スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12節 その他の試合 

マルケンセ 2 - 1 スチテペケス
10月7日11:00 マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場(サン・マルコス)、
主審:フレディ・カンポス


序盤はスチテペケスの方が良かったそうです。
中盤でボールを拾って前線へつなぎ、それが実って16分、エドウィン・ビヤトロが先制。


まあでも・・・、これで目が覚めたマルケンセ。
18分にはCKをイスラエル・ドニスがヘッドで決めて同点。
前半は1-1のまま終了。


後半開始と共に、マルケンセが攻勢に出る。
ホルヘ・エストラダが何度かチャンスをつかむのですが、
それが実ったのが54分、ネストル・マルティネスからのクロスを決めて2-1。


その後、スチテペケスのGKクリスティアン・ガルシアが負傷して交代なんてハプニングもあったようですが、試合はそのまま終了。
やっとエンジンがかかってきたかな、マルケンセ。


新聞記事はこちらから。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/octubre/08/184486.html


Marquense
GK: Miguel Klée
DF: Yony Flores, Israel Donis, Néstor Martínez, Ricardo Gutiérrez
MF: Francisco Aguilar (A. Hurtarte, 70 m), Néstor Soria, Leonel Noriega, Derick Hulse (H. Fuentes, 62 m), Erick Priego (O. Isaula, 74 m)
FW: Jorge Estrada

Suchitepéquez
GK: Cristian García (C. Morales, 55m)
DF: Wilson Lalín, Anderson Baptista, Fredy Taylor, (M. Cabrera, 62m), Edín López
MF: Wilfred Velásquez (H. Miranda, 71m), Carlos Castillo, Andrés Rivera, Sergio Morales
FW: Sandro Zamboni, Edwin Villatoro



サカパ 3 – 1 エレディア
10月7日12:00 ダビッド・オルドーニェス・バアルダーレス競技場(サカパ)
主審:オスカル・レイナ


攻めて攻めて攻めまくったサカパですが、
チャンスを逃したりオフサイド取られたり、
ちょっとフラストレーションのたまる展開になってしまったようで。
そんな45分、FKからロルマン・サンドバルがヘッドで決めて、サカパ先制。


後半もサカパ、運も手伝って追加点。
61分、アレハンドロ・マウレイラが左サイドから蹴ったボールは、
バーに当たって中に入るゴール。
一方のエレディア、76分に高い打点からジョニー・ブラウンがヘッドで決めて2-1。


諦めないエレディアなんだけれど、85分、エリア内でマヌエル・フローレスがセルビン・モッタを倒したとしてPK。
モッタ、難なく決めて3-1。勝負ついたね。


新聞記事です。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/octubre/08/184484.html

Zacapa
Óscar Martínez, Élmer Padilla, Víctor Hernández, Javier Melgar, Wálter Alegría (C. Granados 55 min.), Rolman Sandoval, Mynor Dávila, Joao Silveira (A. Arana 75 min.), Danilo España, Eddy Ortiz, Selvin Motta

Heredia
Jorge Estrada, Manuel Flores, Jhonny Brow, Ervin Alvarado, Máximo Díaz, Manuel Soto (K. León 55 min.), Marlon Aguirre, Sebastián Viera, Patrick Howel, Uwaldo Pérez (L. Bonilla 68 min.), Carlos Andrade




ペタパ 1 – 1 シェラフ
10月7日15:00 フリオ・アルマンド・コバル競技場(サン・ミゲル・ペタパ)
主審:ウーゴ・カスティーヨ


試合開始早々の13分、シェラフはジョニー・クベロが左足負傷で退場。
イスラエル・シルバ負傷、トゥカン・ゴドイも負傷、そして今度はクベロがぁ・・・。
他にFWいるんかい?
この試合はマイノール・カンポーヨとクベロが2トップだったようですが、
急遽プルデンシオ・アルバレスが入る。


他には・・・、DFのルイス・スイシェルが鼻骨骨折を手術してシェラでお留守番。
加えて、今日のGKはパティちゃんじゃなくてマルビン・バリオス。
どうしたんだ、パティゴール。


こんなんで大丈夫かぁ~?と思われたシェラフ、いつもの通り、しっかりしっかり守備固め。
ペタパにつけいる隙を与えない。
でも先制したのはなんとシェラフ。
29分、マリオ・ピニェイロのCKにカンポーヨがヘッドで合わせてゴ~ル!


ペタパは50分、こちらもCKから。
競り合いでこぼれたボールをミルトン・レアルが拾ってシュート!で同点。


この後はペタパ攻めて攻めて攻めたんだけれど、GKに阻まれてしまったらしい。
76分にはペタパの監督ウーゴ・カスティーヨが抗議して退場になったり、
87分にはカルロス・キニョーネス(シェラフ)が2枚目イエローで退場になったり。
いろいろあったみたいです。


にしてもシェラフ、怪我人多すぎませんかね・・・?

新聞記事はこちら。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/octubre/08/184487.html

Petapa
Edgar Estrada, Jairo Pérez (Marcelo González, 30), William Castillo (Jorge López, 46m), Denis Chen, Raúl González, Engelbert Herrera, Milton Leal, Julio Girón, Eduardo Barrios, Edgar Meda, Vicente Rosella (Mario Navas, 62)

Xelajú
Marvin Barrios, Edgar Herrera, Jhony Girón, Adulfo Contreras, Javier Sinay, José López, Julio Estacuy, Carlos Quiñónez, Mario Piñeiro, Jonny Cubero (Prudencio Álvarez, 13m) (Allan Villeda, 90), Mynor López (Erick Alvarado, 61). D.T.: Carlos Jurado.



今節の順位です。
  1. ロホス 20
  2. サカパ 19
  3. ハラパ 19
  4. クレマ 16
  5. ペタパ 16
  6. マルケンセ 15
  7. シェラフ 15
  8. エレディア 12
  9. スチテペケス 12
  10. マラカテコ 10


シェラフ、マラカテコ、サカパ、スチテペケスの各チームはまだ消化試合数が1試合少なくなっております。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/117-17d3677d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。