スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCL トルーカ - コロンバス・クルー【動画追加】 

CCLの準々決勝、今日は2試合ありまして、
最初の試合がトルーカ(Mex)とコロンバス・クルー(Usa)、
2試合目がクルス・アスル(Mex)とアラベ・ウニード(Pan)。


最初の試合はずーーーっと見ていて
気がついたらぶつぶつ言い続けてしまっていたのでここにアップしておきます。
そんなつもりは全然なかったんだけれど・・・。


先制したのがコロンバスでうぉう!?とか思ったのも束の間、
自力に勝るトルーカがきっちり勝って準決勝進出。
パチューカほどではないにしても
トルーカも何だかふわふわしてたような印象。


次はこの両者の対戦らしいので、もう少し引き締まった試合になる、
かもしれない。
でもメキシコのチーム同士の対戦だと新鮮味に欠けて、
ちょっと見る気にならないのよね・・・。
せめてマラトンくらいは残ってほしいなー。


2試合目はかなり一方的な試合だったようで(後半だけ見ました)、
クルス・アスルが3-0で勝利、総合4-0で勝ち上がり。
明日のプーマスとマラトンの勝者と準決勝で対戦することになります。


亀さんのところもご覧下さいまし。


【追記】
ビデオアップされていたので貼っておきます。






  • 18:18  なんとなくトルーカとコロンバス・クルーの試合を見ています。トルーカの赤白ユニとクルーの黄色ユニが緑の芝に映えてキレイだな~

  • 18:23  ファーストレグは2-2だったので、0-0か1-1ならトルーカが勝ち抜き。クルーは勝たねばならないけれど、試合はトルーカペース

  • 18:30  Concacafもテキストライブをやってることを発見。いやでも辿り着きにくいよ、これ。この試合のはhttp://www.concacafchampions.com/page/CL/Schedule/0,,12856,00.html

  • 18:31  変なアドレスだったから途中でリンク切れてるような。Shrinkしてみる http://ow.ly/1nBRM

  • 18:32  今度は大丈夫だったみたい。試合そっちのけだな、私

  • 18:35  トルーカのゴール!と思ったらクロスバーに当たって下に跳ね返ったけれど、入ってませんでしたって・・・

  • 18:38  ライオンみたいな頭したレンハートにイエロー。

  • 18:44  試合そっちのけで昨日の試合のビデオを見てました。http://bit.ly/aIuRed 見れば見るほど、ガヤルドのレッドはないだろこらーーーと今更ながら悔しくなる。あ、でも、トンプソン君、君はまだ廊下ね

  • 18:44  ん。またリンク切れたかな。シュリンクシュリンク http://ow.ly/1nC2E

  • 18:46  あ、いや、大丈夫でしたね。 ドゥエニャスかな?にイエロー。

  • 18:51  トルーカのDFゴンサレス?クリアーしようとしたボールが変な方向に飛んで行く。そしてCKをプレゼント。

  • 18:53  クルーにPK。エリア内のハンドです。時間は45分。

  • 18:54  蹴るのはヘイジュック?いやスケロットです。決まってクルーが0-1。

  • 18:55  わああー、何と言う展開。GKのタラベラ、左寄りに立っててスケロットは蹴りにくそうだったけれど、空いてるスペースに堂々と決めてコロンバス・クルーが先制。

  • 18:57  前半終了。0-1でコロンバスがリード、総合でも3-2でコロンバス。トルーカの選手達、審判に少しクレームつけてみたり。まあでも後半もっと頑張れよ。

  • 19:12  後半開始。交代はなさそうですね。サイレンのうるさいスタジアムだなw

  • 19:12  ゴール~!と思ったらPKか。ファウルの笛が先だったのね。トルーカ・・・

  • 19:13  PK決まって1-1。マンシーヤのゴールです

  • 19:15  ミョウチキリンな試合だな・・・。ちなみに主審はカナダ人。これで3-3、トルーカが準決勝のチケット半分くらい握り締めているかな

  • 19:17  あ、で、さっきのシーンは左サイドから切り込んだトルーカにクルーがスライディングで倒し、ここで笛が鳴ったらしいけれど、こぼれたボールをトルーカが拾ってゴールに蹴りこんでいたのでありました。PKちゃんと決まって良かったね<主審

  • 19:22  シーニャを転がしたキャロルにイエロー。エリアのちょっと手前からトルーカのFK

  • 19:23  シーニャのFKが直接決まって2-1、トルーカがリード。

  • 19:24  またしてもクロスバーに当たったけれど、今度は下に落ちた時にちゃんと入ってましたね。ゴラッソ

  • 19:30  クルーはハーフラインを越えられなくなってきたか・・・。トルーカ余裕の試合運びだわん

  • 19:32  トルーカ交代。エスキベルIn、ブリスエラOut

  • 19:34  クルーってもっと縦に展開するのかと思ったら、結構パスを繋げようとしていてちょっとびっくり。どちらにしても、まだリーグが始まってないMLSのチームには厳しい試合だわ

  • 19:36  クルーのゴーーーーール!2-2になっちまいましたよ。あらびっくり

  • 19:37  でもこれはいい形でしたね。左サイド、深いところからクロス、飛び出したGKを越えたボールを押し込んだのがポストに当たり、そのボールを押し込んだのがスケロット。

  • 19:38  で、、トルーカ、また2点目と同じような位置からFK。これもシーニャが叩き込んで3-2。あらあらあら

  • 19:41  クルー交代。ガベンout、レンテリアin

  • 19:42  ライオン頭を倒したゴンサレスにイエロー。

  • 19:44  トルーカのゴールって、PK1つ、FK2つで、攻撃している割には相手を崩せていない?でもやっぱりトルーカの方がうまいなぁ。と思ったらレンテリーアのパワフルなシュートは逸れました。

  • 19:44  クルーの交代だけど誰だ誰だ・・・

  • 19:46  ライオン頭にレッドです。あーあ。名前はレンハートというらしい。レンハートというかライオンハートというかライオンアタマというか

  • 19:46  デモナニシタノカミノガシタヨ

  • 19:49  レンテリーア、突っ込まれても倒れないねぇ。黒人らしく下半身ねばねば。トルーカ交代。デ・ラ・トーレが入ってナバがサラバ

  • 19:50  クルーはキャプテンのヘイジュックがサヨウナラ。ガリー?9番だからFWかな

  • 19:52  トルーカ、やりたい放題。アナウンサーがゴラッソ~と思わず叫んだシュートはポスタッソ~で わずかに逸れてしまう。

  • 19:58  トルーカ、じれった・・・。決めるチャンスは何度もあるのに、何故にシュートしないのさ。たまにシュートすればクロスバーとかポストだし

  • 19:59  92分、トルーカはシーニャが下がってペレスが入ります

  • 20:01  試合終了。トルーカが準決勝進出を決めたのでありました。


Powered by twtr2src.

スポンサーサイト

CCL パチューカ - クレマ【動画追加】 

ファーストレグを何とか1-1で凌いだクレマ、
ひょっとしてこの試合に勝って準決勝に、
いやまあ勝てないまでも好試合を期待していたのですが、
そういう意味では期待外れになってしまいました。


結果は2-1でパチューカの勝利。
点数はさほど悪くはないんですけれど、ね。


問題は、クレマは自ら試合を壊して負けてしまった、ってこと。
主審のカードが厳しすぎる、というのも多分事実だと思うけれど、
ボールのないところで相手を倒してレッドもらっちゃうトンプソン君。
君はしばらく廊下に立っててくれ。


残る30分を9人で、よく頑張ったよなぁとは思います。
えらいえらい。
クレマもクレマならパチューカもパチューカで、
撃てども撃てどもシュートは入らんわ、たまに枠の中に飛べばガトが弾くわ、
いやはやとんでもない試合ではありました。


まあ、試合の内容から言えば勝者にふさわしいのはパチューカで、
パチューカ、おめでとう。
次の試合、頑張ってください。


メキシコの亀さんのレポはこちらです。
もう一つ、パチュースを追いかけているコンクリさんのレポはこちら
写真がたくさんあってきれい~。


【追記】
試合のハイライト動画を追加しておきます。
見ればみるほど、ガヤルドのレッドはないだろーーーと
微妙に悔しさが込み上げてくる。
でも選手たちはもっと悔しいでしょうからね。


そう言えば、そろそろ空港につく頃かな、ひょっとして。
トンプソン君は飛行機の中でも立っているように!






  • 20:03  #CCL 北中米カリブ地区のクラブ選手権、1/4ファイナルの第1試合パチューカ対コムニカシオーネスの2nd. legがそろそろ開始。審判団はアメリカチーム。

  • 20:04  クレマは今日は紫ユニ。えええー、黒ユニの方が格好良くて好きなのに。

  • 20:07  ローカルで見てるのですが、出場選手のリスト、出ない・・・。少なくとも見なかった。画面は斜めにざーーーっと影が入っててちと見にくい。ESPNの方が見やすいんだろうけれど・・・

  • 20:12  パチューカ、すごい勢いで攻撃。翻弄され続けるクレマ。カレロは暇してるっぽ

  • 20:25  パスの早さや精度ではパチューカが全然上だけれど、攻撃にバリエーションがないような・・・。それはクレマも同じだけれど、まだ攻撃に至らないw。パチューカ、若干ラフプレーが多いかも。てなわけでカード。クビタニッチ?

  • 20:26  クレマ、やっとこCKゲット

  • 20:36  クレマはこんなメンバーかしらん:GKガト・ゲーラ、DFカストリーヨ、エンリケス、ガヤルド、アブエロ、MFチューラ、ブラッドリー、トリゲーロス、トンプソン、FWトランシト、ロロ。守備的なメンツと見た

  • 20:37  前半守って焦らして、後半頑張りましょう!という作戦かな

  • 20:40  トンプソンのナイスカット~

  • 20:44  ひ~、助かった・・・

  • 20:46  左サイドの2人、トリゲーロスもアブエロも黄色いシューズで時々見分けがつかん。多分、守備をするのがアブエロで、守備ヘタクソなのがトリゲーロス。

  • 20:47  ひゅ~、ゲーラ、止めたはいいけれどやばかった。これはもう時間の問題かなぁ~、早く前半終われ。

  • 20:51  パチューカ、皆良く走るよねぇ。クレマはよちよち&おたおた、足がついていかんがな

  • 20:52  前半終了~。0-0です。

  • 20:58  A Prueba de todoにちょっと切り替え。こらこら、遺跡で焚き火してはいけませんがな。せめて火を消していけーーー

  • 21:09  後半開始。

  • 21:09  今のところ交代はなさそうです。

  • 21:12  おいおいおい~トリゲーロス~!何をやっとるんだ・・・

  • 21:13  カレロ、大丈夫?

  • 21:14  きゃー、ゲーラ、何とか押さえた・・・。ころころころってゴールに入って行きそうでした。カレロの心配してる場合じゃなかったな、私。

  • 21:19  パチューカの選手速いんで、クレマもファウルで止めるシーンが増えてますね。そろそろ選手交代がありそうだけれど。

  • 21:21  あー、トリゲーロスまた・・・。いくつボール奪われてるのさっ!クレマはいい加減、もちっとなんとかしてほしいが・・・

  • 21:21  マンソのシュート、どんぴしゃ手に当てたゲーラ。ナイスレシーブ!

  • 21:25  やっといい形で攻撃できたのに、トランシトったらひよひよシュート。起点になったのはやっぱりトンプソンでしたね

  • 21:25  パチューカがまず選手交代。メンディビルout、ベニテスin。

  • 21:26  どこまで我慢するんだろう、ゴンサレス監督・・・。

  • 21:26  クレマはチンチーヤが用意してる模様

  • 21:27  やばっ!と思ったのに、シュートしないでそのままクロス、ボールは誰もいないピッチをコロコロコロ。ふぅ~、助かった。

  • 21:27  チンチーヤ入ります。下がるのはやっぱりトリゲーロス。

  • 21:29  え。ガヤルド、レッド一発ですか。えーーーーーー

  • 21:30  クレマ10人になっちまった。はあ。あの程度のファウル、前にもあったけどね・・・

  • 21:31  トンプソンの馬鹿、馬鹿、馬鹿。こいつもレッドでさようなら~CCL

  • 21:32  パチューカのFK、エリア内で小突きあいがあって、トンプソンが倒されてパチューカの選手にイエロー。FKは全然ハズレだったんだけれど、その後、ロロ?と誰かが言い争い、トンプソンがそいつを後ろから倒してレッドです。

  • 21:33  モチベーション落ちるけれど、カレロがCKプレゼントしてくれました。ありがと

  • 21:34  いやでもCKもつつがなく。

  • 21:35  パチューカは3点くらには取らないとブーイングだぞ。というわけで選手交代。26番がアウト、16番モンテスが入ります。

  • 21:36  きゃあ~、アギラールのヘッドも弾き出しちゃいましたよ、ガトちゃん。だけど、その後のソンブレロが決まって、パチューカ、やっとゴールです。1-0。はああ

  • 21:38  おや~?クレマにPKです。なに、何がファウル?ハンド??

  • 21:38  ハンドです。トランシト?のシュートにクリアーに入ったDFのハンド。ロロが決めて1-1。きゃあ。

  • 21:40  喜びのあまり、声が上ずるアナウンサーw

  • 21:40  こうなりゃクレマはPK狙い?2試合合計で2-2、今のところ引き分け。クレマ、もう1点入れられたらすごいけれど、まあ無理だろうなー

  • 21:42  このまま終わったら延長だけれど・・・、延長も9人じゃあ体力が持たんでしょう。それにしてもクレマ、DF足りないんですけれど

  • 21:44  DF足りないというか、MF足りないですね。ガヤルドの分は多分チューラが下がってて、トンプソンの分は空白地帯。トランシトかロロが上に残って、後は全員守備に大わらわ

  • 21:45  で、9人相手に攻めあぐねるパチューカ

  • 21:48  そうそうその調子。CKことごとく跳ね返して、時間稼げ~!あら、パチューカ、シュートミスですか。ちぇ

  • 21:50  シュート、何本撃っても入らんね・・・。いやでも数撃ちゃあたるさ、そのうち。いやいや、当たっちゃ困るんだが、私としては。カレロは再び失業状態

  • 21:51  エンリケスKO。まともに顔にあたった・・・。気持ちはわかるが、痛いんだから無理矢理起こすな

  • 21:52  あはは、やっとゴールだ~。やっぱり数撃たなきゃね。2-1でパチューカ、モンテスのゴールです。

  • 21:54  アナ達も冷静だなぁ。そりゃ、クレマとしてはここまで頑張ったというのが残るから本望だってか。クレマはやっと2人目交代みたいです。アレオラが準備してる模様。追加は4分。

  • 21:56  アレオラ入ります。出るのはチューラ。

  • 21:58  試合終了。パチューカが準決勝進出。

  • 22:01  はあ。ガヤルドのレッドはちょっと厳しいと思うのだけれど、トンプソンはいいプレーをしていたのに、自分で試合を壊してしまって、私的にはトンプソンが戦犯だったと思うわけです。パチューカ相手に自滅するなよ。その他の皆はお疲れ様。

  • 22:02  もちっと違う試合を期待していただけに、がっかり。多分パチューカのファンの人たちもそうだとは思うけれど

  • 22:03  まあ、明日バルセロナが勝ってくれればいいやーーー(切り替えだけは早い)


Powered by twtr2src.



*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

CCL クレマ - パチューカ 

CCL準々決勝1st. leg コムニカシオーネス - パチューカ
3月10日21:00、セメントス・プログレッソ(グアテマラシティー)
主審:ロベルト・モレーノ(Pan)



まさかの準々決勝を決めたクレマの、メキシコのパチューカとの対戦です。
前半は開始早々ゴールを決められ、
その後パチューカは相手にボールをもたせ、ボールを奪ったら速攻。


またしてもこりゃダメか、と思ったら、
後半はサイドからの速攻が結構効いてクレマペース。
パチューカの守備は固かったですが、
72分、トンプソンのロングパスを受けたロロ・フォンセカが
落ち着いて決めて同点。


そんな試合の動画はこっちにあります。




クレマとしては結構満足のいく同点だったのではないかな。
そりゃ内心勝ちたかっただろうけれど、
もう少しそのワンパターン攻撃を何とかしないと・・・・・・。


私的MOMはフレディ・トンプソン。次点はガト・ゲーラ。
あのダイビングヘッドを止めただけで十分エライ。


以下のTwitterまとめ、一部話のつじつまが合わないかもしれませんが、
亀さんとやりとりしていた部分とかは省いているので、そのせいです、ごめんなさい。
亀さんのブログと見比べて頂ければ、全体像がわかるかも・・・?
で、こちらはコンクリさんの丁寧な試合レポ。見習わなくては・・・。




  • 21:01  #CCL 今日の第1試合はマラトンが2-0でプーマスを下したらしい。今からクレマとパチューカの試合が始まります

  • 21:05  主審はパナマのロベルト・モレノ。相変わらずおすらりとしてて後姿が格好良い。前から見たら、とは聞かないで

  • 21:07  あらら、もうパチューカのゴールだよ。何してんだか・・・

  • 21:08  左サイドからの大きなパスがファーポストにポトリ、強引に蹴飛ばしたらぎりぎり入っちまった。ニコラス・アギラールだそうです

  • 21:09  てか、あそこでマーク失っちゃいかんでしょう。アブエロ・モラレスかな?

  • 21:11  今日のDFは右からチューラ、エンリケス、ガヤルド、アブエロ。ディアスがまだ怪我から復帰してないので、ガヤルドがCB、アブエロが左。MFはブラッドリー、マルケス、トンプソン、トリゲーロス、FWがロロとトランシト。

  • 21:15  今日のレアル・マドリーみたいなのもあるからくじけずに頑張れ。今日は他にもいいことあったので、クレマが勝ったら三連荘?でもこれが一番厳しいかーー

  • 21:20  パチューカはシンプルだけど効果的に攻めてくるなぁ~。おお、マルケス、頬がこけて大人っぽくなったね

  • 21:22  トリゲーロス、守備しろーーーー!!!

  • 21:24  あたた、カードだ。アブエロか・・・。こらお前、さっきのゴールシーンといい、今回といい・・・。落ち着け。

  • 21:28  20分経ってもクレマはリズムを掴めないまま。セットプレーで何とか打開してほしいんだけれどなぁ~

  • 21:32  今日、職場でのクレマファンとの会話。「今晩だね」「相手が相手だから勝つの難しいと思うけれど」「せめていい試合になってくれたらいいんだけれど」「見に行かないの?」「時間が遅いから、終わって家に帰ったら明日になっちゃうし、テレビで我慢する」。

  • 21:33  テレビ放送の関係とは言え、この危ないグアテマラでこんな時間に試合だと、子供はもちろん行けないし(学校早いから)、大人だって行くのを考えちゃう。そういうところ、Concacafは考えてくれないのかなーー

  • 21:35  実は昨日職場の別の同僚が、自宅前で強盗にあって車から何から盗まれたという事件があったばかり。彼女の家からさほど遠くないところでは今日警官が襲われたみたいだし。やだやだ

  • 21:38  クレマは相手にボールプレゼントしてばかりだなぁ。「サインしてちょ(はあと)」てか。えーーーい、しっかりせんかああああ

  • 21:39  ほ。見逃したけれどパチューカの何方かにイエローです。トリゲーロス、守備できないなら喧嘩で頑張れ(でも暴力はだめですよ、暴力は)

  • 21:44  ロロ、よくあれシュートしたなぁ・・・。チューラも右サイドで良く粘ったこと。その調子

  • 21:47  リズムが落ちたというか、パチューカが省エネモードになったというか。あらら、今度のカードは誰?エンリケス。さっきから苦労してるもんな、ご苦労様。

  • 21:54  パチューカが1点リードで前半終了。大きな壁の前でサッカーしてるみたいだな、クレマは

  • 22:10  皿洗い終了。後半既に開始して2分

  • 22:11  クレマはチンチーヤが入った模様。出たのは誰?トリゲーロスかなぁ。

  • 22:11  おっとっとーーー、良く止めたな、ガト。決まってたらやばかった。

  • 22:14  チンチーヤと言えば、コスタリカの新大統領のラウラ・チンチーヤ。でも日本のメディアの表記は「チンチジャ」で女性の名字なのにちょっと可哀想。ここら辺の発音の通りチンチーヤにしてあげれば良いのに、って私の考えすぎですか?

  • 22:15  トリゲーロスがまだいるから、下がったとしたらマルケスかな?マルケス、悪くなかったと思うんだけれど

  • 22:24  ちと撃ち合いになってきたかな。マルケスを下げてチンチーヤを入れた効果が少し出てきたかも

  • 22:31  パチューカ2人目の交代。相手が誰になろうと、クレマは自分達にできることをやるしかないわけで。

  • 22:36  わーーーー、ロロのゴール。画面がざーーーーーっと流れたと思ったらロロのゴール。いや、関係ないです、多分。

  • 22:40  ロロのゴール、オフサイドでしたか?わ、ごめん、でも勘弁。

  • 22:45  えっとおっと、アレオラが入りました。解説のおじさんたちは選手交代無視してプレー内容の話ばかりしているので、誰が出たのか見逃した。トランシトのシャツをぎゅっと握り締めたトーレスにイエロー。シャツが欲しかったのかw

  • 22:47  下がったの、ブラッドリーみたい。ボランチ不在て。まあ確かに中盤スカスカなサッカーだし、トンプソンもチューラもボランチする人ですけど

  • 22:50  う、うう~ん、チンチーヤ・・・。あれはせめて追いついて・・・

  • 22:57  あがあああーーー。最後の最後で決まりそうだったのにぃ。試合終了、コムニカシオーネス1, パチューカ1の引き分け。

  • 22:59  ちなみにこの試合、#CCL (北中米カリブ海地区チャンピオンズリーグ)の1/4ファイナルのファーストレグでありました。セカンドは来週。

  • 23:01  ゴンサレスは選手交代があたりましたね。後半最初からチンチーヤを入れてくるとはかなりびっくりだったのだけれど。というわけで来週も「よーい、ドン!」な試合に持ち込みたいのだろうな、という予測をしてみる。


Powered by twtr2src.



*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

CCL レアル・エスパーニャ - クレマ 

CCL レアル・エスパーニャ – クレマ
9月30日20:00、メトロポリターノ(サン・ペドロ・スーラ)
主審:ロベルト・ガルシア(Mex)


グループ戦の第5試合。
そろそろ結末が見えてくる頃ですが、
この試合の前に行われたプーマスとW.コネクションは
プーマスが勝ち。
なので、現時点ではクレマがまだ2位です。
この試合に勝てば、準々決勝進出が決定、ってことか。


この試合、ホンジュラスで出来るかどうか、
ちと微妙な雰囲気ではあったのですが、
それでも無事に実行されております。
夜間外出令があるはずなんだけれど、
この試合の観戦は許可されている模様?
テグシガルパじゃなかったのも不幸中の幸いではあるけれど。


この大会、レアル・エスパーニャ、マラトンと
ホンジュラスの2チームが元気がないのが気になるけれど、
だからと言ってこの試合に勝っていただいても困るので・・・・・・。


クレマ
GK : ガト・ゲーラ
DF : チューラ・ゴメス
DF : セバスティアン・ディアス
DF : エドウィン・エンリケス
DF : カルロス・ガヤルド
MF : ルイス・ブラッドリー
MF : フレディ・トンプソン
MF : ジャン・マルケス
MF : イシドロ・カンディア
FW : ロロ・フォンセカ
FW : トランシト・モンテペケ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス


この大会ではここ3試合、ほぼ同じメンバーですかね。
違うのは前の試合ではエンリケスが


何だか両チームよろよろの立ち上がりだなぁ、と思っていたら。
8分、右サイドからレアル・エスパーニャの6番がクロス、
クリアーしようとしたエンリケスが触れず、
その左に滑り込んできたトンプソンが
真っ直ぐ押し込んでしまって、先制点を熨斗つけて献上。
おいおいおい~、そんなクリアーあるかよっ!


しかし、レアル・エスパーニャのファンはともかく、
選手達はあまり喜んでないな。
見てた私も呆気に取られたゴールだったしな。
さて、この後どうするんだか、両チーム。


まあいくらなんでも前半10分足らずの相手のオウンゴールを
亀の子で守るぞなんてサッカーをプリミがやるはずもなく。



しかし、今日のクレマのDFは一体どうなってんだか。
14分、またしてもDFのミス、
11番クロスをディアスがヘッドでクリアーしようとしたら
クリアーしきれずにボールが右へ逸れてしまい、
チューラが頭を伸ばすものの届かずにパボンに絶妙のボールを献上。
蹴飛ばせばそれはもうゴール。
こうしてまたしても熨斗付の得点を献上してしまったのでありました、クレマは。


まったくもう~~~~。
15分で2点も得点献上なんて、何を自滅してるんだよっ!!
テレビのおじさんたちもすっかりテンションが下がってしまったな。
私ももう見るのやめようかしらん・・・。





というわけで、テレビはつけてましたが他のことしてました。
55分、マルケスに代わってマヌエル・ソト。


思いますに、この顔ぶれで試合したのって、
この前のレアル・エスパーニャ戦が初めてだったわけで。
その時はマラディアガもびっくりしたのでありましょうが、
柳の下にどぜうは2匹いないわな、ってわけで、
今日はRSBのチューラのところから攻め込まれる、攻め込まれる。
がんばれや~、チューラ。


後半に入って、レアル・エスパーニャはあまり攻め込まず、
かと言って守備固めをするわけでもなく、
中盤で丁寧にボールを繋げて、隙あらば前線へ、って感じですかね。
こういう時、グアテマラを良く知ってるプリミが敵の監督なのはイヤだなぁ、
誰だよ、プリミを2度目の代表監督に呼んだのは。


またレアルエスパーニャの中盤が良いので、
クレマのサイドがあまり上がれない。
つまり、攻撃に人数を割けない。
加えて、最近好調のトランシト・モンテペケが足を傷めたらしい。
いやはやまったく、これじゃあ勝てんわな。


さて、ハイロ・アレオラが入りました。
えーーと、70分くらいですか。
出てったのは誰だ?チューラ?トンプソン??見逃した。
いいけど、2点ビハインドなんだからさぁ。
70分でアレオラって、遅くありません?もう捨てたのか、この試合・・・・・・。


その後準備しているのがタンケ。いやこれも遅い遅い・・・。
73分、カンディアに代わって入りました。


あちゃちゃ。74分、パボンを止めようとしたエンリケス、
2枚目イエローもらって退場。
エンリケス、とにかく最近カードたくさんゲットしてるような気がするなぁ、
個人的には好きな選手なんだけれど、これはちょっと・・・。


いい位置からのFKはガトちゃんがうまく捌いて傷は広がらず。
いやしかし、しかし、しかし・・・。
この試合、何度ガトちゃんのセーブに助けられているんだ。
不甲斐なさ過ぎる。


という訳で、またテレビつけたまま他のことしてたら、
90分過ぎてガトちゃんが倒れ込んでます。
どうやらディアスがボールをクリアーしようとした時に
その足で蹴飛ばされたらしい。踏んだり蹴ったり、てか踏まれたり蹴られたり。
しばらく経って立ち上がった後も、痛そうにプレーしているけれど、
22時丁度に試合終了。


クレマ、最終戦はホームとは言えプーマ相手なんですけれど。
頼むよ~~~。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

CCL クレマ - レアル・エスパーニャ 

CCL クレマ – レアル・エスパーニャ(D組)
9月17日20:00(グアテマラ時間), セメントス・プログレッソ
主審:アルマンド・アルチュンディア(Mex)



21時から裏で見たい番組があったので、
クレマには申し訳ないけれど、前半だけ見て、
後半はCMの間にチラチラと見る程度で、
録画したのを見ながら書いております。


レアル・エスパーニャの監督はグアテマラでもお馴染みのラモン・マラディアガ。
いつの間にかすっかり白髪が増え、下ぶくれの顔がすっきりして、
枯れてきましたねぇ、プリミさん。


それにしても、この試合の前に行われていたトルーカとマラトンの試合は
7-0というコールド試合(なわけないですよ、皆さん)で、
マラトンは早い時間に2失点した上にパラシオスが退場になってしまったのが痛かった。
パラシオスなしではやはり精彩を欠く感じは否めず、既に負けていた時点では
今更引きこもりもできないよね、ってなやるせない試合になってしまったような気がします。
最近干されているという噂のパンドはもう大差がついている時点で途中出場だけれど、
何をどうせい、つーんでしょうね?


ちなみにこの試合の主審はバトレスさん。
なんでも10月のメキシコとエルサルバドルの試合もバトレスが吹くみたいですが。


さて話はクレマの試合に戻りまして。
かなり意外だったのがスタメンの顔ぶれ。
こんなんでした。
GK: ガト・ゲーラ
DF: チューラ・ゴメス
DF: セバスティアン・ディアス
DF: エドウィン・エンリケス
DF: アブエロ・モラレス
MF: ルイス・ブラッドリー
MF: ジャン・ジョナタン・マルケス
MF: フレディ・トンプソン
MF: イシドロ・カンディア
FW: ロロ・フォンセカ
FW: トランシト・モンテペケ

トップはまあこの2人でしょ。
いやでもしかし、ブラッドリーとアブエロが両SB。
リーグでもCCLでも、この2人を両SBに配置したことはなかったですよねぇ。
普通はガヤルドとカストリーヨ、時々ラファ・モラレスだったのに。
もっとも最近どいつもこいつも軽いよな、とは思っておりましたが。
まさかこんな作戦を取ってくるとはびっくり。


毎度毎度、両サイドからの特攻を武器としていたクレマでしたが
その両脇にベテランを入れ、マルケスを深め、カンディアをも少し前目で使う、
いやいいんですけど、これって守備大丈夫なの?
まあブラッドリーもトンプソンもチューラも攻撃好きだけど基本守備の選手ではあるけれど。


そんなわけで、最初の内はぎごちないクレマ、
ボールを支配するのはレアル・エスパーニャで、
クレマエリア付近までは簡単にやってくるけれど、
そこから先は結構頑張ってるアブエロとディアスとエンリケス。


いやしかし、ハイボールを相手の選手と競り合ったディアス、
額から大出血でピッチの外へ。
当然試合は続行だけれど、守備の要がいないんですが・・・。
とりあえずトンプソンが下がって何とか凌いでおりました。


ずっと押されっ放しだったクレマだけれど、
30分くらいからかしらん、少しはボールも持てるようになってくる。
そうして36分、何とびっくりのクレマのゴール。


相手エリアの手前でボールを持ったトランシト、
左を上がってきたロロにボールを渡す。
ドリブルしながら中央に流れてきたロロ、
誰もがトランシトにパスだろ、と思っていたのに意表をついて思いっきりシュート。
これがGKの右下にズバリと決まっていやいやびっくり、クレマが先制。


先制したーーー!!!と小僧と喜んでいたら、ブチッ!!
停電・・・・・・。ホンジュラス人の嫌がらせか、ブツブツブツブツ・・・・・・。
仕方なく暗闇の中でラジオをつけ、その後ロウソクをつけて小僧を寝かせて、
ラジオに集中するぞ!と思ったら電気が復活しました。んもう~。
停電していた時間は10分弱くらい、
テレビはもう既に前半終了間際。
そのまま1-0で前半終了。





ここから録画を見ながら。
おお。ディアスの頭の包帯が、味気のない包帯から青い包帯に変わっている。
しかし後半開始10分も経たない内にディアスの青い包帯に大きな血の染み、
のみならず顔面にも流れているではありませんか。
白のユニはこういう時不便で、汚れが目立っちまうもんね。
已む無くまたしてもピッチの外に出て行くディアス。
数分後、今度は白い包帯で帰ってきました。


さて後半立ち上がりもクレマの方が元気。
先制点を取ったことで、すっかり「勝てる」と自信を持ったように見える。
最近好調のトランシトと最近調子を上げてきたロロの2人が生き生きとしてるねぇ。


そんなわけで62分にレアル・エスパーニャが選手交代。
ネリー・メディーナが入って、下がったのは誰だ・・・・・・。


それでもクレマの攻勢は変わらず、
前半最初はレアル・エスパーニャの方が良かったなんて嘘みたい。
カルロス・パボンのお父さんもすっかり失業中のような。
勢いロングやミドルレンジのクロスやシュートが増えてくるけれど
全然枠に飛ばなくって、ガト・ゲーラも何気に失業中。


70分、マルケスが下がってマヌエル・ソト。はいっ?
追加点を取りに行くぞ、ってことか・・・。
この時間帯少し相手にボールを奪われ気味なので中盤を厚くするということなのかも。


75分、トランシトが座り込む。
その前に既に交代してくれ~、と合図をしており、
どうやら左足かな?をいためた模様。
ここで変わりに入るのがハイロ・アレオラ。


レアル・エスパーニャも選手交代。
10番が下がって38番。


80分くらいかな、アロルド・コットが入ってカンディアが下がる。
おーーー、坊主頭のコット、久しぶり。これは守備の強化です、多分。


この辺りからクレマのいい形の攻撃が続く。
相手GKやDFが何とかクリアーしてみたり、ポストが弾いてくれてみたり。
いや、それにしても、アレオラがいいねぇ~。
ゴンサレス監督の「トランキーロ、ビエッホ~!!!」という叫び声なんかも
はっきりと入っているテレビ中継。
私は結果を知っててテレビを見てるからいいけど、
1-0の試合のこの終盤、押し気味なのに追加点が入らないという試合展開、
ベンチはじりじりするんでしょねぇ。


相手ボールになると虫が鳴いているような見事な一斉ブーイング。
何だかグアテマラらしくなくて、何気に感動。
マイボールではオーレ・オーレの大合唱、
相手ファウルには激しくリアクションするスタンド、
ナマで見てる人には堪らない試合だろうなぁ。


88分、ソトがミドルシュート、GKのマティアスが弾いたところを
詰めてきたロロが蹴飛ばしてゴールで追加点。
いやしかしレアル・エスパーニャのDF、ぼーっとロロを見送っていて、
こらこら君たち。やる気あるのか。
多分、ロロがオフサイドだと思ったんだと思うけれど、
ロロはソトのシュートに合わせてスタートダッシュしているからオフサイドなし。


91分、13番ネリー・メディーナがレッド退場。
カードの少ない試合だと思ったんだけれどなぁ、
ロロに後ろから行って、手も使ってなぎ倒した。
どうやら一発レッドみたいです。こらこら・・・・・・。


退場もあった後に試合終了。
パボンとアブエロがユニを交換しているなぁ。
包帯にまた血がにじんでいるディアスがインタを受けております。
ああ、青い包帯の上から白い包帯を巻いていたのね。
次回からはも少し暗い色の包帯を使ったらどうかな?


最初はどうなることかと思った試合も、
終わってみれば2-0で、久々に内容も伴ったクレマのいい勝利。
この調子で行けるといいなぁ。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

CCL W.コネクション - クレマ 

CCL D組 Wコネクション – クレマ
8月27日18:00(グアテマラ時間), マニィー・ラムジョン
主審: リカルド・サラサール(Usa)



昨日は仕事を終えて帰途につき、カーステをつけたら既に試合が。
18時から始まる試合だっけかー、とやっと気がついたわけでしたが
その後買い物に行ったり何だりしていて家についたのが7時20分頃。


そんなわけで31分のクレマのゴールは車の中で聞きました。
前半はホームのコネクションがボールを支配していていい感じだったらしいけれど、
ボールをクリアーしようとしたDF同士が衝突、
こぼれたボールをモンテペケが盗んで独走、一対一にも勝って先制。
かなりラッキーではあったけれど、運も実力の内、ってことで。


さて、両チームの出場選手です。


クレマ
GK: ガト・ゲーラ
DF: カルロス・カストリーヨ
DF: セバスティアン・ディアス
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド(77’ アブエロ・モラレス)
MF: ルイス・ブラッドリー
MF: フレディ・トンプソン
MF: マヌエル・ソト
MF: マルコ・シアニ(68’ チューラ・ゴメス)
FW: ロロ・フォンセカ
FW: トランシト・モンテペケ(71’ タンケ・ペッサロッシ)
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

はあ、マヌエル・ソトですか。いや、いいですけれど。


W. コネクション
GK: 21 Marvin Phillip
Renato Pereira
8 Clyde León
Elijah Joseph
2 Gerard Williams
33 Christian Viveros
Hughton Héctor
William Silva (74’ Thomas)
Andre Toussaint
Kern Cupid
10 Jonathan Frías (83’ Igor)
DT: Stuart Charles





見始めた時は既に55分が経過。
モンテペケのゴールのお陰でクレマがまだ0-1で勝ってます。


コネクションの33番がアルチラをつっ転がして2枚目イエロー。
33ってビベーロスですか。
ホームで負けてるコネクション、さてどうする。


そのファウルのFK、相手エリアの左側のライン際だったのだけれど
シアニが直接狙ったボールは相手GKがきっちり弾く。


67分、チューラが入ってシアニがアウト。
髪を切ったシアニ(クレマは何故かコットも頭を丸めていたしなぁ~)、
貴重なクリエイティブの選手なんだから、大切に使ってやってくれ。


ローカル放送だと画質があまり良くないのでESPNに切り替えました。
実況はフランシスコ・パロモだな。


70分、エンリケスが相手11番トゥッサンを倒してイエロー。
主審はアメリカのサラサールさん、カードを手に持って
上に上げるのかと思った
らエンリケスの顔の前にひらひらと提示。ははは。
その間にタンケが入ってモンテペケがアウト。


で、そのコネクションのFK、
強烈なボールがぐーーーんと伸びるけれど
ゲーラも大きく左へ伸びてばっちし弾く。ナイス・セーブ。


73分、2シルバが下がって13トーマスが入る。


74分、よそ見していたらコネクションの強烈なシュート。
中盤から前へ出し、そこで溜めて壁パス、
走り込んできた8番が思いっきり蹴りこんだのが決まって同点。
ああもう・・・、1人少ない相手に中央突破されるなんて。
何しにチューラを入れたんだか。
8番は・・・、クライド・レオンだそうです。


76分、ガヤルドが下がってアブエロ。はて?
ガヤルドは怪我でもしたのかいな?
それとも単なる守備固め??引き分けでいいってこと???
最近のガヤルドは何だかいつもキレテル印象があるし、まあ良いか。


78分、クレマがずーーっとボールを回して相手エリア内でボールを回す。
とりあえずシュートして見たら相手の手に当たってくれて、PK。
それにしてもリプレーが出ないのね、ESPN。


このPKを蹴るのはロロ。最近の様子を見ると一抹の不安が・・・。
実際、GKはぴったりコースを当てた上に手にも当てたものの、
ボールの勢いが勝ってそのままゴールイン。ほほほ。
これで1-2と再びクレマがリード。


83分、コネクションの交代。
小型ガビ・ミリートみたいな10フリアスが下がって、25イゴールが入る。


前からアタリが激しいと思っていたけれど、
更にファウルが激しくなってくるコネクション。
疲れてきたのかもしれないけれど、
レイトチャージで吹っ飛ばされる方はたまったものじゃないなぁ。


91分、クレマゴール前。
右側の41番、何で誰もマークしてないのっ!!
41番がDFラインを突破して一対一、
ガトが飛び出してボールに飛びつき事なきを得る。
しかし、カストリーヨが怪我したらしくって、タンカに乗ってピッチの外へ。


最後にはクレマのカウンターでゴール、かと思ったらオフサイドてのもあって
(マイナスのパスに見えたけれどなぁ)、
内容はともかく、勝ち点3をゲットしたことは良しとしておこう。


MOMはモンテペケだとか。
私ならガトかな~。全部見ていたわけではないけれど。


*コムニカシオーネス(クラブ)

CCL プーマス - クレマス 

CCL プーマス – クレマス
8月18日20:00, シウダー・ウニベルシタリア(メキシコ・シティー)
主審: ホセ・ピネダ(Hon)



CCLのD組の試合になります。
他の2チームはラモン・マラディアガ率いるレアル・エスパーニャと
トリニダード・トバゴのWコネクション。


ちなみにクレマは過去にメキシコで7試合しているのですが、全敗。
引き分けすらなくひたすら負け続け。
取った得点はわずかに1点、失点は合計29点。そりゃ勝てんわ。
というわけで、今日の見所は一体何点失点するのか・・・ってことですか。


プーマスは今シーズン勝ちなしの負け続けだという話しですが
クレマは負けなしとは言え、1勝3引き分け。
4試合で3得点という得点力の無さもそうなんだけれど、
内容がないよう~、というお寒いサッカーが心配の種。
まあでも多分、クラシコよりはこの試合に照準を合わせていたのだろう、
とかすかな期待を抱いてみる私。


クレマ
GK: 1 ダビッド・ゲーラ
DF: 13 カルロス・カストリーヨ
DF: 8 セバスティアン・ディアス
DF: 3 エドウィン・エンリケス
DF: 4 カルロス・ガヤルド
MF: 20 フアン・マヌエル・オレヤナ
MF: 6 ルイス・ブラッドリー
MF: 11イシドロ・カンディア
MF: 15 フレディ・トンプソン
FW: 7 ロロ・フォンセカ
FW: 17 トランシト・モンテペケ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

プーマス
データを確認した上で。
若手の選手が多そうですね、背番号の数字のでかいこと。





クレマは最近ゾーンで守ってるような気がするんだけれど
この試合もやっぱりそう。
てか、今までのリーグ戦が練習だったんでしょう、多分。
何しろ本職ボランチ3人を配する超デフェンシブなフォーメーション。
クラシコでも相手に攻め込まれながら零封しちゃったわけで、
実はのらりくななゴールを奪われないサッカーを試していたのではないかという気がする今日この頃。


そうは言っても、相手に主導権を渡してしまうサッカーは
見ていてヒヤヒヤ。
オフサイドトラップが揃っていないって、どーゆーことよ?<カストリーヨ


攻撃担当はモンテペケ+ロロかトンプソンて感じ。
モンテペケがトップでたまに画面に登場するけれど
カンディアは一体どこだ。さっきから全然姿が見えない。
ロロは守備に忙しそうだし・・・、
せめてトリゲーロスかチンチーヤがいればなぁ。
何で二人とも怪我すんだ。
それにしてもハーフコートのサッカーかいな、これは。


危ういシーンが何度かあるものの(カストリーヨっ!!!)、
何とかかんとか凌いでいるDF。
トンプソンが走り回っていて、クレマの中では一番いいかな。
ロロは頑張ってはいるが、やっぱりまだ試合勘が戻ってません?


ノーゴールのまま前半終了。
後半もこのまま凌ぎきれるのかいな、クレマは。





後半開始早々、プーマスが攻撃攻撃、てか、
どーなってるのよ、クレマのマークは。
またおまいさんかい、カストリーヨ。
いや、おまいさんだけじゃなさそうだけれど。


よそ見してたら何故かモンテペケがゴール前。
シュートは外れたけれど、そうそう、そのスピードが欲しいのよ。
アレオラとか出てこないかなぁ~。


プーマスはピッチを目一杯使ったきれいなサッカーをするけれど・・・、
全体にゆっくりしすぎているような・・・。
だからクレマでも凌いでいられるのだと思うけれど、
緩急つけてきたら対応できないだろうな。


そうは言っても、えーと62分くらいですか、
プーマスのゴールかと思ったよ。
クロスバーに当たったから良かったけれど・・・、
少し守備疲れしてきているようなクレマ、
相手が思いっきり飛び込んでくるのに対応しきれず後手後手。


65分、カンディアが下がって29 マヌエル・ソト。
はあ。何と意外な、というか、このまま守りきるんだ、って交代なんでしょう。多分。
守備の選手って、他に誰を連れてきているんだろう。


その直後にまたゴール前の際どいプレー、
ゲーラがゴールライン上でボールを弾くけれど、いやいやはやはや。
運もありそうだけれど、良く守ってるよなぁ。ゲーラ、偉い。


またしてもよそ見していたら、今度こそゴール。
ってプーマスです。70分くらい?
CKから決められたかぁ、やっぱりマークがずれてるな。
あかんよ、それでは・・・。
でも当り損ねだったから入ったようなゴールかも。
世の中、何が幸いするかわかりませんな。やれやれ。


今ベンチに入るメンバーは(これを調べててゴール見逃した)
GKのパレーデス、ロドリゴ・モンテロッソ、サウル・デ・マタ、
エドガル・コット、ハイロ・アレオラ、タンケ・ペッサロッシ。


皆、今プレーしてる選手よりは攻撃的な選手達といえるかも。
私ならアレオラとコットを入れる。下げるのはオレヤナとロロ。
いやでも入ったのはデ・マタですか?下がったのはオレヤナ??見逃した。


残り10分ほどになって、ブラッドリーが出てアレオラ。
やっとアレオラかぁ。
にしても、この相手だったらここまで守備的になる必要なかったんでないかと
今更ながらに思う私。
用心しすぎて墓穴を掘ったような気がする。
どっちにしても、最近のクレマの中盤じゃあ厳しいかもだけど。


後半は皆ヘロヘロ、カストリーヨくらいか、DFでちゃんと走ってるの。
そんなやわやわなクレマだけれど、終わってみれば1-0。
内容ほどに得点差はなくて、1-0ならまあまだ許せる?
(いや、許せないのは内容だという噂もあり)
どちらにしてもクレマはメキシコでは勝てないというジンクスはまだ健在なのでありました。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ)

CCL予備予選 ハラパ - パチューカ 

CCL ハラパ – パチューカ
8月4日20:00, ラス・フローレス
主審:ワルテル・ケサダ(Crc)



CCLの予備予選のセカンドレグ。
ファーストレグは3-0でパチューカが完勝しております。
実質的にパチューカの勝ち抜きが決定していて、
この試合は手続きですよ、てな感じではあります。


週末の開幕戦で昇格したばかりのレタルテカ相手に
5-0とボロ負けしたハラパ。
まあ確かにスタメンクラスには少し休養を与えてはいたけれど
GKを含めてDFラインの不安定さは目を覆うばかり。
心配なのは、パチューカのユニってレタルテカに良く似てるんだよね、ってことだったり?


どうでもいいんですけれど、ハラパは結局テレビの放映権を
昨年とは違ってアンヘル・ゴンサレス・グループに売り払ったのでしょうか。
Canal 11での放送となっております。時計がないぞ、時計が~!!!
テレビ・アステカ・グアテマラは余計なCMが多いので、
こっちの方がありがたいことはありがたいんだけれど、
サッカー中継を全部独占されるのもイヤではあるかも。


ハラパのキャプテンはネルソン・モラレス。頑張れ。
スタンドはいつの間にか色が塗られちゃった模様。奇麗です。


立ち上がり、いきなりハラパがアタックしてシュート。わああああびっくり。
いきなりではありますが、いい攻撃。
そうそうその調子。多分この試合が最後になるだろうけれど、諦めるな。


3分、あっさりやられたか。
右サイドからのクロスにヒメネスが合わせてゴール。ちえ~。
DFも相変わらず全然遅いんだけれど、それにしてもああリカちゃん・・・。
それじゃあ取れるボールも止められないから。
ハラパが最後の最後までGKを探してた理由が良くわかる今日この頃。
五輪予選の時のリカちゃんと比べても見劣りするぞ。頑張れ。


13分、ヒメネスにDFラインの裏を取られてあっという間に抜かれる。
て、何故に誰もマークしないのだね?
ゴール前で右にクロス、メンディビルが簡単に合わせてあっという間に0-2。
はあああああ・・・・・・。


相変わらず疲れ知らずのピニェイロさんがピッチのあちこちに出没。
ロドリゴ・デ・レオンも前線を左右に走り回る。
そうして何とか相手エリア近くでFKをゲットしたのが18分。
デ・レオンの蹴ったボールはダイレクトにゴールに向かうんだけれど
ボールはクロスバーに当たって下へ、
しかあああし、残念ながらゴールラインを割ってくれない。ちええええ~。


何だかボールのイレギュラーバウンドまでパチューカ寄りだなぁ・・・、
クロスバーは言うに及ばず。
それでも、何とかしようという気持ちはあるハラパ。実りますように。


ハラパはトップのヘルソン・リマがどうにも軽い。
まあまだ16歳、あまり期待しすぎてはいけないとは思うのだけれど。


35分、またしてもメンディビルか。3-0。
よそ見してる間にゴール入れられちゃった・・・、
左サイドはサナブリアだと思うのだが、どこに行っているんだ。
あまりにも簡単に破られすぎ。
そこからのクロスでファーポスト際、簡単に決められております。
それにしてもクロスバー。今度はバーに当たって下に落ちたら入っているのかよ。
お前らパチューカの回し者か。


41分、パチューカのGKコッタがロドリゴを倒してPK。
コッタにはイエローで、若干厳しいような気はするが・・・、
まあいいや。負けてるしね、ハラパ。
働き者のピニェイロさんが決めてやっと得点。3-1。
前半は3-1で終了。





さっき小僧と数えていたら、昨シーズンの優勝チームからは
11人が他のチームに移籍してしまったのだそうです。
1チーム分丸ごと。いやGK2人含まれてますけどね。
DF5人、MF2人、FW2人で、そりゃあDFが何ともならんわなぁ、と
あらためて思うわけではあるのですが。


昨シーズンは開幕最下位で、誰もが期待しなかった閉幕で優勝したハラパ、
これは監督の手腕はもちろんですが
閉幕シーズンに、レンタルも含め、いい補強ができたことも大きかったわけで。
それなのに、優勝しちゃうと選手が一度に引き抜かれ、チームがバラバラになる。
もちろんチームの借金問題ってのは大きかったわけでしょうが、
閉幕シーズンのハラパが好きだった私としては何とも理不尽で残念で仕方ないです。


今のチーム、平均年齢が25歳くらいと若いんですよね。
いや、どうやらホンジュラス人のタイソンことミルトン・ヌニェスの加入が決まったらしく、
これが決まればヌニェスは最年長だし、平均年齢若干上がるかも、ですが。
ちなみに現在の最年長はネルソン・モラレスの32歳。
それでもヘルソン・リマの倍ですか。ははは。





後半、パチューカは1人交代。カルロス・ロドリゲスが下がって
ルイス・ナントカ。字幕でないんで一度聞き逃すとわからないんだよ、Canal 11。
場内の罵声は良く聞こえるんだが・・・。


49分くらい?オスマル・ロペスがヒメネスを引っ張ってPK。
追加点かと思ったら、リカちゃんが外へ弾き飛ばしてほっと一息。
しかしそれに続くCKから決められてしまい、4-1。
クロスに飛び蹴りで合わせるとは、技ありだなぁ。それにしてもDF・・・。


ちなみに先ほどのオスマル・ロペスは21歳。
昨シーズン試合に出てたことあるのか、この子???
こういう試合でRBを勤めるにはちと経験不足過ぎだろうけれど、
そういう選手に頼らざるを得ないのがハラパの現状。
CBはモラレスとマルセロ・ゴンサレスの30代コンビ。
でもゴンサレスも全然マーク下手くそだな。はずしまくり。


小僧と話をしていたら、選手交代を見逃しました。
フリアン・チャコンが下がってグレゴリー・ルイスが入ったのかな?
ひょっとして働き者のピニェイロさんも行っちゃいました?えええ~?


64分ですか。ベニテスの左サイドからの思いっきりのミドルが
サイドネットに突き刺さる。1-5。はああ、どこまで行くやら。
それにしてもリーグとCCLの3試合で13失点とは、ちと酷すぎる。


65分、ロドリゴ・デ・レオンが下がって誰かが入った。誰かは不明。
ヘルソン・リマがトップに残ってプレー。
リマを下げるのかと思ったけれど、
デ・レオンを週末のリーグ用に休ませるんでしょうか。


すっかり諦めモードで他のサイトとか見ていたら、
もう1点追加点が。や、パチューカですから。
1-6、えーと誰だ。メンディビル?ま、いいや・・・。
データは明日にでも分かれば張っときます、ってことで。
これがロホスならもう見てないような気がするんだが、
ハラパ、特にトゥルヒーヨ監督の隠れファンの私としては、
こんな苦しい中でも試合をせざるを得ない彼らを見ることなしに、でも見てる。


チャンスは少ないながらもあるんだけれど、それをどうもモノにしきれない。
残念・・・、本当に残念だけれど
パチューカのパス回しはやっぱり見事で、
全然レベルが違うやな、ってのが明らかです。


ハラパもボールを繋ごうという意志があるのは良くわかるけれど
も少しミドルレンジからでも狙って行っていいんじゃないのかなぁ。
攻撃がちょっと単調すぎる。


またしても右サイドからのクロスが上がって(サナブリアぁあああ~!!!)、
カバィエーロスがフリーで合わせる(モラレスぅううう~!!!!)。
ハイボールに強いDFがいないのは辛いなぁ・・・。こうしてこれで1-7。


試合は1-7、総合で1-10で終了。パチューカが勝ち抜きです。
ハラパの選手はとっととロッカールームに消えて行き
不本意ながらパチューカの選手にインタをするのは、えーと誰だっけ。
スタンドのお客さんもとっとと消えて行き、
ハラパの夜はあっという間に暮れて行くのでありました。残念。


*タグ/ハラパ(クラブ)

CCL予備予選 パチューカ - ハラパ 

CCL予備予選 パチューカ – ハラパ
7月28日20:00, パチューカ (Mex)



閉幕シーズンは魅力的なサッカーで優勝したハラパでしたが、
クラブにのしかかる借金はまだまだ重く、
昨シーズンも選手のお給料未払いが続出。
そんなわけで、あの素敵なサッカーを築き上げていた選手達の内
かなりのかなりがシーズンオフに他のクラブへ移籍してしまい、
試合を見てても、一体誰だこいつは?てな選手が続出でした。


閉幕シーズンでスタメンを張っていた選手の内、
この試合にも出ていたのはFWのロドリゴ・デ・レオン、
MFのフリアン・チャコンとマリオ・ピニェイロ、
そしてDFのネルソン・モラレスの4人。
半数以上が変わっているような状況で、
パチューカ相手に勝てるわけがないよな・・・とは思うわけですが。



やっぱりダメだったか。3-0の完敗です。



リカちゃんとポストやクロスバーの活躍がなければ、
恐ろしい大量得点になっていたかも。ありがと、ポスト。
いやそれにしてもリカちゃん、相変わらず飛び出しが怖すぎるよ・・・。


そうですねー、新加入選手で昨シーズンもそこそこプレーしてたよな、てのは
MFのグレゴリー・ルイスとエディー・オルティス。
GKのリカルド・ヘレスはウルグアイからカムバック。
しかし別のGKを欲しかったんだけれど、話がまとまらなかったと聞いてます。
まあリカちゃんにとっちゃいい機会かも・・・ですが。


恐ろしいのはDFライン。
この試合でもDFのダメさが凄すぎて、リカちゃん大忙し。
いやそれも、リカちゃんにとっちゃいい試練かも・・・ですが。


閉幕シーズンのハラパって、私のお気に入りチームだったんですよねぇ、
アウェーでも引きこもらないし、
ボールを繋げて相手ゴールに向って行く。
DFもどんどん攻撃参加していって、
ホントーに見てて楽しいサッカーをしていたのに、今では見る影もなし・・・。
借金のバカヤロー!!!


セカンドレグのホームの試合は、
も少し何とかなってくれることを願いつつ・・・。


*タグ/ハラパ(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。