スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンアメリカ・ゴールデンブーツ賞 

以前、こんな話を書きました。
ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞ができる、という話。


でもって、早速そのゴールデンブーツ(←ちょっと違うか)が発表になっています。


2007年 ゴールゲッター ベスト25
  選手 国籍 所属クラブ ゴール数 乗数 得点
1 G. Maldonado Ven O'Higgins (Chi) /
Atlante (Mex)
26
(8/18)
1.5/2 48
M. Palermo Arg Boca Juniors (Arg) 24
(11/13)
2 48
3 D. Ludueña Arg Santos Laguna (Mex) 23
(5/18)
2 46
4 C. Stuani Uru Bella Vista (Uru)/
Danubio (Uru)
30
(11/19)
1.5 45
5 J. Sand Arg Colón (Arg) /
Lanús (Arg)
22
(7/14)
2 44
G. Denis Arg Independiente (Arg) 22
(4/17)
2 44
7 C. Villanueva Chi Audax Italiano (Chi) 27
(7/20)
1.5 40.5
8 Josiel Bra Paraná (Bra) 20 2 40
A. Moreno Arg Necaxa (Mex) /
San Luis (Mex)
20
(1/19)
2 40
10 A. Acosta Uru Náutico (Bra) 19 2 38
J.C. Cacho Mex Pachuca (Mex) 19
(11/8)
2 38
O. Bravo Mex Chivas (Mex) 19
(11/8)
2 38
13 K. Pereira Bra Necaxa (Mex) /
Santos (Bra)
20
(1/19)
2 40
S. Cabañas Par América (Mex) 18
(9/9)
2 36
15 M. Sabah Mex Cruz Azul (Mex) 17
(6/11)
2 34
N. Silveira Arg San Lorenzo (Arg) 17
(7/10)
2 34
17 R. Porta Uru River Plate (Uru)? 21
(3/18)
1.5 33
18 F. Sava Arg Racing (Arg) 16
(8/8)
2 32
19 E. Fuentes Arg Universidad
Católica (Chi)
21
(3/18)
1.5 31.5
H. Suazo Chi Colo Colo (Chi) /
Monterrey (Mex)
20
(17/3)
1.5/2 31.5
21 S. Galván Arg At. Nacional (Col) 20
(17/3)
1.5 30
I. Scocco Arg Pumas (Mex) 15
(5/10)
2 30
R. Dodó Bra Botafogo (Bra) 15 2 30
E. Solari Arg Pumas (Mex) 15 2 30
25 C.D. Hidalgo Col Deportivo Pasto (Col) 19
(6/13)
1.5 28.5


というわけで、トップはリーグ優勝を果たしたジャンカルロ・マルドナードと
リーグは逃したけれどリベルタ杯には勝ったマルティン・パレルモが同点です。


いやいやそれにしても、メキシコとアルゼンチンのリーグでプレーする選手たちが多い。


まあこの計算方式だと、両方とも結構トクだよなぁ~、という気はいたします。


いつの日か、グアテマラあたりからもこの黄金の靴をいただく人が出てくるのかなぁ・・・・・・。


*タグ/ゴールデンプーツ(賞)

スポンサーサイト

monjablanca的ベストイレブン 

新年に去年(正確には昨シーズン)を振り返る企画第2弾は、
独断と偏見に満ち満ちたmonjablanca的LNFベストイレブン


どのチームも同じように試合を見ているわけではないので、
かなり選出が偏っておりますが、その辺りはご容赦ください。


FW
アドリアン・アペラニス(ハラパ)
セルビン・モッタ(サカパ)
次点:ホルヘ・ドス・サントス(ハラパ)

FWはこの2人で決まりでしょ。
次点を誰にしようかで迷ったのですが、仕事人のデデーにしておきます。


MF
セルヒオ・モラレス(スチテペケス)
アンドレス・リベラ(スチテペケス)
ジャン・ジョナタン・マルケス(ハラパ)
フレディ・トンプソン(ロホス)
次点:ハビエル・エスパーニャ(サカパ)

結構いろいろと迷うところですが、スチ躍進の立役者の2人はやっぱりね。
だとするとトップはやっぱりサンボーニとか背の高いFWの方が良かったかな?
という気もしないでもないですけれど。
ボランチには献身的なトンプソンと攻撃センスもあるマルケスを。
次点はサカパの攻撃を支えていたセボジータ・エスパーニャ。


DF
アンデルソン・パソス(スチテペケス)
カルロス・ガヤルド(ハラパ)
ハイメ・ビデス(ロホス)
グスタボ・カブレラ(クレマ)
次点:エラシオ・ゴタイ(マラカテコ)

DFはとっても迷ったんですが・・・・・・。
パソスははずせないよなぁ~、
じゃあ優勝チームからはガヤルドかなぁ、みたいな。
ビデスは今後の期待も含めて選出。
あまりにクレマからの選手が少なかったので、とりあえず、タボ。

次点も迷ったのですが、マラカテコの守備の要、エラシオ・ゴタイ。
得点力がないために上位へは食い込めませんでしたが、
守備はしっかりしたいいチームで、GKのフリオ・エルナンデスは
ダビッド・ゲーラと守護神争いをしてたくらいですからねぇ。
閉幕シーズンも頑張ってちょ。


GK
ハイメ・ペネド(ロホス)
次点:ダビッド・ゲーラ(クレマ)

普通に考えれば、最小失点率のガト・ゲーラなんですが、
ペネドも捨てがたいよなぁ・・・・・・。
と、う~んと迷ったところで、最後は容姿で決めました!?


監督
フリオ・ゴンサレス(ハラパ)
次点:ガビーノ・ロマン(スチテペケス)

やっぱりこれは優勝監督ですよね。
実際に若い選手たちに自信をつけさせながら優勝まで導いた手腕はお見事でした。

次点もやっぱり準優勝監督。
スタートダッシュに失敗したスチでしたが、
途中でしっかり立て直し、優勝戦線にまで残るとは・・・・・・、
11月頃までは思いもよりませんでしたよ。


でもってMVPは当然のごとくアドリアン・アペラニス
ハラパはアペラニス一人を頼っていたチームではありませんでしたが、
それでもアペラニスの存在なしには優勝にはたどり着けなかったでしょうからねぇ。
というわけで、第9節ロホス戦のアペラニスのハットトリック+アシスト画像。



ついでに最優秀珍プレー賞パウロ・セサル・モッタ(ロホス)
第1節スチテペケス戦のコレでめでたく受賞です。




*タグ/私的ベストイレブン(賞)

ペスカドの手術とか、今日のニュース三題+おまけ 

ペスカド、手術。


ペスカドことカルロス・ルイス、右膝の半月板の手術をすることになりました。
以前から痛みがあったそうで、医師からも
「シーズン終了後に手術せなあかんで」と言われていたんだとか。


と言うわけで、ダラスも敗退したことだし、手術するなら今だよね?
いや、ちゃんとボリーヨ親分とも相談して決めたんだそうです。
「来年の予選に間に合わせーや、て言われてん」。


手術と言っても、切った、縫ったの手術ではなくて
関節鏡を使って半月板をゴリゴリするんだそうで、3週間程度で復帰できる模様。
手術は13日にダラスで行われる予定。


余談ですが、実はペスカド、ロホスのUNCAFクラブ杯で助っ人として参加か!
という噂もあったんですが、ご破算です。
ロホス、大丈夫かなぁ~。


ロコ、も手術。


11日のマルケンセ戦で顔?頭に膝蹴りを食らったロコことマリオ・ロドリゲス、
左の頬骨骨折で、当日のうちに手術したそうです。
経過は順調で12日には退院しておりますが、4週間はプレーできないとか。


代表、これでFWが2人減ってしまいましたね??
セルビン・モッタとか、ウィリー・シムスとか試すいい機会とも言えるかぁ・・・。


代表はともかく、マジで心配なのが、ロホス。
ロコがいないFWはとても機能するとは思えない・・・。
どーやって乗り切るんだ、UNCAFのアラフエレンセ戦。


ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞


2007年から、ラテンアメリカで最多得点をした選手に、
Bota de Oro(ゴールデンブーツ)が贈られることになったんだそうです。


本家のゴールデンブーツは各シーズンで表彰されますが、
ラテンアメリカ版ボタ・デ・オロは暦年。
各国リーグでの得点を加算するわけですが、
そのリーグのレベルも勘案して、1得点につき各国ごとに定められたポイントをかけて算出します。


ポイント数が2なのがアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、
1.5がコロンビア、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、エクアドル、
1がペルー、ベネズエラ、グアテマラ、ボリビア、ホンジュラス、パナマ。


とりあえず上記の国が対象の模様。ん?コスタリカは・・・?ま、いっか。


さてさてもうすぐ1年が終わるわけですが、
現在のところ初代ボタ・デ・オロに一番近いのがアルゼンチンのヘルマン・デニス(インデ)。
20ゴールなのでポイント2をかけて40点。
う~んむむむ、グアテマラのリーグだと年で40~50ゴールしないといけないかぁ・・・。
さすがに厳しそ・・・・・・。


おまけニュース。ギャラクシーがペスカド欲しいとか・・・


LAギャラクシーと言えば、監督がルート・フリットに代わったばかり。
でもってなぜかこのタイミングで「ペスカド欲しい」という声が聞こえてきております。
声の主はギャラクシー会長のアレクシス・ララス。


ペスカドと言えば、ギャラクシー時代に大活躍。
ペスカドがいなくなった年は、たしかパンドが優勝を決めるゴールを決めたのではなかったかな?
というわけで、実はグアテマラ人選手とギャラクシーの相性は結構良かったりするのであります。


ベッカム様を取っても優勝できなかったギャラクシー、
やっぱりこうなったら頼れるのはグアテマラ人しかいない!?


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) ゴールデンブーツ(賞)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。