スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5節 ロホス - ハラパ 

第5節 ロホス – ハラパ
8月23日11:00, マテオ・フローレス
主審: エドガル・シフエンテス



すかっと爽やかなサッカーを見せてくれてるわけではないものの
何だか気がつくといつもの通り上位にいるロホスと
とにかくウダウダなサッカーなまま、早第5節を迎えてしまったロホスの対戦。


ロホス
GK: 27 ハイメ・ペネド
DF: 7 マニア・アルビスーリス(63’ ピン・プラタ)
DF: 28 ランボー・ノリエガ
DF: 2 ハイメ・ビデス
DF: 4 ジョニー・フローレス
MF: 24 チェホ・ゲバラ
MF: 8 チャロ・ロメロ
MF: 15 JJ・カスティーヨ(55’ マルビン・アビラ)
MF: 12 カルロス・ゴンサレス(46’ カルロス・フィゲロア)
FW: 25 ロコ・ロドリゲス
FW: 9 マルティン・クロッサ
DT: カルロス・ルイス

アルビスーリスが右、フローレスが左でSB。
プラタに代わってクロッサが初先発。


ハラパ
GK: 1 リカルド・ヘレス
DF: 15 エディ・オルティス
DF: 2 ネルソン・モラレス
DF: 5 マルセロ・ゴンサレス
DF: 3 セルビン・マロキン
MF: 7 マリオ・ピニェイロ
MF: 6 オスマル・ロペス
MF: 16 フリアン・チャコン
MF: 8 バイロン・ケベド(61’ レステル・ルイス)
FW: 20 ロドリゴ・デ・レオン(69’ ルイス・レイエス)(83’ ジミー・バリオス)
FW: 11 タイソン・ヌニェス
DT: フリアン・トゥルヒーヨ

タイソンは第4節からスタメンに登場。
さて、どんなプレーを見せてくれるかな。





序盤からロホスがどんどん飛ばす。
クロッサとロコのコンビってのはなかなか良くて
やっぱりプラタおじさんみたいに動かないFWよりは
クロッサやロコみたいにびゅんびゅん走り回れるFWの方がいいような気がする。


ロコやクロッサが何度かいいチャンスを作るものの、
今日はリカちゃんも頑張っている。
ロコの足元のボールを掻っ攫ったシーンはなかなか良かったな。


32分、これはお見事。きれいなパスでつないだハラパのゴール。
中盤深め、ピニェイロからかな、前に縦パス、
そのボールをオスマル・ロペスが軽く捌いて前に出す、
ビデスが頭でクリアーしようとするけれど届かず、
どんぴしゃデ・レオンに渡る。
ロホスのDFで最終ラインに残っているのはノリエガだけ、
でもハラパはタイソンがフリーで上がってきてる。
デ・レオンからタイソンへ、タイソンが思いっきり蹴飛ばしてゴーーール。


このシーン、お見事だったのはロペスのパス。
後ろを向いていたので受けて止める、と誰もが思ったところに
ダイレクトで前線へ軽く山なりのボール。いやホントお見事。
こうしてロホスDFは相変わらずマークが下手なことを暴露してしまったわけですが、
ロペスってこんなプレーができるのか、って誰もが思ったシーンだったのではないかしらん。





後半、ロホスはゴンサレスを下げてカルロス・フィゲロア。
最近のゴンサレスは90分プレーすることがないのは
少し太ったから?元々がっちりとした体格ではあったけれど、
今シーズンは太ったように見えるパラグア・ゴンサレス。


53分、ボールを受けたタイソンがビデスのマークにも粘り腰で横にパス、
フリーで受けたデ・レオンがフローレスのマークをかわして前にボールを走らせる、
そこへやっぱりフリーのロペスが走り込み、ゴールライン際でマイナスのクロス、
絡み合いながら走り込んできたタイソンが押し込んで追加点。
うわああああ~、誰がこんな展開を予想したことだろう。0-2でハラパがリード。


いやしかし腐っても鯛というか、弱っちくてもロホスというか。
58分、右サイドをフィゲロアが走りあがりコーナー付近でクロスを上げる、
クロッサがヘッドしてロホス、やっと1点。
フィゲロア、右サイドは対面のマロキンを完全に圧倒、
好き勝手に走り回っている状態。
前半もこっちサイドがいい感じで、逆にハラパの左サイドはかなりヤバイ。
マロキンとサナブリアの2人しかいないのかな、左のSBは。


63分にロホスはアルビスーリスを下げてプラタ。
追加点が必要なのはわかるけれど、
今日のDFの出来を見ていると、
これで大丈夫なんだろうか、という気もしないでもないが、
ハラパはサイドは全然上がらないから大丈夫か。


タイソンがボールをもって上がる。
このタイソン、小柄なんだけれどすっごく腰が重くってボールを失わないんだよねぇ、
タイソンから今日は大活躍のロペスへ、
ロペスの左足のシュートはペネドがうまく弾く。


いやでも久しぶりにおもしろい試合だ~。
タイソンが入ってハラパが変身したのは嬉しいびっくり、
若手のオスマル・ロペスが上手いのにもびっくり、
アウェーでも自分たちのサッカーを展開するハラパの奇跡の復活(大袈裟すぎる?)にはひたすらびっくり。
やっぱりいい監督さんだよなぁ、フリアン・トゥルヒーヨ。


74分、ハラパ、オルティスが上がりながら縦パス、
ルイス・レイエスかな、ボールを追って走り、
ペネドが飛び出てきたところでかわしてちょん、
ボールはコロコロとゴールへ向かって走って行くが・・・・・・、
滑り込んできたフローレスが間一髪クリアー。ちー。


77分、なんだなんだ。
見ていた私は、最後にフローレスが触ってボールがタッチラインを割った、と思った。
しかしフローレスがスローインして、「へ?」と思ったところへ
ロペスがそのボールを手で取ろうとして触り、2枚目イエロー。


いやしかし、リプレーで見たらこういうことだったらしい。
ボールが選手たちの足の間でピンポンと弾かれて、最後に触ったのはどうやらハラパ。
線審はロホスボールの指示。
しかし、ロペスは私たちが最初そう思ったようにマイボールだと思ったらしい・・・。
ああロペス。君がいなきゃ、ハラパの攻撃も威力半減だよ・・・。
ちと可哀想ではあるけれど、やっぱりインプレーのボールを手で触っちゃダメなんだから。


79分、ハラパのカウンター、タイソンがどんどん上がる、
ビデスが体当たりして一発レッド。こらビデス・・・。
折角相手が1人少なくなったところだったというのに、どうしてぶち壊すかね?
ロホスのDF、2人になっちゃいました。


人数的には10人対10人、
ハラパは途中で入ったルイス・レイエスが
怪我で10分ばかりで退場したのは誤算だったではあろうけれど。


90分。左サイドからチャロがクロス、
ファーポストにいたロコがDFに勝ってヘッド、
これが決まってしまって動転したのは私で、同点にしたのはロホス。2-2。


この後も両方にチャンスはあったりしたけれど、同点で終了。
それにしても久しぶりにおもしろい試合を見ました。
今後のハラパが楽しみ。





*タグ/ムニシパル(クラブ) ハラパ(クラブ) LNF09年開幕(ビデオ)

スポンサーサイト

第4節 第245回クラシコ 

第4節 第245回クラシコ
8月15日20:00, セメントス・プログレッソ
主審: オットー・バリオス



今日はグアテマラシティーの市祭、
セメントス・プログレッソは北部の第6区にあるのですが
隣接する第2区がお祭りの中心となっておりまして、
お祭りからスタジアムに流れ込んだ人もいたかも?いや、ちと遠いかな・・・。
メインスタンドと南側ゴール裏のクレマ応援団はかなりぎっしり、
だけれどバックスタンドのロホス応援団はスカスカ・・・。
それにしても夜プレーするクラシコって、何だかものすごく久しぶり。


クレマ
GK: ダビッド・ゲーラ
DF: カルロス・カストリーヨ
DF: セバスティアン・ディアス
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド
MF: フアン・マヌエル・オレヤナ(67’ ジャン・ジョナタン・マルケス)
MF: ルイス・ブラッドリー
MF: フレディ・トンプソン
MF: ロロ・フォンセカ
MF: ブライアン・オルドーニェス(57’ イシドロ・カンディア)
FW: トランシト・モンテペケ(76’ タンケ・ペッサロッシ)
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス

ロホス
GK: ハイメ・ペネド
DF: クラウディオ・アルビスーリス
DF: クリスティアン・ノリエガ
DF: ハイメ・ビデス
DF: ジョニー・フローレス
MF: チェホ・ゲバラ
MF: チャロ・ロメロ
MF: カルロス・フィゲロア(82’ マルビン・アビラ)
MF: JJカスティーヨ
FW: ロコ・ロドリゲス
FW: ピン・プラタ(62’ マルティン・クロッサ)
DT: カルロス・ルイス





序盤からロホスが押し気味、
まあそれもそうでしょ、ロホスの方が中盤にいい選手を並べているから。
クレマはボランチ2枚、なんだろうけれど、でもえーと、
オレヤナ、ブラッドリー、トンプソンって、いずれも本職ボランチですよね?
ひょっとしてこれって、4-3-3で中盤がボランチ3枚のつもりとか???
どうもその中盤のポジショニングが良くないような感じで、
相手のプレッシャーにボールを奪われることの多いクレマ。
おまけにロホスも時折ロングボールを蹴っ飛ばしてくるし。
最初のシュートはロホス、11分にロコのクロスからカスティーヨ。


19分にはフィゲロアのクロスを受けてロコがDFの裏を取り、一対一、
しかし、これはゲーラがうまく飛び出してボールを掻っ攫う。ナイスプレー。


トンプソン、いい選手はだとは思うんだけれど、OHとしてはどうなんでしょう。
今日は中盤が走り回ることを要求されているようで、
攻撃の時は皆上がり目、守備の時は皆下がり目、
これでクラシコの90分走り回るとヘトヘトになりそうよね。
攻撃にも絡んでいるのはトンプソンくらいのようではあるが。


25分、オレヤナがチャロを引っくり返し、ビデスがオレヤナをどついて
選手がわらわらと寄って来る。
むかっとしたオレヤナかなぁ、主審のバリオスさんを後ろからどついて、
こらこら、それはいけません、てば。バリオスさんはびっくりしてきょろきょろ。
オレヤナとビデスの2人のイエロー。


少しクレマが押し戻せるようになってきた前半の後半。
ロホスもどうにも攻めあぐね。
相手DFの裏を取るボールにロコやカスティーヨが走り込むのが
何度か形になってはいるけれど、
中盤が弱く守備厚めのクレマに対して、他の崩し方はできないんでしょうか。


クレマのシュートらしいシュートは40分、FKからモンテペケがヘッドで合わせたもの。
スタートダッシュは見事にクレマの方が良くって、ロホスのDFって何してる?
もっともボールはクロスバーの上空を通過。


前半は0-0のまま終了。





47分、クレマがスローインからパスを繋ぎ、
モンテペケが裏を取ってゴールを決めたかに見えたけれどオフサイド。
わーーーーっと沸いたスタジアムではあったけれど。
今日は結構オフサイドに引っかかっているような気がするクレマのFW。


守備もパスもロホスの方が良いと思うのだけれど、
どうも最後の詰めが甘かったり、クレマのDFが踏ん張ったり。
案外ゴールが遠いですな・・・。
てか、ロホスはFWの補強をしていないから、
実はこういう時に交代できる選手があまりいなかったり。
そうするとまたカルロス・ゴンサレス頼みになるんだろうな。
第3節みたいに70分くらいで入ってくるのだろうと思うけれど。


55分、クレマエリア内でセバスティアン・ディアスが大きく伸ばした手に
ボールがはっきり当たる。
当然ロホスはPKを主張するんだけれど・・・、
ディアスの前にカスティーヨかな?がいて、手のやり場がないのもまた事実。
そんなわけで流したのでありましたね、バリオスさん。
それでも手首でコントロールしてるし、普通にハンドでいいような気もするけれど。


少しロホスのチェックが緩くなって来たような60分頃。
クレマのパスって全然スピードもセンスもないような気がするけれど、
それでもスペースがあれば繋がるわな。
クレマはダイレクトで繋げようとしているのはわかるんだけれど、
まだそれが身についていないものだからボールをいくつも相手に渡してしまっていて。
こんなかったるいサッカーでCCLは大丈夫なんでしょうか、クレマは。


どうも相手エリアが遠い両チーム、セットプレーを大事にしたいところだけれど、
72分のロホスのFK、チャロのボールにヘッドで合わせたロコは
やっぱりクロスバーの上空を通過。
最近好調のロコではあるけれど、今日はなかなか遠いよゴール。
FK蹴ってみれば、やっぱりクロスバーの上だしね。
そうは言っても、この試合で一番シュートしているのもロコだったり。いやはや。


ぬるま湯なクラシコは最後まで盛り上がりを欠いたまま終了。
ロホスはやっぱりゴンサレスを入れなきゃ勝てない、って。
何で今日はプレーしなかったんだろう。


両チームともクリエイティブを欠いている、
いや、多分ロホスはチャロがそうなんだろうけれど、
最近のチャロはセカンド・クリエイティブみたいな感じで
誰かもう一人、一緒にプレーしてくれる人がいないと厳しいんではないのかなぁ。


クレマでクリエイティブと言えばシアニなんだけれど、
まだゴンサレスの信頼を勝ち得ていないようで、
なわけでとにかくサイドでボールを運んでクロスだわな、てな
超シンプルなサッカーになってしまう。
せめてパスワークを磨いてくれ。


ボール・ポゼッションはクレマが51%、ロホスが49%。
もちっとロホスが良かったかと思ったけれど。
オフサイドはクレマが7(このほとんどがロロ)、ロホスが5、
ショット・オン・ザ・ゴールはクレマが2、ロホスが5。
見所は唯一、ロコが抜けたところをゲーラがボールを掻っ攫ったシーンでした。





*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ムニシパル(クラブ) LNF09年開幕(ビデオ)

第1節 ロホス - USAC 

第1節 ロホス – Usac
8月2日11:00, マテオ・フローレス
主審:カルロス・バトレス



日曜日のこの試合、小僧の試合と重なってしまって
夜、録画で見ました。
しかし、この日の夜、見ている途中から体調が悪くなり・・・、
もっと具体的に書くと下痢が始まりまして、
いや、これが本当にひどい下痢だったのですよ。


てな話はともかく、月曜日も一日蹴りじゃなくて下痢で、
今日になってやっと少し体調も戻ってきたので、アップします。





昇格したばかりのU、いきなりロホスと対戦です。
どっちみち試合しないといけないのなら、早い方が良いかも?


今日の第2線審は女性。グアテマラではまだ珍しいですが、
昨シーズンの内に既にデビューしてたらしい。
名前は・・・、レスビアさん。うーん、何だかびみょーな名前。

ロホス
GK: 27 ハイメ・ペネド
DF: 2 ハイメ・ビデス
DF: 4 ジョニー・フローレス
DF: 6 ジョニー・ヒロン
MF: 24 チェホ・ゲバラ
MF: 8 チャロ・ロメロ
MF: 10 カルロス・ゴンサレス(46’ マルティン・クロッサ)
MF: 12 ボビー・タリー(46’ カルロス・フィゲロア)
MF: 20 フアン・ホセ・カスティーヨ
FW: 25 ロコ・ロドリゲス
FW: ピン・プラタ
DT: カルロス・ルイス

ロホスはプレシーズンから3バックでやってます。
両カリレロ、左はアルビスーリスかと思われたのですが
意表をついてボビー・タリー、右はフアンホ・カスティーヨ。
なかなか面白いですよね、この狙い。


USAC
GK: 20 オマール・メンドーサ
DF: 22 フアン・ルベン・ロペス
DF: 3 パブロ・メルガル
DF: 24 ルイス・スイシェル
DF: 8 クリスティアン・カルクス(81’ フリアン・サロモン)
DF: 14 パカヤ・ゴンサレス
MF: 2 エドウィン・アギラール
MF: 27 フリアン・プリエゴ
MF: 17 ルベン・エスキベル(73’ ホスエ・ロアルカ)
MF: 16 マリオ・ナバス(62’ ミゲル・ファルファン)
FW: 23 カルロス・カミアニ
DT: ラファエル・ロレド

普段は4-4-2のUですが、この試合は何と5バック。
相手が相手だけに、ってことなのかしらん。
ちなみにUは主にDFラインを補強していて、
この試合ではメルガルとスイシェル、それからマリオ・ナバスが新戦力。
それ以外は今までUでプレーしていた選手です。





いきなりロホスがセンターサークルから長いボールを入れてロコが走る、
やばばっ、と思ったけれどメンドーサがキャッチ。
本当はハイメ・カルバハルが先発する予定だったらしいけれど
何かあったのか、メンドーサがゴールマウスを守っております。


ロホスはプレシーズンから3バックをやっていて、
実はこれが今のところ評判悪かったりするんですが、
でも中盤にタレントが多いことを思えば、納得できるような気はします。
ただし、パンドの不在はやっぱり大きいような・・・。


6分、フローレスがエリア内でエスキベルかな?を倒してPK。
カミアニが真ん中の上目掛けて思いっきり蹴飛ばし、
Uがあっさりと先制。なんと意外な展開。
このゴールがこのシーズンの初ゴールですかね?


ロホスの並びは、ヒロンが真ん中で右がビデス、左がフローレス、
両カリレロは右がカスティーヨ、左がタリー。
ゲバラがボランチ、チャロがミックス、ゴンサレスが司令塔で
ロコが走り、プラタがホスト役じゃなくてポスト役。


狙いがはまれば面白そうだけれど、この中盤の連携がまだ良くなくて
どうもシンプルなUの攻撃の方が良さそうでありますよ。
Uはサイドから攻撃を組み立てる。
カミアニとかエスキベルとか、
スピードのある選手に四苦八苦しているのがロホスのDF。


加えて、今日はパスの繋がり具合がどうにも妙ちきりんで、
Uのカットもいいんだろうけれど、相手エリアで良く奪われております。
なわけでシュートに至らない。前半のシュートって全然ないような・・・。


45分、中盤からのロングボール、DFラインの裏を取ったカミアニが
ヘッドでボールを落としてゴールへまっしぐら。
最初のシュートはペネドが弾くものの、
こぼしたボールをカミアニが丁寧に押し込んで2-0。
Uの応援は少ないんだけれど、これにはわーーーっと大歓声で
U, U, U, U, U, のコール。でも、猿のモノマネじゃありませんから!


前半はなんと2-0で終了。





後半、ロホスはいきなり2人を交代。
ボビー・タリーを下げてカルロス・フィゲロア、
カルロス・ゴンサレスを下げてマルティン・クロッサ。


この交代で中盤が活性化してきたようで、
前半よりロホスボールの時間が増えています。
ちなみにフィゲロア右、カスティーヨ左にポジションが変わっていたり。


54分、左サイドからチャロにパス、
チャロがワンタッチで中央のプラタに出し、プラタがダイレクトでシュート!
ゴールかと思ったけれど、いやこれ、わずかに外れてくれてありがとう。


それにしてもUはボールを持てなくなってきた。
ロホスが一方的に攻撃するする。


なのでUも選手交代。
62分、ミゲル・ファルファンを入れてマリオ・ナバスがアウト。
中盤の強化。


いやしかしその交代直後のロホスのFK。
チャロの蹴ったボールをメンドーサが弾くつもりで
弾ききれずにゴールに入れてしまう。
ああメンドーサ・・・・・・。まあ仕方ないか。1-2です。


その後もロホスが押し込む時間帯が続くのだけれど・・・、
78分、右サイドからチャロがクロスを上げ、ロコがヘッドで合わせてゴール。
これで2-2となってしまいました。あーあ。


ちなみに、ロコは昔Uでプレーしてたことがあって、
アウェーでのロホスとの試合でゴールを決めて勝ったってことがあったのでした。
99年くらいのことですか?


そのロコが同点ゴールを決めやがって、えーーい恩知らず!!
試合はこのまま2-2で終了したのでありました。
後半かなりはしょられているのは、やっぱり体調が悪かったせいですね。
来週は落ち着いて見られるといいのだけれど。


とりあえずビデオを貼っておきます。
カミアニの2点目がないのは、なぜ・・・・・・?




*タグ/ムニシパル(クラブ) USAC(クラブ) LNF09年開幕(ビデオ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。