スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝シリーズ ハラパ - クレマ 

ハラパ – クレマ
5月30日20:00, ラス・フローレス
主審: オスカル・レイナ



はい。リーグも最終節まで終了していて
すでに決勝シリーズが始まっています。
リーグ戦の話はまた別途書きます、必ず!


で、このカード。
ファーストレグはアウェーのハラパが0-1で勝ってはいるものの、
クレマと言えばアウェーで強いから、まだわからないよね、ってところです。

ハラパ
GK: フアンホ・パレーデス
DF: タボ・カブレラ
DF: エルベル・ヒメネス
DF: ネルソン・モラレス
DF: ロドリゴ・モンテロッソ
MF: マリオ・ピニェイロ
MF: フリアン・チャコン(65’ エデル・マロキン)
MF: エドガル・チンチーヤ
MF: ペドロ・オルティス(75’ フアンホ・カスティーヨ)
MF: ロドリゴ・デ・レオン
FW: フェルナンド・ガロ(85’ ワルテル・アレグリア)
DT: チュエコ・トゥルヒーヨ

ファーストレグでレッドをもらったオレヤナが不在。
ボランチとして入るのはピニェイロ。

クレマ
GK: ダビッド・ゲーラ
DF: ダゴベルト・アレオラ
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド
DF: アブエロ・モラレス
MF: ルイス・ブラッドリー
MF: ジャン・マルケス
MF: サウル・デ・マタ(46’ ケンデル・エラルテ)(56’ マルコ・トゥーリオ・シアニ)
MF: ブライアン・オルドーニェス
FW: タンケ・ペッサロッシ
FW: ロロ・フォンセカ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

こちらはトリゲーロスがレッド、モンテペケが累積で出られず。
加えてやっと帰って来たアペラニスが再び怪我で出られず、
ロロも怪我したはずなんだけれど、何とか戻ってきた、というところらしい。
久しぶりにゴールマウスを守るガトちゃんゲーラ。
オルドーニェスはU-20の選手。シアニもアレオラもベンチって、え・・・?




前半が終わる30秒くらい前から見ています。
その時点ですでに1-0でハラパがリード。
噂によりますと、前半は互角、
でも早い時間にハラパがゴールをゲットしたらしい。


HTにリプレーが出ていたのですが、
左サイド、タボ・カブレラのロングスローから
誰かがシュート、ゲーラが手を伸ばして弾くけれど、
ルーズボールを拾ったのはやっぱりハラパの選手。
中央に折り返して、デ・レオンかなぁ、左サイドにクロス、
飛び込んだガロの蹴飛ばしたボールをも一度ゲーラが弾くけれども、
弾いた位置がすでにゴールってか。
ゲーラはゴールに横向きになって、伸ばした右手で触っているから
確かに入っているわな。
そんなわけで、1-0、総合で2-0と超苦しくなっていたクレマなのでありました。





後半開始とともに、サウル・デ・マタが下がってケンデル・エラルテ。
えーーーと、U-17の試合にいましたっけかね、この子。
FWを入れてのパワープレーをもくろむものと思われるけれど、
入った途端、削られてものすごく痛そうです。まあでもやがて復帰。


なんとか前線にボールを送ってシュートチャンスを作りたいクレマなんだけれど
チャンスがあるのはむしろハラパ。
オルティスがジャストミートでシュート、ゲーラが真正面でキャッチするけど、
いやあ危なっかしいなぁ。


2点取らないと勝ち抜けないクレマ、シアニ、アレオラと攻撃の選手を次々と投入。
あ、痛んだケンダル君はシアニと代わって、交代枠1つ損した計算になるのが切ない。
でも枠に飛んだシュートと言えば60分のマルケスのミドルくらいか。
相変わらずクレマはボールを持てないのであります。


まあでもそんな特攻作戦が少し実ってきたかなぁ、
ボールさえ持てれば何とか相手エリアまでは到達できる。
到達できるけれど、ハラパのDF、やっぱり堅実なんだよねぇ、
得点の匂いが全然しない。
フォンセカ消えてるし。ペッサロッシも見当たりません。


クレマが組織的な攻撃ができないでいる間に、
ハラパは効率的な攻撃で追加点。これで勝負あったな。
79分、右サイドからカスティーヨかな、の強烈なミドル、
ゲーラが弾いたのか、ポストが弾いたのか、とにかく跳ね返ったボールは
ガロの元へ、ガロ、簡単に押し込んで2-0。
満員のスタンドが大きく沸いた瞬間でありました。


クレマも諦めはしないにしても、これで心が折れちゃったね。
82分には再び追加点はロドリゴ・デ・レオン。
右サイドからデ・レオンが持ち上がって、
フェイントをかけてマーク1枚とゲーラをはずし、
ついでにゴール前で待っていたDFまでもこのフェイントにつられてしまい、
デ・レオンのふんわりと浮かせたシュートにタイミングを合わせられず。
まさかこんな展開になるとはね。


開幕チャンピオンのクレマ、閉幕は怪我人が多くて苦労してはいるんだけれど、
そろそろコンカチャンピオンもあるわけだし、いや、何だか心配ね。
もっとも、個人的には同じチームが連覇するよりは
別のクラブが力をつけて優勝してくれる方がいいとは思うわけですが。
唯一の例外はバルセロナで、こちらは何年でも連覇してくれると嬉しい限り。
もっともバルセロナってそういうクラブじゃないんで無理でしょうが。


最後の最後までハラパペースで試合は進み、終了。
ハラパのトゥルヒーヨ監督、感激のあまり涙を流し、
ゴンサレス監督にハグされているのでありました。
ハラパ、準決勝の対戦相手はエレディアであります。


*タグ/ハラパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ)

スポンサーサイト

第18節 シェラフ - ロホス 

シェラフ – ロホス
5月24日11:00, マリオ・カンポセコ
主審: フアン・マヌエル・パルマ



しばらく飛んでしまいましたが、最終節。
ロホスはとりあえず首位確定だったよな、
シェラフも決勝シリーズ進出は確定で、
最終節はどこもかしこも緩い雰囲気になっているわけなのですが。


シェラフ
GK: マルビン・バリオス
DF: ミゲリート・フェルナンデス(75’ ルイス・ピエドラサンテ)
DF: カンチェ・ロドリゲス
DF: クリスティアン・グスマン
DF: アドゥルフォ・コントレラス
MF: ネグロ・モラレス
MF: フリオ・エスタクイ
MF: リカルド・グティエレス
MF: シリロ・ロペス
MF: フランシスコ・パボン(89’ フレディ・ビヤヌエバ)
FW: さすらいのペペグリーヨ(82’ リサンドロ・ペレス)
DT: チャト・カスティーヨ


ロホス
GK: ロニー・アルバレス
DF: レナト・ブランコ
DF: ハイメ・ビデス
DF: ランボー・ノリエガ
DF: マニア・アルビスーリス(84’ セルビン・モッタ)
MF: チェホ・ゲバラ
MF: チャロ・ロメロ
MF: パンド・ラミレス
MF: ダリオ・ゴメス(65’ フレディ・ガルシア)
FW: アブネル・ボニーヤ(60’ ロコ・ロドリゲス)
FW: マリオ・アセベド
DT: エドゥアルド・メンデス





立ち上がりはロホスが良かったけれど、
満員よりちょっと少な目の観衆の声援を受けているシェラフもやがて盛り返す。
シェラフはトップ下に入ってるパボンが
あちらこちらに神出鬼没で、ロホスのDFが体を張って何とか凌ぐ。

ロホスはいつもほどにはボールが繋がらないんだけれど、
左サイドを中心に攻め上がっているかな。
アルビスーリスとゴメスのコンビ、スピードがあっておもしろい。
特にゴメス君、ドリブルも切れがあって、タッチは柔らかくていいねぇ。
それに比べて今日は大人しいパンドはどうした。


なかなか白熱した試合ではあるのだけれど、
どちらもツメが甘すぎて、と言うべきか
最終ラインが頑張って、と言うべきか、
見方によっては単調で退屈だ。
まあそれなりに得点機会もあって、いいプレーもあるけれど。
両GKがそれぞれ相手のシュートをナイスセーブしていたり。


ピッチの外の記者席、珍しく女性もいるんだけれど、
持ってるカメラは何故にコンパクト~?
隣の男性が持っているのもコンパクトタイプで、
望遠レンズのついたどでかいカメラを持ってる人は
確かにこんな風に立ってカメラを構えるわけにいかんもんな。


41分。もうどうにも止められないパボンがゴールに向って突進、
後から追いすがるブランコが手で倒してFK。
エリアのラインぎりぎり外のところからのFK、
ミゲル・フェルナンデスが前に立ち並ぶカベの右横を通して
ゴールのポール際に入る見事なゴール。
これでシェラフが1-0でリード、
勝ち点では2位のハラパに並ぶものの、得失点差ではまだハラパが勝ち。


というところで前半終了。





シェラフって、ホームでは2008年11月にクレマに負けてから、
ホームで負けなし。最近引き分けが多いような気がするけれど、
まあそれでも負けではないのは事実で。


59分、左サイドからの大きなクロス、ミゲル・フェルナンデスが折り返し、
パボンが押し込む・・・と思ったら、ビデスの足がちょっと長くて
先に押し出されてしまいました。


ううう?裏でやってる試合の結果が変わって、
エレディアがリードしてて2位、
ハラパが引き分けしてて3位、
そうするとシェラフは押し出されて4位ですか?
2位以下の結果は目まぐるしく変わって、
試合の内容よりもそちらの方に興味関心が向っているのが
テレビの解説だったり。


ロホスもたくさんチャンスはあるんだけれど、
モノにしきれないまま時間だけが過ぎてゆく。
ロホス、やっぱり中盤の出来・不出来で違うチームになっちゃって、
何だかバランスが悪いような気がする。

などと思っている間に試合終了でございました。
シェラフは決勝シリーズをスチテペケスとやるらしいです。
ロホスは1位なので、1週間お休みです。


*タグ/シェラフ(クラブ) ムニシパル(クラブ) 

第16節 シェラフ - マルケンセ 

シェラフ – マルケンセ
5月9日20:00, マリオ・カンポセコ
主審: カルロス・バトレス



先週末は旅行に行っていたので試合を見ていません。
クラシコがあって、一応録画してはいるのですが、
最近はバルセロナの試合を追いかけるのに忙しくて
未だに見られないでいたり・・・(ちょっと反省)。


とりあえず第16節。


シェラフ
GK: マルビン・バリオス
DF: アドゥルフォ・コントレラス
DF: カンチェ・ロドリゲス
DF: クリスティアン・グスマン(55’ アビダン・ソリス)
MF: ネグロ・モラレス
MF: フリオ・エスタクイ
MF: ホセ・サカリアス・アントニオ(87’ ホセ・シリロ・ロペス)
MF: リカルド・グティエレス
MF: フランシスコ・パボン(67’ フアン・ヤクス)
FW: ナッチョ・ロペス
FW: さすらいのペペグリーヨ
DT: チャト・カスティーヨ

よくわからないけれど、3バックのように見えました。
グスマンが下がった後はエスタクイが下がっての3バック。
勝ちたかったのね、カスティーヨさん。

マルケンセ
GK: チコトン・モリーナ
DF: ジョニー・フローレス
DF: イスラエル・ドニス
DF: ハビエル・シナイ
DF: アドルフォ・マチャド
MF: ネストル・マルティネス
MF: ホセ・グラマッホ
MF: リッキー・ネルソン・ムルガ
MF: フランシスコ・アギラール(73’ ケビン・ノラレス)
FW: ジョナタン・ロペス
FW: チノ・エストラダ(73’ ヘスレル・アルチラ)
DT: エドゥアルド・メンデス

こっちも良くわからないのですが、チョーロ・ノリエガと
ネストール・ソリアの本職ボランチが不在。
代役は、誰???





後半だけ見ています。
前半は0-0で終わった模様ですが、
土砂降りではないものの、かなり雨が降っていて、
何気に寒そうなスタジアム。
寒そうなのは観客が少ないせいもあるかもなぁ・・・、
いつになく空席も目立つ観客席、雨のせいだけなのか、
それとも新型インフルエンザのせいもあるのか。


昨日試合があったハラパのラス・フローレスは
お客さんにマスク配ってたという話ですが、
シェラはマスクの人もいればそうじゃない人もいるという感じ。
いやしかし、こんな雨じゃあ、皆普通に風邪引きそうだけれど。


ピッチは時に水がばしゃっと跳ね上がるのが見えるけれど
そこまで水浸しにはなっていないかな、
でもやっぱり滑りまくりそうな、そんなピッチ。


何だか攻撃が形にならない55分、
シェラフはDFのグスマンを下げてFWのソリス。
点取りに行って、点取りに行けるかしらん。
シェラフは細かいパスを繋げる攻撃が身上だったと思うけれど、
後半雨が続いてピッチの状態も段々悪化しているような、
こんなピッチだとパワープレーができる方がトクなような。


実際、マルケンセの攻撃の方が形になってきている60分。
マルケンセはとりあえずサイドから上がってみて、
クロスを入れるかミドルを撃つか。


67分、パボンを下げてフアン・ヤクスを入れるシェラフ。
ヤクスはU-20の選手なんだそうで、U-20規定のための起用かな。
エスペシアルカテではゴールを決めたりもしてるんだとか。


うーむむむ、アップになった時に選手の吐く息が白い・・・。
グアテマラシティーが17度だから、
1000mほど高いシェラは11度くらいですか。うわ、寒っ。


何だかつまらない泥仕合だなぁ~、と思っていたら
70分、シェラフのゴール。
左サイド自陣からのFK、大きく伸びて半月でバウンド、
マルケンセDFがクリアーしようとしたところへ
ソリスが飛び込んで胸で押し出し、ペペグリーヨが押し込む、
何とも泥臭いペペゴール。
思わずシャツを脱いでるペペに、笑いながらカードを出すバトレスさん。


これでシェラフがリードかと思ったら、え?違うの??
はぁ、何でもソリスのハンドがあったとかなかったとか、
ハンドを取られたとか何だとか、良くわからないけれど、
まだ0-0のままではある模様。えええ~。


やっとリプレーが出てきたけれど、ソリスの腕は後ろにあって
ハンドはまずありえない。
取られたとしたらペペのオフサイドかな・・・。


良くわからないまま試合は続き、
いやしかし、83分に今度こそシェラフのゴール。
右サイド、マルケンセのケビン・ノラレスがポトリと落としたボールを
モラレスが拾いクロス、ファーポストのペペが折り返し、
ナッチョがそこに飛び込んで頭で押し込む。
なんだかすっきりしなかったのがすっきりしたようなゴールでした。


このまま試合は終了でシェラフの勝ち。


*タグ/シェラフ(クラブ) マルケンセ(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。