スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U20 グアテマラ対エルサルバドル 

xirorin

U20のW杯予選でもある中米予選グアテマラ対エルサルバドルってのが現在コアテペケで行われてます。前半終わって1-0でグアテマラがリード。得点はルイス・ルイスってw 綴りはLuis Ruizだけれど。
07-26 03:51

このグループはグアテマラ、エルサルバドル、パナマの総当たり戦で今日が一試合目。もう一つのグループではニカラグアがホンジュラスに0-1で勝利するという珍事があり、コスタリカ2勝、ニカラグア1勝1敗、ホンジュラス2敗で終わっています。
07-26 03:54

お-、勝った~! グアテマラ1-0エルサルバドル。出だしよし。
07-26 04:57

スポンサーサイト

ぷちニュース No.99 

violetデデー、ハラパを辞める

閉幕シーズン首位と好調のハラパですが、
第8節を終えたところでデデーことホルヘ・ドス・サントスが辞任。


ハラパ、相変わらず台所事情が苦しいようで、
給料の遅配が常態化していたようですが、
遂に我慢できなくなったデデー、ハラパを辞めて
コバンに移籍してしまいました。


これはハラパにとってかなり痛いと思うけれどね・・・、
今後どうなるんでしょ、ハラパ。
一応、代わりの外国人としてはペドロ・オルティスという選手が決まっています。
ウルグアイ人、24歳。
ウルグアイの2部のラ・ルスというクラブでプレーしていたようです。
なお、オルティスは今週グアテマラ入りする予定。


violetマルケンセは会長が辞任

26日、マルケンセの会長ロランド・ピネダ・ラムが
クラブの理事らと会合を持ち、
以前から表明していた会長職からの辞任を確認、
後任にはオスカル・レオネル・バリオス・フローレスが就任。


なお、この会合にはサン・マルコス市の市長も来てたらしいのですが
マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダを人工芝にしようという案があるんだとかで
それについてもあ話し合い。
結論はどうなったか知らないですけれど、
ひょっとしたら、エンセナーダも人工芝になっちゃうんですかねぇ、
あそこは別に天然の芝で問題なかったよな気がするけれど。


violetスチ、チバスUSAと提携

この提携合意によって、監督やテクニカルスタッフの米国修行に加えて
選手たちもチバスUSAへの移籍の可能性が広がったことになるんだそうです。
早速上がっている候補の名前は
ウィルソン・ラリン、ウィルフレッド・ベラスケス、
エドワルド・サンテリスにホセ・ロドリゲス。
どうなることやら、ちょっと楽しみではあります。


violetバトレス、コンフェデ杯へ

6月に南アフリカで開催されるコンフェデ杯の審判に、
CONCACAFからはカルロス・バトレスが選出されたそうです。
副審にはレオネル・レアル(Crc)とカルロス・パストラナ(Hon)、
副審の控えにはエルメリト・レアル(Gua)が決定済。


代表には期待できないけれど、
それでもバトレスが頑張ってくれるんだったら、
ちっとは見甲斐もあるってもんだよな。


*タグ/ホルヘ・ドス・サントス(選手) ハラパ(クラブ) コバン(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) カルロス・バトレス(審判)

ぷちニュース No.98 

うーむ、すっかりご無沙汰してしまいました。
12月から1月って、とにかく何かと忙しい時期で、
特に1月は小僧の学校も始まることもあって、
やることも多々、気づかれも多々、な月だったりします。


一方のサッカーの方は、バルセロナの快進撃で大満足。
今日の雪の中のオサスナ戦、負けるかと思ったけれど
いやもうホントに助かった。


てな話をするためのブログじゃないので、残念ながら切り上げまして
一向に明るい話のないグアテマラのサッカーの話に戻るのであります。


violet代表、親善試合で敗戦する

そりゃま、負けることもあるでしょうが。
相手を選んで負けてくれよ、てな話であります。


その負けた相手ってのはコスタリカのサン・カルロスってチーム。
何やらプレシーズンをグアテマラで過ごしているらしくて
この前はペタパ相手に2-2、
その後は2部のサン・ペドロ相手に3-3と引き分けておりました。


そんな相手に2-1で負けてくれるのだから、
新年早々溜息しか出ないよな、そりゃ。
あ、そ言えばホンジュラスとの親善試合の話がありましたが、
流れました。
マイアミで合宿中のホンジュラス代表、
ロスまでの往復が大変だから、というのが公式の言い訳です。
メキシコよりも強い(?)ホンジュラス代表ですから、
「グアテペオールなんか相手にしてられるかぁ~」
てのが本音かも(鬱々)。


さて、人工芝のフリオ・アルマンド・コバルで行われたこの試合、
前半終了間際に相手にPKを与えて先制され、
後半追加点を奪われ、
後半途中から入ったセルビン・モッタがやっとこさゴールを決めて
何とか1点差にして試合終了。おいおいおい・・・・・・。


出場メンバーは次の通り。
先発出場:
GK : クリスティアン・アルバレス
DF : カルロス・カストリーヨ
DF : ジョニ・フローレス
DF : エドウィン・エンリケス
DF : クラウディオ・アルビスーリス
MF : クリスティアン・ノリエガ
MF : ジーン・ジョナタン・マルケス
MF : マルコ・パッパ
MF : グレゴリー・レステル・ルイス
FW : マイノル・ロペス
FW : カルロス・カスティーヨ

で、後半は
GK : ルイス・ペドロ・モリーナ(リカルド・ヘレス)
DF : ハイメ・ビデス
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : ウィルソン・ラリン
DF : カルロス・ガヤルド
MF : ウィルフレッド・ベラスケス
MF : エドガル・コット
MF : メルセデス・バスケス
MF : アブネル・トリゲーロス
FW : マイノル・ロペス
FW : セルビン・モッタ

そ言えば、キャプテンはノリエガだという話。
90分出場したのは、ノリエガとナッチョ・ロペスの2人だけで、
この2人はこれからも重用されそうな気配。


それにしても、ネーションズカップももう直だというのに
大丈夫なんでしょか、ウチの代表。


とりあえず、あと2試合親善試合が残っています。
1月17日にフロリダはフォード・ピアースのロングウッド・スタジアムでハイチ戦、
20日にはフォート・ローダーデールでデンマーク戦。
このデンマーク戦、ホテル・ホリディ・インで開催・・・、って、それどういう意味???
今ひとつよくわかりませんが、観客なしで朝から試合するんだそうです。
このデンマーク戦って、ひょっとして相手はユースだったりするんじゃあ・・・・・・。


violet閉幕シーズンは2月始まり

2月7日開幕です。
1月はネーションズカップもあるし、
代表のために開けた、ってことなんだろうな。
その甲斐があるような気が全然しないのが困るところなんだが。


*タグ/グアテマラ代表

ぷちニュース No.97 

violetオラシオさん更迭

惜しくも連覇を逃してしまったロホスですが、
一夜明けた22日、オラシオ・コルデーロ監督の更迭が明らかになっております。


漏れ伝わってくるところによりますと、
オラシオさんがどうのこうのって話よりも、経済問題なんだとか。


実はロホス、開幕シーズン終了と共に
大口スポンサーが2件、スポンサーを降りることが決定しており、
これで現在の予算の40%が無くなってしまうんだそうです。
はあ、その内1件はBanco Aztecaかな・・・・・・。


後任としては、とりあえずエスペシアルカテの
カルロス・ペスカドジャナイヨ・ルイスが予定されている模様。
他の人になる可能性もないわけじゃないですけれど。


violet悪い話はそれだけじゃなくて

予算削減の影響は、オラシオさんのみならず、
選手達にも及ぶのであります。
トップチームの選手のうち8~9人が解雇・移籍・レンタルになるとか。
もちろんそれって、高給取りの選手のことだよねぇ・・・。


そういうわけで、思わぬ形で実現してしまいそうな
ロホスの若返り。
さてさてどんなことになってしまいますのやら、
ちょっと目が離せない感じになってきました。


*タグ/オラシオ・コルデーロ親分 ムニシパル(クラブ)

ぷちニュース No.98 

violet代表、ホンジュラスと親善試合

ネーションズカップの始まる前、1月10日に
またしてもロサンゼルスでホンジュラス相手に親善試合やるそうです。


代表、今、練習してはいますけれど
ロホスとクレマの決勝が終わってないので
代表を多数抱える両チームからはまだだれも練習に出てません。
こんなんで、本当に勝ち抜けるんでしょうかねぇ、ミンチョ親分。


violetその代表組、

先日、リカちゃんことリカルド・ヘレスが怪我したそうです。
ウルグアイのレンティスタスでGKを勤めるリカちゃん、
13日のリーグ最終戦で肘を傷めたんだそうで、全治2ヶ月。


W杯予選の対アメリカ戦、
なんとリカちゃんがゴールマウスを守って
「リカちゃんの活躍がなかったら、もっととんでもない点差になっていた」
という話だったらしくて、
ネーションズカップで見られるかな、と楽しみにしていたのに
ちょっぴし残念です。
まあ、若いリカちゃんならまだ機会もあるだろう。
リカちゃんの代わりに誰が招集されるのかも興味のあるところ。


violetU-20代表監督のクラビオットは、

辞任しました。


U-20のW杯中米予選、
ベリーズとの引き分けがたたって敗退してしまったU-20でしたが
監督のネストル・クラビオット、
FedeFutはクラビオットの留任を発表していたのですが
先日、故国アルゼンチンからのオファーを受けたんだそうで
それ故に辞任。はあ、なんだかね。


violetタボ・カブレラの行方

結局、AGFアーフスでほとんど出番のもらえなかったグスタボ・カブレラ、
12月で契約が切れるので行き先を物色中。


そのタボに、ボリーヨ元親分から「ウチに来んかい」と声がかかったとか。


ボリーヨ、現在コロンビアの2部サンタ・フェの監督をしています。
どこでタボの話を嗅ぎつけたのか知らないけれど、
ボリーヨはタボにキャプテンやらせてたくらいだからなぁ、
結構気に入った選手だったんだとは思うけれど、
さて、タボの方はいかに・・・・・・。


タボにはマルケンセからもオファーがあるそうです。


violetやっと決勝関係の話

日曜日の決勝戦、累積等で出られないのは、
ロホスのオラシオ・コルデーロ、だけだとか。


決勝戦のファーストレグでエルマル・ロダスに退場処分にされたコルデーロ、
審判団に対する侮辱や脅迫行為があったとして
4試合の出場停止と罰金Q4,000が課されました。


いやはや全くオラシオさん。
言いたいことはあるだろうけれど、じっと我慢するのも監督の仕事だよ。
ロホスにはこの決定を上告することができます。
どちらにしても、セカンドレグのオラシオさんのベンチ入りはないだろうなぁ~。


violet一方、ロダスには

取りあえず試合参加停止、が決定しています。
ただし、これは処分ではなく、
現在審判委員会で事実関係を調査中で、
その結果が出るまでは、別の試合の笛を吹くことはない。


・・・・・・って、試合そのものがないんですけれど。


オラシオさんが怒りまくったPKになったファウルについて、
主審だったエルマル・ロダスは
「自分自身は少し離れた場所にいたが、交錯したのは見えた。
 そこで笛を吹き、副審(セサル・ルアノ)を確認した。
 副審がその場に立ち止まったならFKだが、
 ゴールラインに走っていったら、それはPKだということだ。
 だからPKを指示した」。

「だからと言って、彼に腹を立てているわけではなく、
 審判団のキャプテンとして誤りを犯した自分自身を許せない」


とおっしゃっておられます。
あ、ちなみにこの副審、セサル・ルアノさんも現在試合に出場停止です。
確かに、最近ちょいと???なジャッジが目立つので
何とかして欲しいところではありますが、
審判だって間違えることもあるわけで、
ロダスさん、普段は安定したジャッジをしている方ですから
悪いジャッジだけではなくて、良い方のジャッジも
きちんと評価してあげてほしいですよねぇ。


*タグ/グアテマラ代表 リカルド・ヘレス(選手) ネストル・クラビオット親分 グスタボ・カブレラ(選手) ボリーヨ親分 オラシオ・コルデーロ親分 エルマル・ロダス(審判)

ぷちニュース No.97 

violet代表、合宿開始

最近いささか怠け気味ですが、久しぶりのぷちニュース。
話題はいきなり代表だったり。


リーグ戦も終了して、シーズンオフを満喫している選手もいるかもですが、
オフの代表たちに招集がかかっております。
なんつっても、1月にはホンジュラスでネーションズカップもあるしねぇ、
いい加減練習しないと、また恥ずかしいよ!?ってわけです。


という訳で、今週はカルロス・ラファエル・カスティーヨ、
ウィルソン・ラリン、ウィルフレド・ベラスケス(以上スチ)、
ジョニー・フローレス(マルケンセ)、
ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ)、
マルコ・パブロ・パッパ(シカゴ)、
という辺りがプロジェクト・ゴールに呼び集められ、
まずはフィジカルテストから始めたんだそうです。ふむ。


相変わらず招集されてないのがリカルド・トリゲーニョ、
リーグ戦絶好調だったホルヘ・パピン・エストラダ、
まあいいけどね、リカルド・ヘレスはまだ試合があるのかしらん?


先月のW杯予選は控えメンバーばかりのアメリカ代表にも負け、
リカちゃんのセービングの他は何も見るべきところがない、
ってこき下ろされていた代表だったけれど、大丈夫なのかいな。


ペスカドは代表引退宣言を、
パンドは代表休養宣言をしており、
残るはやっぱりプラタおじさんかっ!!!
明日の見えないグアテマラ代表、どっちに向って進んでいくのやら。


violetそのネーションズカップ、

先日組み合わせ抽選会が行われまして、
グアテマラはB組、コスタリカとパナマと同組となりました。
きびしーーー。


A組:エルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラス、ベリーズ
1月22日 エルサルバドル - ニカラグア、 ホンジュラス – ベリーズ
1月24日 ベリーズ - エルサルバドル、 ホンジュラス – ニカラグア
1月26日 ニカラグア - ベリーズ、 ホンジュラス – エルサルバドル

B組:コスタリカ、パナマ、グアテマラ
1月23日 コスタリカ – パナマ
1月25日 グアテマラ – コスタリカ
1月27日 グアテマラ – パナマ

ちぇー、またパナマとかぁ。
まあまだ、ホンジュラスと一緒じゃなかっただけ良いか・・・。
コスタリカは、ケントンさんを久しぶりに拝める、ってことか。
さてさてウチの戦いぶりや、いかに。


心配だ・・・。


ちなみにこの試合、いずれもW杯予選では使用禁止になった
テグシガルパのティブルシオ・カリアス・アンディーノで行われます。
各組上位2チームがゴールドカップ出場。
総合で5位となったチーム(って試合数が多い方がトク?損??)は
カリブかな?の3位とプレーオフとなります。


violetそう悲観的な話ばかりでもなく

11月下旬、U-17の中米予選てのが行われていました。
この予選、なぜかホーム&アウェーのマジメな予選で
CONCACAF予選は2009年にメキシコで行われることとなっております。


その中米予選、パナマとグアテマラのプレーオフで
最後の1枠を争っていたのでした。
ファーストレグ、ホームで1-1となって、これはヤバイ!と思っていたのが
セカンドレグ、アウェーで0-1と勝ち、勝ち抜きを決めました。


試合は12月1日の午後、
後半はものすごい土砂降りの中の試合だったようですが
74分にガブリエル・ナバスがゴールを決めてくれて本当に良かった!!


CONCACAF予選は3月か4月なんだそうですが、
また既に集まって練習してたりするんだそうです。
このチームの監督はアントニオ・ガルシア。


このガルシアさんって、あと一歩でW杯予選に行けた
U-19でしたっけかのチームの基礎を作った方なんだそうです。
その後、ケントンが監督の座を横取りしたんだそうですが、
ふーーーん、そういうことなら期待してもいいのかも!
とちょっと思ったりするわけです。


2009年にナイジェリアで行われるU-17W杯の
CONCACAF枠は4つ。
なお、2007年の韓国大会はCONCACAF枠が5つで、
ホンジュラス、コスタリカ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、アメリカ
の5カ国が出場していたんだけれど、
何でも1枠カットされたらしい。
多分アフリカが増えているのかしらんね・・・・・・。


さてさて念願のW杯。
大人たちはダメだったけれど、子供達はさて、どうかしらんね。
あまり期待しすぎずに、楽しみにしています。


*タグ/グアテマラ代表 U-17グアテマラ代表

ぷちニュース No.96 

violetさ迷えるグアテマラ代表

キューバ戦から帰国した翌日、マラディアガの更迭が発表されています。
まあ、いた仕方のないところか。
見てて思ったのですが、マラディアガって選手の資質に合わせた、
いいチームを作り上げることはできる監督さんですよね。
でも、そのチームが機能しない時に、それを修正できない。
ビハインドを背負った状態で、状況を打開するような戦略や選手起用ができない。


そんな感じがしました。


選手をゆっくり育てていける、クラブの監督の方が向いているかも。
まあ今回は時間もなかったしね・・・、
そんな中で、調子の出ない選手達を引っ張って、
ここまでやって来てくれただけでも有難いと思うのは私だけなのかしらん。


violetさて後任、

まだ決まりません。
11月に行われるアメリカ戦はユース代表の監督さんがやるそうです。
それって、「もう捨てました」ってことですか?
ま、このタイミングで監督辞めるっての、
そういう意味なんだから仕方ないか。


一番近いと言われているのがベンハミン・エドゥアルド・モンテロッソ。
グアテマラ人。現役時代はロホスでプレー、
引退後はいろんなクラブの監督してみたり、
代表監督もしていたり。


1998年12月~2000年1月までが代表監督だった機関で、
この間の成績は23試合6勝10敗7分。
最近はずーーーっと浪人してたと思いますが、ま、そんな人です。
監督としての手腕は、私はお目にかかったことがないので何とも言えないですが。


他の候補だったエンソ・トロセーロ(Arg)は高額なギャラを要求してきたのでボツ、
もう1人、エベル・ウーゴ・アルメイダ(Par)は現在パラグアイのオリンピアの監督してて
「ちょっと手が離せない」状態なんだとか。


なんだ。消去法で決めてるんか。


現在モンテロッソとは条件を詰めているところだそうで、
それで合意に至れば契約、
そうじゃなきゃ他の誰かを探すことになりそう。
他の誰か、って言われてもねぇ~、はて、誰がいるんだか。


violetちょっと関係ないけれど

W杯予選のホンジュラス – メキシコ戦、
カルロス・バトレスが笛を吹くことに決まったんだそうです。
かあいそ、バトレス。貧乏くじ引いたな。


そしてなぜか聞こえてくるメキシコ方面のブーイング・・・。
他の連盟(多分CONMEBOLのことだろうなぁ)の審判を要請するとかしないとか、
おいこら、それは失礼でしょ!
てか、何焦ってるんだよ!?
最終的にはそんな醜態をさらすようなまねはしないだろうと思うわけですが、
この神経過敏ぶりにはちょっとびっくりです。


まあ確かにCONCACAFの審判のレベルは問題あるかも。
でも、昨日のUCLのアトレティコ対リバプール、
あの審判、てかあの線審もすごかった、ですよねぇ。
ヨーロッパの審判、確かに全体の質は高いですけれど
それでも誤審がないわけでもないんだし。
CONCACAFは審判の研修増やしてほしいけれど、
多分CCLが研修代わりでもあるんだろうなぁ、
こういう大会が増えると、審判のレベルも高くなっていく、はず。
・・・・・・プレーレベルはどうなんだよ、って気もするが。


violet一方、フットサルW杯

W杯はブラジルとスペインの決勝、2-2で引き分けて
PKの結果ブラジルが優勝をさらってしまいましたが、
確かにブラジルは凄かった。
ブラジルだけで2チームできるじゃん!てな選手層の厚さ、
最優秀選手に選ばれたファルカンの華麗なるプレー。
いやぁ、目の保養になりましたねぇ、全く。


さて、ここからが本題。
FIFAのサイトにこの大会のベストゴールってのがアップされてて
一般ネット投票により順位をつけることになってました。
その中に、グアテマラのラファ・ゴンサレスのゴールが(嬉!!


その投票、もう締め切られたのですが、
ラファ・ゴンサレスのゴールが堂々の1位に輝いたのであります。
確かに華麗なフェイントを使ったゴラッソ~なんだけれど、
これはきっとグアテマラの組織票だと思う(笑。
こちらで見られます。
FIFA - Goal of the Tournament



順位は次の通り。

  1. ラファ・ゴンサレス(登録名はホセ・ゴンサレス)(GUA)
    10月7日中国戦
  2. マルセロ(ESP)
    10 月5日チェコ戦
  3. Fathi Alkhoga (LBY)
    10月1日ウルグアイ戦
  4. イクラー・マカエフ(UKR)
    10月12日イラン戦
  5. ミゾ(EGY)
    10月5日中国戦
  6. タオ・ゼン(CHN)
    10月9日ウクライナ戦
  7. セルギー・チェポルニウク
    10月5日アルゼンチン戦
  8. アドリアーノ・フォリャ(ITA)
    10月16日スペイン戦
  9. シュマッハー(Bra)
    10月4日ロシア戦
  10. ディミトリ・プルディンコフ(RUS)
    10月8日日本戦


おめでと~、ラファ。

*タグ/グアテマラ代表 プリミ親分 ラファエル・ゴンサレス(選手)

ぷちニュース No.95 

リーグ戦がない間に聞こえてきたゴタゴタ系移籍ネタとか。

violetフェルナンド・ガロは

いつの間にかスチを辞めてました。ビックリ。
今シーズンは確かに今ひとつだけれど、
昨シーズン大活躍してたのにねぇ~、
スチはウィリー・シムスを補強したからOKと思ってるってことか。


さてそのガロの行く先はミクトラン。
2部Bのクラブで、現在Bグループのトップを走っております。
2位がUSACなので、我が家的にはあまりありがたくない補強・・・。
頑張らなくていいよ、ガロ。


violetシナバフルは

相変わらずやりくりが苦しいようで、9月分のお給料、
先週土曜日にやっとこさ25%だけ支払ったんだそうです。


それに怒った
セサル・アニーバル・トゥルヒーヨ、
アンディ・トンプソン、
ホセ・ダニエル・カンポスの3人が
「こんなところでやってられるかぁ~」
と辞表を提出。辞めてしまいました。


この3人、いずれもスタメンクラスの選手で、
シナバフルにとっては大きな痛手。
さて、どこのクラブがこの3人を獲得するでしょうね?


violet一方ロコは

この前のトリニダード戦で怪我をした模様。
それも右膝靭帯損傷で3~4週間の負傷。


あ、それでトリニダード戦の後半は
ほとんど見当たらなかったんだな・・・、と納得。
多分、ファウルを受けた時に傷めたのではないだろうか。


というわけで、キューバ戦はおろか、
ロホスのCCL残り2試合もプレーできず。
代表ではとりあえずコントレラスかトリゲーロスが代役だと思うけれど、
右のSHがいない、んだよねぇ~、
代わりはやっぱりレギサモンかな。


それにしてもいい話題がないですな・・・。


*タグ/フェルナンド・ガロ(選手) ミクトラン(クラブ) シナバフル(クラブ) セサル・トゥルヒーヨ(選手) アンディ・トンプソン(選手) ホセ・カンポス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ぷちニュース No.94 

violetキューバ戦に向けて

「1人少ない相手に勝てないなんて!!!」
という声がグアテマラ中から聞こえてきております。
でもマトゥラナさんって、ああいうかっちりしたサッカーが得意ですよねぇ。
そういう意味では、すっかり術中に嵌ってしまったのかも。
トリニダード、守備がきっちりしてて、カウンターがはまってましたね。


そういう反省点を次の試合に生かしましょう。
次のキューバ戦、パンドは累積で出られません。
パンドがいないのは痛い、
いやでも、トリニダード戦に限って言えば
いなくても余り変りはなかったような。じゃ、ま、いいか。


代わりに招集されたのがマルビン・アビラ。はあ~?
ボランチの位置のパンドの代わりは、多分チャロ。
トンプソンだけは止めて欲しい。まだマイノル・モラレスの方がいい。


とにかくすかっと勝ってくれやぁ~、キューバ戦。
アウェーだけれど、大丈夫かな・・・。


violetフットサル代表帰国

ブラジルでのW杯に参加していたフットサルのグアテマラ代表、
11日に帰国しましたが、
空港は歓迎の人々でごった返したそうです。
・・・実は小僧も行きたがっていたんですけれど。


さてこの1次リーグの総評がFIFAのサイトに出ておりました。
Lo que dejó la primera fase

世間のびっくりは
B組のパラグアイがポルトガルを押さえて2次リーグに進出したことと
D組のイラン。
イランは初戦のスペイン戦、最初はリードしてたんですよねぇ、
最終的には3-3の引き分けになってしまったけれど。


で、C組にはグアテマラについての一言コメントも。
「嬉しいびっくりはグアテマラ。
 2勝した後の最終戦は、もう少しで
 アルビセレステ(=アルゼンチン)の頭痛の種となるところであった。」


そしてGKのカルロス・メリダが優秀選手として取り上げられています。
実際、すごい活躍してたからねぇ、攻守に渡り。


フットサルっていうのは、空中戦がないし、接触戦もあまりないので、
小柄な選手でも活躍できる余地のある競技なんだそうです。
そのせいなのかな、11人制サッカーでも足技のうまい国が
この大会に多いような気が。
グアテマラも小柄な選手の多い国ですが、
それでも他の国と対等にやれる、ってのが嬉しいですねぇ~。


これで国内リーグもプロ化するかも。
人気が出そうな競技ではあります。


violetウィリー・シムス、スチへ

アメリカ生まれのグアテマラ人FWで
マイアミFC所属のウィリー・シムス、
スチ入りが決定しました。


シムス、過去にはプエルトリコ・アイランダーズ、
ニューイングランド・レヴォルーションなどに所属、
だけどグアテマラでプレーするのは初。


ちなみにスチ、シムスの他に
ホンジュラス人のルイス・ロダスの加入も決まっております。
どうにも調子の出ないスチ、さてこれで立て直せるか。


*タグ/グアテマラ代表 フットサル・グアテマラ代表 スチテペケス(クラブ) ウィリー・シムス(選手)

ぷちニュース No.93 

violetフットサルのW杯開幕

ブラジルで行われるフットサルのW杯、今日開幕しましたね。
開幕戦の日本対ブラジル、ちらりと見ましたけれど・・・(TT)
負けるにも程度ってものがあるでしょ!!!
というか、私が見たのは既に終盤9-1くらいからだったのですが、
もうすっかり受身に回っちゃって、ゴール前でも怖くてシュートできずに
横パス、横パス、後ろに戻す。ヲイヲイ・・・。
11人制だろうとフットサルだろうと、
シュートしたくないです病ってのは健在なんでしょうか<日本
結果12-1の大敗だったようですが、まあまだ1戦、
次に向けてしっかり反省して欲しいです(笑。


さて、この大会に出場しているグアテマラ代表は
明日2日目に登場。初戦はエジプトと。
グアテマラはC組。他には:
アルゼンチン、ウクライナ、中国がいます。
各組、5カ国なんですよね、で上位2カ国が決勝トーナメント行きかな、多分・・・。


CONCACAFからはアメリカとキューバが出場していますが、
アメリカはパラグアイに0-5で負け、
キューバはサロモン諸島に10-2で勝った模様。
グループ突破を目標に掲げるグアテマラですが、
さて、どこまで行けるかな。楽しみです。


violet最年少得点記録更新

グアテマラの1部リーグ、LNFの最年少得点記録ってのは
2001年11月25日にホセ・マヌエル・メンドーサ・オルドーニェスが記録した
16歳と122日、ってのだったんだそうです。


それが久しぶりに更新された、この週末。
ハラパで途中出場し得点を決めたヘルソン・ダニーロ・リマ・ボニーヤ、
なんとなんと15歳と323日だったそうです。
デビュー戦がマテオ・フローレス、そして初ゴールで記録更新。
おお、赤飯炊かなきゃ。
ちなみに誕生日は11月10日。蠍座か・・・。いや、いいですけれど。


ここで15~16歳でゴールを決めた選手達を書き出しておきますか。

  • ヘルソン・ダニーロ・リマ・ボニーヤ(ハラパ)
    2008年9月28日のムニシパル戦、15歳323日で記録
  • ホセ・マヌエル・メンドーサ(コバン)
    2001年11月25日のハラパ戦、16歳と122日
  • フランクリン・リバス・カスタニェダ(テクルタン)
    16歳296日
  • ケビン・アルベルト・メヒア(コムニカシオーネス)
    16歳311日


まあ、若くして得点したからその後もすごい活躍するかって言ったら
あんまり関係ないですけどね。
今までの記録保持者、ホセ・マヌエル・メンドーサだって
今どこで何をしてるんだか。まだ23歳。
サッカー続けてるのならまだまだこれから、って時期ですが。


ヘルソン少年には、今後も頑張って大成して頂きたいですけれど。


violetさて、CCL

GLも今週が第3戦、ロホスはやっとこさホームに帰って
プエルトリコ・アイランダーズとの対戦となります。


この試合で勝たなきゃもう後がないロホス、
この試合、マテオ・フローレスを予定していたのですが、
週末のハラパとの試合であまりにもひどい状態となってしまったため、
監督のオラシオ・コルデーロが「セメントス・プログレッソでやろうよ~」
と言い出しまして、そうなったんだそうです。


フィジカルの強そうなアイランダーズ、
ピッチコンディションが悪いと、ロホスの方が分が悪そうですもんね・・・。
もっとも、明日雨降っちゃえばセメントス・プログレッソだろうと何だろうと
一緒じゃないかい、って気がするが・・・。最近また雨すごいし。


ちなみにロホス、セルビン・モッタとフレディ・サンティアゴ・テイラーが
負傷で出場せず。
ハラパ戦みたいに4トップで戦って、相手の意表をつくってのどうすかねぇ、
オラシオさん?


*タグ/ハラパ(クラブ) ヘルソン・リマ(選手) ムニシパル(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。