スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10節 その他の試合 

マルケンセ 1-0 コムニカシオーネス
9月30日11:00 マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダ競技場、主審:フアン・ガルロス・ゲーラ


クレマは相変わらず出場できない選手が多い・・・。
で今日のスタメンは
GK: ダビッド・ゲーラ
DF: グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、リゴベルト・ゴメス、エクトル・デ・マッタ
MF: イベルトン・パエス、ルイス・ブラッドレイ、エドガル・コット
FW: トランシト・モンテペケ、エルナン・サンドバル、ドワイト・ペッサロッシ


大胆~。怪我上がりのゴメスとデ・マッタはMFの選手ではなかったか・・・。
ま、見ようによっては、超攻撃的。と言えなくもない?


対するLA帰りのマルケンセ。
GK: ミゲル・クレー
DF: ネストル・マルティネス、ジョニ・フローレス、ホアキン・アルバレス、ネストール・ソリア
MF: フランシスコ・アギラール、レオネル・ノリエガ、リカルド・グティエレス、レステル・ルイス
FW: ルーカス・メオーニョ、ホルヘ・エストラダ

セサル・アレグリアはLAで負傷してしまったので、お休み。


まあ不調のチーム同士ですからね。多くは望むまい。
お互いミスだらけの試合だったようです。
特にマルケンセの両FWは、チャンスにはずしまくりだったとか。
両チームあわせて、10本のシュートをはずしていたというから、そりゃすごい。
唯一のゴールは79分、レステル・ルイスのゴール。


いやはや。
本職のDFが2人しかいないクレマに1点というマルケンセもしょぼければ、
そんなマルケンセに零封されるクレマもしょぼしょぼ。


選手交代です。
マルケンセ:プリエゴ(60 分、ソリア)、フルセ(60分、メオーニョ)、フエンテス(77分、アギラール)
クレマ:アレオラ(70分、モンテペケ)、シアニ(81分、ブラッドレイ)、チンチーヤ(86分、コット)



サカパ 5 – 3ハラパ
9月30日12:00 ダビッド・オルドーニェス・バルダレス競技場 主審:フアン・マヌエル・パルマ


見たかったなぁ~、この試合。
好調同士の対戦は、撃ちあいになってしまったようですが、ホームのサカパが制しております。
得点王争い中のセルビン・モッタ(サカパ)とアドリアン・アペラニス(ハラパ)の対決は
お互い2ゴールを決めて引き分け。

えーと、ゴールはこんなです。
7分 セルビン・モッタ(サカパ)1-0 あっさり先制
13分 アドリアン・アペラニス(ハラパ)1-1 あっさり同点
15分 マイノール・ダビラ(サカパ)2-1 だけどすぐ突き放す
26分 ホルヘ・ドス・サントス(ハラパ)2-2 でもやっぱり食らいつくのさ
38分 パブロ・ソロルサノ(ハラパ)3-2 痛恨のオウンゴール
65分 セルビン・モッタ(サカパ)4-2 ちょいとダメ押し
80分 アラン・アラナ(サカパ)5-2 すっごいゴラッソ~!
89分 アドリアン・アペラニス(ハラパ)5-3 諦めないところがさすが


勝ったサカパ、勝ち点16でロホスと同点ですが、得点が1点ばかり多いので、
ロホスを抜いて首位になりました。
アペラニスは11得点で得点王争いの1位、モッタは8ゴールで2位です。


サカパ:Oscar Martínez, Eddy Ortiz, Rolman Sandoval, Javier Melgar, Erick García (m.46, Granados), Elmer Padilla, Minor Dávila, Erick Villatoro (m.33, Alegría), Danilo España, Selvyn Motta, Joao Silveira (m.70, Arana)

ハラパ:Mynor Soto, Marvin De Paz, Pablo Solórzano (m.64, Caal), Eddy Cabrera, Carlos Gallardo, Jairo Cardona, Jimmy Ozaeta, Juan Castillo (m.46, Márquez), Julián Chacón, Jorge Dos Santos, Adrián Apellaniz



ペタパ 1-0 エレディア
9月30日15:00 フリオ・アルマンド・コバル競技場 主審:カルロス・バトレス


ペタパは第2節に勝ったっきりで、その後勝ち知らず。
最下位で折り返しております。


2日ほど大した雨が降っていないので、さすがのこの競技場のピッチも乾いているような。
良かった。だけど、やっぱりなんかピッチはやわやわで、試合する方は大変だったらしい。


まあ・・・・・・、退屈な試合だったようです。
唯一の得点は41分。
ペタパのカウンターでエドゥアルド・バロスがクロスを通し、
エドガル・メダが決めました。めでたしめでたし。


ペタパ:Edgar Estrada, Denis Chen, Marcelo González, Milton Leal, Engelver Herrera, Julio Girón (m.46, Rojas), Eduardo Barros, Raúl González, Marvin Gordon (m.36, Pérez), Mario Navas (m.63, Morales), Edgar Meda

エレディア:Jorge Estrada, Jonatan Sandoval, James McCarthy (m.83, Gudiel), Marlon Aguirre, Ervin Alvarado, Jean Patrick Howell, Juan De León, Máximo Díaz, Sebastián Viera, Jonny Brown, Marcelo Segales (m.45, Bonilla)
*セガレスは負傷のため交代。



今節の順位。
  1. サカパ 16
  2. ロホス 16
  3. シェラフ 14
  4. クレマ 13
  5. ハラパ 13
  6. マルケンセ 12
  7. ペタパ 12
  8. スチテペケス 12
  9. エレディア 11
  10. マラカテコ 10


今節、シェラフ-マラカテコが中止(10月12日頃に振り替えとなる模様)となったため、
両チームは消化試合数が1試合少なくなっております。


*タグ/マルケンセ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) サカパ(クラブ) ハラパ(クラブ) ペタパ(クラブ) エレディア(クラブ)

コメント

サカパの快進撃にセルビンあり、とそろそろボリーヨもほっとけないはずですが、
もしかして絶対的エースのペスカドと被ると思って呼ばないのでしょうかね。
確かにモンテペケやペッサロッシはペスカドにはないものを持っていますが。

>SHEさん

どうでしょうね。
セルビン・モッタが活躍し始めたのは最近のことですし。
呼んでほしいな。とは私も思いますが、何しろボリーヨチームって、まず守備ありき。
ゴールドカップもFWは結構ペスカドの1トップでしたからねぇ。

確かにモッタいても仕方ないかもv-16

でも、親善試合くらいで是非試して欲しいですね。
17日だったかな、メキシコ戦。
召集メンバーが楽しみです。

モッタ、呼ばれましたね!

いやあ私の推測はものの見事に外れましたが、でも良かった、良かった。

続きはあちらのスレッドで。

>SHEさん、

呼ばれましたぁe-68

かくなる上は、ぜひ試合でも使ってほしいですよね。

続きはあちらで。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/110-3ab16aba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。