スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10節 スチテペケス - クレマ 

スチテペケス – クレマ


えーーーと、一応日曜日のうちに録画を見てメモってたんですが
いろいろとごにょごにょしてて、アップが遅くなりました。取り急ぎアップ。





うあああ~、クレマのアウェーユニ、すっごい赤紫。
普段のアウェーユニ、青ベースなんだけれど、
スチのホームユニが白と青だから、サードを使っているのかな。
それにしても強烈な色で、ちょっとびっくり。


スチ
GK: モラレス
DF: ガルシア、ラリン、メルガル、カブレラ
MF: ベラスケス、カスティーヨ、リベラ、ベニテス、モラレス
FW: ガロ
DT: フリオ・セサル・アントゥネス

この前の代表メンバーで、カルロス・カスティーヨが落ちてたのに
びっくりしたのは私だけ?
最近ゴールも決めてて調子良さそうなのに、何故なんでしょ?
傷ついてるという噂です、チャト・カスティーヨ。


GK: アルバレス
DF: ガヤルド、ヒメネス、エンリケス、カストリーヨ
MF: ブラッドリー、トリゲーロス、マルケス、プラド
FW: モンテペケ、アペラニス
DT: フリオ・セサル・ゴンサレス
アルバレスが正GKになっちゃったのかなぁ~。
ちょっと飛び出しが不安だけれど、いいGKであるのは事実。
キャプテンのロロはまだケガが治らず不在。





立ち上がりはほぼ互角、若干スチの方がいいかな。
スチの誰かの強烈シュートは
GKのアルバレスがうまいこと弾いておりました。


20分頃からはクレマも相手ゴールに襲い掛かってくるが・・・、
中盤で膠着した感じで時間がすすみ38分。
クレマの攻撃、ガヤルド→トリゲーロス→ガヤルドと繋いで
ガヤルドがクロス、アペラニスがヘッドで決めてクレマ先制。


しかしスチもすぐ追いつく。
43分、エリア内でモラレスがボールを受けるけれどスペースがなく、
後ろにパス、そこへ走りこんできたカスティーヨが
思い切って蹴ったボール、アルバレスの右側のポストに当たって入る。
いや、すごいゴールだった。こうして1-1で前半終了。





52 分、クレマ、エリア手前でボールを受け、左のマルケスへパス、
マルケス、ジャストミート!なシュートは
ゴラッソ~かと思ったら、ポストに当たって跳ね返る。
まだ1-1です、マルケス残念。


で54分、今度はクレマのゴール。
アペラニス、低めの位置でボールを受け、
相手DF2人の間をするりと抜けて駆け上がる。
追いかけてきたラリンをエリア内でかわすと、もう一対一。
GKを良く見て落ち着いて決めて1-2。
これはアペラニスらしいきれいなシュートでありました。


しかしまたまた追いつくスチテペケス。
66分、スチがエリア右側でFKをゲット。
モラレスが慎重に慎重にセットして蹴ったボール、
アルバレスが手に当てるけれどボールは大きく弾みカスティーヨのところへ、
カスティーヨ、ぽんっ!とヘッドしたら、
ボールはアルバレスを越えてゴールの中へふわりと着地。
う~ん、ほらアルバレス、最初の時にちゃんとキャッチしないと。
取れないボールじゃなかったと思うけれど。


それにしてもなんなんだ~、この試合。
アペラニスとカスティーヨの2人だけがゴールする日か。
とにかく2-2であります。


75分、クレマは何だか不思議な選手交代。
フアンホ・プラドが下がって、ケガあがりのイーベルトン・パエスが入る。
プラドはRSH、パエスは普段はCBの選手だけれど、
パエス、ちょっと前にマルケスに代わって入ったチューラと2人で
ボランチに専念する模様。
えーと、じゃあブラッドリーは?あれ????
クレマとしては、引き分けでいいってことか・・・。
最近勝てなくて、ひょっとして弱気になってますかね?ゴンサレスさん。
得点も多いけれど失点も多いからな、クレマは・・・。
最後の交代はアペラニスが下がってアレオラ。
アレオラが右、トリゲーロスが左、トップがモンテペケで
速い選手を攻撃に残したってことか・・・。


ま、でも、特別おもしろいこともなく、
最後の最後の91分、クレマのCK。
誰かが落としたボール、ファーポストに詰めていたモンテペケの元にポトリ、
だけどモンテペケ合わせられずに空振りし、チャンスを逃してしまう。
あーーーーー。クレマインチャの悲鳴が聞こえる。
試合は2-2で終了。


スチは10節までで1勝7分2敗、負けないかもだけれど、
とにかく勝てない。
唯一勝ったのはアウェーでのペタパ戦で、ホームでの勝利がないんだよね・・・。
ちなみにカルロス・カスティーヨは今シーズン4得点。
さりげなくチームの得点王だったりして。
・・・・・・FWは何をしとるんだ、って気もするけれど・・・。


アペラニスはこれで得点王争い単独トップの9ゴール。
クレマはアペラニスとロロの2人で得点の大半をたたき出していて、
も少しトリゲーロスとかプラドとかマルケスとか、得点に絡んで来てほしいところ。
それに15得点はいいけれど、15失点はいただけないよねぇ。
ちなみにスチの得点は16、失点は17で
クレマとさほど遜色のない内容だったりするのでありました。ははは。



久しぶりに動画も貼っておきます。
クレマの応援歌にあわせてどーぞ。



*タグ/スチテペケス(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) LNF08年開幕(ビデオ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。