いゴールだよ。

メキシコに逆転された時には、何が起こったんだい?
集中力が切れてしまったね。でもプロフェは冷静にならなきゃダメだ、って言ってたよ。ハーフタイムには、この試合には勝つんだから落ち着かないといけない、と繰り返していた。

タフな試合だったかな?
この手の試合はやっぱりそうだね。試合の前には、ドス・サントスとかベラとか、名前の知れた選手のことにばかり注目が集まっていたけれど、ピッチではボクたちの方が力を発揮できたってことだよ。

グアテマラと試合するのは、メキシコにとっては何も得ることがないと散々言われてたけれど?
メキシコ人はこの試合のことを散々批判してたね。グアテマラのことを”guatepeor”とまで言っていた。でもボクたちは動揺しなかったし、ボクたちに何ができるかを見せつけることができたよ。

マリオ・ロドリゲスが入ったことで、試合の流れが変わったね。
うん、攻撃では何度もボールを競っていたし、得点のチャンスもあったね。クラウディオ・アルビスーリスもいいプレーをしたよ。だけど、基本的にはどのポジションでも皆集中してプレーできていたことが、力を発揮できた理由だよ。

特別な夜だったかな・・・?
ボクだけじゃなくて、ロサンゼルスやグアテマラにいるファン皆にとってね。この勝利は皆のものだよ。ボクたちのことを信じていなかった人たちも含めてね。

ペスカド、淡々とした言葉の中にも秘めたる怒りと勝利した
誇りが感じられますが、ただ彼が退場してからの逆転
なんですよね。ダラスでもそうなのですが、ペスカドが
最前線からあまり動かないので、チームとしては停滞しやすい
部分もあるような・・・。最近、特に運動量が少なくありませんか?

アビラ、ゴール後のあのバネのある宙返りを見ても、
身体能力、技術、体格と良いものがありますからね。
日本人的な言葉ですが、これに慢心せず精進してほしいものです。

ゴメスは守備的であまり攻撃のイメージはない選手ですが、
初ゴールとはめでたい。3ボランチの一角だったのかな?
モッタもこの勝利を自信に、ロホスでペネドと鎬を削ってお互いを
高めてくれるといいですね。

ははは

こんな記事もありました。
最後の一文がピリッと効いててステキ。

>SHEさん

ペスカドへのインタビュー、
試合直後に生インタしてたのを見たのですが、
SHEさんのおっしゃる通り「秘めたる怒りと勝利した誇り」を
私も感じました。

ペスカドねぇ~、ダラスの試合は見る機会がなかなかないんですが、
この試合も結構消えていたかも。

最初の得点には絡んでいますが、
その後はメキシコの猛攻だったんで
ペスカドの出番はあまりなく。
でもって後半間もなく退場になっちゃったんで、あまり活躍見られなかったです。

ペスカドはかなりきっちりマークされるんで、
ロコみたいなうろうろ走り回るタイプと組み合わせるのは必須でしょうね。
アビラはこの試合はいつもフリーで登場していましたね、そう言えば・・・。

アビラ、グアテマラの人口では少ないんだけれど
サッカーの選手には多いアフリカ系なんですよね。
身体能力はいいんですよ。
もっともっと伸びる選手だと思います。

ゴメス、その通り3ボランチの1人でした。
攻撃に上がってくる選手ではないはずで、
あのプレーは準備していたのかもしれませんね。

モッタ、久しぶりに見ましたが、良かったです。
ロホスでも、腐らずに頑張ってほしいですね。

>亀さん

ホントだ。ラストがいいですねぇ~。

グアテマラもこれに驕らず、精進してほしいです。

そうか、ペスカドにマークが集中することで他の選手が
活躍できていることもありますよね。ただ2004年頃に見たときは
もう少し動きが軽快だったような気も・・・。

アフリカ系、トリゲーニョなんかもそうなのかな。
ブラジルでも黒人の選手はたくさんいますが、人口の割合では
多くないと聞きます。やはり運動能力が優れているんでしょうね。

>SHEさん

私も、ペスカド、もっと軽快な選手だったような記憶が。
まあ、前はプラタとコンビだったりしましたからね、
動かざるを得なかったかも。
今では出世したんで、ペスカドのかわりにロコが動いてくれる、と・・・。

アフリカ系と言えば、トリゲーニョもそうですし、
アセベド、パンド、ネストル・マルティネス、辺りをとりあえず思い浮かべます。

イサバル県のプエルト・バリオス、リビングストン付近出身の選手たちですよね。
民族的にはガリフナと呼ばれる人たちです。

まあイサバル出身と言えば、フレディ・ガルシアとかフレディ・トンプソンなんかもそうなんだとか。
トンプソンはいささかアフリカ系の面立ちですが、フレディは?
ちびっ子だから違うのかな・・・・・・?

ガリフナ、初めて知ったので調べてみました。なるほど、勉強になります。
キニョネスなんかも黒人でしたよねえ。思えば元々一つの国だったという
ベリーズ代表のほとんどは黒人ですよね。フレディって有色でしたっけ?

ペスカド、代表では唯一無二のエース、ダラスでもキャプテンを務めていますし、
もうこれからは動かないのかなぁ・・・(苦笑)。

>SHEさん

ベリーズはスペインじゃなくてイギリスの植民地でしたから、
黒人が奴隷として入植していた、という経緯が。
でもってベリーズの黒人はガリフナとは呼ばれずに
ベリーズ人だってんだから、民族ってなによ?って
ちょっと不思議に思ったりもします。

サッカー選手って、皆日焼けで黒くなるので
地の色が何かまではよくわからないんですが
フレディはそんなに黒くない、ですよねぇ。
でもかといって黒くないわけでもなく。びみょー。

ペスカド、ま、動かなくてもいいです。
ゴールさえ決めてくれるなら・・・。

へぇ、ベリーズの黒人はガリフナとは別の扱いなんですね。
民族に関しては、ま、中南米そのものが類似した民族で構成
されていますよねえ。マヤもアステカもグアラニーも先祖は同じだろう、と。

フレディは髪型からも黒人の血は混ざってなさそうに見えます。
パンドは見るからにジャマイカンな髪型でリズムも独特ですが、
顔はインディオとの混血のような、ブラジル代表のアドリアーノにも似た
優しそうな表情が印象的で、まさにガリフナという感じなんですかね。

>SHEさん

ふふ、元が一緒、でくくるなら、
日本人もマヤやアステカと同じ民族になっちゃうかも、ですね。
ただ、文化的にはマヤとアステカは違うので、
それを区分するのは良くわかるんですが、
マヤがまた複雑で、マヤ民族ってのがなくって
グアテマラ人として認められているマヤ系民族は21ある、
ってんだからこれもまた民族ってなによ?になってしまいます。

特に言語が似通っている部族同士の場合、
言ってみれば関西弁(と一括りにしていいかどうかは別として)
を話す人たちは大和民族とは違う別の民族としてカウントするようなものだよなぁと思うんですが。

何の話でしたっけ。パンド、そうそう。
顔立ちはマヤ系、髪型はジャマイカン、正におっしゃる通り。
特に横顔はマヤの石碑にある、マヤ系の特徴たっぷりの顔してますね。

ガリフナと言っても、アビラのようなとってもアフリカンな人もいて様々ですが、
「マヤの国」グアテマラの中では異色を放つ地域ではあるのは確かです。

一方人口の約半分といわれるマヤ系住民は・・・。
サッカーの中ではまだまだ少数派。
昔っからサッカーもどきの球技があった割には、
マヤ人、サッカー界では今のところ目だった活躍をしてる人いないかも。不思議。

モンゴロイド、という点では一緒ですよね。その意味で私は中南米に対して
一定の親近感を持っているのですが、日本人も外国人から韓国や中国と同じ、
と思われることを好まないように、ラテン・アメリカ大陸一体の先住民族の人達も
”縄張り根性”のようなものがあるのでしょうか。

マヤ系住民のサッカー選手が少ない、というのは純潔の”マヤ”という意味
なんですかね?とすると大半がスペイン系か混血、ガリフナを含む黒人
なのかな。どうしても体格や運動能力で劣る面がありますからねぇ。

>SHEさん

マヤ系の中でもそういう自己主張は感じますが、
私たちから見たらまったく一緒に見える
グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラスの間の
ライバル意識ってかなり強烈ですよね。
だからW杯に行ったことのないグアテマラは余計悔しい・・・。

マヤ系の人って、顔立ちよりも名字を見るとはっきりわかるんですが、
やっぱりマヤの人口の多いシェラのチームであるシェラフにチラホラ。

もう少しマヤの人たちがオープンになって、
ラディーノと一緒になることを嫌がらないようになってくれば
サッカー選手も増えてくると思いますが。

結構いろいろ問題多いんですよね、民族問題。

私は中米の特定の国を熱烈に応援しているわけではありませんが
(地域として最も興味がありますけどね)、やっぱりワールドカップへ
行ったことのないグアテマラやパナマにちょっぴり肩入れしてしまいます。
当然このサイトの影響も・・・2010年はワールドカップへ行きましょう!

へえシェラフはマヤ系の選手が多いんですか。それを聞くとちょっと
応援したいですねぇ。特徴的な名字といいますと、シナイとかエスタクイ、
フクプなどでしょうか?

>SHEさん

そうそう、行くんです、2010年W杯!
パナマさんにはもう4年くらい待っていただくことにして・・・・・・

マヤ系の名字って、すぐわかるでしょ。
ご指摘の通りです。
同じモンゴロイドでも、目鼻立ちは日本人よりくっきりしていて、
ラディーノと変わりなく見える人も多々。
違いはむしろ体格と性格にあるっぽいですが、
忍耐強く粘り強い人たちが多いので、DF向きですか?とか勝手に思ったりします。
エスタクイなんかは、速さもある攻撃的MFですけれどもね。

最終ラインは忍耐に長けたマヤ系、中盤には創造性に優れた(?)ラディーノ、
前線に身体能力の高いガリフナ、なんて都合よく構成できればいいですねえ。
国民感情的にも巧くコントロールできそうですし。

コロン大統領が誕生したニュースは我らが地方紙にも出ていましたが、
国際的に登場することが少ないグアテマラには是非ワールドカップで
世界を驚かして欲しい!

>SHEさん

わはは、なかなか都合よくできていますが、
確かにこんな感じですよねぇ~。
うまく行けばいいですけれど、お互いにケンカになりそうかも・・・。

コロン、出てましたか。
来年1月就任ですが、一体全体どんな大統領になるのやら、期待半分、不安半分です。

ワールドカップに是非出て、
グアテマラはアフリカにあると思ってる人には
ここはラテンアメリカだよ。ってのを理解していただきたいですね・・・。
なんのこっちゃ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/129-d30a1121

対グアテマラ親善試合【追記】

同じ試合の、メキシコバージョンです
  • [2007/10/18 21:48]
  • URL |
  • フィールドの隅っこ |
  • TOP ▲