スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.5 

どうも最近ニュース系ネタが書けないでいるのですが、ここは3つほど。

icon-flower-wineredマルビン・アビラ、中国へ

去年の11月だか12月のことでしたかねぇ、
ネーションズカップの直前だったと思いますが
代表に招集されたアビラ、練習を無断ですっぽかしたことがありました。
その罰として、1年間グアテマラ国内でのプレーの禁止と
代表からの永久追放が決まってしまい、
アビラにとってもグアテマラにとってもどうよ!?な気がするのですが、
それはともかく。


プレーできないアビラを置いとくなんて贅沢はできないロホス、
探し出した移籍先は中国は西安市。
スーパーリーグに所属する陝西宝栄滻灞足球倶楽部(せんせい-ほうえい-さんは-)、
えーーーと、ローマ字表記はShaanxi Zhongxin Chanbaらしいです。
どちらにしても読めないですが。


いやそれにしても、アビラが中国語をしゃべる様子が想像できない。
まだ小さい赤ちゃんはグアテマラに置いての単身赴任かな。


さて、中国と言えばマルビン・アビラの表記が一体どうなるのかが気になる。
で見つけたんですけれど、ここで再現できないような気がするので
クラブのオフィシャルサイトのマルビンのところをリンク。


最初の3文字で「マルビン」なんだと思うわけですが・・・、
最初の字はの略字かな。
2文字目はちょっとピンとこないんですが、
3文字目はビン


背番号は24番のようですね。
それにしても国籍:危地馬拉って・・・。
いや、こう書くとは聞いていたんですが、
馬も拉致される、いや、馬で拉致されるのか、
どっちでもいいですけれど、危地って表記は辞めて欲しいなぁ~。
グアテマラの治安が悪いのはきっとこの中国の当て字のせいだ!
(ちなみにグアテマラと国交のある台湾は別の字を使っていますが、
 確か最初の文字がだったような記憶が。どっちもどっち)


すっかり話が迷路に入ってしまいましたが、
迷路ついでにオフィシャルサイトをGoogleの翻訳機能で訳してみました


うーーんこれって、サッカーじゃなくてODAの話だったのか・・・。
文中出てくるモルヴァンてのがマルビンのことのようです。
タイトルは意味不明ですけれど、


また注目は、外国の援助を大幅に上昇しているとしている状態モルヴァン2倍の価値がある


そっか~、モルヴァンじゃなくてマルビン、2倍の価値があるのか。
良かった良かった。
しっかり頑張って、中国の人から愛されるような選手になっておくれよ。


icon-flower-wineredロコは結局どこにも貰ってもらえず

2月でしたか、韓国のチュンナム・ドラゴンズでトライアルを受けてきたロコ、
結局先方のお眼がねに叶わず帰国。
その後、今度は中国の、えーーーっと、早い話がアビラと一緒にトライアル、
という話で二人で西安入り。


しかし残念ながら、先方の予算では2人も雇えない、
ここはマルビンだけでいいよ~、という丁重なお断りを受けて
熨斗つけて帰ってきました、ロコ。髪も伸びてたけれど。


てなわけで、3月末からまたロホスにてプレーをしております。
ちょっと残念ではあるけれど、
ロホスにとっては結果的に良かったのかも。


icon-flower-wineredパッパ、好調

国外のクラブへ何とか移籍しても
その後スタメンを獲得するどころか、プレーするチャンスすら得られない選手とか、
プレーしてもチームは負け続け、みたいな選手が多いグアテマラ人たち。


その中で、チームの快進撃の立役者となっているのが
シカゴ・ファイヤーズのマルコ・パッパ。


昨シーズンはスタメンに定着できず、
シーズン開幕前の目標はスタメン定着だったようだけれど、
蓋を開けてみるとMLSの第4節まですべての試合に先発、
2ゴール2アシストと、ちょっと目を見張るような結果を出しております。


シカゴは2勝2分、東地区の首位に立っており、
幸先の良い出だし。
パッパにしても代表戦がない分クラブに集中できるという強みもあるし、
この調子でシーズンオフまで乗り切れますように・・・。


タグ/マルビン・アビラ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) マルコ・パッパ(選手)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.99 

violetデデー、ハラパを辞める

閉幕シーズン首位と好調のハラパですが、
第8節を終えたところでデデーことホルヘ・ドス・サントスが辞任。


ハラパ、相変わらず台所事情が苦しいようで、
給料の遅配が常態化していたようですが、
遂に我慢できなくなったデデー、ハラパを辞めて
コバンに移籍してしまいました。


これはハラパにとってかなり痛いと思うけれどね・・・、
今後どうなるんでしょ、ハラパ。
一応、代わりの外国人としてはペドロ・オルティスという選手が決まっています。
ウルグアイ人、24歳。
ウルグアイの2部のラ・ルスというクラブでプレーしていたようです。
なお、オルティスは今週グアテマラ入りする予定。


violetマルケンセは会長が辞任

26日、マルケンセの会長ロランド・ピネダ・ラムが
クラブの理事らと会合を持ち、
以前から表明していた会長職からの辞任を確認、
後任にはオスカル・レオネル・バリオス・フローレスが就任。


なお、この会合にはサン・マルコス市の市長も来てたらしいのですが
マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダを人工芝にしようという案があるんだとかで
それについてもあ話し合い。
結論はどうなったか知らないですけれど、
ひょっとしたら、エンセナーダも人工芝になっちゃうんですかねぇ、
あそこは別に天然の芝で問題なかったよな気がするけれど。


violetスチ、チバスUSAと提携

この提携合意によって、監督やテクニカルスタッフの米国修行に加えて
選手たちもチバスUSAへの移籍の可能性が広がったことになるんだそうです。
早速上がっている候補の名前は
ウィルソン・ラリン、ウィルフレッド・ベラスケス、
エドワルド・サンテリスにホセ・ロドリゲス。
どうなることやら、ちょっと楽しみではあります。


violetバトレス、コンフェデ杯へ

6月に南アフリカで開催されるコンフェデ杯の審判に、
CONCACAFからはカルロス・バトレスが選出されたそうです。
副審にはレオネル・レアル(Crc)とカルロス・パストラナ(Hon)、
副審の控えにはエルメリト・レアル(Gua)が決定済。


代表には期待できないけれど、
それでもバトレスが頑張ってくれるんだったら、
ちっとは見甲斐もあるってもんだよな。


*タグ/ホルヘ・ドス・サントス(選手) ハラパ(クラブ) コバン(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) カルロス・バトレス(審判)

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

Exニュース No.2 

ウルグアイはレンティスタスでプレーするリカルド・ヘレス、
先週末だったかなぁ、またしてもPKを止めたんだとか。
残念ながらチーム全体としてなかなか勝てずにいるようですが、
リカちゃんが頑張ってるのは嬉しい。
とりあえず3節を終了して4失点、その内1点がPKで、
ストップしたPKは2本。


・・・・・・ってそれ、PKをプレゼントしすぎてないかね、君のチームメイトは。
リカちゃんのための愛の鞭ってヤツなんだろうか。


で、早速インタビュー記事が上がっております。
Ricardo Jerez y su gran momento


リカちゃんとPKと言えば、思い出されるのはあの五輪予選。
あんなにたくさんのPKがあったのに、リカちゃん、一つも止められず、
オリンピック出場をかけた準決勝も、
名誉をかけた3位決定戦もPK戦で負けてしまった、のでありました。
PK戦にもつれこむような試合になったことの方が残念だけれど
2試合連続でPKで敗戦ってのは、
そりゃ悔しかったんだろうね、GKとしては。


「予選が終わった後、通常の練習の他にPKの練習をした。
 あんまり悔しかったからね。
 (ここでは)3試合でもうPKを3つも与えてしまっているけれど、
 有難いことにその内2つを止めることができて、
 チームの皆も、監督たちも喜んでくれてる。 
 いつの日か、代表であの時の借りを返したいね、
 前にも言った通り、あの予選でPKで敗退したのがあまりにも悔しかったんだ」


チームは勝てないけれど?と聞かれて、
「その内2試合はアウェーで、最初の試合は中間地(第三者のスタジアム)だったし。
 次の試合もまたアウェーで、第5節になってやっとホームでプレーできるんだよね」
あ、なる。アウェーじゃ勝てない、という訳・・・・・・じゃだめじゃん。
まあアウェーでも勝ち星1を上げられてるのなら良いけれど、
何故にアウェーばかりが続くのかは謎。


とにかく、その調子で頑張って頂戴。





リカちゃん以外ではペスカドとパッパがケガ、
コントレラスとカブレラは最近試合に出てないような?
コントレラスはまだちょっとアルゼンチンにフィットしてない感じだよなぁ、
それが代表でのプレーにも影響しているのがちと心配。


AGFのタボ・カブレラはリザーブチームの試合でプレーしてるらしい。
トップチーム、実はLSBを売却予定だったので
仕方なく?タボと契約したらしいのだけれど、
結局売買不成立(いや、株じゃないんですけれど)。


そんなわけで、トップチームには御用がなくなり、
もしもの時のために備えて
リザーブチームでプレーしているのであります、カブレラは。
いやでもリザーブチームって、若手養成を目的とするんじゃありませんかね?
まあでも、リザーブチームでいいプレーすれば
もちろんトップチームへの抜擢だったありうるわけで、
今はとりあえず、目前の試合を一試合ずつこなしていくしかないのかも。
それにしてもデンマークはそろそろ寒い時期じゃないんですかねぇ?
風邪引かないように。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

ぷちニュース No.93 

violetフットサルのW杯開幕

ブラジルで行われるフットサルのW杯、今日開幕しましたね。
開幕戦の日本対ブラジル、ちらりと見ましたけれど・・・(TT)
負けるにも程度ってものがあるでしょ!!!
というか、私が見たのは既に終盤9-1くらいからだったのですが、
もうすっかり受身に回っちゃって、ゴール前でも怖くてシュートできずに
横パス、横パス、後ろに戻す。ヲイヲイ・・・。
11人制だろうとフットサルだろうと、
シュートしたくないです病ってのは健在なんでしょうか<日本
結果12-1の大敗だったようですが、まあまだ1戦、
次に向けてしっかり反省して欲しいです(笑。


さて、この大会に出場しているグアテマラ代表は
明日2日目に登場。初戦はエジプトと。
グアテマラはC組。他には:
アルゼンチン、ウクライナ、中国がいます。
各組、5カ国なんですよね、で上位2カ国が決勝トーナメント行きかな、多分・・・。


CONCACAFからはアメリカとキューバが出場していますが、
アメリカはパラグアイに0-5で負け、
キューバはサロモン諸島に10-2で勝った模様。
グループ突破を目標に掲げるグアテマラですが、
さて、どこまで行けるかな。楽しみです。


violet最年少得点記録更新

グアテマラの1部リーグ、LNFの最年少得点記録ってのは
2001年11月25日にホセ・マヌエル・メンドーサ・オルドーニェスが記録した
16歳と122日、ってのだったんだそうです。


それが久しぶりに更新された、この週末。
ハラパで途中出場し得点を決めたヘルソン・ダニーロ・リマ・ボニーヤ、
なんとなんと15歳と323日だったそうです。
デビュー戦がマテオ・フローレス、そして初ゴールで記録更新。
おお、赤飯炊かなきゃ。
ちなみに誕生日は11月10日。蠍座か・・・。いや、いいですけれど。


ここで15~16歳でゴールを決めた選手達を書き出しておきますか。

  • ヘルソン・ダニーロ・リマ・ボニーヤ(ハラパ)
    2008年9月28日のムニシパル戦、15歳323日で記録
  • ホセ・マヌエル・メンドーサ(コバン)
    2001年11月25日のハラパ戦、16歳と122日
  • フランクリン・リバス・カスタニェダ(テクルタン)
    16歳296日
  • ケビン・アルベルト・メヒア(コムニカシオーネス)
    16歳311日


まあ、若くして得点したからその後もすごい活躍するかって言ったら
あんまり関係ないですけどね。
今までの記録保持者、ホセ・マヌエル・メンドーサだって
今どこで何をしてるんだか。まだ23歳。
サッカー続けてるのならまだまだこれから、って時期ですが。


ヘルソン少年には、今後も頑張って大成して頂きたいですけれど。


violetさて、CCL

GLも今週が第3戦、ロホスはやっとこさホームに帰って
プエルトリコ・アイランダーズとの対戦となります。


この試合で勝たなきゃもう後がないロホス、
この試合、マテオ・フローレスを予定していたのですが、
週末のハラパとの試合であまりにもひどい状態となってしまったため、
監督のオラシオ・コルデーロが「セメントス・プログレッソでやろうよ~」
と言い出しまして、そうなったんだそうです。


フィジカルの強そうなアイランダーズ、
ピッチコンディションが悪いと、ロホスの方が分が悪そうですもんね・・・。
もっとも、明日雨降っちゃえばセメントス・プログレッソだろうと何だろうと
一緒じゃないかい、って気がするが・・・。最近また雨すごいし。


ちなみにロホス、セルビン・モッタとフレディ・サンティアゴ・テイラーが
負傷で出場せず。
ハラパ戦みたいに4トップで戦って、相手の意表をつくってのどうすかねぇ、
オラシオさん?


*タグ/ハラパ(クラブ) ヘルソン・リマ(選手) ムニシパル(クラブ)

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.88 

violet大丈夫か、スチ

日曜日のエレディア戦で、リードしながら追いつかれてしまったスチ。
試合後のロッカールームでは、
監督になって1週間ばかりのフリオ・セサル・アントゥネスの雷が落ちたとか。


雷だけなら良かったんだけれど、
「おら、このデブ!」などと選手を指していったものだから、
腹を立てた選手が出てもおかしくない。
おかしくないけれど、だからってピストル抜いたらいかんてば・・・。


で、そのピストルを抜いたのはエディン・ロペス。
ロペス、ピストルの携帯許可を持ってるらしいのですが、
ロッカールームの、チームメイトやクラブ関係者がいるところで
ピストルを抜いたのみならず、床に向って発砲したとか。


ロペスはこう言ってたらしい。
「試合の後、監督は俺と他のチームメイトのところにやって来た。
 だけど、チームメイトの中には、ユニフォームを汚しもしないような奴がいるんだぜ。
 そりゃあ、俺だってむっとするさ。
 ロッカールームに戻った時、ユニを汚しもしないような奴がいるなんて、
 とんでもないよな、って言ったんだ。
 その後、監督は言うべきじゃないことをいろいろと言った。
 それにむっとしたんだけれど、やるべきじゃないことをしてしまった。」


「監督がマサテにやって来た最初の日から、
 グリフィスとガロにデブって言ってたね。
 最初は俺のことなんか無視してたけれど、昨日集まった時には
 フィジカル的に20%しか出来上がってないと言われた。
 ガロとグリフィスと俺は20分しかプレーできないってね」


で、肝心の発砲したかどうかって点については、
「ロッカールームの中では発砲してない」て言ってるらしいんですが・・・、
証人多数いる上に、ロッカールーム内に銃弾の後が残ってるんですけれど。


結局、ロペスはスチをクビになり、
おまけにこれが刑事事件として告発されたので、
まあ、懲役刑になるこたぁないと思うけれど、
前科者になってしまうかもな・・・。バカたれ。
コスタの人だから、銃を持ってるのはアタリマエかもしれないけれど
人のいるところで発砲するたぁ何事だ。
こんなヤツがいるから、グアテマラの治安はいつまでたっても・・・(ブツブツブツ)


ちなみにロペスには、2部のフベントゥ・レタルテカが
興味を示しているみたいです。
もし決まったら、心を入替えて精進するように。


violetマルケンセも、大丈夫か

いつまで経っても勝てないマルケンセ。
こちらも監督が爆発。
「勝利への執念のない奴らとは一緒に練習できん!」
とチームから8人を「執念ない組」として山に送ったそうです。


・・・・・・「山」って書いてあるんですってば。
一応「フィジカル鍛え直してこいっ!」ってことだと解釈されるのですが、
もちろん、追い出された選手たちは、そんな風に取らないわけで。
「監督は俺たちのこと見たくないんだろうな。
 誰も俺たちには何も言ってくれなかった。
 折角練習に来たってのに、練習を置いて他のところに行けだってさ」


あ、追い出されたのは
イスラエル・ドニス、
リキ・ネルソン・ムルガ、
フランシスコ・アギラール、
ネストール・ソリア、
セサル・アレグリア、
ホアキン・アルバレス、
ホルヘ・エストラダ、
イポリト・フエンテス。


だたし、フエンテスは半日後に監督に呼び戻されチームに合流して
残り7人になりました。
にしても、マルケンセの主力メンバーばかりじゃあありませんか。


マルケンセの不振、
選手達がフィジカル的に出来上がってないせいと言われてまして、
じゃあプレシーズンは何やってたんだっけ?
今年はおアメリカには行かずに、地元で弱っちい相手と練習試合してたんだっけ。
それでフィジカルが出来上がっていないと言われてもねぇ~。


さてこの7人、2日と3日の2日間、山で修行してたんですが、
3日、マルケンセのフロントと監督が話し合い、
この7人を呼び戻すことが決定。
4日から再び全員一緒に練習しているそうです。
めでたしめでたし。


なわけはなくて、練習はまた一緒になったとしても、
選手の間には監督不信が広がってしまったのではないかなぁと、
大体この7人、「この監督とは一緒に仕事したくない」って言ってたし・・・。


まあひょっとしたら、「見返してやるわい、この野郎!」
と選手達が思って頑張って、いきなり勝ち始めるようになるかも?
てか、そうなってくれよ・・・。頼むわ。


violetペッサロッシも大丈夫か

左膝を傷めて、代表からも招集もれしたドワイト・ペッサロッシ、
3日に膝の手術をしたそうです。
手術そのものはうまく行き、練習再開までは4~5週間とのこと。
クレマはロロとアペラニスがいるからまあいいとして、代表・・・。
ただでさえいないFWが、またピンチ。


あ、ついでにここに書いておきますけど、
クレマ、6日にメキシコでサントスと練習試合。
なんでもサントスの25周年記念とか。
そんなところに呼んでもらえるなんて良かったね。
(集金もできるだろうし<良かったね、キケ)



violetタボは大丈夫だった

W杯予選のアメリカ戦でレッドをもらったので
次のトリニダード戦には出られないグスタボ・カブレラ、
4日、AGFの試合で90分プレーした模様。
リーグ戦ではなくて国内のカップ戦のようですが、まずはめでたい。
でそのデビュー戦でついでにゴールも決めてます。


・・・・・・そういうのは代表戦に取っといてくれや~。


まあでも、良かったね。
Guatefutbol.comに記事が出てますので、引用しておきます。


Gustavo Adolfo Cabrera anotó este jueves su primer gol en Dinamarca, en la victoria 4-1 de AGF sobre FC Midtjylland en el Kolind Stadion, en el marco del Torneo de Copa. En conversación con Guatefutbol, Tavo indicó que el tanto se produjo en un tiro de esquina, en el que él ganó el rebote, mandando el balón al fondo del marco adversario. El gol del defensor guatemalteco fue el último del partido, al minuto 85, sellando el contudente triunfo del AGF.
Gustavo Cabrera nos comentó que hoy jugó casi todo el equipo titular, participando él durante los noventa minutos. Dijo sentirse muy bien, un día antes de partir hacia Guatemala, esperando llegar al aeropuerto La Aurora el viernes en horas de la noche y unirse a la Selección Nacional el domingo, cuando el combinado azul y blanco retorne de Puerto España.
Gustavo Adolfo Cabrera no ha debutado aún en la Liga Danesa, pero ha sido titular indiscutible en los partidos de Copa, torneo en el que hoy inscribió su nombre como anotador.



これによりますと、AGFはミディランド?Midtjyllandってところと対戦、
4-1で勝利、タボは最後の4点目を85分に決めたんだとか。
CKから、DFかGKがクリアーして落ちたボールをシュートしたらしい。
デンマークって、大男が多いだろうから、
さほどでかくないタボがSBで通用するのかな・・・って気はするんだけれど、
まずは幸先良い出だしで、良かったこと。


この後、タボは5日にグアテマラに戻り、
来週のキューバ戦には多分、出場することになると思われます。
頼むから、ピッチから出るようなことはせんといて・・・・・・。


さて、恒例?のAGFの公式サイトpowerd by Google翻訳。
ここでカブレラが起きて、ボールをゴールに送信します。


そっか、送信するともれなくゴールになるんだな・・・。


*タグ/スチテペケス(クラブ) エディン・ロペス(選手) マルケンセ(クラブ) ドワイト・ペッサロッシ(選手) コムニカシオーネス(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.87 

violetペスカド、売り飛ばされる

LAギャラクシーの新監督には、
前アメリカ代表の監督だったブルース・アリーナが決定しましたが、
その後、19日だったかなあ、ペスカドがトロントに移籍することが発表されておりました。
Tronto FC get forward Ruiz from LA


トロントのサッカー部長かな?のモー・ジョンストンさんは
「こんなにレベルの高いFWを獲得できて嬉しい」
と手放しの喜び様。
そんなに喜んでもらえるんだったら、しっかり頑張らないとね!


ペスカドのキャリアーはロホスから始まり、
2000年にはギリシアのPAS Gianninaにいたこともありましたが、
その後は専らMLSで、ギャラクシー、ダラス、ギャラクシーと来て今度はトロント。
心機一転したところでの活躍を期待します。


violetマルビン・バリオス、ケガ

時間がある時に別途新しい代表招集リストを作りますが、
ハラパがCCLのサン・フランシスコ戦を控えていることもあって
ハラパのルイス・ペドロ・モリーナは招集漏れ。


その代わりに、シェラフで今シーズン絶好調のマルビン・バリオスが呼ばれたのですが。
招集を聞いた数時間後に、右足の踵を傷めてしまったとか。
なので15日間はプレーできません。


シェラフのゴールマウスはミゲル・アンヘル・クレーが守るからいいとして、
折角のチャンスに張り切りすぎてケガしてしまったのか、
もったいないことをしてしまいました。


ま、またチャンスもあることだろうから、
焦らず、腐らずに頑張って頂戴。
ちなみに、代わりに招集されたのは、クレマのガト・ゲーラであります。


violetスチの新監督は

フリオ・セサル・アントゥネス(Julio César Antúnez)に決定。
今度はウルグアイ人です。
21日(木)からチームに合流し、
23日(土)のペタパ戦から指揮を取る、というか取りました。


スチと言えば、DFの要、アンデルソン・パソス・バティスタ、
実は先週くらいからだったか、チフス熱と診断されておりました。
最初は食中毒という話で、病院に入院したのですが、
どうやらそれがチフス熱(別名腸チフス)だったんだとか。
もう既に退院して、自宅療養している状態ではあるのですが、
試合復帰はもう少し体力が戻ってきてからになりそうです。


violet全然関係ないけれど

書かずにはいられない話題。


今日23日、小僧のサッカーの試合を観戦していた時のこと。
相手チームの子が小僧チームの子に足を出して引っ掛けて倒す、というプレーが
私たちの目の前で起こったのですね。


審判はファウルを取るわけですが、
ここで某お父さん:
「審判、今のはイエローだろっ!」
審判はもちろん無視。それに腹を立てたこのお父さん、
「スリナム人審判!」だって。
もう大爆笑。


また別のシーンでもちょっとラフプレーがあって、
やっぱりカードとかは出ない。
(子供の試合なので、出さずに口頭で注意する審判が多いです)


そこで別の某お父さん:
「そんなジャッジをしてるから、代表が勝てないんだ~!」
こちらも大爆笑。


ま、でも、これから変なジャッジがあった時には
「スリナム人審判~!」
これで決まりだな。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マルビン・バリオス(選手) フリオ・アントゥネス親分 スチテペケス(クラブ) アンデルソン・パソス(選手)

続きを読む

マルコ少年、再び語る 

グアテマラサッカーのニューヒーローとなりつつあるマルコ・パッパに
La Redが電話インタビューしております。
Entrevista exclusiva con Marco Pappa

あまりの大喜びぶりが可愛らしいので、全文公開。





マルコ、シカゴはどうだい?
ここにいられるってことが夢みたいだよ。
こんなに早く何もかも片付くなんて、全然思わなかったし。
俺の人生の中でも、まったく予想もしなかったことがいろいろ起きてて。
でもまだたくさんやりたいことはあるし、これはそのための第一歩だからね。
もっともっと成長したいし、そのためにもここにいられることが有難いね。


ビザの取得まで超速かったんだって?
そうなんだよ。
チームメイトからは手続きには2ヶ月くらいかかるって聞いてたんだけど、
俺の場合は1週間半だった。
出発の前に神様の手に全てをまかせようって決めたんだけれど
俺を助けてくれてることは間違いないね。


マルコ、イギリスのエヴァートン戦でデビューするなんて予想してたかい?
全然。ロッカールームに入って、
監督が試合前の指示に使うボードに
俺の名前のイニシャルが書かれてるのを見てたまげたよ。
チームメイトさえ、M.Pって誰のことか知らなかったくらいだし。
右サイドでプレーして、すごく気持ちが良かった。


それからチバスとのデビュー戦は?
やっぱりびっくりさ。
ピッチにはワクワクしながら入った。
25000~30000人くらいの観客が来ていたんじゃないかな。
俺のデビュー戦はすっごく良かったと思う。
チームメイトが俺が皆に馴染めるようにしてくれて、ものすごく助かった。


マルコがチームに加わってから、負けなしだよね。
そうなんだよ。すごいよね。
ずーっと夢見ていたし、それが実現しているんだから。
これからもどんどんもっと良くなって行きたい。
前にも言った通り、まだまだ成長続けていたいしね。


シカゴでは右、それとも左?
どっちもやるよ。エヴァートン戦では右サイドをやるように指示された。
チバス戦は左。
監督からは、常にサイドを交代しろって言われてて、
ありがたいことに、今までのところ問題ないよ。
今までもずーっとそういう風にプレーしてきてたからね。


話は代わるけど、代表に選ばれたことは君にとっても大切なことかな?
もちろん。
ありがたいことに、サッカー選手なら誰もが夢見ることが叶いつつあるんだ。
選ばれて嬉しいよ。数ヶ月前までは予想もしなかった。
いやホント、嬉しい。


クラブからはグアテマラに来る許可をもらったのかい。
うん、代表監督が希望しているように、8月15日に着くことはできないんだけれど。
でも、チームのために一生懸命やりたいね。
90分のうち1分しかプレーできなくたって構わない。
心に国旗を感じて、勝つために俺も何かしたい、それだけだよ。





アメリカって、サッカー人気ないとか言われながらも
たくさんの人がスタンドに足を運ぶんですねぇ。
シカゴの場合はブランコさん人気ってのも大きいみたいですが。


グアテマラでは、ロホスとクレマのクラシコでも2万人ちょっとがいいところ。
大体3万人入るスタジアムなんてないじゃん!
加えて最近はロホスホームの試合って、1000人も人が来るかどうかって感じで
ロホス、今シーズンは主催ゲーム2試合とも赤字ですよ、今のところ。


サッカーが国技と言われながら誰もスタジアムに足を運ばないグアテマラと
サッカーなんて人気ないのにスタジアムがかなり一杯になるアメリカ。
家族連れでサッカー観戦を楽しめる、
健全な雰囲気があるのが羨ましいですよねぇ。


そりゃあマルコ少年(?)だって張り切るわけだわさ。
ロホスでの昨シーズン、LNFデビューしてゴールも決めたとは言え、
おじさんたちのロホスにマルコ少年の居場所はなく。
そういう苦いシーズンを過ごしたマルコ少年でしたが、
今年は大きく羽ばたける年になるといいね。頑張って。


*タグ/マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.85 

violet第4節で転がったクビが約2つ

最初がスチテペケスのペドロ・エバンヘリスタ・ロドリゲス監督。
前監督のガビーノ・ロマンが「個人的な理由」で辞任して
急遽招聘したパラグアイ人監督だったのですが。
まあ、あれだけの戦力を持っていて、未だ1勝もできないのでは仕方ないのかなぁ。


後任には何人かの名前があがっていますが、
とりあえずはカルロス・カスタニェダとマヌエル・カスタニェダの兄弟が
チームを率いる模様。


で、その次がエレディア監督のフランシスコ・メルガル。
もっともこちらの場合は辞任です。


エレディア、シーズンオフにはかなり金をかけて補強し、
監督にもメルガルを呼んで、
今シーズンこそは最下位にはならないぞ!(最低目標)
って感じだったのに、フタを開けてみれば、第4節までですでに最下位。


だから、あそこで駄々をこねずにUSACの昇格を認めておけば
こんなことにはならなかったのに(ブツブツ)。
こちらも後任は未定です。


violetも一つ転がったのが

こちらは国外ですが。
ペスカドがお世話になっております、ロサンゼルスはギャラクシー、
今シーズン、決して不調ではなかったような気がしたけれど、
ペスカドがケガから復帰したあたりから負けこんでません???
ここ7試合、勝ち星がないそうです、とりあえず。で現在14チーム中11位。
ベッカム様も俺様ドノヴァンもいるのにねぇ。


ま、そのせいかどのせいか、DTのルート・フリット、辞任しちゃいました。
それだけならわからないでもないけれど、
ついでに会長兼GMのアレクシー・ララスまで辞任って、
そりゃあ一体どういうことなんだい!?


多分、投資に見合った効果が上がってないってことなのかもな・・・、
とりあえず代理監督にはコービー・ジョーンズが!これもびっくり。
ペスカドの行方も何だか怪しげだなぁ。
ちょっと心配ではあったりします。




*タグ/ペドロ・ロドリゲス親分 フランシスコ・メルガル親分、カルロス・ルイス(選手)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。