スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガ・エスパニョーラが見られるっ! 

うっきゃあああああ!!!とになってしまうくらい嬉しかったのでつい書いてしまいます。
どうやらグアテマラでも何とかかんとか、リーガ・エスパニョーラの試合が見られるようになったみたいです。


去年まで放送してくれていたローカルに、今年はどうやら放映権がないらしく、CLくらいしか見られないのかぁ・・・とがっかりしていたのですが、なぜか今日からいきなり英語のGolTVの放映が始まっているっ


GolTVって英語(アメリカ向け)とスペイン語(ラテンアメリカ向け)の2つあるのですが、リーガの放送があるのは英語放送のみ。ということで、いきなり英語でコロンビアのリーグの放送をやっていたのですが、わーーーーい、おかげでリーガ・エスパニョーラも見られるぞぉ!


とは言っても、今週はバルセロナの試合の放送はなさそうです。まあ、それでもいいですよ。どうせ例の問題のせいで、他の国でも見られないんでしょうから・・・。


他にはドイツ、メキシコ、コロンビアのリーグ、ユーロ予選、代表チームの親善試合などがプログラムにあるようですが、全部見られるのかなぁ。


何よりも、明日になったらまた元のようになっていた・・・ということのないよう、頑張ってくださいよっ、Convergence(てウチのCATVの会社です)。


はああ、幸せ

スポンサーサイト

リーガ・エスパニョーラ開幕!も放送なし・・・・・・ 

リーガ・エスパニョーラ開幕!なのに放送ないのかぁ~。
数日前から放送ないかも?という噂はあったのですが、
本当になかったのね。
どちらにしてもバルサはどうやらしょぼかったみたいで、
不幸中の幸い?かしらん。


問題はスペインの放送局同士の泥仕合。
スペインの事情はよくわからないので、
ネットでの情報を元に書くと、どうやらこういうことらしい。


今年のリーガの放映権を持っているのはSogecable(AVS)。
でMediaproという会社がAVSから信号(電波)を買って、
外国へ販売しているらしい。


で、です。お老舗のAVSは
「Mediaproは去年の再放映権料€5800万を
 まだ払っていないから、同社にはを送らない」と主張。


Mediaproの方は
「AVSには借金はないね。
 ヤツらはリーガ・エスパニョーラの放映権の独占と
 PPVでの収入を手に入れようと目論んでるだけだ。
 ヤツらの方がウチに€3100万の借金をしてるんだぜ」。


まあ元々はMediaproが今シーズン、
12チームの放映権を獲得したことが問題らしい。
(2009-10シーズン以降についてはは全チームの放映権を既に獲得)
それもAVSの放映権とは比較にならない金額でゲットしてしまった。
なもんでAVSは「ヤツらにはウチの信号流してやるもんか」。


Mediaproは「そんなもんいらねえよ。自分ちの機材を持っていくで」
と機材を買い込み、
ゲリラ作戦でセビージャ-ヘタフェ、ムルシア-サラゴサ、
バレンシア-ビジャレアルの3試合の放送に成功。
ちなみにAVSがPPVを提供しているのに対し、Mediaproは無料放送です。


AVSも試合開始4時間前になって、
放送を予定していた5試合の放映を最終的に決定したようですが、
この信号はMediaproには送らず。
なわけでスペイン国外では一切放送なし。
ということになってしまったようです。
スペイン国内でも直前になるまで
「見られないかも」という感じでしたから、国外は仕方ないのかなぁ・・・


「政府が何とかしてくれよぉ~」という声もあるようですが
「民間企業の話だから、関係者で話し合ってちょ。
 でも皆が見れるようにしてね」と手を引いてしまい、
AVSはMediaproを提訴する模様。


1ファンとしては、どちらでもいいから試合放送してよぉ~。
にしてもMediaproの方がどうもやり方汚いような感じではあります。
さてさて。来週は見れるのかなぁ・・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。