スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選 エルサルバドル - パナマ 

エルサルバドル 3 – 1 パナマ
(二試合合計:3-2でエルサルバドルがGL進出)
6月22日クスカトラン・シタジアム(サン・サルバドル)


この試合、他のことしながらちらちら見ていただけなんですが、
余りにすごい試合だったので、書かずにはいられない。
やっぱり諦めずに頑張れば幸運の女神が微笑んでくれるんだな、と痛感した試合でもありました。


試合開始前晴天だったらしいけれど、
試合開始頃には雨がちらつき始めておりました。
そんな中をパナマが先制。
得点は、またこいつかよ~のホセ・ガルセス。
14分、左サイドから崩し、エルサルバドルのDFが戻りきれなかったところ、
ピストレロ・ガルセスがどフリーになっちゃって、ヘッドで楽々先制。
ピストレロっていうアダナの通り、至近距離だとはずさないよね、本当に。
パナマのアウェーゴールで、エルサルバドルは3点取らないといけなくなった。
これでスタンドはがっくし、パナマにはどうやら楽勝ムードが漂ってきたかも。


このゴールの後、サルバドレーニョの涙雨のような豪雨が降り始め、
30分頃には雨が激しすぎて視界も効かない状態。
どんなに排水のいいピッチでも、これじゃあ泥沼です。
クスカトランは一部水溜りができてますね・・・。


てなわけで、皆よろめきながらの試合になってしまいました。
水溜りではボールがぴったりと止まちゃって、
いやもう、この顔合わせはどうしてこうなるのかね?
加えて35分頃でしたかね?霧まで流れてきて、
こりゃあ試合中止かぁ~?と思ったんだけれど、
この霧、さーーーーっと流れていって、ついでに雨も止みました。
ひょっとして、この霧が魔法をもたらしてくれたのかも?





48分、ここでパナマのブラス・ペレス、押し込めばいいだけのボールをふかして、
絶好の追加点のチャンスを逃してしまう。
ここで決めてれば、引っくり返すことは難しかっただろうからなぁ、
パナマにとっては勝敗を決めるプレーとなったのは実はこれだったのかも、てな気がする。


後半はパナマは無理せず、下がり気味でエルサルバドルがボールを支配。
でもうまく攻撃がつながらず、ペネドの活躍もあって、
エルサルバドルには絶望的な時間だけがどんどん経過してゆく・・・。


そして待望のゴールはなんと70分。
エリア手前からのFKをチェヨ・キンタニーヤがダイレクトに決めるゴラッソ~。
カベには5人くらいいたのかな?そのカベを越え、
ペネドの右、ポスト際に決まる見事なゴール。
このゴールから以降、流れはすっかりエルサルバドルに。
ガルセスももういなくなったパナマ、全員で守備してるんと違うかね。


その猛攻の中、エリア内でパナマのカルロス・リベラが痛恨のファウル。
キンタニーヤを後ろから倒して2枚目イエローかな?
とにかく退場になってエルサルバドルにPK。
今日の泥んこピッチ、特にエリア内ばもう完全なぬかるみで、
わざとじゃなかったのかも、だけれど。
とにかく、チェヨが決めて2-2。
スタンドはものすごい興奮の渦。


そのスタンドの声に押されるように決勝点が入ったのは89分。
右サイドを上がってきたルイス・アナヤ、えいやっ!と思いっきりミドルを撃つ。
ペネドは多分、そのコースに入っていたと思われるのだけれど、
このボールがサルバドルの誰か(マルティネス?)の背中に当たってちょっとコースが変わり、
ネットに突き刺さる。スタンドは大興奮。
うわ~、嘘みたいだー!!!


すっかり気落ちしてしまったパナマ、
93分にはアドルフォ・マチャドまでまったく不要のファウルで一発退場。ばか。
最後まで諦めちゃだめだってのに。


そんなわけで大興奮の中、試合は終了したのでした。
パナマにとっては信じられないような敗戦だろうな・・・・・・。
ま、ペネドはロホスで頑張ってください。


いい試合だったけれど、ちょっと残念だったのは、
スタンドからペットボトルやら水やら、とにかく大量に投げ込まれていたこと。
気持ちはわからないでもないが・・・、
下手すれば相手の勝利と判定される可能性さえあるわけで、
やっぱりこういうのは辞めましょうね、皆さん。





得点
14分 ガルセス(Pan)
70分 キンタニーヤ(SLV)
83分 キンタニーヤ(PK)(SLV)
87分 アナヤ(SLV)

SLV
1 Juan Gomez, 3 Marvin Gonzalez, 4 Luis Anaya, 6 Shawn Martin (36’ 13 Jose Martinez), 7 Ramon Sanchez, 10 Eliseo Quintanilla, 11 William Reyes (73’ 12 Emerson Umana), 14 Rudis Corrales, 15 Alfredo Pacheco, 16 Oscar Jimenez (55’ 8 Cristian Castillo), 17 Alexander Escobar
DT: Carlos De Los Cobos (Mex)

PAN
1 Jaime Penedo, 2 Carlos Rivera, 3 Luis Moreno, 5 Roman Torres, 6 Gabriel Gomez, 7 Blas Perez, 9 Jose Luis Garces (64’ 18 Luis Tejada), 10 Rulando Escobar, 13 Adolfo Machado, 16 Juan Ramon Solis (59’ Eric Vasquez), 17 Luis Henriquez
DT: Alexandre Guimaraes (Crc)

FIFA


【追記】動画を追加しておきます。




こちらはスタジアムで直接映されたもの。
サポーターの興奮がよく伝わるビデオになってます。




*タグ/W杯予選(ビデオ)

スポンサーサイト

W杯予選 セントルシア - グアテマラ 

セントルシア 1 – 3 グアテマラ
(二試合合計:1-9でグアテマラがGL進出)
6月21日メモリアル・コリッセウム(ロサンゼルス)


1階席はかなりぎっしりですかね。
確かに・・・ほとんどグアテマラの応援みたい。
まだ陽の射すロサンゼルスのメモリアル・コリッセウム。


びっくりだったのは、グアテマラの国歌がマリンバの生演奏だったこと。
Alma Tunesaだったかな、のマリンバオーケストラ(トランペット付)。
セントルシアの国歌もやってくれるのかな、と思ったら・・・、
これは普通にCD演奏でした。なんじゃらほい。


セントルシア
1 Danny Mitchel, 4 Germal Valcin, 5 Mogabi Polius, 6 Sheldon Emmanuel,
8 Vernus Abbot, 9 Barnett Bledman, 10 Troy Prospere, 12 Kenwen McPhee,
15 Clevelando Emmanuel, 16 Gilroy Mitchell, 17 Fabian Joseph

グアテマラ
GK : 1モリーナ
DF : 2カストリーヨ、3ロドリゲス、4フローレス、16ビデス、
MF : 14ゴメス、11パンド、7ロコ、8チャロ、12バンピーロ、
FW : 9ペスカド




2分、いきなりパンドのスライディングで
6のエマヌエルが足を痛めたか・・・。
長い髪を後ろで束ねている同士で、ちょっとライバル意識もあるとかね・・・?
カードが出なかったのはラッキーなプレーだったな。
いきなり何をやってんだよ、パンド。


セントルシアのGKはお馴染み?ダニ・ミッチェル。
前回の試合ではマイケルという表記だったんだけれど、
今回はミッチェルになっていて、こちらが正しい模様。


6分、20mほどの距離からグアテマラのFK。
パンドがダイレクトに狙うけれど、
相変わらず反応のいいミッチェルが止める。


中盤はグアテマラが支配、
セントルシアは慎重に引いていてカウンター狙いかな。
なわけで、セントルシア側の人口密度が高いんですが、
その厚いDFの間をパスがちゃんと通ってて、いいぞ~。


14分、セントルシア初めてのシュート、
左サイドから素直に撃ったボールはモリーナがキャッチ。


同じく14分、後ろから入ったクロスを半月中でペスカドが受け、
DFを1人交わしてシュート!
ゴール!!って思った瞬間、ボールはなんと大きく上にそれてく・・・。
こら~っ!!!


なんかウチのDFも結構モタモタしてませんかね?
相手が入ってくると止められないって、そういうの、ちょっと勘弁。
加えて、さっきからペスカドにどうも精彩がないような。
うまくボールが収まらないシーンが度々。


19分、も一度チャンス。
ハイボールをロコが落とし、ペスカドがダイレクトでシュートっ!!
入ったかと思ったんだけれどなぁ、ボールはポールの外。またかよ~。


24分、最初のゴール。
中盤でボールを奪って、ロコがソンブレロでクロス、
チャロがえいやっ!と飛び蹴りで合わせてゴール。
ロコのクロスが見事でした。
もちろん、チャロの蹴りも見事でしたけれど。


24分、6シェルドン・エマヌエルにイエロー。
さっきから、チャロとよくケンカしてるみたいだけれど、
試合開始早々パンドに削られて、頭に血が上ってるかも?
ファーストレグでも結構走り回ってあちこちに登場していたエマヌエル、
闘争心の塊みたいな選手だなぁ~。


得点の後、ちょっとリズムが落ちてきたかなぁ・・・。
時々入り込まれるようになって来ているし。
ほらほら、ちゃんと気持ちを引き締めてやってくれよぅ。


38分、セントルシアは最初の交代。
10プロスペレが出て11サン・クロワ。


43分、またしてもチャロのゴール。
相手ボールのスローインをクリアーしてカウンター、
ペスカドが相手9番に追いすがられながらも粘って上がり、
右サイドにいたロコ?へ、
チャロから左サイドのバンピーロへ、
バンピーロが後ろ目にいたチャロに出し、
チャロがシュート!で追加点。
でかい9ブレドマンに絡まれながらも粘ったペスカドが偉かったかな。
エリア付近でのパス回しも見事でした。


ところがどっこい、45分、セントルシアのゴール。
ビデスがボールを奪われるけれど、
なんとか追いすがって相手のボールを奪いクリアー、
でもそのボールに12マクフィーが走りこんできてシュート、
フローレスかな?にボールが当たってコースが変わり、ゴールに入っちゃう。
ちょっと不運ではあるけれど・・・、
さっきから、ウチのDFちょっと心配なんだよなぁ、
ロングボールでカウンター攻勢かけられると、とっても怖いような気が。


とりあえず、1-2で前半終了。
裏のコスタリカとグレナダは2-0(これもローカルで中継中)。





後半開始と共に、フローレスに代わって17ウィルソン・ラリン。
これでDFはカンチェ・ロドリゲス以外は皆U-23メンバーです。
大丈夫かな?
いきなりセントルシアが攻勢なんですけれど・・・・・・。


47分、またパンドと6エマヌエルが衝突、
てか、パンドがエマヌエルに肘打ち。
いや、多分ワザとじゃないだろうけれど、
エマヌエル、くらいついてくるから、ファウルも受けるしファウルもする。
でも、プレーの一つ一つに熱くなってちゃいかんよ。


やっぱり、セントルシアの出足が前半より鋭くなってるなぁ。
ウチのパスがつながらなくなって、相手にボールを奪われるシーンが度々。


54分、エリア付近でグアテマラがボールを回す。
ペスカドが後ろに出したボール、パンドがもたもたして相手にクリアーされる。
その後も一度ボールを奪い返して誰かがシュート!ってのはミッチェルが止める。
む。


55分、ペスカドのシュートはミッチェルが弾き返し、
こぼれ球は相手DFが必死のクリアー。
ロコ、足の長さで負けてしまったかな。むむ。


58分、パンド、こぼれ球を拾ってミドル。
見事なシュートだったけれど、ミッチェルが防ぐ。


ここんとこ、ウチの攻撃が続いているんだけれど、
どうにもゴールを割れない、じりじりする展開。
追加点、欲しいよぉ~。


60分、チューラ・ゴメスが出て13カルロス・カスティーヨが入る。


64分、思いがけず、エリア外からビデスがシュート!
皆びっくり!だけどポールに当たって跳ね返り、
ボールを拾ったパンドのシュートは相手DFに当たって跳ね返る。
ツキもちょっとないですかね、ウチ?


68分、左サイドからのクロスにペスカドが合わせる。
これもポールの外。今日のペスカド、とにかく入らないなぁ~。
蹴れば入ったファーストレグとはえらい違い。


73分、チャロに代わって5ジーン・マルケス。
少しサイドやられてるなぁ、特に左サイドかな。
スピードのある12マクフィーと6エマヌエルのコンビに抜かれることがしばしば。


77分、入った!と思ったんだけれど。
誰かのクンフーキック、ミッチェルは抜いたのに、
ゴールライン上にいたDFがヘッドでクリアー。
ボール、90%くらい入ってたと思うんだけれどなぁ、残念。
ああ~、追加点。


12マクフィーが今度は右サイドを走っていく。
後ろからラリンが走ってきて、うまく体を入れてボールを奪う。
ナイス、ラリン。


75分、セントルシアは9ブレドマンが出て14フィリップ・ティソンが入る。


85分、ほや~、またしてもバンピーロのゴール。
オフサイドラインを抜けたペスカド、
ミッチェルが飛び出してきたので後ろに回って
トリゲーロスにパス。
トリゲーロスががら空きのゴールに難なく押し込んでやっと追加点。
皆でカンガルー飛びしてお祝い。
この前の舟こぎパフォーマンスといい、
練習しないでパフォーマンスの練習してるとかね?


89分、左サイドからのクロス、
何故にそこにいる?エリア半月手前にいるビデスがダイレクトでシュート。
いやはや、本当にすごいミッチェル、これも弾いてくれるんだよなぁ。
どこかのクラブ、ミッチェル取ってくれないかなぁ~、見たいですよ、もう少し。
うーーん、でももう32歳なのかぁ。ちょっと厳しいかなぁ。
2部のクラブとかどうかなぁ、いいGKだと思うんだけれど。


ん、どしたんでしょ?
セントルシア、さっき入ったばかりの14ティッソンに代わって13アンガス・ウィリアム。
まあでも、その後はつつがなく試合終了。


まだまだチームとしては不安な感じだけれど・・・、
それでもとにかく、今回は若手が大量にプレーして、
それで勝てたのだから良しとするかぁ・・・。


トップ下は、今の状態ならコントレラスよりチャロの方がいいかも。
チャロ、ペスカドより良く走ってて、だから2ゴールできたんだよなぁ。
ロホスではチャロが後ろでパンドが前だけれど、
この2人が反対になってるマラディアガのチーム、
これがなかなかおもしろい。てか、こっちの方がはまっているかも。


次はいよいよガチンコ勝負のグループ戦。
厳しい組だけれど、勝ち抜けるといいなぁ~。


裏のコスタリカは3-0でグレナダに勝った模様。
メキシコは7-0ですか。まあ、そんなもんだろうな、やっぱり。


【追記】動画を追加しておきます。




【追記その2】FIFAのデータをリンクしておきます。


*タグ/グアテマラ代表 W杯予選(ビデオ)

W杯予選 グアテマラ - セントルシア 

グアテマラ – セントルシア
W杯予選セカンドステージ ファーストレグ
6月14日20:00 国立マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)


いよいよやって来ました、W杯予選。
初戦はホームのセントルシア戦。
初戦はやっぱり見る方も気合が入りますね。
思わず正座してしまう私がいたり・・・。
大丈夫だとは思うけれど、
ウチの最近の得点力のなさを見るにつけ一抹の不安が。


今日のキャプテンはペスカド。
で、でも背番号が9番ですよ!?
何だか結構皆背番号が変わっていたりして、わはは、誰が誰だか一瞬わからない。
グアテマラ
GK: 1トリゲーニョ
DF: 2 ガヤルド、3 ノリエガ、4 フローレス、6 タボ
MF: 5 トンプソン、11 パンド、7 ロコ、8 モーヨ、10 フレディ
FW: 9 ペスカド

ちょっと緊張してるっぽいのがとにかく初代表のガヤルドと
顔に似合わず神経質なトリゲーニョ。
一番ポーカーフェースはノリエガかなぁ。ホントにいつも無表情。
セントルシアの選手たち、はじめまして~。
ユニは上下ソックスが黄色で、両袖とパンツの脇が水色。
なかなか綺麗なアディダスユニ。





さてさて、試合開始です。
3分。セントルシアがエリア外でFKゲット。
ダイレクトにねらったっぽいボール、
トリゲーニョがキャッチしたと思ったらポロリと落とす。
誰かがクリアーしてくれたけれどさぁ・・・、大丈夫か、トリゲーニョ。


5分、右サイドをロコが上がり、クロス、
ペスカドがダイレクトでシュートするけどゴール外。


その直後、左サイドからフレディがクロス、
ロコがヘッドで合わせて先制点。やりぃ~!


ここからしばらくグアテマラが一方的に攻めております。
でもセントルシアのGK、ダニ・マイケル君がなかなかいい。
小柄だけれど、素晴らしいセービングを披露してくれるんだよなぁ~。


15分、CKからガヤルドがクロスを入れてタボがヘッド、
ニアポスト際に入ると思ったんだけれど、マイケル君がキャッチ。とか。


セントルシアの選手って、足長くてでかい選手が多いなぁ~。
パワーは確かにあるようで、
時に激しいチェック、時に激しいファウルでボールを奪ってゆきます。
でも、パスが続かないかも・・・。


22分、12番がエリア内に到着。
エリア内に誰かがやって来たのは初めてか。
でも、サポートがないので攻撃を仕掛けられず、ガヤルドがボールを奪う。


28分、セントルシアのファウルで、エリアのライン手前8mほどからFK。
蹴るのはやっぱりフレディ、ニアポストを狙ったけれど、
マイケル君がはじいてしまう。
そこでボールを拾ったペスカド、シュート!てのはDFに当たって跳ね返り、
続いてロコもシュート!!てのはポストの外へ・・・・・・。
にゃあ、マイケル君、マジでいいGKだよなぁ。
ウチもシュートの数が多いのはいいんだけれど、
そろそろ追加点がほしいよぉ~。


33分、2番の長髪RSBジョン・ペリー・ジョセフにイエロー。
このジョセフ、相手DFの中では結構走ってるような気がするけれど、
その分、相手に絡むファウルも増えてくるのかも。


36分、遂にぺスカドのゴール。
パス回しが続いて、モーヨから左サイドに出たパス、
オフサイドラインから飛び出したフレディが折り返して
ペスカドが押し込む。
これでペスカド、プラタを抜いてグアテマラの代表最多ゴール36を記録。
トリゲーニョまでお祝いにやってきた。


そして40分、もひとつペスカドのゴール。
右サイドからロコがクロス、なぜにゴール前にいるフローレス?
ヒールキックで後ろへ、そこにいたペスカドが押し込んでゴール。


こんな感じで前半は3-0で終了。





後半開始早々、右サイドからフレディがミドル。
これもまたマイケル君がジャンプして弾き出す。むぅ~。


50分、セントルシア15クリーブランド・エマヌエルが入って
13アンガス・ウィリアムが出る。


53分、モーヨ・コントレラスのシュートが上に逸れた後、
マイケル君、足がつったらしい。
ペスカドが手を貸して、ドクターが手当てしてプレー再開。
ちょっと足を引きずっているかな、まだ。
2番のジョセフもついでにドクターに手当てしてもらってます。
大丈夫か、皆。


58分、パンドがエリア内に持ち込んでシュートせずに粘り、
マイケル君が出てきたところにソンブレロ。
ペスカドがヘッドで合わせてゴール!で4点目。
その後、ベンチ前で控えの選手たちと一緒に、
地べたに座ってボートをこぐパフォーマンス。何だこりゃ。


その後、マイケル君、遂に交代です。残念。
マイケル君に代わって入った3番のジョバンニ何とか君、
背番号の3が布か何かに手書きしたのを貼り付けてるだけ・・・?
ひょっとして、控えのGKいないとか???


65分、ウチの最初の交代は、コントレラスが出て12チャロ。
まあ、いいんだけれどさぁ、こういう試合で若手を試してほしい気も。


69分、またしてもペスカドのゴール!と思ったらオフサイドってか?
まあ・・・、足の指1本くらい前に出てましたかね?
勝ってるからいいことにするか。


セントルシアはもうへばってるような。
グアテマラのボール回しに全然ついてこれなくなった。
と思って油断してたら、
72分、後ろからの大きなパスに15番かな?が抜け出してヘッド!
今日は仕事のないトリゲーニョ、大袈裟に倒れてキャッチする・・・。
それにしても、こういうシンプルなプレーで
相手をフリーにしちゃいけないでしょ。
いくら今日はヒマだったからて、DF、ぼーっとしてちゃだめじゃん!


73分、フレディが下がって16トリゲーロスが入る。
この間にジョセフが座り込んで立てなくなる。
タンカで運ばれて、しばらくして戻ってくるけど、無理しなくていいから。


74分、最後の交代はトンプソンが下がって17ペッサロッシ。
むう~、またおじさんか・・・。いいですけど・・・。若手。(ブツブツブツ)
にしても、ここでまだ攻撃して、相手を追い詰めようっていうんでしょうかね?


77分、ジョセフ君に2枚目イエローでレッド。
まあ、疲れているだろうし、ここらでゆっくり休養してちょ。
位置はエリアのラインぎりぎりのところ、半月の中。
こんな絶好の位置なのに、パンドが裏表なく真っ直ぐ蹴って、外へ。
チャロが蹴った方が良かったんでないのか。


ん?ペッサロッシが足をひきずっております。
どうやら続けられない模様。
83分、足を引きずりながら、自力でピッチの外へ。
ものすご~く、悔しがって、ベンチを蹴飛ばして、泣いておりますが・・・。
まだまだチャンスはあるんだから。
とりあえず、これで10人対10人になりました。


86分、今度は7番が足をつらせたみたいだ・・・。
しばらくしてプレーに戻るけれど、いささか足を引きずっているかも。
皆大丈夫かぁ~。


89分、皆へろへろしてるのかと思ったら、
6番がグアテマラDFの間を自転車こぎながら抜け出してシュート!
トリゲーニョが飛びついて弾き出す。
こらっ、DF!寝ぼけてる場合じゃないでしょうが。


91分、今度はトリゲーロスの代表初ゴール。
チャロのパスを受けて胸トラップで落とし、左足で低く蹴りこむ。
いやぁ~、最近調子の良さそうなバンピーロ、これは嬉しい初ゴール。


93 分、締めはやっぱり真打ちのペスカド先生に。
センターサークル辺りから縦パスが出て、フローレスが抜け出す。
フローレスがシュートする、と見せて右サイドのペスカドにパス。
って、これオフサイドじゃないの?て気がするが・・・、
笛はならずにゴール!いやはやありゃこりゃ、6-0でグアテマラの勝ち。


セントルシアにはちと可哀想だけれど、
これだけプレシャーをかけられなければ、
グアテマラだって得点できる!ってだけの話で
でもまあ、いい気持ちで次の試合、
そしてグループ戦に迎えればいいなぁ・・・と思うわけです。
予選はまだまだ始まったばかりですが、
とりあえず、グアテマラとしては嬉しい勝利でありました。


【追記】動画を追加しておきます。




*タグ/グアテマラ代表 W杯予選(ビデオ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。