スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNCAFクラブ杯準々決勝 2nd.レグ サプリッサ - プンタレーナス 

サプリッサ 2 – 1 プンタレーナス
9月26日20:00、リカルド・サプリッサ競技場(サン・ホセ) 
主審:リカルド・セラヤ(Hon)


セカンドレグはこの試合だけ放送がなくって、
一体全体どんな試合だったのか???不明です。


ひょっとして、情報が入ってきたらた追記していきますが、
とりあえず結果だけでも。
ファーストレグは1-1の引き分けでしたから、サプリッサ準決勝進出。


対戦相手は明日のレアル・エスパーニャ対アラフエレンセの勝者になります。


関係ないんですが、南米杯、ボカ、サン・パウロに負けてしまいましたね・・・・・・。
ボカの方がいいサッカーをしてたのに、どうにもゴールが割れなかった。
パレルモへのファウル、PKになってたらどうなってたかなぁ・・・。
まあまだリベルタ杯がある!という訳で、引き続き期待。


追記
出場選手を追加しておきます。
Saprissa: José Francisco Porras; Víctor Cordero, Gabriel Badilla, Andrés Núñez (86分、Celso Borges), Jervis Drummond, José Luis López, Armando Alonso, Walter Centeno, Michael Barrantes (76分、Try Bennet), Alejandro Alpízar (80分、Jairo Arrieta), Alonso Solís.

Puntarenas: Shane Orio, Roberto Wong, Sherman Vásquez, Eduardo Gómez, Óscar Seravalli (52分、Álvaro Guerrero), Rodrigo Cordero, Luis Diego Arnáez, Josimar Arias (87分、J. Macotelo), Allan Alemán, Jorge Barboza (63分、Edward Greaves), Mario Camacho

イエロー:セラバリ、コルデーロ、アルピサル、カマッチョ、ポーラス、ロペス、ゲレーロ、アロンソ

コメント

試合の経過

中盤の攻防となったこの試合。最初のゴールはサプリッサ。
42分、ワルテル・センテーノのCKをアロンソ・ソリスが決めて先制。


後半、攻勢に出るプンタレーナス。
69分、GKホセ・フランシスコ・ポーラスが中途半端に?飛び出したところを、
エドゥアルド・ゴメスがヘッドで決めて同点。
同点になった後しばらくは、サプリッサは混乱状態だったっぽいが、
プンタレーナスはそれを生かすことができず。


段々、ロングボールとファウルの応酬が続く激しい試合になってゆく。
決勝ゴールは83分で、決めたのはアルマンド・アロンソ。
ハイロ・アリエタのシュートが弾かれたところを拾って決めた(らしい)。


あきらめないプンタレーナス。92分にはFKからヘッド!!!
残念ながらポーラスのナイスセーブに阻まれ、同点ならず、試合終了。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatefutbol.blog107.fc2.com/tb.php/100-ce127138

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。