スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONCACAFチャンピオンズカップ 準決勝セカンドレグ速報 

あいかわらずFOXはリベルタ杯のグループ戦の中継が優先で
CONCACAFチャンピオンズの準決勝などどうでもいいらしい。
ライブで放映するつもりないんだったら・・・・・・(ぶつぶつぶつ)。


本日準決勝セカンドレグの2試合がありまして、
決勝は パチューカ - サプリッサ となりました。


実は今、DCユナイテッドとパチューカの試合、
数時間遅れで放送してて、前半もうすぐ終わるところ。


でも得点は
76分アルバレス(パ)
84分ディアチェンコ(ユ)
90分ニール(ユ)
と試合終了間際に盛り上がった模様。
ユナイテッドが2-1で勝ちましたが、2試合合計では3-2でパチューカ。


つづくサプリッサとヒューストン・ダイナモは
35分アロンソ(OG)、
49分ボルゲス、
77分ボルゲスアリエタ
でサプリッサが3-0で勝利。総合でも3-0ですか・・・。
こちらの放送は明日の午後3時かな・・・・・・。FOX・・・・・・・・・・(無言)。


ちらりと見かけたニュースでは、アルマンド・アロンソのことを
ヒューストンの監督が気に入っていて
「ウチに欲しい」と言ってるとか。
そんな寝言言ってるから、負けるんじゃ・・・・・・。


決勝はファーストレグが4月23日サプリッサホームで、
セカンドレグは4月30日、パチューカホームで行われます。


・・・・・・この試合はライブで中継してくれるんだろうか・・・・・・。


【追記】
やっとこさCONCACAFのサイトにも記事が出たのでリンクしておきます。
Deportivo Saprissa y Pachuca CF clasificán a la Copa de Campeones Final

スポンサーサイト

CONCACAFチャンピオンズカップ 準決勝ファーストレグ速報 

グアテマラ関係者がいなくなると途端にどうでも良くなるCCCこと
コンカカフチャンピオンズカップ(早口言葉みたいだな~)、
準決勝のファーストレグが昨日・今日と行われています。


パチューカ 2 – 0 DCユナイテッド

ちらりとだけ見たこの試合。
パチューカ、ホームの利もあったかもですが圧勝でした。
この試合の詳細は亀さんのところでどうぞ~。


セカンドレグ、ホームになるユナイテッドが盛り返せるかなぁ~。
何となくこのままパチューカが勝ちそうな予感。


ヒューストン・ダイナモ 0 – 0 サプリッサ

今のところ放送ないです。
なので、どんな試合だったかは謎。
FOXはこの時間、リベルタドーレス杯を放送しているんで・・・・・・、
生で放送する気がないんだったら、放送権取るの辞めてくれる!?
GolTVにやってもらおうよ~。


まあともかく、スコアレスドローという結果から言えば、
セカンドレグがホームになるサプリッサが有利ですが。


頑張れサプリッサ。


以上、速報でした。

CONCACAFチャンピオンズ杯 ヒューストン・ダイナモ - ロホス 2nd.レグ 

ヒューストン・ダイナモ 3 – 1 ムニシパル
3月19日18:40、レイモンド・ジェームズ・スタジアム(ヒューストン)
主審:マウリシオ・モラレス(Mex)


ファーストレグ、ホームで攻めに攻めたのに、得点できなかった上、
週末のリーグ戦ではスチテペケス相手に4点とりながら、
5点取られて負けたロホス。
加えて、フレディ・ガルシアはビザが取れず、アメリカに行けず。
暗い材料ばっかりかも・・・。
唯一の良い材料は、レナト・ブランコが戻ってきたことかなぁ~。


というわけで、両軍メンバーです。

ダイナモ
GK: 18 Pat Onstad,
DF: 32 Bobby Boswell, 2 Eddie Robinson, 16 Craig Waibel, 24 Wade Barrett,
MF: 13 Ricardo Clark, 14 Dwayne De Rosario (77' 9 Brian Mullan), 8 Richard Mulrooney, 26 Corey Ashe,
FW: 5 Brian Ching, 7 Chris Wondolowski (75' Franco Caraccio)
DT: Dominic Kinnear

ロホス
GK: Jaime Penedo
DF: Renato Blanco, Pablo Melgar, Selvyn Ponciano, Claudio Albizuris
MF: Sergio Guevara, Fredy Thompson, Chalo Romero, Pando Ramírez
FW: Israel Silva (62' Carlos Figueroa), Loco Rodríguez
DT: Jorge Benítez





どうもねぇ~、最近のロホスの試合を見ていると、
この試合をレポするのはおろか、見るのも気が進みません。
恐ろしい試合になりそうで、怖いよ~~~。


でも、Rojos de Corazón(心からロホス)の小僧がいるからね。
つきあって見ないわけにはいかないので、恐る恐る・・・。


最近のロホスって、得点力が落ちている。
フレディのFK頼みなところがあって、FWがアテにならないんだよねぇ~。
CF不在がずっしり重たい。
シルバは未だにフィットしないし、
アセベドはもうほとんどプレーしてないし、
プラタは復活しそうには見えないし、
新戦力のクリスティアン・チャパーロなんて、ほとんど見たことありませんよ。


セカンドトップタイプの選手はそれなりに頑張ってるんだけれど、
シュートして得点するタイプじゃないからね・・・。


ってシーンが早速登場。
ロコちゃん~、左利きじゃないのはわかっているけれど、
絶好の得点機会を逃すのはやめてくれ。


ロコの速さを生かしてのプレー、
チャロだったかしらん、の後ろからのパスに合わせて走りこむんだけれど、
左足だとまともに蹴れないロコ・・・・・・。


全体に相手のアタリとスピードに負けてるしな・・・。
ダイナモの決定力のなさに何度助けられたことか。


前半最後の方、またしてもロコに絶好のチャンス。
で、どうしてそこでGKにぶち当てるのかな。
って、ロコちゃん、最近GKに当てるのが趣味なんですかね?
すっごい良く見かけるような気がする。


まあそれでも、前半はこう着状態、ロホスもいい攻撃もありながら、
決定力がなさすぎです。





後半立ち上がり早々、ドウェイン・デ・ロサリオにやられてしまう。
こいつ、ゴールドカップのカナダ-グアテマラ戦でも大活躍してくれたよな・・・。
47分、DFのクリアーしたボールが、味方にあたったのを
横取りされて決められた。ううう~ん、ちょっとデジャヴ。


そして、63分にPK。
う~ん、これファウルです?これでPKかよぉ~。
ブランコはカバーしただけだろっ。
って言いたいけれど、スローで見るとファウルか。
でももっと激しいアタリでも、とってないファウル結構あったじゃん~。


で、PK、簡単にデ・ロサリオが決めて2-0。
はああ、かなり絶望的。


その直後。
なんだなんだ、いきなり皆でケンカしてるぞ。
ポンシアーノが後ろからギブスで殴った!のが発端か。
ダメじゃんポンシアーノ、キャプテンだろっ。
何人かにイエローが出て、とりあえずその場は収まる。


けれど、すっかり頭に血が上っちゃったロホスの面々、
更に直後にあっさり簡単に決められちゃう。
これもデジャヴだあ。
65分くらい?縦パスが左サイドに出てクロス、
ウォンドロスキがあわせるだけでゴール。しゅ~~ん。


この後あたりからやっと目覚めたロホス、いい攻撃が続くようになる。
決定力はあいかわらずだけれど。
それでも、フィゲロアがエリア内でクロスを入れようとしたところで
相手DFが腕で触ってしまう。
わざとじゃないかもだけれど、あれだけはっきり触ったらPKだよ。


で、やっとこさPKで得点。
85分、決めたのはパンド。
相変わらず、相手のタイミングをうまくはずしたPKだけは健在。


86分、アルビスーリスのクロスにフィゲロアとロコが詰める。
ボールはGKが取るんだけれど、足を上げてロコを蹴るけど、審判は見てなかった?
これってファウルでしょ、カードでしょ、PKでしょ。
ちょっとちょっと~!!!


審判はメキシコのモラレスさん。
メキシコメディア、いつも他の国の審判にクレームつけるけれど、
モラレスさんも時に「へ?」なジャッジあるよなぁ。
それともひょっとして、五輪予選の復讐か(←しつこい)。


88分にはフィゲロアの左サイドからのクロスを
ロコがヘッドで合わせるけれど、ポストに当たって外へ・・・・・・。
うああ~ん、ロコちゃああああん。


90分はロコの左サイドからのクロスにフィゲロアがあわせるけれど、
ボールはやっぱり外へ。


最後は90分?91分??
ロコが相手DFのボールを奪って出したボール、
フィゲロアが押し込んでゴーーール!
だったんだけれど、その前に笛が鳴ってました。
ロコちゃあああん、サッカーは、ボールを手で触っちゃダメなんだってば。


でも、相手の足もあったよな(ボソボソ)。


ロコにイエローが出て、
ここで画面にMario Rafael Rodríguezって表示される。
解説さんが相変わらずずーーーっと「マリオ・アルベルト・ロドリゲス」って言ってたんで、
てっきりロコは改名したのかと思ってたよ。


必死の攻撃もむなしく、試合は3-1で終了。
この戦力で、良く戦ったと思うよ。
やっぱり、シルバよりはフィゲロアの方がロホスにはフィットするね。
パンドはやっぱりまだ役立たず。フレディがいたらなぁ~・・・。


ダイナモは準決勝進出。
対戦相手は明日のサプリッサ-アトランテの勝者になります。


この試合の、亀さんの観戦メモはこちらです~


データはCONCACAFのサイトのを。

*タグ/ムニシパル(クラブ)

CONCACAFチャンピオンズ杯 ロホス - ヒューストン・ダイナモ 1st.レグ 

ムニシパル 0 – 0 ヒューストン・ダイナモ
3月12日20:10、国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審:エドガル・ロドリゲス(Crc)

前半の前半はU-23予選と切替ながら見ていたので、
何が起こってたのかよくわかりません。
フィゲロアのクロス~!なんてのもあって、
おっ、頑張ってるじゃん、ロホス。とは思ったんですが。


前半の後半は、U-23の余韻が覚めやらず、で良く覚えてません。
ダイナモの方が攻め込んでいたようだったけれどもね~。
ロホス、ペネドとポンシアーノのお陰で、かろうじてゴールを守ったプレーもありました。


にしてもこの試合、Fox Sportsで放送なんですが、
ハイメ・パネドって誰よ・・・?
マリオ・アルベルト・ロドリゲス~!?
私が知ってるのはマリオ・ラファエル・ロドリゲスなんですけれど。
名前くらい覚えてから実況しなさい。
ま、どーせ、同じ局でやるリベルタドーレスの前座試合だから、どうでもいいのかもねぇ・・・。





というわけで、レポはいきなり後半から始まるのでありました。
前半は0-0で終わっています。


両軍先発メンバー。
ムニシパル
GK: Jaime Penedo,
DF: Claudio Albizuris, Selvyn Ponciano, Pablo Melgar
MF: Sergio Guevara, Fredy Thompson, Fredy García, Chalo Romero, Carlos Figueroa
FW: Israel Silva, Mario Rodríguez
DT: Jorge Benítez

レナート・ブランコまでケガしちゃったロホス、
自棄のヤンパチ3バック。
ホームなんだから、攻撃的に行くしかないよね。
キャプテンのポンシアーノは左手にギプスしてたりします。


ダイナモは、部分的にわかるんだけれど。
後でメンバー追加します。


マテオ・フローレス、芝張替えたのね?
ヨコシマな芝になっています。


56分、ダイナモのゴール近くのFK、
ポンシアーノの頭を掠ったボール、
ロコちゃんがオーバーヘッドしようとして失敗、
落ちたボールをチャロが奪い、DFの間を駆け抜けて後はシュートするだけ!
って時にどうしてはずすんだ・・・・・・。
この試合最大の得点チャンスだったのにぃいいいいい。


66分、シルバが下がって、パンド。
う~ん、パンドぉ~?
まあ、パンドはMLSの経験もあるから、いいか。
こういう時にいいところ見せてくれよ。
フィゲロアがFWに上がるのかな?


実際、この試合はフィゲロアがいい感じだなぁ。
スピードがある選手と言えば、フィゲロアとロコと今はなきシルバくらいだけれど、
右サイドをぶっちしてクロスを上げるシーンが度々。
でも、どうしてそこには誰もいないんだね・・・?


それなりに攻撃しているんだけれど、どうも得点できないね・・・。
攻撃になっても、中盤の選手があまり上がって行かないし、
前は攻撃する人、後ろは守備する人でくっきり分かれてる。
ダイナモがあまりプレスかけてこないから、
中盤ではボール回せるんだけれどね。


71分にはクラークのミドルシュート!
幸いポストが防いでくれたけれど、ちょっと、やばいよっ!!


75分にも、惜しいシーン。
パンドがボールを奪って駆け上がり、左サイドにいたロコちゃんにパス。
残念、DFにカット&クリアーされちゃったよ。
こらぁ~、シュートしろっ、パンド。
ま、でも、パンドが入ってから、ロホス攻撃のリズムが良くなってきたよね。
久しぶりに調子の良さげなパンドを見るよ。


ダイナモは82分、9番と10番が一緒に入る。
下がったのはウォンドロスキとデ・ロサリオ。


う~ん、もう時間がないのにぃ~!
チノ・ベニテスは、この試合も静か~に観戦。
どんな試合でもこんな感じだけれど、
ベニテスはCONCACAFで勝つことを目標としていると言ってましたね。
てか、そのために自分が招聘されたと認識している、と。
まあね、UNCAFの時よりはずっとマシな試合をしているとは私も思う。
だけど、攻撃力不足はどうにも否めない感じだ・・・・・・。


92分、ハードタックルでパンドにイエロー。
何だか人がわらわらと集まってきて、
中央にいるのはロコちゃんだったりするんですが。


で直後に試合終了。
ロホス、試合を支配したのに勝てなかったよ。
あああどうなる、セカンドレグ・・・・・・。


*タグ/ムニシパル(クラブ)

CONCACAFチャンピオンズ、組み合わせ決定 

2008 年のCONCACAFチャンピオンズ、組み合わせが決定しました。
ムニシパルは、初戦をヒューストン・ダイナモとかぁ~。


組み合わせを全部書きますと

パチューカ(Mex) – モタグア*(Hon)

D.C.ユナイテッド(Usa) – ハーバービュー*(Jam)

アトランテ*(Mex) – サプリッサ(Crc)

ヒューストン・ダイナモ(Usa) – ムニシパル*(Gua)

(*印がファーストレグのホームチーム)

ファーストレグは3月11~13日、セカンドレグは3月18日~21日に行われます。


*タグ/ムニシパル(クラブ)

CONCACAFチャンピオンズカップ 

CONCACAFチャンピオンズカップ
第1戦ファーストレグ(2008年3月11日~13日)
3月11日 18:15 Motagua(HON) 0 - 0 Pachuca(MEX)
3月12日 19:10 Harbour View(JAM) 1 - 1 DC United(USA)
3月13日 21:05 Atlante(MEX) 2 - 1 Saprissa(CRC)
3月12日 20:10 Municipal(GUA) 0 - 0 Houston Dynamo(USA)
第1戦セカンドレグ(2008年3月18日~20日)
3月19日 21:10 Pachuca(MEX) 1 - 0 Motagua(HON)
3月18日 19:40 DC United(USA) 5 - 0 Harbour View(JAM)
3月20日 20:10 Saprissa(CRC) 3 - 0 Atlante(MEX)
3月19日 19:40 Houston Dynamo(USA) 3 - 1 Municipal(GUA)
準決勝ファーストレグ
4月1日 20:00 Pachuca(MEX) 2 - 0 DC United(USA)
4月2日 19:00 Houston Dynamo(USA) 0 - 0 Saprissa(CRC)
準決勝セカンドトレグ
4月9日 17:30 DC United(USA) - Pachuca(MEX)
4月9日 20:00 Saprissa(CRC) - DC United(USA)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。