スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーションズカップ招集メンバー 

1月22日から2月1日にかけて、ホンジュラスはテグシガルパで開催される
ネーションズカップの代表メンバーが12月22日に発表されています。


GK Luis Pedro Molina Jalapa
GK Ricardo Jerez Figueroa Rentistas (Uru)
GK Cristian Álvarez Comunicaciones
DF Claudio Albizuris Rojos
DF Carlos Castrillo Cremas
DF Edwin Enríquez Cremas
DF Yony Flores Marquense
DF Wilson Lalín Suchitepéquez
DF Cristian Noriega Rojos
DF Jaime Vides Rojos
DF Carlos Gallardo Cremas
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF Edgar Haroldo Cotto Cremas
MF Carlos Figueroa Xelajú
MF Marco Pablo Pappa Chicago (Usa)
MF Jean Jonathan Márquez Cremas
MF Gregory Léster Ruiz Marquense
MF Fredy Williams Thompson Verazcruz (Mex)
MF Wilfred Velásquez Suchitepéquez
MF Abner Isaí Trigueros Cremas
MF Carlos Mercedes Vásquez USAC
FW Marvin Tomás Ávila Rojos
FW Minor Ignacio López Xelajú
FW Selvin Joel Motta Rojos

かなり若返った感じのするメンバーですが、
初招集はGKのアルバレス、DFのエンリケスくらいかな。
攻撃の起点を誰にするつもりなのかが興味深いところですが、
最近好調のコットかなあ、当面は。
問題はFWなんだけれど、最近頑張ってるナッチョ君と
モッタのコンビなのかなぁ、それともアビラか。
モッタは今シーズン、チャンスがありながら生かせず、
確かほとんど得点がなかったような。
いい選手なので、めげずに頑張ってほしいところですが。


クリスマスやら新年やら、いろいろとある時期ですが
皆さん既に集まっていて、練習始めているそうです。


私もやっとミンチョのグアテマラ代表を見られるわけですが
期待半分、怖いもの見たさ半分、って感じだったり。
1月始めにあるホンジュラスとの親善試合がどうなるかで
期待するかどうか決めよ・・・。


*タグ/グアテマラ代表 グアテマラ代表リスト

スポンサーサイト

新監督と初の招集リスト 

実は、こちらに書いたような理由で、
このブログの方も更新が滞っております。
滞っている間に、代表監督がベンハミン・モンテロッソに決定しました。


ベンハミン・エドゥアルド・モンテロッソ(Benjamín Eduardo Monterroso)、
ニックネームはミンチョ(Mincho)。
過去は98年から2000年の間、代表監督をしてました。
契約期間は1年、
てえことは当面の目標は2009年のネーションズカップとゴールドカップ。


いや、当のご本人は
「ワールドカップに行くチャンスはある!!!」
っておっしゃっていたりするんですが・・・。


さて。


そして11月19日に行われるW杯予選アメリカ戦の
招集メンバーも発表になっています。
現在の招集メンバーは25人、試合前日に18人に絞られる予定。


いや、それにしても、びっくりですよ、このリスト。


GK Luis Pedro Molina Jalapa
GK Ricardo Jerez Figueroa Rentistas (Uru)
GK Oswar Gramajo Rojos (U-20)
DF Carlos Castrillo Cremas
DF Yony Wilson Flores Marquense
DF Carlos Gallardo Cremas
DF Cristian Noriega Rojos
DF Luis Ricardo Rodríguez Xelajú
DF Jaime Vides Rojos
DF Claudio Alvizuris Rojos
DF Wilson Lalín Suchitepéquez
DF Carlos Mercedes Vásquez Usac
MF Francisco Aguilar De León Marquense
MF Jean Jonathan Márquez Cremas
MF José Francisco Catalán Usac
MF Marco Pablo Pappa Chicago (Usa)
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF Carlos Fernando Figueroa Xelajú
MF Fredy Williams Thompson Verazcruz (Mex)
MF Wilfred Velásquez Suchitepéquez
FW Mario Giovani Acevedo Rojos
FW Marvin Tomás Ávila Rojos
FW Minor Ignacio López Xelajú
FW Juan Carlos Plata Rojos
FW Guillermo Ramírez Ortega Rojos

タボ・カブレラ、ホセ・コントレラス、ペスカドと言った
海外だけれどほとんどプレーしてない組は招集されず。
トリゲーニョの落選は超びっくり。
アセベドとプラタが呼ばれたのは巨大びっくり。
パンドがMFじゃなくてFWなのにも何気にびっくり。
2部のUSACから2人も招集されているのも意外でびっくり。
ミンチョ、以前Uの監督してて、その頃から知ってるってことらしいんだが。


この顔ぶれの中盤で、ゲームを組み立てるのは誰だ!?
ってのが私的にはよくわからないんだよなぁ、
パッパ、マルケス、フィゲロアあたりなんだろうか。


この妙な顔ぶれで、最終的に誰が残り、
どんな試合をするのか、ものすご~~~く興味あるんですが
残念ながら試合当日の19日は日本にいるので
試合、見られません。


どっちみち、最終予選に行くとは思えないんで
まあいいんだけれど・・・。


一応、当たるも八卦で録画しかけておこうかな。
問題はどのチャンネルで放送してくれるのかがわからない、ってことなんだが・・・、
ま、運が良ければ見られるでしょ。


あ、書き忘れてましたが、コーチングスタッフは以下のような顔ぶれです。
DT : ベンハミン・モンテロッソ
AT : フェリペ・アントニオ・カリアス
FT : コンラード・パレーデス
GKコーチ : ロヘリオ・フローレス、フアン・ヒルベルト・エチェベリア


ま、でも、監督も代わって選手も代わり
気分一新、って感じで良いですな。
勝ってくれれば更に言うことはないのだけれど、どうなりますやら。


*タグ/グアテマラ代表 グアテマラ代表リスト ミンチョ親分

W杯予選 トリニダード・トバゴ - グアテマラ 

トリニダード・トバゴ – グアテマラ
17 :30(現地時間) ヘイズリー・クロフォード・スタジアム(ポート・オブ・スペイン)
主審:ロベルト・モレーノ(Pan)

最低でも引き分け、できれば勝ちたいグアテマラにとっては
ものすご~~~く大切なこの一戦。
相手はいろいろと因縁のあるトリニダード・トバゴだし。
おまけにあちらの監督は、ウチの元親分、ボリーヨ・ゴメスの師匠、
フランシスコ・マトゥラナ。
マトゥラナに負けるってことは、ボリーヨに負けるってことか?


さてスタジアムには
CONCACAF会長でもあるトリニダード人ジャック・ワーナーの他、
FIFAのジョセフ・ブラッターとか
UEFAのミシェル・プラティニとかも来てるって・・・、マジ!?
プラティニはヨーロッパの予選見た方がいいんじゃないのかい。
やっぱり侮れない、ワーナーの政治力。
なんだかイヤな予感。





スタジアムは大きくてキレイで、海も見える。
金のある国はいいな~、でも空席も目立ってますよ。
1万人くらい入ってるかな。

トリニダード・トバゴ
GK : 1 Marvin Phillip
DF : 3 Avery John, 2 Clyde Leon, 5 Keyeno Thomas, 6 Dennis Lawrence
MF: 8 Cyd Gray, 7 Carlos Edwards, 9 Keon Daniel, 12 Densill Theobald
FW: 13 Cornell Glen, 17 Dwight Yorke
DT : Francisco Maturana (Col)

グアテマラ
GK : 1 Ricardo Trigueño
DF: 5 Carlos Gallardo, 4 Yony Flores, 14 Luis Rodríguez, 2 Carlos Castrillo
MF: 11 Pando Ramírez, 16 Jean Jonathan Márquez, 10 Fredy García, 7 Loco Rodríguez, 12 Moyo Contreras
FW: 9 Pescado Ruiz
DT : Primitivo Maradiaga (Hon)

うーむむむ。FIFAのサイトをみて仰天。
ウチのスタメン、名前が間違ってる選手が何人も。
Carlos Santizo(カストリーヨ)、
Jony Monroy(フローレス)、
Carlos Najera(ガヤルド)、
Luis Molina(いや、ルイス・モリーナはいいんだけれど
ルイス・モリーナ×2人。その代わりジャン・マルケスがいないんですけれど・・・)、
Abnerosal Alvarez(大うけ!アブネル・トリゲーロスがアブネロサルって、何語よ・・・)
これって、ワザとか。すっかり疑心暗鬼な私。





立ち上がり、DFには硬さも見られるけれど、
一応、ウチもそれなりにボール回してて、まずまず。
4分、右サイドをぶっちぎろうとしたロコに後ろからスライディング。
ファウルじゃないのか、こら、線審。
オマエもスリナム人かよ・・・。もうすっかり審判不信。
今日の審判団はロベルト・モレーノさんを頭とする
パナマ人4人なんですが。


ウチのスタメンでアメリカ戦と変わったところと言えば、
アメリカ戦のレッドでタボが出られないので替わりにカストリーヨ。
ちなみにタボ、2試合停止で次のキューバ戦も出られません。
最近のカストリーヨを見るにつけ、不安・・・。
加えて、今日は専門のボランチが不在。
マルケスとパンドで攻撃と守備のバランスを取りながら、ってことか。
大丈夫かなぁ・・・。


10分、トリニダードの誰かがDFラインの裏に抜けてシュート!
全然コントロールできずにボールは向うへ。いや助かった。


14分、DFラインが上がり目だったところで
また裏に抜けるボールが通る。あああ、危ない~。
なんとかかんとかボールを出すけれど、
トリニダードってこういうサッカーするから、気が抜けない。


17分、フレディが左サイドからボールを蹴った後で、
トリニダードの選手が後ろからフレディを蹴っ飛ばす。
これはファウルでしょ、カードでしょ、モレーノさん・・・。
フレディ、ケガ上がりだからなぁ、止めてくれよ。


21分、うわあああ、またラインの裏にボールを出された、
センターサークルからエリアまで一気。
ボールを拾った選手のクロス、
フローレスが触ってコースが変わって助かった・・・。


そろそろ空が暗くなってきていて、照明がついてますね。
左サイドからフレディが2度ほどチャンスをつくるけれど、
シュートはいずれも枠に飛ばず。ペスカド・・・・・・。
きっちりマークされてるのも事実だけれど、
ペスカド、さっきからボールを落ち着けられずに失ってばかり。
せめて、誰かに渡してくれや。
パスを入れる方も、ペスカドに素直にクロスいれないで
反対サイドに入れて、そこから折り返そうよ。
マークをはずせるようにしてあげないと、
ペスカドだって仕事できないと思うけれど。


33分、グアテマラエリアでのトリニダードのセットプレーが続く。
エリア内のファウルとか取ってよ、モレーノさん・・・。
ちょっと流しすぎ、てか見えてないのか。


40分、ロコからいいパス・・・、と思ったらペスカドがオフサイド。
笛が鳴ったのに、ボールをゴールに蹴りこむペスカド、
おいおいおい~、それってイエローもんだよ?
カードを出すのが嫌いらしいモレーノさん、やさしくお説教。
助かったね、ペスカド。


グアテマラのFK、なかなか蹴らずに待ってたところで
笛がなって前半終了~。
前半は五分五分、って感じかな・・・。





後半開始とともにトリニダードは2人交代。
10 Andre Toussaintが入って、テオバルドが去り、
14 Anthony Wolfeも入ってエドワーズが出てゆく。


46分、左サイドのフレディから
上がり目のパンドへ、パンドのミドルは相手GKがキャッチだけれどナイス、パンド。


50分、トリニダードのグレンがまた裏に抜けてシュート、
そしてまたゴールの上を通過・・・。
速いとは言えないウチのDF、持ちこたえてくれよ。


後半、トリニダードは前よりサイドを使うようになってきたような。
でもボールを受けるのが下手かも、パス回しはグアテマラの方が上手い。
まあそれでも、ゴール決まらなきゃダメだけれど。


57分、そのパス回しからいいチャンスがあったんだけれどなぁ~、
どうにも枠に飛ばないんだよなぁ、シュートが。
フラストレーションだけが募って行く。


61分、トリニダードのFK、エリア近くの右寄りから。
FKは誰かがヘッドしてファーポスト側に上がり、
攻撃守備の約5人がボールに向って殺到、
カオスの中でトリゲーニョがとりあえずボールを叩く、
ポスト近くに転がったボールにまた皆が群がったところで笛。
トリゲーニョが頭を抱えて倒れてるようだけれど・・・、
うーむむむ、ダメみたい。交代です。
トゥサンかな、ボールに飛び込んだ時に足がトリゲーニョの顔を直撃。
鼻か口かそれとも頬か、その辺りにガーゼが当たっております。
これでもカード出ないんか、モレーノさん・・・。


ま、そんなわけで、チコトン・モリーナの登場。
ウォーミングアップを丹念にやってるけど、
いきなり登場で、わあああ~、大丈夫か。
チコトンが入るまでに5分くらい経過。
急かさないモレーノさん、やっぱり優しいかも。


68分、相手がボールを失ったところから
コントレラスが右に展開、ロコからペスカドへ、
今度はペスカドに通ったこのクロス、素直に撃てばいいだけだったのに。
ペスカドのシュート?はゴールをはずれたところにいる相手DFの足元へ。
相手もびっくりしてたような?


70分、右サイド深い位置で、ロコに肘打ち。
ジタバタするロコを目にして、やっとアベリー・ジョンにイエロー。


さてそのFK、フレディが後ろ目に戻したボールは・・・、
走りこんだ誰かって誰だ!!!こらぁ~!!
かすりもせずにボールはあっちへ転がって行った・・・。
がああああああ。得点ができないのも無理ないかも。


76分、パッパが用意してるな・・・、コントレラスの代わりかしらん?
ん、やっぱりそうでした。
パッパの方がスピードあるかな、でも誰がどこになるんだ。
ひょっとして、パッパがトップしたかい??


78分、あああー、危ない、ほら、ちゃんとマークしろやー。
またするっと裏に抜けるかと思ったボール、
カンチェ・ロドリゲスがなんとかクリアー。冷や汗ものだ・・・。


82分、フレディが左サイドからロングシュート!!
スーパーラトンの見事なシュート、だけどちょびっと右にそれてく。


84分、あああ~。
何人もで寄ってたかってもクリアーしきれなかったボール、
キーオン・ダニエルが思いっきりのミドル。
これが上のバーをかするようにしてチコトンの右にずばりと決まる。
1-0でトリニダードがリード。しゅーん。


89分、トンプソンが入る。はああ~???
マルケスが出るのかと思ったら、カストリーヨだった。
???だらけの私の頭だけど、トンプソン、右ラテラルしてますな。
こりゃあ何か秘策でもあるんですかね、プリミ親分。


同じく89分、トリニダードは16 Kerry Baptisteが入って
コーネル・グレンが下がる。守備固めらしい。


ああもう時間がないよ~。追加は5分。
92分、トリニダード陣真ん中右寄りでパッパが倒されて、FKゲット。
並んだ選手たちの一番前の方に短めに蹴るパッパ、
ガヤルドがヒールキック、
このボールが意表をついて相手GK反応できずにゴール!!!
やったー、同点!!


その後は動きなく、1-1の同点で試合終了。
終了とともに、すごい花火がばんばん上がっている。
グアテマラ的に大きい勝利、祝ってくれて、ありがと。


*タグ/グアテマラ代表 トリニダード・トバゴ代表

続きを読む

開幕前夜 

18日、アメリカ合衆国代表ご一行様が
空路グアテマラ入りしたのはいいんだけれど、
この人たち、一般の人たちが使うターミナルではなくて
反対側の空軍基地から入国したのだとか。
これって、大統領とか賓客用のVIP待遇。むか。


まあもちろん、一般客でごった返すターミナルでは
刺されたり撃たれたりするかもしれませんからね???


そんなVIP代表のご一行はこんなメンバーです。

GK Brad Guzan Aston Villa (Eng)
GK Tim Howard Everton (Eng)
DF Carlos Bocanegra Rennes (Fra)
DF Steve Cherundolo Hannover 96 (Ger)
DF Jay DeMerit Watford (Eng)
DF Frankie Hejduk Columbus Crew
DF Oguchi Onyewu Standard de Lieje (Bel)
DF Heath Pearce Hansa Rostock (Ger)
MF Damarcus Beasley Glasgow Rangers (Sco)
MF Michael Bradley Heerenveen (Ned)
MF Maurice Edu Tronto
MF Sacha Kljestan Chivas USA
MF Eddie Lewis Derby County (Eng)
MF Pablo Mastroeni Colorado Rapids
FW Brian Ching Houston Dynamo
FW Clint Dempsey Fulham (Eng)
FW Landon Donovan Los Angeles Galaxy
FW Eddie Johnson Fulham (Eng)

う~む、やっぱり手強い。
黄金杯の頃とあまり変わってないですよね、この顔ぶれ。
ウチに付け入るスキがあるとすれば、
アメリカさんは海外でプレーする選手が多いので
連携とかチームプレーがまだまだだといいなぁ(希望的観測)。


中盤薄めでパワーサッカーをしてくるアメリカと
中盤の人材が豊富でここを支配して有利に進めたいグアテマラ。
グアテマラホームなので、ボール支配はグアテマラかなぁと思うのですが
ボールを支配してうまく相手を崩せるのか、
それともボール持たされていいようにやられちゃうのか、
ああ、見るのが怖い(笑。


アメリカ代表は今日は第6区のセメントス・プログレッソ・スタジアムで練習した模様。
グアテマラシティーを銃弾じゃなくて縦断して行く感じで、
なんでまたそんな遠いところで?という気もするのですが、
ここの場合は余り選択の余地がないので仕方ないかもな・・・。
加えて久しぶりの土砂降りの雨も降ったりして、
さて、調整できたんでしょうかね?


一方のグアテマラ代表、18日には当地で合宿中のホンジュラス代表と
練習試合をしてみたりなんかしています。
結果は1-1の引き分け。
ウチの得点はパンド、ホンジュラスはダビッド・スアソ。
まあ内容がどうだったのかよくわからないので何とも言えないけれど
GKが活躍した試合だったという話。それって、かなり心配かも・・・。


も一つ心配なのは、アブネル・トリゲーロスがこの試合でケガをしたって、えっ!?
なんでも相手の選手の蹴りをまともに食らったみたいで、
アメリカ戦は出られないかも???最近調子が良かっただけに残念・・・・・・。
他の皆で頑張ってくれやぁ。


そう言えば、このグアテマラ-アメリカ戦、
FIFAが「ハイリスクな試合」と宣言してくれたそうです。
Prensa Libre / Juego Guatemala - Estados Unidos, catalogado de alto riesgo

「ハイリスク」ってのは、暴動とかが起こる可能性ありってことなんでしょうが、
グアテマラでやる試合で暴動が起きるとしたら、
グアテマラが負ける場合ですよね?
そんな、実力が全く上の相手とやって負けて、暴動になるかいな。
もっとも、代表がヘナチョコ試合してしまったらそうなるかも、だけれど。


この試合のチケット、発売の翌日には24,974席のほとんどが売れてしまったとかで
ダフ屋さんに回った分があったとしてもかなりの観客が見込まれております。
実際以前にはマテオ・フローレスで死者を出したこともあったし・・・。
そう言えば、ホンジュラスはテグシガルパのティブルシオ・カリアス、
FIFAから使用禁止のお達しが下りましたよねぇ。
なのでホームの試合はサン・ペドロ・スーラでやることになるらしいですが、
ホンジュラスのサッカー協会が猛反発してたような記憶が。


あと、ハイリスク試合とされているのはリカルド・サプリッサで行われる
コスタリカ-エルサルバドル。
これは以前おもしろい記事を読んだなぁ、そう言えば。
この試合のエルサルバドルサポへのチケットの割り当てが少なかったの、
「エルサルバドルのマラ(ストリートギャング)が入国するのを防ぐため」
とかいう説明がされて、サルバドレーニョスが怒ったという話。
いかにもティコらしい話で、
ワザと荒れる試合にしたいんか・・・てな気がしますが、
その後エルサルバドルへの割り当てを増やして
何とか穏便にすませてもらったのではなかったか・・・。
この試合、ケントンさんのコスタリカ代表監督としての初試合となるわけですが、
どんなデビュー戦になりますやら。


話はグアテマラに戻りまして、
マテオ・フローレスは20日15時開場(試合開始は20時)となっております。
スタジアム付近は厳戒な警戒態勢が取られるそうなので
迂闊に近づかない方が良いかも。
というか、帰宅の時間は道路が混むかもな・・・、
さっさと帰ることにしよ。


そうしてしっかりと試合に備える我が家だったりするのでありました。
雨が降らないといいけれど。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表


続きを読む

親善試合 グアテマラ - ボリビア 

グアテマラ 3 - 0 ボリビア
8月6日20:00(現地時間) RFKスタジアム(ワシントンDC)

本番前の最後の仕上げはボリビア戦。
ボリビアと言えばハイメ・モレーノしか知りませんが、
南米予選、芳しくないとは言え、
先日はホームながらもパラグアイに勝っていて、
ここで調子をつけたいところ。
そんな相手にどこまで行けるか、ウチの代表。

グアテマラ
GK: 18モリーナ (46’ 1トリゲーニョ)
DF: 2カストリーヨ (55’ 16ビデス)、14ロドリゲス、4フローレス、5ガヤルド
MF: 15トンプソン (86’ 3ノリエガ)、8チャロ (74’ 7マルケス)、11パンド (79’ 12モラレス)、10フレディ (46’ 9バンピーロ)、19ロコ
FW: 17ペッサロッシ

ボリビアの国旗は赤・黄・緑の三色。
なのにユニは緑と白、脇に赤と黄色も入ってるけれど、
メキシコユニに似ていて、やる気がでるよね???


グアテマラは、フレディがやっとこさアメリカに入国できたのはいいんだけれど、
ペスカドをプレーさせてくれるって言ってたギャラクシー、
前日になって「ゴメン、やっぱ、ダメ」だって。
どっちみち、ペスカドアテにしてない癖にさぁ~(ブツブツ


で、うちのスタメン。DFには若手もいますが、
MFから前は・・・・・・。前回予選の時とほぼ同じでは・・・。
まあモーヨとかいれば違ったかも?だけれど、
いつもと同じ顔ぶれかぁ~。これで行くんか、本当に。





5分くらい?ウチの攻撃、右サイドからのクロスに
誰かがヒールキック、ロコが押してゴール、だったんだけど。
オフサイドを取られたのかなぁ?取り消されてしまいました。
スローではオフサイドに見えなかったりするんだけれど。


ボリビアの方がスピードがあるかな、
攻撃も守備も速くて、
ウチボールでもちょっともたもたするとすぐボールを奪われる。
グアテマラってスピードないから、相手にとってはやりやすいかも。


グアテマラの「おじさんたちの中盤」は、
出足の鋭さなんてないから相手にプレッシャーがかからないし、
相手ボールになると割とあっさりエリア付近まで持ち込まれちゃう。
今のところはDFラインが頑張っているけれど・・・、
やっぱり心配ではあります。
特に相手左サイド、ウチの右サイド、結構やられてるし。
ロコなのかチャロなのか知らんけれど、きっちり守備せえやあ。
カストリーヨもどこに行っとるんじゃい。


うーむむむ。ボリビアの方が良さ気だなぁ・・・。
パスワークはボリビアの方が全然上、
ウチはなんとか凌いで相手サイドに行くけれど、
その後が続かない。パスが通らない。
いやあ・・・、これで行くんか、本当に。


それでも27分には左サイドからフレディのクロスに
タンケが抜け出してヘッド!
決めてくれ・・・・・・よ。


前半も終盤になってきて、少しウチが良くなって来たかな。
グアテマラのサッカーは、中盤で勝てないとオシマイ。
まだまだ相手に勝てるほどではないとしても
互角くらいにはなってきたか。
今日は守備に奔走するパンドがなかなか良い。
パンドってボール失わないしね、
出足の激しい相手の時の方が良く見えるのかも?


などと考えてるうちに前半終了。





後半開始とともに、トリゲーロスが入った模様。
タンケはいるし、ロコはいるし、誰の代わり?フレディかぁ。
GKもモリーナからトリゲーニョに交代。


49分、モレーノが中央突破、追いすがるフローレス、手をつかって相手を倒す。
フローレス、イエローだけど、いやあ~、危なかった。
危うい位置からのFKは、サウセードがダイレクトで狙うけれど、
大きく越えておしまい。


やった~、54分、タンケのゴール。
右サイド深いところからロコのクロス、
相手DFが触ったボール、タンケのところに転がって、ごっつあんです!
楽々決めてグアテマラが先制。


59分にはCKからパンドがヘッドで決めて追加点。2-0。
うわあああ~、嘘みたい。
マークされてたけれど、スアレスの左ポスト際にするっと入ったゴールでした。
ボリビア人、あまり大きくないからねぇ、
こういう相手ならハイボール競っても何とかなるかも。


俄然動きが良くなるグアテマラ。
ボリビアも結構選手を入れ替えていて、
前半のサイド攻撃とかが影を潜めてきたかな。
トリゲーニョは仕事ないかも。


67分には左サイド自陣からガヤルドが大きくサイドチェンジ、
ロコがボールを受けるともう一対一、スアレスの右に決めてゴールで3-0。
さっきのパンドのゴールもそうだったけれど、今日のパフォーマンスは合掌・・・?
両手を合わせて「いただきます」と頭を下げる。
や、「ごちそうさまでした」かもな・・・。


69分にはハイメ・モレーノも下がって17番が入るボリビア。
これで交代5人目かな。


いや、それにしてもトリゲーロスがいいなぁ。
スピードを生かして行け行けドンドン。
相手のマークがあっても、ボールを失わないし。
前半とはまったく逆の展開かも。
違うのは、グアテマラのシュートはなぜか入って、
ボリビアのシュートはなぜか入らなかった、ってことかも。


74 分、チャロが下がって7マルケス。
これでパンドが少し上がったかも?
さっきから、ロコがいやに低いところにいるのが気になるかも。
ビデスより低いんですけれど。


79分、パンドが出てマイノル・モラレス。
てえことはトンプソンとモラレスの2ボランチで守るんか。
マルケスがトップ下というか、MFの真ん中というか。


終盤、ボリビアがどんどん攻撃。
だけど、ちょっと工夫が足りないかも、
クロスが全部素直に入ってくるので、GKにとってはやりやすい。


85分、分厚いはずのグアテマラDFの間を
2チャベスが強行突破、突破できちゃうところがすごいんですけど・・・、
てか、何をしとるのその辺りのたくさんのDFとMF、
チャベスをマークしてるのはなぜにロコ?
ビデスとか何しとるんじゃあああ~!
フローレスが何とか滑り込みクリアー。


15トンプソンが下がって3ノリエガ。
86分、トンプソン、少し足を傷めたようでありました。
ノリエガがボランチ?それとも5バック??
ん、どうもボランチの位置にいるか。
まあ、なんでもいいかぁ、この際。


その後はリズムも下がったけれど、そのままグアテマラの勝ち。
久々の快勝だけれど、運もあったかも。
本番のアメリカ戦はこんな風に行くとは思わないけれど、
最後をいい形で終えることができたのは何よりもの収穫でありました。


*タグ/グアテマラ代表

続きを読む

ボリビア戦招集リスト 

8月ってまだまだと思っていたら、今週末はもう8月なのですねぇ~。
というわけで、8月6日のボリビアとの親善試合のメンバーが発表になってます。


GK Ricardo Trigueño Foster Petapa
GK Luis Pedro Molina Jalapa
DF Jaime Vides Rojos
DF Cristian Noriega Rojos
DF Wilson Lalín Suchitepéquez
DF Carlos Gallardo Crema
DF Luis Rodríguez Crema
DF Carlos Castrillo Crema
DF Yony Flores Marquense
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF Fredy Thompson
MF Guillermo Ramírez Rojos
MF Jean Jonathan Márquez Crema
MF Abner Trigueros Crema
MF Gonzalo Romero Rojos
MF Fredy García Rojos
MF Marvin Ávila Rojos
FW Dwight Anthony Pezzarossi Crema
FW Mario Rafael Rodríguez Rojos
FW Carlos Ruiz Galaxy (Usa)

グスタボ・カブレラとかホセ・コントレラスとか、
新たに国外のクラブに移籍したばかりの選手は呼ばれてません。


その一方で、ペスカドはまあわかるとして、
フレディ・ガルシアの名前が!!!

実はフレディ、今日やっとこさ、アメリカのビザが取れたんだそうです。
それを見越しての招集であったとは思うのですが
ほんっとめでたい。良かった良かった。


フレディ、コロンバスでプレーしていた時に、
家族だったかのビザの手続きのために宣誓証言書を作ったのだけれど
内容に偽りがあったため、フレディ本人のビザまで取り消された、と聞いています。


アメリカのビザは一旦取り消されると本当にその後が大変で、
2004年に取り消されて以降、フレディも何度か申請してはいるものの
とにかく認められず、
今回はFedeFutを始め、いろんな人の仲介があってやっとビザが認められた模様。
一説にはアメリカのサッカー協会も尽力してくれたとか?


宣誓証言って、グアテマラではいとも簡単に嘘のものつくって、
それで別に問題なかったりするものなのですが
そのつもりでアメリカで同じことやっちゃダメだ、ってのわからなかったかもね。
これでもう散々懲りただろうから、フレディは二度とないだろうし、
他の選手、加えて世のグアテマラ人にとってもいい教訓になったかも???
とにかくフレディがアメリカに出入りできるようになって良かったです。


後は、代表がぴりっとしてさえくれれば言うことないんだけれど・・・。


*タグ/グアテマラ代表 代表リスト


続きを読む

親善試合 グアテマラ - エルサルバドル 

グアテマラ 0 – 0 エルサルバドル
7月20日18時(現地時間) メモリアル・コリッセウム(ロサンゼルス)


9日間でアジア往復を含む3試合、ってのは
相当にハードなスケジュールだとは思いますけれどもね。
加えて相手はパナマを破って調子に乗ってるエルサルバドル。
チェヨ・キンタニーヤはいないみたいだけれど・・・、さて、大丈夫か。


グアテマラ
GK : トリゲーニョ
DF : ビデス、ノリエガ、フローレス、ガヤルド、
MF : カスティーヨ(46’ チャロ)、トンプソン(87’ マルケス)、パンド、ロコ、アビラ(89’ ブラウン)
FW : ペッサロッシ(66’ バンピーロ)

これがベースになるんだろうなぁ、多分。
+フレディ+ペスカド+タボ+コントレラスだとすると
このスタメンからはみ出るのはビデスかガヤルドでタボ、
カスティーヨが出てフレディ、
アビラもバイバイでコントレラス、
ペッサロッシの代わりにペスカド。


そ言えば5月31日にもサルバドル相手に試合してたんでしたよね。
あの時のウチは
GK: モリーナ
DF: カストリーヨ、ラリン、ロドリゲス、ビデス
MF: アリアサ、カスティーヨ、アギラール、アビラ、チャロ
FW: ロコ
というメンバーで、0-0。


まあ前回はお試しメンバーだったので仕方ないとしても、ですよ
(大体前回はサルバドル→パナマ→チリの順番で、
 サルバドルは前菜だったんじゃ・・・)、
今回はエルサルバドルが一番本命の相手でしょう。
それなのにウチ、この結果でいいんでしょうか。
それともひょっとして死んだふりして相手を油断させる作戦とか?
あるいは、ペスカドにドノヴァン削ってこい!って指令がでてるとかね??
チームメイト削ってもカードにならないからいいでしょ、みたいなさ・・・。


エルサルバドル
GK : フアン・ゴメス
DF : マルビン・ゴンサレス、ルイス・アナヤ、マヌエル・サラサール、ショウン・マルティン
MF : アルフレッド・パチェコ、ラモン・サンチェス、サルバドール・コレアス(83’ マルティネス)、クリスティアン・カスティーヨ
FW : ルディ・コラレス、ウィリアム・レイエス

一応先方はこんなメンバーだったようなので、追記しておきます。
もっと交代があったような気はするんだけれど・・・、
どこを探しても見つからなかったので、ごめんよ、サルバドレーニョたち。




CATVって雨に弱いんですよね・・・。
いや、多分日本みたいにきちっと敷設工事するところは違うでしょうが、
ここってケーブルが電線配線、引き込みは全部建物の外を転がし配線。
なのでコネクターが水に濡れたりすると画像が悪化。
今年は雨が多いので、
チャンネルによってはノイズが多くて画像が判明できないところも。


今日はCanal 13での放送だったのですが、
とても見られた状態じゃなかったので、
SHEさんに教えていただいたJustin.tvで見ることにしました。
もっともネットも最近良く落ちるんだけれど・・・、
何とか試合終了までは我慢してくれて、ほっと一安心。
まあ、うちのネット、スピード不足なこともあって、
時々ストリーミングがうまくできてなかったけれどもね・・・、
小さい画面を小僧と二人で目を凝らして見ていたので、
今日は記憶を頼りに書きます。





ぎっしりのスタンドにはケントンさんも来てるとか。
エルサルバドルの偵察だそうだけれど、教え子たちの成長ぶりも見てやってちょ~。
コスタリカは予選開始まで親善試合1つもやらずに
本番ぶっつけで臨むんだとか。
余裕なのか、余裕がないのか、なんだか良くわからん・・・。


エルサルバドルは、しっかりチームとしてまとまっていて、
何をすればいいのか、選手の間で了解ができている感じ。
戦術が浸透しているって言っていいのかな。
速さを生かしたカウンターが武器で、
ウチ的に危ういシーンも何度かありました。
いや、相変わらずノーコンなので助かるが・・・・・・。


2トップはコラレスとレイエス。
パナマ戦からエルサルバドル代表としてプレーしてるホンジュラス人のレイエスでしたが、
まだフィットしきっていない感じで、その辺りは助かる。
にしてもビデス側、右サイドバンバンやられてるよなぁ~、勘弁して。


マラディアガが何を考えてカスティーヨを先発させたのか今ひとつよくわからん・・・、
2ボランチのお試し??
でも2ボランチとしてもトンプソンが守備専ボランチとして
も1人は攻撃もできる、一粒で二度おいしいボランチをいれるんじゃあ・・・。
というか、守備よりも攻撃のすきなパンドか
攻撃の方が性にあってるけれど、
言われればボランチもするマルケスをいれるんではなかっただろうか。
読めないなぁ、何をするつもりなのか。


とにかく前半はカンペキなエルサルバドルペース(全部見なかったけれど)、
ウチはパスが繋がらなきゃ話にならないわけで、このパスが全然繋がらない。
今までの2試合、せめて同じメンバーで試合してたら良かったのにね、
試合ごとに違う顔ぶれだからなぁ・・・。
ウチみたいにパスワーク命なチームでは、ちょっと辛くないかね?
もちろん、誰が入っても同じように・・・ってのは理想だけれど、
そんなわけないのであって。


あまり見所のない、印象に残らない試合だったので、
特に書くことないです。
いや、一つ書きたいのは、アビラ~!!!
前半はともかく、後半はチャンスをことごとく潰していたのは君ではないかい。
ポテンシャルはあるんだから、
一つ波を乗り越えればぐっと成長するとは思うんだけれど・・・、
今は我慢の時期なのかなぁ。
それにしても、ロホスで使ってもらえないようなら、移籍した方がいいんじゃ(ブツブツ)。


はあ。先行きだけが不安になる試合でしたが、
8月6日にはワシントンでボリビアと親善試合をすることが決まったそうで、
ボリビアが仮想アメリカさんなんですかね???いいけど。


心配だぁ~!!!


*タグ/グアテマラ代表

続きを読む

親善試合 グアテマラ - 韓国 

グアテマラ 1 – 2 韓国(U-23)
7月16日20時(現地時間) アンサン・ワ・スタジアム(ソウル)

得点
32分アビラ(Gua)
56分キム・グンファン(Kor)
81分イ・グンホ(Kor)


韓国がオリンピック代表なので、
ウチもU-23代表を中心とした顔ぶれで
相手して差し上げるという噂もあったのですが、
実際にプレーしたのはもちっと本番用の選手だったようで・・・。
もっとも、コントレラスとかカブレラとかフレディとかペスカドとか不在だけど。


なので、ウチの顔ぶれはこんなんでした。
グアテマラ
GK : モリーナ、
DF : カストリーヨ、ロドリゲス、フローレス、ガヤルド
MF : トンプソン、パンド、チャロ、ロコ、アビラ
FW : ペッサロッシ
交代で入ったのはマルケス、カスティーヨ、バンピーロ、ビデス。
にしても何だか中途半端なメンバーな気が。

韓国
GK : チョン・ソンリョン
DF : シン・グァンフン、ユン・ウォニル、キム・ジンギュ、キム・グンファン
MF : チョ・ヨンチョル、イ・チョンヨン、キム・ジョンウ、キ・ソンヨン(ペク・チフン)
FW : ヤン・ドンヒョン(ソ・ドンヒョン)、シン・ヨンロク
その他パク・ジュヨン、キム・スンヨン、カン・ミンスが途中交代で入ってます。


前半はグアテマラ、後半は韓国、てな試合だったらしいです。
特にロコ、ペッサロッシ、アビラの3人が何度もチャンスを作った、って
Prensa Libreには書かれてますが・・・、本当かな?



で、32分には相手DFのミスをついてウチが得点。
得点はアビラですが、まあこれは幸運なゴールだったかも。


で、後半になって引っくり返されるわけですが、どちらもCKから。
ってことは、ウチの守備ってザルってこと~?おいおいおい・・・。
まあそれだけじゃなくって、後半は完全に韓国ペースだったみたいですね。


ついでに大韓サッカー協会のサイトには日本語で記事あり。


土曜日にLAで試合して、日付の変った深夜の便に飛び乗って
月曜日の早朝のソウルに到着、
時差ぼけに苦しみながら月曜日、火曜日ときて水曜日に試合、
ハードなスケジュールであったことはよくわかるんだけれど。


この後ウチの代表は木曜日の午後の便に乗り込み、同日のLA着、
日曜日の夜にエルサルバドルと試合です。
ハードな割に実りが少なそうな気がするのは・・・・・・。


気のせいだと誰か言って。


*タグ/グアテマラ代表

親善試合(U-23) グアテマラ-ホンジュラス 

グアテマラ 3 – 3 ホンジュラス
7月12日19時(現地時間) メモリアル・コリッセウム(ロサンゼルス)


ホンジュラスがオリンピック代表なので、
ウチもU-23代表を中心とした顔ぶれで相手して差し上げる親善試合。
なので、Aマッチとはなりません。


ウチ的になんのメリットがあるんだかよくわからない、
見る方も今ひとつ力が入らない試合なんですけれど。


あちらさんはプンタにオーバーエイジのパボンが。
後は・・・ようわからん。
ヌニェス、クラロス、ロダス、GKのケビン・エルナンデスとかとか。
判明したら、追記しときます。


ウチは、キャプテンがJJマルケス。ん?リカちゃんじゃないの?
で、オーバーエイジで入ってるのはマイノル・モラレス。
この試合用に招集されている選手の1人です。U-23じゃないけど。

グアテマラ
GK : 1リカルド・ヘレス
DF : 6ラファ・モラレス、3ウィルソン・ラリン、5クリスティアン・ノリエガ、2カルロス・カストリーヨ
MF : 7ジーン・マルケス、15マイノル・モラレス、8ハイロ・アレオラ(RSH)、10マルコ・トゥーリオ・シアニ、9アブネル・トリゲーロス(LSH)
FW : 17マイノル・ロペス・カンポーヨ
妙にクレマ人口が高い。7人。
でもあまり機能しそうな気がしないような、この顔ぶれ。





やっぱりぴりっとしない・・・。
てか、まあやっぱり、そんなもんかも?
オリンピックに向けて頑張るぞ!てな相手と、
この試合のためだけに呼ばれている選手もいるウチのU-23ではねぇ。
しかも、監督もケントンじゃないしさっ。


最初は7分、続いて25分、どちらもセットプレーで簡単にやられちゃう。
おいおいおい・・・。そんなに簡単に裏取られてどーすんだ。
ノリエガとかラリンとか、どっちもA代表でもプレーしてんのにっ。
2点目はラインから抜け出した相手を誰もマークしてなくて、
ぼーっとロダスを見てるし、皆。
手を上げてる暇があったら、ボール奪いに走れよっ!
リカちゃんが飛び出るけれど防ぎきれず。0-2ってか。はああ・・・。


その他にもリカちゃんが体を張って止めてくれるシーンがあり、
いやはやまったく・・・。


グアテマラはショートパスを繋いで相手を交わしていくんだけれど、
最後のシュートが枠の中に飛びませんがな。
やっぱりシアニにコントレラスみたにプレーしろって言っても無理なわけで。
シアニ、アレオラ、トリゲーロスのクレマトリオ、
持ち味はどちらかというと運動量のような気がするし・・・。
パス出しできるのはマルケスくらいか。そっか、だからキャプテンなのか。


はあ。で、3点目はOGってか。いやいやちょっと。
ラリンがリカちゃんにヘッドでバックパスしようとしたらしいけれど、
前に出てきてたリカちゃんが全然届かないようなところに飛んでナイスシュート。
ラリン、ちょっと前にウチの攻撃でヘッドして、
絶好のチャンスだったのに上にはずしてくれたのになぁ・・・。
中途半端に前に出ていたリカちゃんもこれには苦笑い。


前半は0-3で終了。後半いらないんと違うか~。




後半開始とともに、グアテマラは4人交代。
ラファ君が下がって18ハイメ・ビデス、
アレオラの代わりにマルビン・アビラだけど左サイド、
シアニの代わりに11パンド・ラミレスだけどボランチ、
でもってナッチョ・ロペスの代わりに14ジョニー・ブラウン。
マルケスが前目にお引っ越ししたのかな。
にしても、ははは、これでロホス人口が高くなったな・・・。


まあでも、リズムが悪いのは相変わらずで、何がしたいのかようわからん。
ブラウンが上手く相手と競って、惜しいチャンスを作ってるけれどもね・・・。


待望の得点は57分、これはブラウンのお手柄。
いや、最初パスを受け損ねた時はどうなるかと思ったけれど、
カストリーヨかな?のクロスを何とか拾って、
相手DFの足に負けずにシュート。ナイスファイト。
これが決まって1-3。


その直後マイノル・モラレスに代わってカルロス・カスティーヨが入る。
先制点を境に、急にグアテマラが良くなる。
パンドが入って中盤が安定したのが大きいなぁ。
ビデスになって守備も安定したっぽい。


テレビの解説で
「なぜケントンはあの日(って五輪予選の準決勝のホンジュラス戦ですよ)
 ジョニー・ブラウンを使わなかったのか」という話をしているのだけれど、
どうやらそれって、ケントンとブラウン、仲が悪かったからだったとか?
まあ、個人的にうまくいかない監督と選手ってのはもちろんいるわけですが・・・、
それ故に凡庸な(ゴメン)ビジャとロペスを使ったってことだったら、
監督としてどうなんでしょうね?って気がするなぁ・・・、
中米予選ではブラウンが第一選択だったような記憶があるけれど、
さて、二人の間に何があったのか!?ちょっと気になる。


2点目は71分、今度こそ決めたラリンのヘッド。
中盤でパス回しが続き、トリゲーロスが右サイドからクロス、
ラリンが相手DFに飛び込み勝ってゴール。
オウンゴールも帳消しかな、これで。2-3です。
・・・・・・それにしても何をしとるんだねラリン、こんなところで。


73分には同点。うひゃひゃ、すごい試合になってきたな。
パンドが相手の間をぬってボールを持ち込み、
13カルロス・カスティーヨがシュート!!が華麗に決まる。
その後ケビン君、ボールを抱えて倒れ込んだけれど、
カスティーヨかな?にボールを奪われたので?ふてくされて??ピッチに寝転がる。
これこれ、みっともない。一応ドクターの手当てなんか受けてみる。
さっきから一生懸命時間稼ぎしてたしなぁ、これもか。


さて、同点になったところで、カストリーヨにイエロー。って2枚目です。
わらわらと群がってきたウチの選手達、線審を指して何やら一生懸命抗議。
それってどうやら、ファウルの前にパボンがオフサイド~!
わはは、首の皮1枚つながったか。てか、しっかりして、主審。


残り10分位になったところで4ルイス・ロドリゲス、ラリンに代わって入る。
同点になってもまだ時間稼ぎをするケビン君。
これこれおまいさん、そんなことでどうする。
オリンピックで勝てんぞっ!
後半失業気味のリカちゃんは大声で仲間に気合いを入れてたり。


最後の5分くらいはホンジュラスが盛り返してきたな・・・。
90分を過ぎた頃にパボンおじさんが必死のカウンターでシュート。
いや、リカちゃんの前を通過していってくれたけれど・・・。
その後、ホンジュラスの5番(ってキャプテン?)が
カストリーヨへのファウルで一発レッド。これこれ君たち・・・。
相手が1人少なくなった、
いやでもカストリーヨが立てなきゃ、人数一緒か?
あ、生き返ったみたいです。良かった。


ま、そんなこんなで試合終了。
また引き分けか・・・・・・。
でもウチが4ゴール決めてるから、そういう意味じゃウチの勝ち!?


*タグ/U-23グアテマラ代表

グアテマラ代表、7月の親善試合用招集メンバー 

7月の親善試合用招集メンバーが発表になっています。
日程は7月12日にアメリカでホンジュラスU-23と、
その後韓国へ飛んで韓国U-23、
閉めは再びアメリカに戻ってMLSのシカゴ・ファイヤーと。
・・・・・・これもU-23だったら笑える、てか泣けてくるよな・・・・・・。
まあでも対アメリカを意識した相手なんだと思うことにしよう。


で、この招集メンバーなんですが、
ホンジュラス戦はあのオリンピックのチケットを争って負けた、
ウチのU-23が胸を貸してさしあげます。
というわけで、この試合だけ、招集メンバーが違います。
というか、U-23の選手7人を別途この試合用に招集しています。
・・・・・・今度こそはリベンジだっ!(ちょっとむなしいけど)


3試合とも招集されてる選手たち

GK Ricardo Trigueño Foster Petapa
GK Luis Pedro Molina Jalapa
DF Gustavo Adolfo Cabrera Aarhus(Den)
DF Carlos Mauricio Castrillo Crema
DF Yony Flores Marquense
DF Carlos Gallardo Crema
DF Wilson Lalín Salvatierra Suchitepéquez
DF Luis Ricardo Rodríguez Xelajú
DF Cristian Noriega Rojos
DF Jaime Vides Rojos
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF José Manuel Contreras
MF Rigoberto Gómez Lainez Crema
MF Jean Jonathan Márquez Crema
MF Guillermo Ramírez Rojos
MF Gonzalo Romero Rojos
MF Fredy Williams Thompson Rojos
MF Abner Trigueros Crema
FW Dwight Anthony Pezzarossi Crema
FW Mario Rafael Rodríguez Rojos

えーっと、念のために書いておきますと、
ペッサロッシとチューラ・ゴメスはまだ負傷中で
プレーできるかどうかは不明。


タボとモーヨは新クラブがいいよ、って言ってくれるかどうかだけれど
本人たちは新しいクラブでポジション獲得したいでしょから
招集されても来ないかもね???


基本的にセントルシア戦と同じメンバーですが、
フレディ・ガルシアとペスカド・ルイスの2人が不在です。


で、
ホンジュラス戦のみに招集されている7人
GK Ricardo Jerez Figueroa Crema
DF Rafael Morales Crema
MF Marco Tulio Ciani Crema
MF Mynor Morales Xelajú
FW Jairo Arreola Crema
FW Jonny Brown Heredia
FW Mainor López Campollo Xelajú


マイノール・モラレスはU-23じゃあありませんが、
ちょっと試してみたい、ってことなんでしょうね。
さて、リベンジなるか(しつこい?)。


*タグ/グアテマラ代表 代表リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。