スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2節 マルケンセ - シェラフ、ペニャロール - エレディア、USAC - シナバフル 

マルケンセ 2 – 1 シェラフ
8月1日12:00, マルケサ・デ・ラ・エンセナーダ


CCLと掛け持ちで、木曜日の試合のために陸路を往復したシェラ、
更に近いとはいえ、サン・マルコスまでお出かけしての試合は
さすがに厳しかったか・・・。
ちなみに往路は朝8時にシェラを出発して18:30にサン・サルバドル入りしたとか。
そんなんでよく次の日に試合するわよね・・・・・・。


というわけで、マルケンセの楽勝だったのかしらん。
19分にフランシスコ・アギラール、
69分にジョナタン・ロペスが決めてます。


後半はものすごい雨の中の試合になったんだそうで、
中断されるかも?というくらいの激しい雨だったようですが
とりあえず試合は続き・・・、91分、マルケンセが頑張るシェラにPK献上。
エディー・オルティスがこれを決めて、2-1となって試合終了。


シェラは今週木曜日、マテオ・フローレスにてCCLのFAS戦が控えています。
・・・・・・でもって第3節はホームでUとなんだよねー。
FASには全力で、Uとは適当に、という試合運びを期待。


ペニャロール 2 – 2 エレディア
8月1日12:00, ラ・メシーヤ


グアテマラで一番西にあるペニャロールと
一番北にあるエレディアの対戦。
これはシェラからサン・サルバドルの比ではなく、
陸路なら15時間はかかるんではないかと・・・・・・。
国内移動の方が道路も良くなくて大変だったりするグアテマラです。


しかし先制点はその大移動をこなしてきたエレディアの方で、
9分にエンリー・エルナンデスが得点して0-1。


いやでもそこで油断しちゃうのが長旅のなせる業、ってことで
10分、パブロ・カストロが決めて、ペニャロール同点に追いつく。

そこで目が覚めたエレディア、
前半終了間際の45分、今度はネリー・ゴドイが決めて1-2と再びリード。


後半は79分にオルベリオ・マサリエゴス(ってペニャロールです)が決めて同点、
その後モクテスマ・セラトが決めて3-2でペニャロール勝ち越しかーーー!
と思ったらオフサイドだったそうです。ちゃんちゃん♪


Usac 1 – 0 シナバフル
8月1日12:05, レボルーション


今シーズンはかなり戦力ダウンしている感じのあるUですが
そんなUを相手に引きこもるシナバフルって・・・・・・。
もっとも先方は控え選手を4人しか連れてきていないという。
貧乏クラブ同士の悲哀に満ち満ちた試合でしたね・・・・・・。


Uはプリエゴやメッチェの抜けた中盤がズタボロで
前線にいいボールが全然入らない。
タイソンがいなくなったのも大きいし・・・。
クレマもロホスも先発で使わないんだったら返せ!


それでも愚直にボールをつなごうという意気は買うけれど、
DFもやっぱり安定感に欠ける。
これは時間をかけて良くなっていくのを待つしかないのかしらん・・・・・・。


という、あくびが出るような90分が過ぎ、
こりゃノーゴールで終わりだね、と思った92分。
シナバフルのエリア付近でUがFKをゲット。
これをカルロス・カミアニ・フェリックスがバスン!と決め込んで
U、まさかの勝利ー!!!


次の試合はもうちっとマシな試合を期待してはおりますが。


それにしてもこの試合のテレビ放送、
画面が2重に映っていて、
各選手は陰武者を引き連れてプレー、
ピッチにはなんと44人の選手が・・・・・・。
お陰で目が回った(@_@;)


*タグ/マルケンセ(クラブ) シェラフ(クラブ) ペニャロール(クラブ) エレディア(クラブ) USAC(クラブ) シナバフル(クラブ)

スポンサーサイト

リギージャ ロホス- Usac 

ムニシパル - Usac (2nd.leg)
5月2日11:00、マテオ・フローレス
主審:オスカル・レイナ



1st.legは3-2とUsacの勝利に終わりましたが
開幕チャンピオンのロホスとしてはここで軽く相手をかわして
準決勝に進みたいところ。


前半は一方的なロホスの試合で、
ロコがゴールを決めて1-0となったけれど、
もっと追加点が入っててもおかしくないシーンがあって
見てる私達は冷や汗たらたら。


しかし選手交代をした後半はUが主導権を取り始め、
特に後半はペネドの大活躍がなければ同点になっていたはず。
試合後のペネドのすかっと嬉しそうな顔が何よりもそれを物語っていたなぁ。


途中退場もあり、波乱もあり、
どちらが勝ってもおかしくない試合ではありましたが、
開幕チャンピオンのロホスに一日の長があったかな。
最後の最後に追加点を決められて2-0で試合終了。


いやでもUの皆は良くやった!
来シーズンの更なる飛躍を期待しちゃいますです。





  • 11:03  リギージャ、今日は11時から2試合。スチーペニャロール、ロホスーUsacの2試合が同時に行われます。当然ながら見るのはロホスとUの試合。

  • 11:05  UのFWセルビン・モッタは先日怪我して、復帰には5ヶ月ほどかかるとか。ついてないなぁ~、モッタ。

  • 11:07  発炎筒の焚きすぎで試合が始められない・・・。ロホスインチャ、バックスタンドでものすごい量の煙を吐き出しています。もくもくもく。あ、試合開始也。主審はオスカル・レイナ。

  • 11:11  FKの時にスプレーで線を引くのにちとモタモタするレイナ。まだ慣れてないからね・・・。

  • 11:13  ロコのゴール。深めの位置から縦クロス、ロコにきっちり渡ってシュート。ぶーぶー。

  • 11:24  う~む、しつこい奴だなぁ、ロコ。UがDFラインでパスを回してかわそうとするんだけれど、あっちにワンワン、こっちにワンワン。ボールを追いかけてどこまでも。

  • 11:27  両チームのスターティングメンバー。ロホス:ペネド、ビデス、ノリエガ、フローレス、ブランコ、ゲバラ、チャロ、ゴンサレス、カスティーヨ、ロコ、クロッサ。U:モッタ、アギラール、メルガル、ロペス、パカヤ、スイシェル、バリオス、ファルファン、ソラレス、カミアニ、タイソン。

  • 11:37  Uはやっぱりフリアン・プリエゴがこの前の試合の怪我で出場できないの、あ痛たたたたっ!って感じ。プリエゴからラストパスが出ること多いチームだからなぁ。プリエゴ削ったフィゲロアは許さぬ。ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!

  • 11:53  前半終了、1-0でロホスリードなう。

  • 12:11  後半開始。Uは2人交代です。プリエゴ!とモレノが入って、ファルファンとソラレスがアウト。お~プリエゴ~、足は大丈夫か!

  • 12:27  ロホスエリア付近の臭いファウルは全部流しちゃうなぁ~、オスカル・レイナ。タイソンが半月付近で倒されたのに流され、怒るタイソン。KOしたれーー。いや、KOになったのはモレノでした。足を傷めてアウト。代わりに入るのはメッチェ・バスケス。

  • 12:32  Uというのはポンポンとパスを繋いでサッカーを作る、ちょっと前のロホスのようなサッカーをするんだけれど、ロホス、そのパスカットのために中盤が活躍していて、Uはリズムを作れないまま。

  • 12:36  でロホスはパスカットしてからカウンター。いつからこんなチームになっちまったかね。

  • 12:39  ロホスはパラグア・ゴンサレスを下げてカルロス・フィゲロア。あちゃー、パカヤがイエロー2枚目ゲットで退場になっちゃいました。いや、その前のビデスのがファウルだろ・・・。

  • 12:46  タイソン、惜しいっ!あ、ロホスはクロッサを下げてDFのヒロンを入れてますが、ヒロン、ちびっ子タイソンにヘッドで競り勝てず。でもボールはちょっと外れてしまった・・・

  • 12:49  ああカミアニ・・・。相手DFの裏を取って一対一、しかし、ペネド。何度邪魔をしたら気が済むんだこら。

  • 12:50  この時間帯、Uが押し込んではいるんだけれど、ゴールを決められない。ロホスはこんなよたよたDFで大丈夫なのか、と相手のDFを心配する余裕を見せる私。

  • 12:52  ロホス、最後の交代はDF強化。カスティーヨを下げてマニア・アルビスーリス。

  • 12:55  ぐあああ、何をやっとるんだ、こらっ。オットー・バリオス、2枚目イエローで退場。UボールのFK、フィゲロアが横からやって来てボールを奪い、蹴ろうとしたのでバリオス押し倒してイエロー。フィゲロアにもイエローだけどさぁ

  • 12:56  どちらにしても、フィゲロアは許さん。この前の試合といい、この試合といい ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!

  • 12:59  むう、またしてもペネド・・・。時間は92分、残り2分くらい。モッタも上がってはい、キック~!

  • 13:01  モッタ上がりすぎてボールを奪われ、ロホスのカウンター。モッタが戻りきれずにロホスの追加点でござい。はあ、でもこれは仕方ないよ、よしよし。

  • 13:02  あと1分くらい残ってたけれど、このゴールで試合終了。Uは良く頑張ったと思うので負けても満足。来シーズン頑張ってくれ~。問題はお金のない貧乏クラブってことなんだけれどさ。ロホスはもっとしっかりしないと・・・

  • 13:04  というわけで2-0で試合終了、総合4-3でロホスが勝ち抜き、次はクレマとの対戦也。もう1試合はスチが2-1でペニャロールを下し勝ち抜き。次はシェラフとの対戦。


Powered by twtr2src.



*タグ/ムニシパル(クラブ) USAC(クラブ)

リギージャ Usac - ロホス 

Usac - ロホス
4月29日20時、セメントス・プログレッソ
主審;ワルテル・ロペス



閉幕の最終節と同じ顔合わせになりました。
4位のロホスと5位のUの対戦。


Uとしてはまずは降格を免れることが大切だったわけで
リギージャはグリコのおまけのようなもの?な気がするけれど
だからと言ってそう簡単に負けておしまい、てな訳にもいかんでしょう。


と思っていたら前半の内に3点取って3-0。
ビックリ仰天していたのですが
後半、フィゲロアの野郎がプリエゴを削って負傷退場、
ロホスが選手交代をしてからは流れがロホスに。
それでも3-2で勝ったんだから上出来かな。


フィゲロアだけは、丑の刻参りしたるーーー(怒)。





  • 20:06  メキシコ風に言うところのリギージャ、Uとロホスの試合が間もなく開始。Uのきゃんぱすが学生に占拠されててスタジアムが使えないためセメントス・プログレッソスにて試合。

  • 20:27  Uのゴール!!!やったねぇ~、プリエゴのナイスなパスが起点、タイソンが決めて、Uが先制~

  • 20:27  いやしかし、ゴール決めた後、足傷めたの、タイソン?

  • 20:33  タイソン、大丈夫みたいです。その後もUにいいシュートがあるんだけど、契約を3年延長したばかりのペネドが止めやがる。こらーーー

  • 20:39  ロホスはこの試合、ロコが累積で出ていないのがどう出るか。ロホスが後半なんとか盛り返すことができたのは、ロコの活躍によるところが多々。いや、私的にはいないでいいですよ、ロコちゃん。

  • 20:44  さっきから大活躍のペネド。うーむ、ロホスは中盤が緩すぎる。スピードもないしな・・・。いや、私的にはその方がいいんですよ、ロホスの皆さん。

  • 20:50  Uの追加点!今度はカミアニ~、やったね!

  • 20:51  えーと、プリエゴ、今日は2アシストですか。いや、カミアニのゴールはブランコがクリアーし損ね、ペネドもキャッチし損ねだから、ブランコのアシスト??あ、HTです。

  • 20:54  HTの間にその他の情報を。昨日の昼間に行われたリギージャのもう1試合、ペニャロールとスチの試合は1-1で引き分け。という訳でスチが若干有利になりましたとさ。

  • 20:57  そのペニャロールのガイジン助っ人3人、モクテスマ・セラト、ポンピリオ・カチョと何とかロペス、この試合には出てません。彼ら曰く「ペニャロールを降格から救ったらリギージャには出られても休暇を取れる」という契約を結んでいたんだとか。

  • 20:59  ところが、監督のカスティーヨも会長も「そんな話は知らん」そうで。でも3人、練習にも顔出さないんだから、試合に出れるどころじゃありません。誰も3人の行方を知らない、って、えーと、誘拐されたんじゃありませんよね。何しろ麻薬組織の活動圏だからな、ラ・メシーヤ。

  • 21:17  ちと他の用事こなしてました。後半始まって既に8分。

  • 21:19  あ~、さっきフィゲロアのスライディングを受けたプリエゴ、足を捻挫してダメみたいです。くぉらああああフィゲロア~!!代わりにミゲル・ファルファンが入る模様。

  • 21:21  おおおーーー、3点目だ!!タイソンの見事なミドル、うっひゃー、目が覚めたよ。いや、覚めてましたけど。

  • 21:24  えーと、ロホス2人交代。フィゲロアとオリバがいなくなって、ロコとカスティーヨ。あれ、ロコって累積じゃなくって怪我で先発してなかったんだっけか。

  • 21:25  Uはソラーレスを下げてメッチェ・バスケス。

  • 21:29  お、ロコのゴールかと思ったら。ロコ、手で落としてましたねボール。なわけで、オマエ、そんな顔して抗議するな、こら。

  • 21:31  さっきのペニャロールの助っ人3人組の話の続き。で、皆が「身代金払えとか言われるんじゃないか」と脅えていたところ、その3人が何事もなかったようにひょっこり戻ってきたとさ。さて何だったんでしょうね?とりあえず週末の試合にはこの3人組が出場する模様。

  • 21:32  むぅ~、今度こそロホスのゴール。FKにカスティーヨが合わせました。ぶーぶーぶー

  • 21:33  にしてもロコが入るとやっぱりロホスはぴしっとする。中盤から前でのロコの動きってハンパじゃないもんな。

  • 21:44  ロホス3人目の交代はクロッサが下がってティティマン・アビラ。

  • 21:48  おっつー。よそ見してたらやられちまったか・・・。またカスティーヨ?ちーー。3-2になりました。

  • 21:49  そしてUは最後の交代。カミアニが下がってホスエ・ロアルカ。

  • 21:54  ん、ん、ん、惜しいっ!ロホスゴール前でのピンボール、最後はアギラールがシュートしたんだけれど、ペネド~!止めちゃダメ。

  • 21:58  おいおいおい~。ロホスがファウルしたんだから、最後のFKくらい蹴らせろ~、ワルテル・ロペス。そのまま試合終了、3-2でとりあえずUの勝ちぃ~♪


Powered by twtr2src.



*タグ/USAC(クラブ) ムニシパル(クラブ)

第6節 Usac - クレマ & ロホス - シェラフ 

Usacとクレマの試合が15:05、
ロホスとシェラフの試合が16:00開始なので、一部レポが重なっております。


Uの試合のテレビ中継があるかなぁ~と期待していたのですが、
あったのはロホスの方だけで、Uの方はラジオで聞いていたのですが、
でもUとしては会心の試合だった模様。


ロホスの方は、本当にどうしちゃったんだろうかという最悪の出来。
コンビネーションが全然なってなくて、中盤はシェラフに負けっぱなし。
これが開幕チャンピオンだなんて、寂しすぎる。


ので、今後頑張って下さい。


シェラフはお金に余裕のあるクラブらしく、
いい選手をちゃっかり補強していて、
開幕も優勝しておかしくなかったのにできなかったものだから、
今度の閉幕にかける気合いが違いますな。


冬の補強で獲得したコントレラスがいい仕事をしていて、
閉幕シーズンの優勝候補筆頭間違いなし。
1試合少ないにも係わらず、通期の勝ち点はダントツだったりするし。
今後もちと注目してみようかと思います。


テレビ放送さえあれば。




  • 14:37  小僧達、今日はクレマとの試合で1-1の引き分け。後半、入ったと思ったおしいシュートもあったんだけれどなぁ。それにしても、クレマの保護者にはムカツク。

  • 14:37  そしてもうすぐ始まるのがUとクレマのAチームの試合。さてこちらはどうなることやら。

  • 14:39  そう言えば、クレマって子供達でも体格のいい子が多くて、接触プレーを全然怖がらない。小僧みたいにちょっとでもぶつかるのがイヤなヤツは、こういう相手とはまともなプレーにならないのであります。

  • 15:07  むかー。Uとクレマの試合も生中継なし。仕方がないのでラジオをつける。

  • 15:08  今日は小僧達、ユニを来てスタジアムに行けばタダで入場できる、って話だったんだけれど。宿題が終わってないからダメ。

  • 15:09  試合開始。

  • 15:10  クレマのインチャ、武器(って何?)を持参でスタジアムに来たところ、入場を拒否されたとか。揉めなきゃいいけど。

  • 15:13  試合始まったと思ったら、いきなりCMって・・・。どーなってるんだEmisoras Unidas

  • 15:15  CMから戻ってきたところでゴールのコール。アレオラにやられたのか・・・。がっくし。

  • 15:18  さっきからラジオで喋っているのは今やってる試合の話じゃなくてもちっと後から始まるロホスとシェラフの試合のことばかり。Uなんか負けてアタリマエだって言うのかーーー(まあそうかも、だけれど)。

  • 15:25  またCM。マジでどーなってるんだか、Emisoras Unidas。スポンサーの手前があるのはわかるけれど、これじゃあ誰も聞いてくれなくなるんじゃないの

  • 15:27  てか、この試合はラジオでもナマ中継してるわけじゃなくて、得点があったら中継がある、ってことなのかな。仕方がないのでRadio Universidadにチェンジ。

  • 15:32  Uのゴール!タイソンが決めたらしい。ゆっぴー、これで1-1の同点。

  • 15:48  おお~、Uの追加点!モッタが持ち込んでシュートしたらしい。いぇーーー、ラジオではマリンバの音楽でセレブレーション。

  • 15:50  2-1で前半終了。ここで試合終わりになったらいいのにw

  • 16:00  前半は、最初の内はクレマの方が良かったけれど、段々Uが押し返していった、ってな展開だったらしい。Uは4-3-3でプレーしてる、という話だけれど、まじか~。

  • 16:02  テレビをつけました。ロホスとシェラフの試合。前半は音なしで観戦、Uの試合が終わるまではね。

  • 16:03  シェラフのアウェーユニは上から白、赤、白になったのね。ペニャロールかどこかのユニみたいに見えるよ

  • 16:04  Uは後半頭からカルロス・カミアニ・フェリックスが入る模様。ちなみに、この人のフルネームはカルロス・カミアニ・フェリックス・スエナガっていうらしい。ひょっとして日系なんでしょうか。

  • 16:05  Uークレマ、後半開始。爆竹の音がものすごい

  • 16:09  ロホスーシェラフ、シェラフのゴール。深いところからパスを繋げて、最後はガロがシュートっ!シェラフの方がパスワークよろしいですな。

  • 16:12  ロホスーシェラフ。そうは言っても、ボールを持つ時間がながいのはロホスの方だったりする。しかし、シェラフはエリア内しっかり守っているし、パターソン相変わらず迫力があって怖いよ。

  • 16:13  Uークレマ。がーーーん、クレマのゴール。コットが決めたらしいです、はい。

  • 16:24  ロホスーシェラフ。さっきからシェラフが深いところまで攻め込み、ロホスDFが必死でクリアーというシーンが続いているんですけれど・・・。ロホスの両サイド、攻め上がったまま帰ってこないよ~。

  • 16:28  ロホス-シェラフ。ロホスもう選手交代。ヒロンが下がってマルビン・アビラ。23分かな。怒ったヒロン、ベンチに戻らずロッカールームへ直行。

  • 16:30  あらら~、ラジオの生中継がプッツン。携帯電話で放送していたようで、多分バッテリーがなくなった・・・?

  • 16:32  うわーーーー、マテオ・フローレスのスタンド、すっごいガラガラ。バックスタンドはいつものインチャグループ以外には誰もいないし・・・。こりゃまた赤字かいな。

  • 16:33  あーやっと、ラジオが復活。まだ2-2みたいです。

  • 16:41  ロホスーシェラフ。アルゼンチン帰りのホセ・コントレラスのプレーを見るのは初だけれど、以前のひ弱さがなくなって、しっかりチームの中心になってるねぇ~。頼もしい。

  • 16:46  Uのゴーーーーーーール!!!後半から入ったカミアニが決めたっ!またしてもマリンバでお祝いするラジオ。85分くらいらしいです。

  • 16:49  ロホスーシェラフ。そう言えば、ヒロンがいなくなったロホス、DFラインにはビデスが下がって、ビデス、ノリエガ、フローレスの3バック。この3バックが試行錯誤してるようで、だから勝てないんじゃないかという気がするんだけれど。

  • 16:52  Uークレマ。3-2のまま、90分経過。追加2分。ロホスとシェラフは前半終了、1-0です。

  • 16:55  Uークレマ。試合終了、3-2でUの勝ち~!わーーー、意外な結果にびっくり。クレマってアウェーで強いのに。

  • 16:59  むぅ。入れなかったクレマのインチャ、付近の車のガラスを割ってるとか言ってますよ。やだやだ・・・

  • 17:01  小僧が宿題でパソコン使うので、しばらくTsudaれません。にゃあ。

  • 17:23  PCちょっと取り返しました。ロホス-シェラフ。ロホスは後半フィゲロアを下げてパラグア・ゴンサレス。これで結構いい勝負になってきたかな。ロホスがボールを持つ時間が増えてきた。ちなみに前半はシェラフのボール支配率が52%。

  • 17:25  ロホスーシェラフ。60分、クベロが後ろからゴンサレスに突っ込み、ファウル。これがカードもののファウルだったんだけれど、カードでず。クベロ前半1枚もらっていたので、カードならもう退場だったんだけれど。

  • 17:27  ヒートアップするロホスインチャ席。すごいボリュームだ・・・。一方シェラフはクベロを下げるみたいです。そりゃそうかも。

  • 17:30  ロホスーシェラフ。クベロが下がる時はものすごいブーイングとクベロコール。歌を歌っているのはどっちの応援なんだろ。

  • 17:39  ロホスは3人目の交代、カスティーヨを下げてカルロス・モラレス。あまり選手交代をしないアベルゲル監督ですが、この試合はちょっとひどいもんな。

  • 17:40  さっきから一人でファウルを受けまくっているダーウィン・オリーバ。速さについていけないDFがスライディングで止めているわけなんだけれど。

  • 17:43  78分、アビラの縦のクロスにカルロス・モラレスがフリーでヘッドするけれど、アタリが弱くてパターソンが簡単に拾う。いやしかし、一番形になってる攻撃でした。シェラフのDFも時々ひやりとすることあるなぁ。

  • 17:44  シェラフはコントレラスを下げてネストル・フクップ、ガロを下げてミルトン・レアルと守備強化。さてあと10分。

  • 17:46  モラレスが縦にふわっと入れたボールにクロッサとパターソンが飛び込み、パターソンがボールに触って毀れる。シェラフDF、懸命にかき出して、首の皮一枚繋がった。

  • 17:47  後半の後半はロホスがずーーーっと押し込んではいるんだけれど。ちょっと運もないかもな、ゴールが遠い。

  • 17:53  フクップと誰かでワンツー、フローレス、堪らずハンド。エリアちょっと手前でまだラッキー。そのFKから続くプレー、右サイドからの強烈なシュートはペネドが弾く。

  • 17:57  93分、ジョニー・フローレスが2枚目イエローで退場。さっきから相手の攻撃にさらされ続け、上がったり戻ったりで大忙しだったからなぁ~。お気の毒。

  • 17:58  試合終了。ロホス、ホームで0-1での敗戦。ペネド、ポストによりかかってじっと俯く。


Powered by twtr2src.


*タグ/USAC(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) ムニシパル(クラブ) シェラフ(クラブ)

第3節 Usac - マルケンセ 

第3節6試合の内、5試合が土曜日、この試合だけが日曜日。
Usacとマルケンセ、第2節までいずれも引き分け2試合の勝ち点2、
特にホームのUは勝ち点のほしい試合だったのですが、
最初はマルケンセの方が全然良くて、一体全体どうなるかと思った・・・。


しかも後半、不可解な2枚目イエローでメルセデス・バスケスが退場となり、
これで万事休すか・・・と思ったのだけれど
まさかのスイシェルがボールを受けると数十mを独走、ゴールを決めて救世主となったのでありました。


それにしてもUの得点って、何だかいつも試合がそろそろ終わるよー、って時間帯だよね?
心臓に悪いから、もっと早い時間に決めて頂戴。


  • 小僧チーム(UsacのU-13)、今日はデポルティーボ・ケツァルを相手に7-0の勝利。相手は今年から始めたばかりのチームなんだけれど、今シーズンまだ1ゴールも上げていないとか。確かにチームプレーができてなかったもんな・・・。 posted at 14:16:51

  • Usac対マルケンセ、試合開始~!主審はダビッド・エスパーニャ。 posted at 15:06:40

  • どうもマルケンセの方が良さ気である。がんばれU~! posted at 15:27:05

  • はあーー、やばかった。左サイドからのマルケンセのクロス、走り込んで蹴ったボールがGKの正面だったから良かったけれど。やっぱりどうも力負けしてるよなぁ。 posted at 15:29:54

  • 前半30分過ぎからUが少し押し返し始める。いやしかし、ノーコンな奴らだなぁ。クロスもシュートも全然枠に飛んでませんけど。 posted at 15:41:21

  • Uはここまで2試合、相手に先制されながら、終盤なんとか同点に追いつくという渋すぎる試合を続けており、どうもリズムに乗り切れないまま。この試合もどうもツメが詰まらないような・・・。 posted at 15:46:42

  • 前半終了。0-0のままの退屈な試合・・・。 posted at 15:50:25

  • 後半開始。マルケンセは1人選手を交代した模様。さて誰と誰が代わったんだか。マルケンセの選手はよくわからないよぅ~。 posted at 16:09:40

  • うわぁ~、残念。左サイドからタイソンが高く蹴り上げたボール、クロスバーにぶつかっておしまい。 posted at 16:17:32

  • うーむ、訳わからん。ファウルしたのはカルクスっぽいんだけれど、主審はメルセデスにイエロー提示、メルセデスは2枚目イエローで退場。大丈夫か、エスパーニャさん・・・。 posted at 16:25:11

  • やっとゴール!!!82分、深いところから中央に出たボールをスイシェル(!)が拾って駆け上がり、正面から落ち着いて決めて先制!!! posted at 16:49:16

  • それにしても、プンタにいたのがスイシェルって、どういうこと?モッタとか、何してたんでしょうね? posted at 16:50:08

  • 試合終了。Usac 1, マルケンセ 0。スイシェル、エライ! posted at 16:56:56

  • それにしてもエスパーニャさん、カード出しまくりの試合。私が数えただけでイエロー10枚とレッド1枚。 posted at 17:01:36


*タグ/USAC(クラブ) マルケンセ(クラブ)

第11節 Usac - エレディア 

Usac – エレディア
9月26日15:35, レボルーション
主審:ルベン・カステヤーノス



エレディアは現在7位、Usacは9位と
どちらも今一つか今二つくらいの成績ですが、
Uとしては、昨年の6月だったかの昇格戦の恨みを果たしたい相手。
なんつってもPK戦までして試合には勝ったのに、
わかったようなわからないような、
とにかく納得のいかないルールを適用されて敗戦となってしまったわけで。


そんなわけで、私的にはリベンジ戦(しつこい?)
多分選手達はそんなこと思ってないだろうけれど。


Usac
GK: ハイメ・カルバハル
DF: パカヤ・ゴンサレス
DF: パブロ・メルガル
DF: フアン・ルベン・ロペス
DF: ルイス・スイシェル
MF: オットー・バリオス
MF: クリスティアン・カルクス(81’ ルベン・エスキベル)
MF: ホスエ・ロアルカ(69’ ホセ・ルイス・ロサレス)
MF: カルロス・メルセデス・バスケス
FW: ベルナルド・ソラレス(54’ エルウィン・アギラール)
FW: カルロス・カミアニ
DT: ラファエル・ロレド

ほ。Usacのユニが変わった。
メーカーが変わったようで、さて、どこなんだろう。
基本的には同じデザインなんだけれど、紺地に細い白のラインが入って、
へえええ~、サッカーのユニにしては、ちとおしゃれかも。


スチ
GK: パピン・エストラダ
DF: ネリー・ゴドイ
DF: アドゥルフォ・コントレラス
DF: ウワルド・ペレス
DF: ロニー・グスマン
MF: ロイ・ポサス
MF: ワルテル・リナーレス
MF: セルビン・デ・レオン(56’ マリオ・アセベド)
MF: リサンドロ・ペレス
MF: フレディ・ガルシア(77’ エディソン・エストラダ)
FW: マリオ・カステヤーノス
DT: フアン・カルロス・エリアス





久しぶりに雨季らしい雨の降った今日の午後。
気温は20度、湿度88%、気圧1022HPaとかで
試合開始時も小雨が降り続いており、
かなり肌寒いグアテマラシティーで、私たちも上着着用でテレビ観戦。


立ち上がりはエレディアの方が良い感じ。
ボールを持ってる時間もエレディアの方が長いんじゃないかな・・・、
しかし先制はUsac。
相手エリア付近、左サイドに毀れたボールを拾って左足一閃。
これがサイドネットに突き刺さるゴールとなって、ちょっと呆気に取られたくらい。
こうして先制点はUsacとなったのでありました。


その後も結構互角かなぁ。
どっちかというと、Uの方が相手ゴールへのシュートが多いかなぁ、
ゴールを決めたロアルカ、右サイドにいるソラレスがなかなか元気で
見ていて気持ちよろしい。


あまり特記することのないまま時間が進むが・・・、
26分、クロスが上がってカミアニが飛んだ!けど空中で体勢が崩れて・・・、
はあ、ボールを競ったロニー・グスマンが押してるよなぁ、
グスマン、飛ばずに地上に立ったままで、それで押してるから、PKでしょ?
しかし、笛が鳴らないんだよなぁ~、まったくもう。


30分には右サイドのタッチライン際からカミアニがクロス、
ソラレスが走り込むが、残念、パピンが弾きやがる。
その後もパピンが弾きやがるシーンがあって、追加点ならず。


少し陽が射し込み始めた我が家ですが、画面の方は何だかまだ寒々。
スタンドは何やら賑やかですが。
いや。陽が射したのは数分のことで、その後はまた雲が流れて行くのが見える寒い一日。


UサイドでのFKは最近好調のフレディ・ガルシアが蹴るわけで、
リーグデビューはUだったというフレディ、
久しぶりのピッチだろうけれど、今日だけはゴール決めてくれるな。


とりあえず前半は1-0で終了。
欲しいよう~、追加点。





とりあえず、雨、上がったそうです。また降るかもだけど。
エレディアボールで後半キックオフ。


かなり降った雨だけれど、ピッチには水溜まってないし、
水が跳ねることもなくって、結構水はけの良いピッチだったのね・・・、知らんかった。
まあでもプレーする選手たちにとってはどうなんでしょう。
つるりと滑るシーンはないけれど、足を取られるシーンは若干あるかも。


うーむ・・・。50分、ルーズボールを競った2人が足を高く上げるが、
メルセデスの足の方が長かった?相手を蹴飛ばしてしまって、
これで2枚目イエロー。あーーーー。
仕方ないかもしれないけれど、さっきのPK取らなかったんなら、
これくらいは見逃してくれっ!!と言いたくなる私。



こうして両チーム選手交代。
Uは今日いいプレーを見せていたソラレスを下げてエルゥイン・アギラール、
エレディアは怪我上がりのマリオ・アセベドおじさんが入る。
アセベドはエレディアでのデビュー戦。初々しい・・・・・・。多分。


アセベドをマークするのはロペスかな。
この2人、どちらも以前はロホスにいた選手。一緒にプレーしたこともあるらしい。
私としてはもちろんロペスに頑張ってほしいのであるわけですが、
フレディとアセベドのコンビが揃ってるってのは何気に怖いですな。


さてさて、こうして押し込まれる時間の長くなったU。
最近はボールもイレギュラーするシーンが多くなって
ゴール前でひやりとするシーンもあってみたり。頼むよ~、カルバハル。


それでもなぜか枠に飛ぶボールってのはUの方が多い。
62分にはコントレラスのファウルでFKをゲット、
ロペスの蹴ったボールはいい位置に飛んで行くんだけれど、
またしてもパピンの野郎が止めてしまう。


64分はスイシェルがクリアーしようとしたボールが
自分ちのゴールに一直線。
ひやっとしたもののカルバハルがナイスクリアー。
とにかくこれもUのシュートには違いあるまい。


67分、最近仕事の増えてきたカルバハルがカステヤーノスのシュートをキャッチ。
ゴールライン際まで行ったリナーレスが戻したボールを蹴ったカステヤーノス、
いやしかし、このままじゃいつかやられちまうよっ!!


というわけで、69分、Uの選手交代。
虎の子1点を決めたロアルカが下がってホセ・ルイス・ロサーレス。
中盤で相手にやられすぎているので、そこを何とかしてくれたまえ。


Uは10人中9人が自陣にいて、
トップに残るカミアニも、そんなに深いところまでは上がらない。
んなわけで、Uのチャンスは勢いセットプレーになっちまう。
入りそうで入らないですな、どちらも。


ロサレスが入ってUがボールをも少し持てるようになり、
アセベドおじさんのところまではボールが届かなくなってきた。
よしよし、その調子であと15分・・・・・・。できれば追加点・・・・・・・・・・。


でも77分、リナーレスが裏に抜けて蹴りこみ、同点。
あがーーーーーー。
ロペスが後ろに残っていたので、オフサイドもないしな。ちえ。


80分、ロングボールに走り勝ったカミアニ、
他に誰もいないからとりあえずシュートしてみるんだけれど、
またしてもパピンの野郎が・・・。


83分にはまたしてもDFが裏を取られれてカステヤーノス?が
ゴールへ向かって一直線~!!しかしこれはカルバハルが弾く。
その直後もロイ・ポサスが思いっきりのロングシュート、
ポストに当たって跳ね返ってくれたけれど、いやはや全く・・・・・・。


えてしてこういう試合は1人少ない方が頑張っちゃうものだけれど
1人少ない時間が長すぎるかもなぁ、はああ、せめてこのまま引き分けてくれ。


88分、またしてもエレディア、右サイドからのクロスに
リナーレスが飛び込んでヘッド、これもカルバハルが正面で弾いて何とかかんとか。
いやはやもう本当に何でもいいから、凌ぎきれ~!!!


追加は3分。
91分、エレディアゴール前に毀れたボールにエスキベルが走り込む。
残念ながらボールはポールの外を通過してしまったけれど・・・、行け行けバーモス!
最後の最後にもエスキベルが相手DFを2枚かわしてシュート、
しかし、しかし、パピン・・・・・・。


両チームともGKが頑張った試合でした。ってことで1-1の引き分け。
次、頑張るぞー!!


*タグ/Usac(クラブ) エレディア(クラブ)

第7節 Usac - ハラパ 

Usac – ハラパ
9月5日15:35, レボルシォン
主審: ネルソン・レオナルド



今にも雨が降り出してもおかしくないグアテマラシティー。
向うの方では稲妻が光っていて、急いで洗濯物を取り入れました。
さて、この両チーム。どちらも好きなチームなのですが、
現在の順位は10位と11位のブービー争い。
両チームともも少し上に行って頂戴。お願い。


Usac
GK: ハイメ・カルバハル
DF: ルイス・スイシェル
DF: パブロ・メルガル
DF: フアン・ルベン・ロペス
MF: カルロス・メルセデス・バスケス
MF: パカヤ・ゴンサレス
MF: オットー・バリオス
MF: ミゲル・ファルファン
MF: フリアン・プリエゴ(59' マリオ・ナバス)
MF: フリオ・エンリケス・メヒカーノス(56' ルベン・エスキベル)
FW: エルナン・トーレス(71' エルナン・トーレス)
DT: ラファエル・ロレド

カミアニが累積で出られないので、
いよいよカミアニ以外が得点することができるのか!
というのが注目ポイント。代役はトーレスです。
地味にGKも変わっていて、今日はハイメ・カルバハル。
やっと出てきたか、カルバハル。


ハラパ
GK: リカルド・ヘレス
DF: アンディ・トンプソン(69' アンヘル・サナブリア)
DF: ネルソン・モラレス
DF: マルセロ・ゴンサレス
DF: セルビン・マロキン
MF: エディ・オルティス
MF: オスマル・ロペス(51' ジミー・バリオス)
MF: フリアン・チャコン
MF: バイロン・ケベド(57' グレゴリー・ルイス)
FW: ロドリゴ・デ・レオン
FW: ミルトン・ヌニェス
DT: フリアン・トゥルヒーヨ

今週からハラパに入団したばかりのアンディ・トンプソンが
早くもスタメン入り。
お陰でエディ・オルティスは本職のボランチに戻れるし、
フリアン・チャコンももう少し上目でプレーできる。
いやでもマリオ・ピニェイロがいませんがな。
確か怪我をしたという話だったと思うわけですが、
ハラパにとってはこれは痛い。
いや、でも、この試合だけはUに勝たせて。
次の試合から連勝街道突っ走ってくれたまえ。





立ち上がりは互角ですかね。
ボールを回して攻撃を仕掛けるハラパと
ボールを奪った時点で一気に速攻になるU。
ボール捌きはやっぱりハラパに一日の長があるような、
でも今日のUはファルファンが少し上がり目のような気がします。
個人的にはカミアニとトーレスの2トップが見たいよぅ~。


あまり特記することのないまま過ぎてゆくなぁ・・・。
25分頃から、何だかUが良くなってくる。
今日は少し上がり目のファルファンが何本か良いパスを通しだし、
30分にはそのファルファンのパスからメルセデスがどっかんと決めてUが先制。
第7節にして、やっとカミアニ以外の選手がゴールを決めてくれて、嬉しい。


先制することは多いんだけれど、その後何故か追いつかれ、
追い抜かれることも多いのがU。
後半もこの調子で行けるといいんだけれどなぁ、
それよか前半だけでもリードは守りきれるんだろうか。


タイソンをマークするのはスイシェル。
スイシェルが頑張っているお陰で
タイソンにはまともにボールが入らない。
その代わり、前線に人数が増えてくると厳しいかもなぁ~、
今のところはメルセデスもパカヤも上に下に走り回っていて人数的不利になることはない。
と思ったら42分、ロドリゴ・デ・レオンにボールを奪われ、
スイシェルったら何故に?デ・レオンの側にいてタイソンがフリー、
いやでもスイシェルが必死にタイソンに戻って、タイソンの足元に渡ったボールをクリアー。


久しぶりに見るトーレスはあまりキレもないし速さもないかも、
まあでも、トーレスって昨シーズンはカミアニとのコンビだったわけで、
トーレスがボールを落としてカミアニが決める、
カミアニがクロスを上げて、トーレスがヘッドで落とす、
そんな感じのいいコンビだったんだよねぇ。
トーレスにはそういうパートナーがいないと生きてこないのかも。


1-0のまま前半終了。





選手交代のないまま後半開始したけれど、
ハラパは51分にロペスを下げてジミー・バリオス。
オスマル・ロペスと言えばロホス戦で活躍したのを覚えているけれど、
サイドに人を集めるタイプのUに対しては、あまり効いていなかったような。
スペースのあるところで生きるタイプの選手じゃないですかね。


50分過ぎから両チームの選手交代が始まる。
Uはいつもの通りエンリケスとプリエゴが下がり、
エスキベルとナバスが入る。
ハラパもやっぱり中盤のケベドとロペスが下がって
切り札のレステル・ルイスとジミー・バリオス。
この辺りもいつもの通りの選手交代なんだけれど、
ハラパがボールを持つ時間が長くなってくる。


まあ最近のUはボールを支配して・・・なんて大志を抱かないチームで
(2部にいた時は確かにボールを回すチームだったわけだけれど)
ボールを奪った瞬間から攻撃に移る、そのスピードが身上だからいいや。


ただ、毎度毎度、選手交代の辺りから相手に押されだすのが超気になる。
プリエゴがいなくなるのが痛いのかもなぁ、
ナバスは2人に比べると、もう少し上目でプレーしているような気がする。
その代わりいいシュートも撃ってくれるので、
マイボールならいいんだけれど、相手がボール持ってるとちょっとなぁ・・・。


両チーム、最後の交代は70分前後。
ハラパはカードを貰っているトンプソンを下げてアンヘル・サナブリア、
Uはトップのトーレスを下げてエルウィン・アギラール。
虎の子1点守りきれるか。


ハラパはエリア付近でのパスがどうもうまく入らない、繋がらない、で
ボールを持っている時間が長い割にはシュートが少ないような。


いや、そんなことを書くんじゃなかった。
75分くらいからは、ハラパが全然良いではないか。
FK、CK、流れの中から、危ういシーンが何度か続く。
ロドリゴ・デ・レオンの見事なミドルのFKはカルバハルが見事に弾く。


ハラパも攻撃するけれど、Uのカウンターが効果的なので
そんなには上がれない。
Uが凌ぎきって、やっと2勝目。良かった・・・。


ハラパは、次、頑張れ。


*タグ/Usac(クラブ) ハラパ(クラブ)

第6節 クレマ - Usac 

クレマ – Usac
8月30日16:00, セメントス・プログレッソ
主審: カルロス・バトレス



クレマはここまで負けなしとは言え1勝4分、
得点が4で失点が2。
何ともこじんまりとしたチームになっちまいました。


Uは1勝2敗2分で得点6、失点6。
問題は得点してるのがカミアニしかいない、
カミアニ頼みなチームだってことかしらん。
3バックなのでDFは結構難しいとは思うのだけれど
マークミスの多さは気になる。


クレマ
GK: ガト・ゲーラ
DF: カルロス・カストリーヨ
DF: セバスティアン・ディアス
DF: アブエロ・モラレス
DF: ロドリゴ・モンテロッソ
MF: フアンマ・オレヤナ
MF: フレディ・トンプソン
MF: マコ・シアニ(62’ ジャン・マルケス)
MF: ロロ・フォンセカ
FW: ブライアン・オルドーニェス(46’ イシドロ・カンディア)
FW: トランシト・モンテペケ
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

ガヤルドは前節でレッドもらっているのでお休み。
エンリケスはCCLのW.コネクション戦で負傷したとか。


Usac
GK: オマール・メンドサ
DF: パブロ・メルガル
DF: ルイス・スイシェル
DF: フアン・ルベン・ロペス
MF: カルロス・メルセデス・バスケス
MF: パカヤ・ゴンサレス
MF: ミゲル・ファルファン
MF: オットー・バリオス
MF: フリオ・エンリケス・メヒカーノス(69’ ルベン・エスキベル)
MF: フリアン・プリエゴ(69’ マリオ・ナバス)
FW: カルロス・カミアニ
DT: ラファエル・ロレド




Uの監督はメキシコ人のラファエル・ロレドですが
何でも「カルロス・バトレスはグアテマラのナンバー1審判じゃない」
とか言ったとか。


そのココロは、「グアテマラ一じゃなくて、アメリカ一だ」。
うーむ、メキシコ人だけあって、気を使っておるな。


さて、クレマは新ユニなんだそうですが、ホームのユニが黒になったの?
何でも創立75周年の記念ユニらしいのだけれど、上中下とも真っ黒。
ビジターのUが白ユニで、
最初に見た時は反対かと思ったんだけれど。

さて、実はタイプの似た両チームだと思います。
Uは相変わらずの3バック、
ファルファンとバリオスがボランチの位置で攻撃を組み立て、
両カリレロからクロスが入り、カミアニが決める、と。


クレマも今のところサイドからのクロスを突っ込むかカウンターかの
単調な攻撃を繰り返しております。
今日はシアニが入っているので、
シアニとフォンセカとオルドーニェスでのポゼッションを目指しているのだろうけれど。


どうやら互角、若干クレマの方がボールを支配しているかな・・・。
いやしかし、27分。
クレマサイドに大きく飛んだボール、
アブエロが処理しようとするところにカミアニが近づく。
アブエロの蹴ったボールがカミアニに当たってポトリ、
カミアニがアブエロをかわしてエリアに切り込む。
ゲーラが飛び出しカミアニが溜める、
クレマはDFが2人戻ってくるけれど、
カミアニが狙い定めて蹴ったボールには触りもできず。
またしてもカミアニの個人技でUが先制。
その後もまたチャンスがあったものの、ガトが止めやがってちと残念。


対するクレマはセットプレーから得点。
34分、シアニの蹴ったCKにモンテペケがどんぴしゃ当てて
メンドーサは一歩も動けず。
いやしかし、マーク下手くそだな、Uは。
セットプレーで失点することがとっても多いような。


カミアニのマークはアブエロ・モラレスなんだけれど
どうもマークしきれないで、何度もファウルで止めている。


42分、クレマのゴールかと思ったらオフサイドで一安心。
いやしかし、さっきからエリア近くのFKとかクレマのCKとか多すぎ。
お願いだからもちっと耐えてくれやぁ~。
それにしても、メンドーサの飛び出しはマジで怖すぎる。


前半は1-1で終了。





むむむ。CMの間に後半が始まってゴールまであったらしい。
てか、後半5分間もCMってどういうこと?
でそのゴールは47分、隙をつきやがってロロが決めたそうだ。
最近全然調子良さそうじゃなかったのにね。ちぇ~。


クレマは後半からカンディアが入ってる模様。
下がったのは誰だろう。オルドーニェスかいな?


前の試合も思ったけれど、Uは後半運動量が落ちるような気がする。
パカヤおじさんとかメルセデスとか、運動量を要求される人たちはもとより、
カミアニなんかも動きが鈍くなるよなぁ。
先制はしても勝ちきれないのはそういうところにも理由があるのかも。


うーむ。後半はどうもクレマが完全に試合を支配してしまったなぁ。
最近不調のロロが、調整とばかりにぼかすかシュートを撃ちやがるのが気に入らない。
まあ、ゴール前で押しこんだ2点目のシュート以外は
どれもこれもノーコンばかりですが。


62分にシアニが下がってマルケスが入り、
トンプソンが右に移動した後は中盤は完全にクレマに制圧されたような。
Uはサイドで細々と生き延びております。


いやしかし。Uにだってチャンスはあって、
75分、相手DFの間で落ちたボールを掻っ攫ったナバス、
シュートはわずかにポストの外へ。


Uの抵抗もここまで、ってのが80分。
センターサークルからクレマが出したボールが
完全にDFの裏を取り、モンテペケが2mばかり先を走っている。
DFも必死に戻るものの、モンテペケからロロにパス、
ロロはスイシェルかなぁ、と一緒に滑り込んで押し込み3-1。あー。


うーむ、やっぱり速い相手には厳しいUのDF。
2部とは違って、トップリーグはやっぱり相手のミスを許してくれないし、
相手のミスにちゃんとつけこめないとあかんよね。


てな感じでまとめて終わりにしようかと思ったらUにPK。
89分、ルベン・エスキベルが進路妨害されてPK。
いや、テレビではPKじゃないんじゃない~、とか言ってるけれど、いいんです!!
そのためにバトレスを持ち上げたのよね、ロレドさん。


さて、蹴るのは・・・・・・、カミアニ。
他に誰がいるって??
とは言え、前節失敗しているし、大丈夫かな・・・と思ったら、
やっぱりゲーラが止めた。けど、毀れたボールをカミアニが蹴り飛ばしてゴール。
これで3-2、あと1点。


あと1点だけれど、もう時間切れ。
次の試合はDFを何とか修正して頂戴。
次節はハラパ戦ですが、カミアニは累積で出られない・・・。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) Usac(クラブ)

第5節 Usac - サカパ 

第5節 Usac – サカパ
8月22日15:35, レボルシォン
主審: フアン・カルロス・ゲーラ



Uも決して好調な滑り出しとは言えないけれど、
サカパはそれに輪をかけてどうしたのやら。
前節ではホームでシェラフに4失点の屈辱的な敗戦。
と言うのはシェラフってサカパホームでは勝ったことがなかったらしい。


そんなわけで、何気に気合いも入っていると思われるサカパ、
Uは試合の組合せに今一つ運がないような気がしますけれど?


USAC
GK: 22 オマール・メンドーサ
DF: 3 フアン・ルベン・ロペス
DF: 6 パブロ・メルガル
DF: 24 ルイス・スイシェル
MF: 12 カルロス・メルセデス・バスケス
MF: 14 パカヤ・ゴンサレス
MF: 15 オットー・バリオス
MF: 10 ミゲル・ファルファン
MF: 28 フリオ・エンリケス・メヒカーノス(67’ ベルナンド・ソラーレス)
FW: 21 フリアン・プリエゴ(63’ エドウィン・アギラール)
FW: 23 カルロス・カミアニ(78’ ポーヨ・エスピーナ)
DT: ラファエル・ロレド

3-5-2というか、3-5-1-1というか、3-6-1というか。
全体に後ろ目で攻撃はカミアニに任せたよ、って感じかしらん。
両カリレロは右がメルセデス、左がパカヤ。
メルセデスって書くと、何だかベンツみたいで速そうだな。


サカパ
GK: 1 ノルマン・マルティン
DF: 19 エディン・ロペス
DF: 16 エドウィン・ロサレス
DF: 24 ドニィ・アバロス
DF: 3 セバスティアン・マソーニ
MF: 17 エリック・ガルシア(74’ アルトゥーロ・オバンド)
MF: 15 フアン・ホセ・プラド
MF: 8 ロナルド・ラミレス(92’ パブロ・ソロルサノ)
MF: 7 パブロ・ビヤトロ(74’ エリック・プリエゴ)
FW: 9 オスカル・イサウラ
FW: 23 ホルヘ・エストラダ
DT: マルロン・イバン・レオン





Uはサイドを使って縦に速く展開するサッカー、
サカパは中盤でリズムを作って攻撃。
Uの方が相手ゴール前に到達することは多いものの、
カミアニがしっかりマークされているので
そう簡単には相手ゴールを割れないわな。


それでも20分、サカパゴール前で競り合ったハイボール、
ゴール前にフリーでいたカミアニのところへ飛んでゆく。
カミアニのチレナがガルシアの胸に当たって相手ゴールへ。
幸運な得点でUが先制。


サカパのCKのシーン。
コーナー付近に置いてある大型ペプシやゲートレード人形が邪魔らしい。
引っ張って動かそうとしてるけれど、固定されているので動かないのよ~。
しぶしぶ空いてる場所から助走するけど・・・、
これってUの作戦なんでしょうか?


Uはゴール後良くなってきたなぁ。
サカパはファウルで止めるシーンが増えてくるけれど、
ポマードびっちりゲーラさんがあまり接触プレーを取らないので
スタンドからは結構なブーイング。


Uとサカパ、両方にPKと思われるファウルがあったのだけれど、
どちらも流しておあいこにしてしまったのでした。





後半開始からサカパが攻勢。
チノ・エストラダ目掛けてロングボールを放り込む。


48分くらい?エリア内でDFの裏にボールが抜けたところで
カミアニがこてっ!と倒れる。
カミアニはユニを引っ張られた、ってジェスチャーをするけれど
ゲーラは取らず。
リプレーでもはっきり引っ張られているんだけれどなぁ~。
いくつPKを見逃したら気が済むんでしょ。


53分にはプリエゴのユニが引っ張られて倒れ、や~っとPK。
四度目(Uとしては三度目か)の正直とはこのことだ。
蹴るのはもちろんカミアニ、だけれど
蹴ったボールはポールに当たって跳ね返る・・・。アンビリーバボー!
そう思ったのは私だけじゃなかったようで、
この後、カミアニはいささか集中力を欠いたプレーとなってくるのであります。
まあ今日はいくつファウル受けても全部流されちゃうし、
ちょっと先入観でモノを見てませんかね、ポマードびっちりゲーラさん。


57分、サカパがエリアのライン際で思いっきりヘッド、
高く飛んだボールはメンドーサが守るゴールのクロスバーに当たって跳ね返る。
あ、あはは・・・。今日はゴールの枠が活躍する日。


60分過ぎから、サカパの方が全然良くなってくる。
そんなわけでUは選手交代。
プリエゴを下げてボランチのアギラール、
エンリケスを下げてソラーレス。ソラーレスって誰だ。知らない選手だなぁ。
中盤、右側に入っているかな。メヒカーノスのポジションそのままですね。


このソラーレスが結構良くて、ドリブルがうまいし、
対面の相手とも思いっきり競り合っていて、気持ちの良い選手。


サカパはロングボールで何とか相手ゴールに辿り着こうとするものの、
最後のクロスがアバウトすぎ。
故に決まるものも決まりません。


どうにかこうにか逃げ切りかと思った89分、
UのDFがオフサイドトラップかけそこね、
プリエゴが抜け出しGKと一対一。
メンドーサが飛び出し、ボールを蹴りだすものの、
その後にプリエゴの足も引っかかって、PK。


いやちょっと待って。
メンドーサはボールに先に触っているのであって、
その後にプリエゴの足がやってきたからってメンドーサのせいじゃないでしょ。
ちょっと~~~!!


そのプリエゴがPKを決めて同点。
こうなってくるとカミアニのPK失敗が痛いよなぁ~、
そのプリエゴ、カミアニと同じ左下の隅を狙ってきやがって、
こんちくじょおおおお・・・。


とテレビに向かってがあがあ怒鳴っている間に1-1で試合は終了。
Uはやっぱり中盤がスカスカなのが気になる私。
カミアニ一人に攻撃を任せるのではなく、
昨シーズンまでみたいにエルナン・トーレスとかと組み合わせてほしいんだけれどな。


次節はクレマと対戦です。


【追記】動画があったので追加しておきます。




*タグ/Usac(クラブ) サカパ(クラブ)

第3節 その他の試合 

第4節が始まる前にミッドウィークに行われた第3節の総括を。
結構いろいろと盛りだくさんな第3節であったのでした。


Usac 3 – 1 スチテペケス

第2節まで連勝して単独首位、意気揚々と乗り込んできたスチでしたが、
はっはっは。返り討ちじゃ。Uは今シーズン初勝利。


Uの得点はいずれもカルロス・カミアニ。
これで今シーズン5得点で得点王争い単独トップ。
嬉しい反面、カミアニしか得点してないって、それ、どういうこと?
ちなみにこの試合の3得点のうち1点はPKによるもの。


もっとも先制はスチで、カンチェ・ロドリゲスのロングFKを受けて
今シーズン好調のウィルベル・カアルが22分に先制ゴール。
しかし、スチは第2節のエドウィン・ビヤトロに続き、
この試合では35分にFWのエバンドロ・フェレイラが負傷退場。
45分にはスチ、絶好のチャンスがあったらしいけれどGKのメンドーサがナイスセーブ、
その直後にカミアニが同点ゴールを決めたのであります。


後半はUがよくなり、50分にカミアニが相手DFの裏をついて追加点、
57分にはラリンがカミアニを倒してPK。
これで勝負ありましたね。やりぃ~。





エレディア 1 – 1 クレマ

先制はクレマで12分、ジャン・ジョナタン・マルケスのクロスに
フリーでいたエドガル・チンチーヤが豪快に決める。
しかしそのチンチーヤは負傷して38分に退場。
やたらと負傷者の目立つような気がする今シーズン。


一方エレディアは23分、フレディ・ガルシアのCKに
アドゥルフォ・コントレラスがヘッドで合わせて同点。


クレマはCCLもにらんでローテーションを取り入れているらしく、
結構選手が入れ替わってます。








シェラフ 2 – 1 シナバフル

Xクラシコ。このネーミング、誰か何とかして。


何があったのか良くわかりませんが、
今年のシェラフはラフプレーが身上(え??)


第3節までで退場者4人って、
これって記録じゃないんでしょうか。
ついでに監督も第1節でクビになってますしねぇ、
何やら落ち着かないシェラの夜だけど熱狂的なのは毎度のこと。


そんなわけで、この試合ではミゲル・フェルナンデスと
グスタボ・カブレラが退場になっております。
どうもDFラインが安定しない、らしくないシェラフ。
ついでにシナバフルはリカルド・ボルが退場にお付き合い。
両チーム合わせて3枚のレッドが飛び交った乱打戦ならぬ乱闘戦風な試合だったようで。


先制はシェラフで34分にさすらいのペペグリーヨが、
でも、43分にはミゲル・フェルナンデスがエリア内で相手を引っくり返してPK、
ブラジル人助っ人のバルデシール・リベイロが同点ゴールを決める。


後半は試合が膠着、このまま同点で終わるのかと思われた91分、
シェラフの攻撃、エリア内のボールにGKが飛び出てクリアー、
そのボールがナッチョの元へとポトリ、
ナッチョが長い足を思いっきりチレナで振り上げると
ボールはGKを越えてゴールの中へ。
無茶苦茶なゴラッソでシェラフ劇的勝利。
シナバフルはお疲れ様。





J. レタルテカ 2 – 1 マルケンセ

この試合はマルケンセに退場者が2人。
しかも前半の内にフランシスコ・アギラールが退場しちゃって、
これは結構痛かったのではないかと思うわけであります。


先制はレタルテカで20分にエンリー・エルナンデスがPKを決め、
26分にはマルケンセがセバスティアン・メルロのゴールで追いつき、
45分にはエルナンデスがドブレッテを決め2-1。


何にしても、退場者を2人も出しちゃあかんわな(アウェーなんだしなおさら)。
てな話でした。





ペニャロール 1 – 0 ハラパ

ペニャロールは33分に相手陣でボールを繋ぎまくり
最後はセサル・トゥルヒーヨが決めて先制。


ハラパは相手エリア手前からのFKでカベに並んだ選手のハンドがあったんだけれど・・・、
主審はPKを取らず。
ちなみに主審はLNFデビューのアヤネルソン・レオナルド。
カードだけは両チーム合わせて7枚と結構奮発していたようなんだけれども。
ハラパにとっては痛い敗戦で未だ勝ち星なし。
それでもタイソン・ヌニェスがデビューしたそうで、さて今後活躍できるんだか。
個人的には、ヌニェスに代わって下がったロドリゴ・デ・レオンの元気のなさが気になっていたり。





第3節、首位のスチが滑り落ち、各節ごとに首位が入れ替わる楽しい展開。

  1. ロホス 7 (3)
  2. J. レタルテカ 6 (+4)
  3. スチテペケス 6 (+2)
  4. ペニャロール 6 (+1)
  5. シェラフ 6 (0)
  6. クレマ 5 (+2)
  7. Usac 4 (+1)
  8. エレディア 4 (+1)
  9. サカパ 3 (-2)
  10. マルケンセ 2 (-1)
  11. ハラパ 1 (-6)
  12. シナバフル 0 (-5)





得点王はカルロス・カミアニが5で単独トップ。
2位には3得点のヘンリー・エルナンデスとロコ・ロドリゲス。
ロコは毎試合1得点ずつで、はあ、この調子なら22得点行きますか?


ちなみに第3節までで合計49得点、
1節平均16.3得点、1試合平均2.7得点。
も少し得点が増えるとおもしろそうですけれども、さてどうなんでしょ。





一方GKの方は、ガト・ゲーラとフェルナンド・パターソンが1失点、
だけどゲーラが3試合なのにパティちゃんが2試合で
ゲーラの失点率は0.333333333333333と無限に3が続いてトップ。


3試合ともプレーしているGKの中では
ハラパのリカルド・ヘレスが7失点、
スチのミゲル・アンヘル・クレーが6失点と
最下位争いを展開中。
スチって、案外守備が弱いのかも?


*タグ/レタルテカ(クラブ) マルケンセ(クラブ) エレディア(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) ペニャロール(クラブ) ハラパ(クラブ) USAC(クラブ) スチテペケス(クラブ)  シェラフ(クラブ)シナバフル(クラブ) LNF09年開幕(ビデオ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。