スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親善試合 グアテマラ - メキシコ 

グアテマラ – メキシコ
6月28日18:00, サン・ディエゴ
主審: マウリシオ・ナバーロ



いやまったく。グアテマラ的には何のためにする試合?
多分集金旅行なんでしょけれど、見る方もちっとも気合いが入らない。
2014年目指して今からチーム作ってくれることを期待するわけですが、
じゃあ何でタボ・カブレラよ?てのもあってみたり・・・。いいですけど。


グアテマラ
GK: 1 リカルド・トリゲーニョ
DF: 6 タボ・カブレラ(c)
DF: 4 ジョニー・フローレス
DF: 14 ルイス・ロドリゲス
DF: 5 カルロス・ガヤルド
MF: 13 ルイス・ブラッドリー
MF: 15 フレディ・トンプソン
MF: 8 ミゲル・フェルナンデス
MF: 10 モーヨ・コントレラス
MF: 12 マイノル・ダビラ
FW: 9 トランシト・モンテペケ
DT: トーノ・ガルシア


メキシコ
メキシコ
GK : 12 ホセ・ヘスス・コロナ
DF : 4 エドガル・ドゥエニャス
DF : 21 フアン・カルロス・バレンスエラ
DF : 22 エフライン・フアレス
DF : 5 ファウスト・ピント(46’ 13 パブロ・バレーラ)
MF : 8 イスラエル・カストロ
MF : 19 ルイス・ミゲル・ノリエガ(65’ 16 カルロス・エスキベル)
MF : 7 アルベルト・メディーナ
MF : 18 ホセ・マリア・カルデナス(84’ 11 カルロス・ベラ)
FW : 9 オマール・ブラボ(61’ 14 ミゲル・サバー)
FW : 10 オマール・アレヤーノ(46’ 20 イスラエル・マルティネス)
DT: ハビエル・アギーレ





サン・ディエゴとロサンゼルスの間にはミグレーションがあるので
ロス在住のグアテマラ人にとっては近くて遠い町なのだという話。
いつもよりお客さんが少なそうなのはそれが理由みたいです。ふーん。


まだ日の射すサン・ディエゴ、トリゲーニョの後ろから日が射す格好で
東西に長いスタジアムなのかな、これ。


さて、新しいメンバーばかりで、顔見ても良くわからない選手達。
シーズンオフなせいか、皆髪型変えてません?
なんてどーでもいいことばかり見ている私。


てか、この中盤じゃ一体何がどうなるんだか想像もつきませんが
ミゲリート・フェルナンデスがスピードを生かしてサイドを上がる姿が度々。
フェルナンデスとモンテペケなら速さは確かにありそうで、
じゃあ左のマイノル・ダビラは何をするんだろう。
まあいいですよ、いろいろ試してちょうだいな、トーノさん。


メキシコがボールを支配し続ける。
守備的なグアテマラは何とか跳ね返してはいるけれど
チームとしてのコンビネーションとか何もありませんな。
このメンバーで練習始めて一週間未満じゃ、ま、こんなものか。
それでも若い選手にとってはチャンスなわけで、頑張ってほしい・・・、
って初キャップってミゲリートとダビラぐらいですか?
いっそのこと、自棄のやんぱちで若手ばかり並べれば良かったのにさ。


コントレラスの元気のなさが何気に気になる。
良さ気なのはフレディ・トンプソン。
トリゲーニョもいいセーブがあるか。
守備的にはまあまあだけれど、攻撃担当は誰だ、こら。
トランシトの一対一もあったけれど、うーーんやっぱり物足りない。
GKごとぶっ飛ばしてゴールを決めてくれ!
締まりのないまま前半終了。
ふう、何とか0-0で切り抜けたか・・・。





後半、メキシコは2人代えてきましたか。
グアテマラは交代なし。
トリゲーニョがナイスセーブを連発、てかダメじゃん、ウチの守備。
それでも凌いで凌いで凌いでいれば、いつかいいこともある。かもしれない。
どっちかっつーとそのうちゴール決められそうだけれど。


本当にこんなにボールが足につかない代表もあんまり見たことないなぁ~、
あんまり激しい当たりやファウルがないので、
メキシコメディアからブーブー言われることもないだろうけれど。
例えば、こんなのとか。


グアテマラはトランシトが下がって20 セルビン・モッタ。
後半25分くらいですかね?
新しい選手を試すというよりは、結構本気モードと見た。
最近のモッタは私は買わないけれど、
じゃあ他に誰がいるんだい?って言われると、えーーーっと、多分、トリゲーニョ!
パレーデス入れて、トリゲーニョをFWにしようっ!
(ちなみにトリゲーニョ、リーグでは2試合にFWとして出て3得点しているのであります)


メキシコもいい攻撃はあるけれど、なんだかふわふわなチームだなぁ。
そりゃもちろん、グアテマラと比べると全然いいチームなんだけれど
メキシコらしい迫力に欠けてて、うーん、まだアギーレのサッカーに慣れてませんね。
アギーレのサッカーって、浸透するまではちと大変なような気がするけれど、
一旦はまるとおもしろいことになる(はずだ)から、
このサッカーがどう変わっていくのかも楽しみ。


80分くらい?時計が出ないので良くわからないんだけれど
やっとこさグアテマラのCK、
ファーポストどころじゃなくて
もっと向うにいたミゲリート・フェルナンデスにボールがわたり、
受けてシュートしようとしたところでメキシコ選手のスライディングを受けて倒れる。
PKでしょっ、PK!!!
ってシミュレーション取るのかい、審判。んもう~~~。ありえねー。
ミゲリートはこれが2枚目イエローなので、退場です。残念。
担架に乗ってさようなら~。
どうせならモンテロッソとか試してほしかったわ、ってモンテロッソは左専門か。


87分くらい?コントレラスが下がって3 クリスティアン・ノリエガ。
とりあえずDF補強して、同点で良し、と。
ま、ウチもこのメンバーでメキシコ相手に0-0なら悪い結果じゃありません。
メキシコにとっては違うような気がするけれど。


90 分、ダビラが出て17 エドガル・チンチーヤ。
何故に今頃チンチーヤ?いいけど。ヒゲが濃くなったなぁ、チンチーヤ。
ノリエガはどうやらボランチをしているらしい。
3ボランチでガチに守る。親善試合とは思えないが・・・、ま、いいか。


ノーゴールのまま試合終了。
どんな大差な試合になるかと思っていただけに、ほっと一息。
MOMは間違いなくトリゲーニョでしょう。


さて次はカナダ戦。何とか乗り切ってくれよぅ。


No pasa del empate


*タグ/グアテマラ代表 メキシコ代表

スポンサーサイト

親善 ベネズエラ - グアテマラ 

親善試合 ベネズエラ – グアテマラ
2月11日18:30(グアテマラ時間)、モヌメンタル・デ・マトゥリン(ベネズエラ)


CONCACAFの他の国が、楽しげに最終予選を戦っているのに
ウチと来たら、南米予選を戦っているベネズエラのための
サンドバッグ役でございます。
声かけてもらえるだけマシかもしれないけれど、むなしい。


A代表は、U-17代表監督のアントニオ・ガルシアが暫定監督。
ガルシアが取りあえず監督になって代表集めて練習したのって
グアテマラで1日、ベネズエラに行って1日か2日。
ま、そんなわけで誰も期待してません。
今が谷底なんだから、自分たちで這い上がって来なさい。


グアテマラ
GK : リカルド・トリゲーニョ・フォステル
DF : カルロス・カストリーヨ
DF : ルイス・リカルド・ロドリゲス(46’ クリスティアン・ノリエガ)
DF : ジョニー・ウィルソン・フローレス
DF : エルウィン・モラレス
MF : フレディ・トンプソン
MF : マリオ・ロドリゲス
MF : ギジェルモ・ラミレス(84’ ジーン・ジョナタン・マルケス)
MF : マルコ・パブロ・パッパ(59’ ハイメ・ビデス)
FW : ジョニー・ブラウン(62’ ハイロ・アレオラ)
FW : ドワイト・ペッサロッシ(69’ マイノル・ロペス)

プレーしていない選手で招集されていたのは
リカルド・ヘレス(GK)
カルロス・フィゲロア(MF)
ケンデル・エラルテ(FW) の3人。
フィゲロアは足を痛めているという話。
エラルテはクレマのU-17の選手だそうです。





どっちかってゆーと、裏でやってるアメリカとメキシコの試合の方がおもしろそう。
切り替えながら見ているので、時に何が何やらわからなくなっております。


ベネズエラがガンガン攻めて来ていて、グアテマラ防戦一方な前半戦。
主審はベネズエラの人だそうで、
やっぱり何気にベネズエラ寄りな笛な気がするけれど、
まあこの試合そのものがベネズエラのためにある試合だから
ま、いいですよ。
それでも何だか良くわからないプレーでPK取られたのには???
48分、グアテマラのゴール前。
確かに選手が交錯しているけれど、どのプレーがファウルよ?


まあでもベネズエラに勝って頂かないと申し訳ないですからね、
と思ったら。
ジャンルカ・マルドナードのPKをトリゲーニョが止めてまだ0-0。
おいおいおいトリゲーニョ、そんなことしちゃ失礼じゃん!?


さらには49分、CKにペッサロッシが頭で合わせてグアテマラ先制。
ありゃりゃりゃ~、こんなシナリオじゃないはずだけれど。


ま、でも、グアテマラが良かったのはこの付近まで。
58分、ベネズエラの誰かさんがDFラインを抜け出したところ
後ろからスライディングしたノリエガにレッド一発。
う~ん、これでレッドは厳しいような。
確かにノリエガが行かなきゃ得点機会だったわけで、
そういう意味ではレッドも正しいのかもしれないけれど。
ちなみにノリエガ、カンチェ・ロドリゲスが負傷したので
後半開始早々から入り、12分で退場。
そんなさぁ~、親善試合なんだから、
ピッチの中で脛当はずして、シューズも脱いでって、
そんな芸当しなくていいってば。


この後はグアテマラ防戦一方、ベネズエラ攻勢一方な試合展開。
66分にはルーズボールを拾ったマルドナードがゴールを決め、
1-1で試合が終わるかなと思った終了間際、
トリゲーニョがハイボールに飛び出したもののボールをクリアーできず
サロモン・ロンドンのヘッドが勝って、ボールはゴールへ吸い込まれる。
ああもうトリゲーニョぉ~!!!


そんなわけで、2-1でまた負けました。
まあでもしかし、ミンチョがやってた時よりはマシ。
ノリエガの退場がなかったら(あるいはカンチェが怪我してなかったら)
勝ってたかも、という気もします。
そうは言っても負けは負け、ですけどね。


しばらくは公式戦もないことだし、
しっかり修行して頂ければ宜しいかと。
その第一歩としては、決して悪くない試合だったと思います。
さーて、次はどこの国のサンドバッグになって差し上げましょうかねぇ~?


*タグ/グアテマラ代表 ベネズエラ代表

親善試合 グアテマラ - ハイチ 

親善 グアテマラ – ハイチ
1月17日18:00 フォート・ピアース(FL)



テレビ放送がないので、あれ、いつの間にあったの?
みたいな感じだったんですが、
30数分遅れで始まったとかいうこの試合、1-0でグアテマラの勝ち。
ミンチョになって初勝利ですか、これ。


ハイチって、77年からこちら、負けたことのない相手なんだそうですが、
何とかでも勝てて、ネーションズカップに向けて一安心。


全体的にグアテマラが支配したという試合だったようだけれど
なかなかなかなかゴールを割れないのは相変わらず。
唯一のゴールは64分、CKにエドウィン・エンリケスが合わせたもの。
得点力に不安はあるものの・・・、ま、仕方ないか。
それより相手の得点を許さなかったことをよしとしよう。


出場メンバーです。
GK: ルイス・ペドロ・モリーナ(リカルド・ヘレス)
DF: カルロス・カストリーヨ(クラウディオ・アルビスーリス)
DF: クリスティアン・ノリエガ
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド(ハイメ・ビデス)
MF: グレゴリー・レステル・ルイス(アブネル・トリゲーロス)
MF: カルロス・カスティーヨ(ウィルフレッド・ベラスケス)
MF: エドガル・アロルド・コット
MF: マルコ・パブロ・パッパ
FW: セルビン・ホエル・モッタ(エドウイン・ビヤトロ)
FW: マイノル・イグナシオ・ロペス・カンポーヨ
DT: ベンハミン・モンテロッソ

書き損ねてましたが、マルビン・アビラは練習に無断欠席したため
代表からはずされています。
代わりに召集されたのが、エドウィン・ビヤトロ。
ジーン・マルケスはこの前のサン・カルロス戦で鼻骨を骨折、
このフロリダツアーには参加しているものの、
10日ほどはヘディングしたらダメ、というドクターの診断のため
この試合には出場していないのだと思われる。
クリスティアン・アルバレスとメルセデス・バスケスの2人は
ツアーには参加していません。
すなわち、ネーションズカップにも招集されないだろう、と思われる。


ま、そんなわけで、とりあえず幸先の良い2009年を迎えた代表。
デンマーク代表との試合はさて、どうなることやらね。


*タグ/グアテマラ代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。