スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小僧チームのビデオ画像がYouTubeに! 

最近YouTubeにはまっている小僧が、こんなものを発見してしまいました。
今年の5月12日に小僧のチームとロホスが試合した時のビデオ画像。
カテゴリーはミニモスコ(U-9)時代のものです。


映っているのは後半ほぼ全部なのですが、
小僧はこの試合、前半だけ出場しておりまして、
残念ながらビデオには登場しておりません。


・・・・・・てか、ほとんどずーっと押し込まれていましたからね。
FWしてる小僧ですから、どっちにしても登場する場面はほとんどなかったかも。
まあ、本人はがっかりしているようではありますが。


この日の試合のこと、小僧がこう書いていたので
ちょっと掲載させていただきます。

「ムニシパルとの試合では、4-1で負けた。
 最初の(ムニシパルの)得点はジョナタンかロペスのオウンゴール、
 次は僕らの得点でエリックのゴール、
 ロホスの2点目はちょっと押し込んだだけでゴールになったやつ、
 ロホスの3点目は覚えてないなぁ。
 4点目はミドルのボンバッソ!
 で4-1で負けたけれど、勝ってたら5位になるところだったから、すっごく残念」。


このビデオ、ロホスのご父兄のどなたかが撮影されたものと思われ、
基本的にはロホスの選手たちを追いかけております。
大体こんな感じで試合してるのね、って雰囲気は良くわかると思いますが。


その1(10分)



その2(10分弱)



*タグ/Cejusa(ビデオ)

スポンサーサイト

CEJUSA 小僧たち、いきなり優勝! 

Juventud Salesiana戦


なんだかイマイチよくわからないのですが、昨シーズンの小僧たちの大会、
どうやら終わっていなかったらしく、先週準決勝、今週決勝が行われました。


大会そのものはとっくに終わっていて、その順位での表彰は終わっていたのですが、
どうやら上位4チームによる決勝をやるらしい。


というわけで、小僧が昨シーズン在籍していたミニモスコは
準決勝進出ならず、でしたが
モスコの方は準決勝をPKでムニシパルに勝ち、決勝進出。
カテ上がりしていきなり決勝かぁ。運のいいヤツだなぁ~。


でもってこの決勝、相手はフベントゥ・サレシアーナ(Juventud Salesiana)。
カトリック系のスポーツクラブですが、このチーム毎年上位にいませんかね?
どちらも青系のユニなので、向こうさんがオレンジ色のビブス着用です。


さてさて、小僧チーム、今日はGKの子がいない。
学校も休みに入ったことだしと、旅行に行ってしまったらしい。ひぇ~。
というわけで、いつもはCBのオリーバ君がGK。大丈夫かなぁ~。心配。


試合の方は、小僧たちのチームが先制、
向こうが追いついて、1-1のまま前半終了。


後半はクリアーしたボールをSBの子が拾って見事なソンブレロで
小僧チームが再びリード、でもまた追いつかれて2-2のままPKへ。またかぁ~。


小僧チーム、PKを蹴るのは希望者です。
「蹴りたい子は?」とコーチが聞いたら手が5本上がった。よしよし。


詳細省きまして、結局小僧たちが4-2で勝利。
相手の子が1人はずし、にわかGKのオリーバ君が1本止めました。
優勝~~~!!!


えー、ちなみに小僧は前半出ておりましたが、
お互い中盤と相手DFでボールが止まり、FWまで届かない試合でした。
たまに来たボールも生かせてなかったけれど、まあ相手も上手だったしね。


カテ上がりしたばかりで優勝なんて、運のいいヤツ。
この調子で来週始まるという新シーズンもいい感じでいってくれるといいですけれど。


試合メモ
USAC - Juventud Salesiana 2-2 (PK 4-2)
ゴール:エドゥアルド、コンパリーニ

CEJUSA ムニシパル戦 小僧、なんと2得点 

ムニシパル戦 相手がでかいなぁ・・・



この3週間、選挙やら雨やらで試合がなかった小僧たち。
久々の試合の相手はムニシパルだったんですが、
4-0てスコアで勝ってしまいました。
びっくり。


更にびっくりしたことには、小僧が小僧人生初の1試合2得点をマーク。
まあ、まだ公式試合ではないので、記録には残らないんでしょうが、
「ボクの人生で一番幸せな日」だったんだそうで。良かったね。


カテゴリー変わったばかりの小僧ですが、
このモスコ、小僧のチームはなかなか上手い子揃いなのですよ。
DFも固いし、MFにもボールキープできてパスの出せる子がいるし、
両ウイングは俊足でシュートもできれば、クロスも上げられる。


CFの小僧は、プンタで待ってればいいだけ。
この試合もウイングの子たちの活躍によって、
小僧がおいしいところに預かった感じでしたが、
まあ、彼も1年かけてやっとCFのお仕事に慣れてきたようです。


写真は助さんと格さんを連れた黄門様。
じゃなかった、マークと一緒に散歩する小僧。小さいのが小僧です。
ロホスはCB2人で、1人は小僧のマーク担当。
ちびすけですが、お陰で?こぼれだま系には強いですよ・・・・・・。

インフェリオール・カテゴリー 

審判と22人の小人たち

我が家のサッカー小僧は
地元のクラブの下部組織に入って球蹴りなぞしているのですが、
今年から今までとは少し様子が変わっているようです。


小僧が入っているチームはUSAC。
地元の国立大学チームで、トップチームは現在プリメーラ所属。
数年前までリーガ・ナシオナルにいたのだけれど
落ちたらなかなか這い上がれない。
でも育成には定評のあるチームです。


さてそのUSACのインフェリオールカテゴリーが
参加しているリーグがCEJUSA(セフーサ)。
かなり昔からあるリーグで、現在リーガで活躍している選手にも、
CEJUSA出身者がたくさんいます。


CEJUSA、例年なら8月までがシーズンで、
9月がチーム入れ替えの親善試合、
10月から新シーズン!となっていたのですが、
今年は7,8月と親善試合シーズン、
9月からシーズン開始になっています。


・・・多分。A代表のあまりの不甲斐なさに
ちびスケたちから仕込み直さねば!と某大親分あたりが思い立って
いろいろと考えた末なのではないかと・・・
あくまでも推測ですが。


だって、初の試みとして他のリーグとの試合も行われるらしいですからね。
これが全チームを対象としたものなのか、
リーグのトップだけなのかはよくわかりませんが。


でもって、98年生まれの小僧は
めでたくミニモスコカテゴリーからモスコへ。
ミニは99-00年生まれ、モスコは97-98年生まれ、
その上のインファンティルは
95-96年生まれの子どもたちで構成されています。


当然ミニには今までチームでサッカーなぞ
したことのない子が加入してくるわけで、
チーム入れ替えの時期には大爆笑のシーンが良く見られるんですよね。


空振りするのはアタリマエ。
ボールが目の前にやってきても、どうしたらいいのかわからず、
立ち止まってしまう姿もチラホラ。
あるいはボールを思いっきり蹴ったら、
その先にあったのは自分のところのゴールだったり・・・。


こんな子どもたちを指導するプロフェは大変だと思うのですが、
半年もすれば皆一人前になっていくから大したものです。


そんなインフェリオールカテゴリーの話も
また折に触れて書いてみたいと思います。


写真はミニモスコ試合の様子。
ミニとモスコはハーフコート、審判は1人、小人が22人。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。