スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.97 

violetオラシオさん更迭

惜しくも連覇を逃してしまったロホスですが、
一夜明けた22日、オラシオ・コルデーロ監督の更迭が明らかになっております。


漏れ伝わってくるところによりますと、
オラシオさんがどうのこうのって話よりも、経済問題なんだとか。


実はロホス、開幕シーズン終了と共に
大口スポンサーが2件、スポンサーを降りることが決定しており、
これで現在の予算の40%が無くなってしまうんだそうです。
はあ、その内1件はBanco Aztecaかな・・・・・・。


後任としては、とりあえずエスペシアルカテの
カルロス・ペスカドジャナイヨ・ルイスが予定されている模様。
他の人になる可能性もないわけじゃないですけれど。


violet悪い話はそれだけじゃなくて

予算削減の影響は、オラシオさんのみならず、
選手達にも及ぶのであります。
トップチームの選手のうち8~9人が解雇・移籍・レンタルになるとか。
もちろんそれって、高給取りの選手のことだよねぇ・・・。


そういうわけで、思わぬ形で実現してしまいそうな
ロホスの若返り。
さてさてどんなことになってしまいますのやら、
ちょっと目が離せない感じになってきました。


*タグ/オラシオ・コルデーロ親分 ムニシパル(クラブ)

スポンサーサイト

キューバ戦後 

W杯予選の敗退がほぼ確実となってから、
国内ではいろいろいろいろと非難・批判・不満の嵐で、
それが気象にも影響を及ぼしたか?
朝から雨の不穏な始まりかと思えば
昼過ぎには地震もあったりしたのでした。


まず。選手の評価から行ってみるか・・・。
Prensa Libreにキューバ戦の選手の採点が出ています。

  • トリゲーニョ 4
    何度も相手の得点を防ぎ、グアテマラで一番活躍した。
  • ガヤルド 2
    期待されたプレーができず、相手の攻撃を食い止められなかった。
  • フローレス 3
    普通。
  • ノリエガ 2
    経験不足、期待された堅実さがなかった。
  • カンチェ・ロドリゲス 2
    悪かった。相手の最初の得点となるPKを与えた。
  • カブレラ 1
    普段プレーしていないことが明らか。サイド攻撃が全然出来ていなかった。
  • トンプソン 0
    明らかに不調。中盤の守備に貢献できなかった。
  • チャロ 2
    中盤でタメをつくるプレーが効果的ではなかった。相手を脅かすプレーができなかった。
  • パッパ 3
    普通。パッパの得点がグアテマラの最良の時だった。
  • コントレラス 0
    サイドからの期待された攻撃に貢献できなかった。不調。
  • ペスカド 1
    ボールはほとんどやって来ず、来たチャンスには得点できず。
  • アビラ 0
    走ってただけ。攻撃に貢献できなかった。
  • マルケス 2
    中盤を整えるために入ったが、相手を脅かすには至らず。
  • トリゲーロス 0
    サイドでのプレーは存在感が薄く、クロスを上げることができなかった。

えーーっと、念のために書いておきますと、10点満点です。
5点満点ではありません、ので。
トリゲーニョは6点とか7点ついててもおかしくないと思うけれど。


一応、おさらいしてみましょう。
この試合、いつもと違う選手で、いつもと違うラインだった、のでした。
フローレスとカンチェが最終ライン、だけれど
これにノリエガが入っていて、どちらかというと右サイド、
だけどフローレスよりは前目、をカバー。
サイドのカブレラとガヤルドは守備もするけれど、
どちらかと言えば、攻撃参加を期待されていたと思われる。
なので、DFを厚めにしていたんだと思います。
守備的、って批判もあったこのラインだけれど、
3人を守備専にしてカリレロを使って両サイドを生かす、
マラディアガの苦肉の策だったのだろうなぁ~。


そしてボランチ専はトンプソン。
ノリエガも中盤辺りまで良く出かけてきていたので、
ボランチっぽくも見える。
ノリエガの位置取りが中途半端だったような気がします。
それ故に誰が何をしたら良いのかがはっきりせずに
相手に言いようにやられた、とも言える。
ここまでがどちらかと言えば守備の人たち。


攻撃の人たちはチャロ、モーヨ、パッパの中盤3人と
トップのペスカド。
SBが攻撃を押し上げることが期待されたワケなんだが・・・。
この中盤から前にボールが入ると、
キューバが勢い良くプレスにやって来て、
自由にボールを回させてくれない。
そりゃ計算してたはずではあるんだけれど、
計算外だったのは、キューバの出足がいつまでたっても衰えないこと、かな。


グアテマラはエリア付近まではボール持ってこられるけれど
そこから先が運べない。
そして相手はカウンターで一気にエリア内までやってくる。
トリニダード戦もそんな感じだったんだよね。
いらいらするごとにミスも増えて、
カンチェが相手ユニを引っ張ったのも、
そういう流れだったのではないかしらん・・・。


相手にぴったり張り付かれても何とかできるような、
そういうタフさがないと、今後は苦しいでしょう。
ペスカドは相手を背負っても負けない選手だけれど
1人で相手DFを2人くらい相手しろって言われてもね・・・。


ま、そんなわけで、ウチが戦闘態勢に持ち込む前に
相手に攻撃をがんがん仕掛けられて、
おっ、やばっ、こんなはずじゃ、って思ってる間に
ラインがするする下がってきて、
アラアラずるずるダメダメなサッカーになってしまいました。
てな感じがします。
相手の得点で反撃に入れるかと思ったら、
後半開始からしばらくの間も、まったく相手ペースだったし。


コメントすればするほどむなしくなる、
反省材料満載の試合でありました。
ま、これ以上悪くなることないでしょー。と思えばいいか。


それにしても、監督が交代してから好調なコスタリカを見るにつけ、
あの時、ケントンに代表監督をお願いしてればどうなってたんだろ?
と思わずにはいられなかったるする私がここに(笑)。





さて、プリミの進退。
どうやら更迭、という流れになりそうです。
恐らく明日辺りには正式に発表されるのではないかと思いますが。


個人的には、あと1試合残ってんだし、
最後までプリミにやってもらったらー?と思います。
ただ、プリミのモチベーションが落ちちゃってるようなら
別の人にやってもらった方がいいんでしょうが。


で、既に噂が出ている後任候補。
  • ガブリエル・カスティーヨ
    現シェラフ監督。

  • フランシスコ・メルガル
    現アウロラ監督。元マルケンセ監督。
    U-20とU-23代表監督の経験あり。

  • ベンハミン・モンテロッソ
    現在無職。代表監督の経験あり。

  • フアン・アルベルト・サルゲーロ
    現ペタパ監督。

  • エンソ・トロセーロ(Arg)
    元ロホス監督。タイミング良く辞めてサウジアラビアに行ったが
    向うではうまくいかなかったらしい。なわけで現在無職。
    ロホスではリーグ5連勝してるが、
    CONCACAFの大会では目だった成績を残していない。


う~ん・・・。実際にこの中から選ばれるようなことはないと信じたい(笑。


来年はネーションズカップ、黄金杯がありますからね~。
若い選手たちには、ここで経験を積んでもらって、
次につなげよう。
と言うわけで、育成もうまく、
戦術眼に優れている監督がいいなぁ~。





も一つ、FedeFutのアロヨ大親分にも辞めろー!
という声が上がっております。
交代したところで劇的に良くなるとは思わないけれど・・・、
それで国内のサッカーのレベルが向上するというのなら、
考えないでもないですが。


*グアテマラ代表 プリミ親分

ぷちニュース No.87 

violetペスカド、売り飛ばされる

LAギャラクシーの新監督には、
前アメリカ代表の監督だったブルース・アリーナが決定しましたが、
その後、19日だったかなあ、ペスカドがトロントに移籍することが発表されておりました。
Tronto FC get forward Ruiz from LA


トロントのサッカー部長かな?のモー・ジョンストンさんは
「こんなにレベルの高いFWを獲得できて嬉しい」
と手放しの喜び様。
そんなに喜んでもらえるんだったら、しっかり頑張らないとね!


ペスカドのキャリアーはロホスから始まり、
2000年にはギリシアのPAS Gianninaにいたこともありましたが、
その後は専らMLSで、ギャラクシー、ダラス、ギャラクシーと来て今度はトロント。
心機一転したところでの活躍を期待します。


violetマルビン・バリオス、ケガ

時間がある時に別途新しい代表招集リストを作りますが、
ハラパがCCLのサン・フランシスコ戦を控えていることもあって
ハラパのルイス・ペドロ・モリーナは招集漏れ。


その代わりに、シェラフで今シーズン絶好調のマルビン・バリオスが呼ばれたのですが。
招集を聞いた数時間後に、右足の踵を傷めてしまったとか。
なので15日間はプレーできません。


シェラフのゴールマウスはミゲル・アンヘル・クレーが守るからいいとして、
折角のチャンスに張り切りすぎてケガしてしまったのか、
もったいないことをしてしまいました。


ま、またチャンスもあることだろうから、
焦らず、腐らずに頑張って頂戴。
ちなみに、代わりに招集されたのは、クレマのガト・ゲーラであります。


violetスチの新監督は

フリオ・セサル・アントゥネス(Julio César Antúnez)に決定。
今度はウルグアイ人です。
21日(木)からチームに合流し、
23日(土)のペタパ戦から指揮を取る、というか取りました。


スチと言えば、DFの要、アンデルソン・パソス・バティスタ、
実は先週くらいからだったか、チフス熱と診断されておりました。
最初は食中毒という話で、病院に入院したのですが、
どうやらそれがチフス熱(別名腸チフス)だったんだとか。
もう既に退院して、自宅療養している状態ではあるのですが、
試合復帰はもう少し体力が戻ってきてからになりそうです。


violet全然関係ないけれど

書かずにはいられない話題。


今日23日、小僧のサッカーの試合を観戦していた時のこと。
相手チームの子が小僧チームの子に足を出して引っ掛けて倒す、というプレーが
私たちの目の前で起こったのですね。


審判はファウルを取るわけですが、
ここで某お父さん:
「審判、今のはイエローだろっ!」
審判はもちろん無視。それに腹を立てたこのお父さん、
「スリナム人審判!」だって。
もう大爆笑。


また別のシーンでもちょっとラフプレーがあって、
やっぱりカードとかは出ない。
(子供の試合なので、出さずに口頭で注意する審判が多いです)


そこで別の某お父さん:
「そんなジャッジをしてるから、代表が勝てないんだ~!」
こちらも大爆笑。


ま、でも、これから変なジャッジがあった時には
「スリナム人審判~!」
これで決まりだな。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マルビン・バリオス(選手) フリオ・アントゥネス親分 スチテペケス(クラブ) アンデルソン・パソス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.86 

violetエレディアの後任には

フアン・カルロス・エリアスが監督就任。
アルゼンチン人です。


フランシスコ・メルガルが辞任したのが11日、
翌日の12日には新監督の名前が発表になってたので、
以前から交渉していたのかも?


新監督の下で心機一転、挽回なるか、エレディア。


violet一方のスチは

まだ監督物色中。らしい。
未だにカスタニェーダ兄弟ってのが監督代行やってます。
まあ、ちょうど代表ウィークで今週末はLNFお休みだし、
探す時間は少しはあるんだけれど、
かと言っていつまでも探し続けるわけにはいかないし。


ホントのところはガビーノ・ロマンに帰ってきてほしいのかも?


violetさて続々と

国外でプレーする代表メンバーも帰国してきています。
カブレラ、コントレラスと、まだクラブでデビューしてないらしい人たちと
最近ほとんど出番のないペスカドは15日から16日に、
最近出番が多くて大変な(でも16日は前半45分だけプレーだった)パッパは17日に
それぞれグアテマラに到着、代表の合宿に参加しています。


violetあまり関係ないけれど

ホンジュラスの代表も月曜日にグアテマラ入り。
その後テクパン・グアテマラで合宿しているようですが・・・。


なぜか、我が家の近くにあるホテルに
ホンジュラスのサッカー連盟のマイクロバスが止まってる。
連盟の人たちが宿泊してるんでしょうか。
それにしても代表一行とは離れた場所で何してるんですかね・・・?不思議。


violet代表と言えば

グアテマラの初戦の相手、アメリカは18日にグアテマラ入りするとか。
宿泊先はグアテマラ国内で一番宿泊料が高い(らしい)ビスタ・レアルというホテル。
サッカー関係者でここに泊まったのは、
以前CM撮影に来ていたロナウドくらいだぞ、生意気な~!!!


まあ、ゆったりしてるし、グアテマラシティーの隣の
サンタ・カタリナ・ピヌラにあるので市内の喧騒からは遠いし
景色も奇麗なんですよね。
ただ、練習場所(どこか知らないけれど)には遠いはずだし、
道路も渋滞するし、なんでこんなところ選んだんだろ?


加えてその道、昨日かなり大きな崖崩れがあったんですけれど・・・、
ホテルごと崩れてしまえ~、などと思ってるなんてことは
口が裂けても言えない私であったりします。



*タグ/フアン・エリアス親分 エレディア(クラブ) スチテペケス(クラブ)

続きを読む

ぷちニュース No.85 

violet第4節で転がったクビが約2つ

最初がスチテペケスのペドロ・エバンヘリスタ・ロドリゲス監督。
前監督のガビーノ・ロマンが「個人的な理由」で辞任して
急遽招聘したパラグアイ人監督だったのですが。
まあ、あれだけの戦力を持っていて、未だ1勝もできないのでは仕方ないのかなぁ。


後任には何人かの名前があがっていますが、
とりあえずはカルロス・カスタニェダとマヌエル・カスタニェダの兄弟が
チームを率いる模様。


で、その次がエレディア監督のフランシスコ・メルガル。
もっともこちらの場合は辞任です。


エレディア、シーズンオフにはかなり金をかけて補強し、
監督にもメルガルを呼んで、
今シーズンこそは最下位にはならないぞ!(最低目標)
って感じだったのに、フタを開けてみれば、第4節までですでに最下位。


だから、あそこで駄々をこねずにUSACの昇格を認めておけば
こんなことにはならなかったのに(ブツブツ)。
こちらも後任は未定です。


violetも一つ転がったのが

こちらは国外ですが。
ペスカドがお世話になっております、ロサンゼルスはギャラクシー、
今シーズン、決して不調ではなかったような気がしたけれど、
ペスカドがケガから復帰したあたりから負けこんでません???
ここ7試合、勝ち星がないそうです、とりあえず。で現在14チーム中11位。
ベッカム様も俺様ドノヴァンもいるのにねぇ。


ま、そのせいかどのせいか、DTのルート・フリット、辞任しちゃいました。
それだけならわからないでもないけれど、
ついでに会長兼GMのアレクシー・ララスまで辞任って、
そりゃあ一体どういうことなんだい!?


多分、投資に見合った効果が上がってないってことなのかもな・・・、
とりあえず代理監督にはコービー・ジョーンズが!これもびっくり。
ペスカドの行方も何だか怪しげだなぁ。
ちょっと心配ではあったりします。




*タグ/ペドロ・ロドリゲス親分 フランシスコ・メルガル親分、カルロス・ルイス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.75 

violetU-20監督決定

アルゼンチン人のネストル・オスカル・クラビオット。


・・・って誰だ?


えーーと、エストゥディアンテス、インデペンディエンテなどの選手だったことあり。
代表では11キャップ、ポジションはDF。
2000年からクラブの監督をしてたけれど、目覚しい活躍はしていない、と。
06-07シーズンは4部です?のセンテナリオの監督したけど、
いい結果を出せずにクビになった。
・・・・・・大丈夫か。


まあ、ですね、63年生まれの44歳と比較的若い監督さんなので、
選手たちといい関係を作れればいいですね・・・・・・。
とりあえず、フィジカル・コーチのセバスティアン・スコラーリと
GKコーチのリカルド・ヘレス(父、リカちゃんのパパ)は残留の模様。
アシスタントコーチは未定。


さてさてどうなりますことやら。


violetロコ、メキシコへ

ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲス、
結局メキシコの2部コアッツァコアルコスへの移籍が決定した模様。


1981年9月14日にグアテマラシティーで生まれたロコ、
USACからキャリアーを始めて次いでクレマへ。
この後MLSのコロンバス・クルー、USLのマイアミFCを経て
グアテマラに舞い戻ったと思ったら今度はロホスへ。
そして今度は赤鮫のコアッツァコアルコス。
しっかり頑張って来てくださいまし。


violetパッパはアメリカへ

ロホスのおイモちゃん?ことマルコ・パブロ・パッパ・ポンセ、
シカゴ・ファイヤーと合意に至り、残るはサインするだけらしいです。


代表のロコがメキシコ2部なのに
代表に選ばれてないパッパがMLSとはこれいかに?
と思ったら、現在20歳のパッパ、
23歳以下は外国人でも制限なし、というMLSの規定を利用しての移籍なんだとか。
逆に言えば、この2年ほどで結果を出さなければ帰ってくることになるのかも?
パッパは将来が楽しみだし、MLSでうまく伸びてくれることを祈る・・・。


でこのパッパ、グアテマラ人では9人目のMLSプレイヤーかな?
ショートリストなので全部書き出しますと

  • ホルヘ・アレクサンデル・ロダス(96 - サンノゼ・アースクイックス)
  • マルティン・マチョン(97-98 - LAギャラクシー、00 - マイアミ・フュージョン)
  • フレディ・ガルシア(02-03 – コロンバス・クルー)
  • カルロス・ルイス(02-現在 - LAギャラクシー、ダラス)
  • ギジェルモ・ラミレス(05 – LAギャラクシー)
  • グスタボ・カブレラ(05-06 – レアル・ソルト・レイク)
  • マリオ・ラファエル・ロドリゲス(05 – コロンバス・クルー)
  • ウィリー・シムス(06 – ニュー・イングランド・レヴォルーション)


この中でそれなりに活躍できたのって、マチョンとペスカドくらいかなぁ。
テクニシャンのパッパ、MLSでタフさも身につけてきてください。
それから、ブランコさんに可愛がってもらうように。


さてそれにしても、ロホスは一体どうするんでしょうね・・・?


*タグ/U-20グアテマラ代表 ネストル・クラビオット親分 マリオ・ロドリゲス(選手) マルコ・パッパ(選手)

ぷちニュース No.72 

violetリベルタドーレス杯に中米のクラブが参加するとか

まだ噂に過ぎない段階ですが。


もっとも、08-09シーズンの南米杯には、
ホンジュラスのモタグアの参加が決まっており(初戦はアルセナルと対戦)、
中米からリベルタ杯にもおいでよ、ってな話だったらそりゃあ嬉しい。
何でも来シーズン(それとももう今シーズン?)のリベルタ杯、
第50回という記念大会なんだそうです。


で、CONCACAFからは3つのクラブをご招待。
その内2つはメキシコ、てのはもう確定なんだそうです。
残りの1つ、普通に考えればアメリカでしょ?なんだけれど、
「残念ながら面倒な問題があってね。ビザだよ。
 将来はこの大会に参加する選手へのアメリカのビザがもっと簡単に取れるようにしたいけれど」
と言ってるのは、南米サッカー協議会かな?のエドゥアルド・デ・ルカさん。


そんな事情で名前が挙がっているのがクレマとモタグアだとか。
モタグアは南米杯出るんだからいいでしょ、
なぜにクレマの名前が挙がっているのかよくわからないのは事実なんだけれど、
クレマにしよ、クレマ。


ちょっと楽しみな話ではあります。


violetU-20代表の監督候補には

少しずつ名前が挙がってきておりますが、ちょっとびっくりですよ。

  • ホルヘ・ベニテス(Arg)-前ロホス監督
  • カルロス・ルイス(Arg)-ロホスU-20監督
  • イバン・フランコ・ソペーニョ(Arg)-前クレマ監督、現U-20監督
  • フリオ・セサル・ゴンサレス(Uru)-現クレマ監督
  • ロドリゴ・ワトソン(Crc)

チノ・ベニテス~!?
でもベニテスだと、今から一からやり直しってことですかね、ひょっとして・・・。


まあ、U-20なら、ロホスの時みたいに
「オレ達のヒーロー(注:ベテランのおじさんたち)を使え!」
てな脅迫はないだろうから、も少しはやりやすいと思うけれど。
まだまだ紆余曲折しそうかも。


violetペスカドの行方

ギャラクシーに移ったと思ったら、開幕戦の相手のファウルでいきなりケガ、
しばらく欠場を余儀なくされてしまったペスカドことカルロス・ルイス。


ペスカドがいない間にギャラクシーは快進撃を続け、現在は西地区の首位ですか?
「うまく行ってるチームはいじらない」というわけで、
ペスカドはもうギャラクシーでは用無しだという話。


移籍先としてあがっているのはトロント、サンホセ・アースクイック、チバスUSAなど。
まあともかく、プレーできないことには話にならないわけで、
どうなるにしても、いい結果がでるといいけどね。


violetも一人びっくりなことに移籍しそうなのが

コロンビア人のカルロス・アスプリーヤ。
昨シーズンはマルケンセでプレー、あまりぱっとした成績を残せなかったけれど、
とりあえず契約を更新して、複数年契約した、という話でありました。


ところがメキシコのサン・ルイス・ポトシから「ウチにおいでよ」って話が来て、
二つ返事でトライアウト受けに行ったんだそうな。


合格すればそのまま、ダメだとグアテマラに戻ってくるらしいけれど、
マルケンセは「ウチでプレーさせてなんかやるものか」、
てなわけで、近隣のクラブ(サン・ペドロとかマラカテコ)とかに
レンタルアスプリーヤされるという話です。


そうとあっては、意地でも頑張らないとね、アスプリーヤ。
さてさてどうなりますやら。


violetボリーヨ元親分は

ホントはコスタリカ代表監督をやりたかったのかも?
まあでも、グアテマラ代表監督のトラウマも醒めた今日この頃、
いつまでもプー親分してるわけにもいかないので、就職先見つけたそうです。


コロンビアのサンタ・フェというクラブ。
クラブの監督は久しぶりなのかな。
何はともあれ、元気で頑張ってくださいね~、ボリーヨ親分~!!


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) カルロス・アスプリーヤ(選手) ボリーヨ親分

ぷちニュース No.71 

violetコスタリカ代表監督になっちゃったケントン元ウチの親分は

今週中にコスタリカ入りして、正式に監督就任が決まります。
水曜日にグアテマラを出発、木曜日には就任お披露目の模様。ちくしょー。


コスタリカからの電話取材にはこういう風に答えているようです。

「コスタリカ代表を堅固なチームにしたい。
 相手が誰であろうと、自分達のサッカーができるようなチームにね」

「代表監督は大きな挑戦であると共に大きな責任を伴うものだ。
 24時間、フルに仕事をしないといけないけれど、
 サッカー好きにはたまらない仕事だよ」。

「今まで私が率いてきたチームのように、
 ラインのバランスを保ち、守備にも攻撃にも自分達らしさのあるチームにしたい」


ずーっとやりたかった代表監督にやっと就任できて、本当に嬉しそうですよねぇ。
ウチ的にはあまりありがたくないのだけれど。


violet一方、グアテマラ代表は

今週から練習を再開。
ただし、今週はハラパとロホスの試合があるので、両チームの選手は練習に参加せず。
個人的に気になるのは、カストリーヨとマルケスは?てな話だったりしますが・・・。


こっから先は余談ですが、ユーロカップのスペイン。
ビジャがケガして、1トップにしたのが良かった、という話もありますが、
あの4-1-4-1というフォーメーション、
グアテマラ代表と同じということもあって、ちょっと気にして見てました。


まあもっとも、いくらウチの中盤がタレント多いって言っても、
スペインの芸達者と比べられるレベルじゃないでしょ?ってな気もしますが、
その辺りは目をつぶっていただいて。


中盤を厚くしてボールを支配、DFを崩していくかと思えば、
カウンターも仕掛けられるやらしいスペイン。
てか、スペインのFW、いずれもカウンター向きだったし。
ロシア戦の最初の得点、イニエスタのクロスに走りこんだシャビのゴール、
スペースのないところでプレーできないトーレス君にはああいう芸当はできないかも。
まあ、トーレスは囮役だったと思えばいいか・・・。


で、ウチのペスカド先生はカウンタータイプじゃないよなぁ、
最近の芸風がどんななのか、実は良く知らなかったりするんだけれど、
エリア内で仕事をするタイプでしょう。
カウンターでの速攻ができるといいんだけれどなぁ、ウチ。
やっぱり決定的に欠けてるのはスピードだろうなぁ。


足の速さもそうだけれど、プレースピードが遅い、
特にチャロが入ると遅くなるような気がするのは、気のせいだと嬉しい・・・。


まあ全然結論も何もありませんが、何となく見ながら思った点、
忘れないように書き留めておきます(備忘録です、このブログ)。
今後、ウチがどういう風に変化していくのかいかないのか、
そういう点でも楽しみです。


*タグ/グアテマラ代表 ケントン親分

ぷちニュース No.70 

violetうああああ、やられたっ!

ケントン、コスタリカに盗られちゃいましたよぅ~。
先日クビになったメドフォードの後を受けて、
コスタリカ代表の監督就任を引き受けたそうです。


ケントン、以前からA代表、あるいはクラブの監督をしたがってましたからねぇ。
一旦は心を決めてウチのU-20代表監督になってくれたけれど、
母国のA代表とあっては、やっぱりそりゃあ頼まれたら二つ返事だよなぁ。


「グアテマラではいい結果を出せて、自分の足跡も残すことができたから。
 ここを去るのは辛いけれど、これはまたとない機会だしね。
 いつか、戻ってこれたらと思っているよ」

「コスタリカ監督の仕事は容易じゃないけれど、
 いい結果を出したいと思ってる」。


コスタリカの方でも
「メドフォードは何一つ結果を残すことができなかったけれど、
 ケントンは以前、オリンピック出場を得たことがあったし」
と好意的な声が聞こえてきています。
・・・・・・だからって、横取りせんでもいいやん・・・・・・。


余談ですが、コスタリカ、2007年のネーションズカップで優勝してますよね。
ところが、このネーションズカップで優勝する監督は、
その後ダメになってクビになっちゃうというジンクスがあるんだそうです、コスタリカでは。
フランシスコ・マツラナ、オラシオ・コルデーロ、それから誰だったかな、
そしてこのメドフォード。


それがわかっているなら、ネーションズカップの優勝は他の国にゆずりなさい!
とちょっと思ったりするんだけれど・・・。


まあとにかく。折角やるのなら、頑張ってください。
ボリーヨ以上に、ウチの手の内が見すかされそうでイヤだけれど。


でもって、監督を横取りされてしまったウチのU-20代表は
急遽監督を探すことになりました。
当然ですが、後任はまだ未定です。


violetグアテマラはCONCACAFじゃなかったのか?という話

調べ物をしていてWikipediaのサイトをいろいろとさまよっていたのですが。
「CONCACAFのサッカー代表」という目次ページ(スペイン語)を見て目が点に。
グアテマラがありませんけれど・・・・・・。
記念にスクリーンショットなんかもとってしまいました。

Seleccion de Concacaf


他にもドミニカ(共和国じゃない方のドミニカ)とか落ちてるかな。
いや、別に落ちてるからどうだ、って話じゃないんですが、
ちょっとびっくりでした。
「グアテマラ代表」ってサイトそのものは存在しているんだけれどね。


あと、「キュラソー代表」ってのがここにありますけど、
現在は「蘭領アンティル」に吸収合併されてるそうです。


「サン・ペドロ&ミゲロン代表」ってなんだこりゃあ~???
と思ったら、はあ、サン・ピエール&ミケロンね・・・。
一度だけベリーズ代表と試合したことがある(3-0で勝ってる)そうで、
CONCACAFのメンバーでもないのに、ここに入っているのか・・・。
それなのにグアテマラはないのか・・・。ふーーーーん。


ま、だからどうだってわけじゃないんだけれど、ちょっと書いてみたかっただけです。


*タグ/U-20グアテマラ代表 ケントン親分

ぷちニュース No.69 

violetロコ、メキシコへ?

コロンビアのクラブからオファーがあるという、
ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲスですが、
そこにメキシコのコアッツァコアルコス(早口言葉か、これは)から
オファーが届いた模様。


両方を見比べたロホスフロント、
「おいっ、こっちのオファーの方がええでー。メキシコ行けっ、ロコ!」
と言ったかどうかは知りませんが、どうもこちらの方が本命になりそうです。


ただし、来週に控えているハラパとのCCLシード権決定戦には
ロコもロホスでプレー。
ロホスのロコを見るのはこれで最後かもなぁ~、と思ったら、
コアッツァコアルコス、ここもロホスってニックネーム?
ティブローネス・ロホスねぇ、ユニも赤と青だったりするしなぁ。
案外すんなり入れるかもね、ロコちゃん。


にしても、コロンビアの1部よりメキシコの2部の方がたくさん払ってくれるって、
やっぱりメキシコ、景気良いのね。



violetクレマに戻ったと思ったトンプソンは

結局、クレマと契約内容で合意に至らず。


ところがトンプソンの場合、クレマがロホスに違約金$25,000を支払っていたので、
今度はトンプソンか移籍先のクラブがこれを支払わなければいけない。
もともとトンプソン欲しいって言ってたクラブはあったわけですが、
ロホスは「クレマ以外ならレンタルしてあげる」って言ってたので、
こうなってくるとどうなるのかよくわからないですねぇ~。


いっそのこと、トンプソンも海外に高飛びか!?


violetさて代表の親善試合

今度のアメリカ・韓国遠征しての
ホンジュラスU-23と韓国U-23戦のメンバーが発表になっていますが、
これはまた別途。
3試合目の相手が決まったようです。
7月19日、韓国からアメリカに戻って、シカゴ・ファイヤー!だって。


その後は8月20日のアメリカ戦になるのかなぁ?
いやぁ、多分きっとどこかと親善やるんですよね、きっと。


violetコスタリカのメドフォード監督は、

遂にクビが発表されました。
本人はまだやりたかったみたいで、
私も是非続けて欲しいと思っていたんですが。


後任には前から名前があがっているボリーヨことエルナン・ダリオ・ゴメス、
ルイス・フェルナンデス・スアレス、そしてセルヒオ・マルカリアンの名が。
と思ったら、え、ケントンの名前もあるとかないとかいう噂が。


まあケントンは「いや、誰も連絡してきてないよ。大体私は今、U20に集中してるから」。
オリンピック予選が終わった時点だったらどうなったかわからないけれど、
今なら大丈夫かな(多分)。続けてちょふだい、ケントンさん。


*タグ/グアテマラ代表 マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) ケントン親分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。