スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小僧、チャロに遭遇する 

土曜日と言えば小僧のサッカー。
先週からは新シーズンが始まっております。


私はいつも朝小僧を捨てて置いて一旦家に戻り、
試合の開始時刻頃に再び現場に赴く、というスケジュールです。
カテキズムを受けている間、ぼーーーっと待ってるのもヒマだしね。


さて、そんな土曜日。
そろそろ試合に向うか~、と愛車に乗って家を出た私に小僧から電話が。
「ママ、紙とペンを持ってきて!」
「は、はあ~???」
頼むから要点言ってくれ。
私ゃ携帯片手にしながら運転し続けられるほど器用じゃないんだ。
「チャロがいる、チャロがぁああああ!!!」


ナルホド。
あ、チャロって、ロホスのチャロことゴンサロ・ロメロ。
でも、紙とペンって言ったってねぇ、
いや、でもこの時のために常備しているのが油性マーカー。
そんなわけで現場に直行、
小僧はアンダーシャツにサインをもらって、
写真も一緒に撮らしてもらえて、
話も一杯して、大満足。
あ、書き忘れてましたが、
小僧、この日は遅い時間の試合に当たっていて
しばらく待ち時間があったのですね。
そんなわけでチャロ、小僧チームの子たちにもみくちゃにされておりました。



そしてこれが証拠写真。
息子さんの試合を見に来たんだそうです。
もちろん息子さんはロホスのカンテラ。


アイランダーズとの試合に行っていたロホス、
プエルトリコに行っていて
帰国したのが昨夜22時なんだそうで、
疲れていると思うんですが、
嫌な顔しないで子供達の相手もしてくれれば、
大人たちの相手までしていました。
大変だよね、有名人は。


チャロと話をした小僧情報は次のようなもの:
「ロホスは今日は午前中はお休み、
 午後から練習なんだって」
「チャロはマリアーノ・ガルベス大学で
 バケーションコースでサッカーを教えてるんだよ」。
バケーションコースって、
今ちょうど学校の1年が終わって来年1月までの長い休暇なのですが、
この期間、各種いろいろのバケーションコースってのがあります。
サッカーなんかももちろんあり。
しかしチャロ、大学で子供相手に教えてるんですかね・・・?
イマイチよくわからん。


そんなこんなで大興奮だった小僧、
試合の方は審判の不可解なジャッジも手伝って2-3で負けてしまったのですが、
小僧は1アシスト。
今シーズンからはMFをやってる小僧、
チャロはいい刺激になったかも。

スポンサーサイト

メッシがグアテマラにやって来る! 

な~~~んとびっくりなことに、
バルセロナのリオネル・メッシがグアテマラにやって来る!んだとか。


え!4月1日は数日前でしたが、マジですかね、この話。
それがどうやらマジらしい。


日程はまだはっきり決まっていないようですが、
シーズンオフの6月19日~22日、26日~29日のどちらかになるらしい。
コムニカシオーネスの選手達とフレンドリーマッチもやるし、
子供向けのサッカー教室なんかもやる模様。


主催はどうやらFutecaのようで。
Futecaって、市内で何ヶ所かパピフットボール場をもっていて、
子供から大人までのトーナメントもやってるし、
自前のサッカースクールも持っている。
こんなところです。


えーと、パピフットって、スペイン語ですよね?
日本語だとミニサッカーかな?
屋外なので、フットサルではないんですが、
やってることはフットサルと一緒かな・・・。


確かアメリカともコネがあって、
アメリカから時々指導者が来てたり、
優秀な子にはアメリカへの奨学金を出したり、しています。


ただし、ここのスクールはいささかお高いので、
家計に余裕がある家庭の子供達が多いようです。
小僧が行ってるようなCejusaでプレーしてるクラブは
大体どこももっとお安めだったりするわけです。


それはともかく。
どうやらこんなスケジュールのようです。

  • グアテマラ市長アルバロ・アルスー訪問、
    名誉市民としてグアテマラシティーの鍵を受け取る。
    (そんなもん、きっといらないと思うよ、アルスーさん)
  • 子供を対象としたクリニックを行う。
    (きっとこのクリニックの参加料、ベラボーに高いんだろうな)
  • 孤児院訪問。
    (そんな、とってつけてやらんでも・・・)
  • クレマとのエキシビジョン・ゲームを行う。
    (メッシ対クレマ11人くらいでちょうど良い?)

実は小僧、メッシの大ファンなんですよね・・・・・・。
クリニックは無理としても、ゲームを見に行くくらいできないかな?
きっと高いんだろうな~~~(嘆息

2014年W杯予選はこのメンバー!? 

今回は完全な与太話です。
間違っても、まじめな話だとと信じないように。


先日のオリンピック予選を戦ったU-23代表が結構お気に入りの私は、
南アフリカW杯のことはマラディアガに任せて、
今のU-23代表が主力となるであろう
2014年のブラジル大会のメンバーを考えてみようかな~などと。


という訳で、ブラジル大会予選用メンバーです。
フォーメーションはやっぱり4-5-1。


リカルド・ヘレス (GK)
あまりに健気なリカちゃん。
PKは止められなくても仕方ないから、飛び出しだけは上手くなってちょ。


カルロス・カストリーヨ(DF)
何食わぬ顔して、うまく読み、何でもやっちゃうカストリ君。
ポーカーフェースに磨きをかけてくれ。


クリスティアン・ノリエガ(DF)
眉間に縦皺を寄せ、深い悩みがあるような顔をしながら
いざとなればファウルだろうが何だろうが
汚れ役だって買って出る、刺客のようなノリエガ。
悩みがなくなるといいね。


ウィルソン・ラリン(DF)
お天道様のような笑顔と白い歯を輝かせながら
見事にボールをクリアーしてゆくラリンちゃん。
ノリエガとラリンのCBコンビは絶妙すぎ。


ラファエル・モラレス(DF)
思い切りよく左サイドを駆け回るラファ君。
失敗を肥やしに、もっと大きく成長してちょ。


フレディ・トンプソン(MF)
うう~ん、やっぱりここは献身的なトンプソンだべ。
レオンはトンプソンから学んでおくれ。


ジャン・ジョナタン・マルケス(MF)
OH/DHの両方できるテクニシャン。
深い位置から攻撃の起点となれるのでなかなか重宝。
予選で見せた横顔が大人びてきたのにちょっと感動してたりして。


ホセ・コントレラス(MF)
司令塔と言えば、やっぱりコントレラスでしょ。
ゲームを見る目、攻撃を組み立てる力はピカ一だし、
いいミドルも持ってるし。
足が短くて、一見サッカー選手らしく見えない意外性も良いですな。


マルコ・パッパ(MF)
チームに躍動感をもたらすダイナミズムの持ち主。
ボール捌きが滅茶苦茶に上手いテクニシャンでもあり、
見てるだけで楽しい。
ただし、バッテリーは常に充電しておくように。


マルビン・アビラ(MF)
チームプレーができないのが難点ながら、身体能力ならピカ一。
もっともっとダイナミックにプレーしてくれたらいいんだけれどな。


アドリアン・アペラニス(FW)
ウチのFW達の決定力のなさを見るにつけ、
この人しかいないっしょ~!と思います。
アペラニスには帰化してもらって、ウチの代表として活躍してもらう、と。
これでブラジル行きはイタダキだねぇ~!!


というわけで、トンプソンとアペラニス以外は
皆、U-23代表のメンバーです。
その頃にはもっと他の選手も出てくるとは思うけれどね・・・。


番外編。

ロドリゴ・ケントン(DT)
このメンツが揃えば、監督はこの人でしょ~。
グアテマラ代表と言うよりは、
ケントン教代表になっちゃうかも、ですが・・・。

ペスカドのお家訪問 パロディー編 

ニュースネタを書きたいと思ってはいるのですが、ちょっと最近疲れ気味。
そのうちね・・・と思っていると、ずるずると行きそうでコワイですが。


でも書きたいというか、ここにアップしたくてたまらないのがこのビデオ。
以前、ペスカドのお家訪問ビデオを取り上げたことがありましたが、
それのパロディー編。
題して「ペスカドの情熱」


元のビデオを短く編集し、ペスカドの言葉にスペイン語字幕を重ねているだけなのですが、
この字幕が、実に笑える。
作者曰く
「なんかすげえじゃん、ペスカドの英語、
 ほんとのこと言うとオレにもあんましわかんないんだけどさ、
 んなわけで、字幕をつけてみたんだよ」。


スペイン語というか、チャピン語がわからないとおもしろくないかもしれませんが、
私は結構噴き出しましたよ、これ。





作者のサイトはSaquencela - Al Buen Chapinでして、
この類のパロディービデオがずら~っと並んでいるのであります。


サッカーとは全然関係のない話でしたね。ははは・・・・・・。


*タグ/その他(ビデオ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。