スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10節 ムニシパル - スチテペケス 出口はどこに・・・? 

ムニシパル 3 – 3 スチテペケス
9月30日11:00、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラ・シティー) 
主審:ワルテル・ロペス


何とか首位を保っているものの、攻守ともにボロボロになりつつあるロホスと、
いつまでたっても調子の出ないスチテペケスの対戦。
両チームメンバーです。


ロホス
GK: ハイメ・ペネド
DF: レナト・ブランコ、ハイメ・ビデス、セルビン・ポンシアーノ、ヘルマン・ルアノ
MF: フレディ・トンプソン、パンド・ラミレス、チャロ・ロメロ、フレディ・ガルシア
FW: カルロス・プラタ、マリオ・アセベド
またしてもおじさんFW2人が並ぶ、
UNCAFのシェラフ戦セカンドレグとほぼ同じ布陣。
唯一の違いはアルビスーリスがレッドで出場できないので、
代わりにブランコが入ってること。
ブランコって、今まで見たことあったかなぁ?

スチテペケス
GK: クリスティアン・ガルシア
DF: フリオ・モンテロッソ、アンデルソン・パプティスタ、フレディ・テイラー、エディン・ロペス
MF: カルロス・カスティーヨ、15アンドレス・リベラ、ウィルフレッド・ベラスケス、セルヒオ・モラレス
FW: ベナード・ビヤトロ、サンドロ・サンボーニ



開始早々の1分。エリアの右サイド角1m手前のところでルアノが倒されてFK。
蹴るのはフレディ・ガルシア。
ふわっとうかせたボールにGKクリスティアン・ガルシアも届かず。
ニアポストぎりぎりに入る、すんごいゴールでロホス先制。1-0。
フレディ、今シーズン初ゴールだそうです。


ペネドはリーガデビュー戦。背番号が22になっているけれど・・・、
22って、ロニー・アルバレス(GK)がいませんでしたっけ??
UNCAFでは27つけてたと思いましたが?ま、いいや。


背が高くてすらっとしているペネドに対し、
スチテペケスのGKクリスティアン・ガルシアはグアテマラ人らしくチンチクリン。
すっごい好対照なんですけれど・・・・・・。


少しボールが落ち着いてくるようになると、スチがボールを持つ時間が長くなってきましたか。
攻撃は大体、右サイドから。
快足ベナード・ビヤトロの対面は白って名前なのに色黒なブランコ君。
全然止められずに、はっきり言ってやられたい放題。
てかこのブランコ君、足元がどうにも覚束ない感じだなぁ・・・。


12分、ビデスのミスで、後ろから来たモラレスにエリア内でボールを奪われる。
モラレスが右サイドから上げたクロスにサンボーニがヘッドでファーポストに合わせる。
ペネド、顔をポストにぶつけそうになりながら、辛うじて手ではじき出す。


23分、セルヒオ・モラレスのゴール。
スローインをサンボーニがマークから抜け出して受け、中央へボールを出す。
そこへトンプソンを置き去りにし、ポンシアーノを交わして走りこんできたモラレス、
ペネドがカバーしているニアポストではなく、ファーポストに蹴りこむ。1-1。
メルガルだけかと思ったら、君まで眠っているのか、ポンシアーノ・・・・・・。


27分、ビデスがクリアしようとしたボール、目の前のビヤトロに当たる。
ビヤトロ、ボールを奪ってすたこらさっさ、右サイドから切り込む。
後ろからフリーで走りこんできたモラレスに出し、モラレス、ニアポストにシュート!
ペネドはファーポストに来ると思った?全然反応できず。1-2でございます。


これでやっと少し目が覚めたロホス、少し攻撃をしかけるようになってきました。
34分、右サイドでボールを奪ったトンプソンがクロスを上げる。
アセベド、飛ぶんだけれど空振り、こぼれたボールをフレディが拾ってシュート!
撃ったボールはDFの足にあたってクリアーされる・・・・・・
続いてチャロが上げたクロスには、プラタがオーバーヘッドしようとして空振り。


47分、フレディが半月前2mのところで倒される。
そのフレディ自らが蹴ったFKは最初のFKと同じようなところに突き刺さるゴラッソ~!
2-2、同点です。
まあとにかく、今日に限らず最近はフレディが一人で頑張っている感じ。
攻撃にも、守備にも、一番走っているのはフレディで、
見ててちょっと切なくなってくるよ・・・。少しは見習え、パンド。



少なくとも、全然役に立っていないプラタおじさんくらいは代えるかな?
と思ったんですが、交代ないまま後半開始。


46分。エリア右角ぎりぎりのところでプラタが倒される。
フレディのFKはバーのわずかに上を越えて行き、ハットトリックならず。


52分、フレディ・テイラーがフレディ・ガルシアの足を思いっきり踏んづけてイエロー。
これはレッドでしょう・・・という感じのファウルでしたが。フレディはピッチの外へ。
折角のチャンスなのに、フレディがFKを蹴れないなんて・・・
というわけで、蹴るのはチャロ。でも何事も起こらず。


その直後、スローインから、こぼれだまを拾ってアセベドがシュート。
クリスティアン・ガルシアがうまく止めて、DFがクリアー。


フレディはどうやらダメみたい。
この試合、ロホスで一番良かったのはフレディなのに・・・・・・。
スチはうまいことフレディをプレーできないようにした。と解説の人たち。
代わりに入るのはロコ・ロドリゲス。


57分ブランコに代わってメルガル。
ブランコ、身体能力はあるんでしょうが、何をしたらいいのかわからずに
ピッチをさまよい、やられまくってたような・・・。
これだったら、確かにメルガルの方がマシ。
メルガルがCBに入って、ビデスがLSBに。
ベンチではフレディ、靴を脱いで治療。だけどすっごく痛そ・・・。


64分、エリア5mほど手前かな。からロホスのFK。
パンドが蹴ったボールは、カベにあたって軌跡を変え、
クリスティアン・ガルシアの右へ。パンド久しぶりのゴールで3-2。
クリスティアン・ガルシア、ものすごく悔しそう。
ビデス、パンドを転がし、蹴飛ばして祝福。そういう仲なのか、君たち・・・。


67分、スチテペケス、カウンターでサンボーニが上がり、左サイドへパス。
アンドレス・リベラがマークをはずしてエリア内へ切り込み、パスを出す。
なぜそこにいるの、カルロス・カスティーヨ!?
難なく押し込んでゴール。
見事なカウンターで、3-3になってしまいました。


プラタ、もう走れないし、左足をひきずって歩いている。
シェラフ戦でもそうだったなぁ・・・。何でプレーさせたんだろ、今日。
というわけで、マルビン・アビラと交代。


マルケンセとクレマの試合、マルケンセのゴールのアナウンスがあって、
観客席から歓声が上がる。
これでロホスが引き分けても首位は保てるかも・・・。これでいいのか。


80分、ビヤトロが下がって、ミゲル・フェルナンデスが入る。
前半は大活躍だったベナード・ビヤトロですが、
ビデスがマークにつくようになってからはちょっと消えてましたか。


91分、フレディ・テイラーがケガして担架で連れ出される。
君がケガさせたフレディ・ガルシアよりは軽傷だと思うけれどもね・・・。
テイラーに代わって、オマール・ビヤグラン。


93分、半月前3m付近でチャロがカニばさみで倒されて再びFK。
アセベドが蹴ったボールはカベにあたり、ポストにも当たって跳ね返る。
アビラが拾うけど、蹴ったボールはホームラン~!
インチャの悲鳴とともに、試合終了。



ロホスはとにかくダメ。なんでアセベドとプラタを先発で使ったのかも疑問ですが、
中盤も全然戦えてなくて、今日はトンプソンもひどかったなぁ~。
なので得点はいきおいセットプレーから、ってことになってしまう。
どう立て直していくんでしょうね。
まだまだ出口の見えないロホスなのでありました。


*タグ/ムニシパル(クラブ) スチテペケス(クラブ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/107-c849a210

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。