スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

monjablanca的ベストイレブン 

新年に去年(正確には昨シーズン)を振り返る企画第2弾は、
独断と偏見に満ち満ちたmonjablanca的LNFベストイレブン


どのチームも同じように試合を見ているわけではないので、
かなり選出が偏っておりますが、その辺りはご容赦ください。


FW
アドリアン・アペラニス(ハラパ)
セルビン・モッタ(サカパ)
次点:ホルヘ・ドス・サントス(ハラパ)

FWはこの2人で決まりでしょ。
次点を誰にしようかで迷ったのですが、仕事人のデデーにしておきます。


MF
セルヒオ・モラレス(スチテペケス)
アンドレス・リベラ(スチテペケス)
ジャン・ジョナタン・マルケス(ハラパ)
フレディ・トンプソン(ロホス)
次点:ハビエル・エスパーニャ(サカパ)

結構いろいろと迷うところですが、スチ躍進の立役者の2人はやっぱりね。
だとするとトップはやっぱりサンボーニとか背の高いFWの方が良かったかな?
という気もしないでもないですけれど。
ボランチには献身的なトンプソンと攻撃センスもあるマルケスを。
次点はサカパの攻撃を支えていたセボジータ・エスパーニャ。


DF
アンデルソン・パソス(スチテペケス)
カルロス・ガヤルド(ハラパ)
ハイメ・ビデス(ロホス)
グスタボ・カブレラ(クレマ)
次点:エラシオ・ゴタイ(マラカテコ)

DFはとっても迷ったんですが・・・・・・。
パソスははずせないよなぁ~、
じゃあ優勝チームからはガヤルドかなぁ、みたいな。
ビデスは今後の期待も含めて選出。
あまりにクレマからの選手が少なかったので、とりあえず、タボ。

次点も迷ったのですが、マラカテコの守備の要、エラシオ・ゴタイ。
得点力がないために上位へは食い込めませんでしたが、
守備はしっかりしたいいチームで、GKのフリオ・エルナンデスは
ダビッド・ゲーラと守護神争いをしてたくらいですからねぇ。
閉幕シーズンも頑張ってちょ。


GK
ハイメ・ペネド(ロホス)
次点:ダビッド・ゲーラ(クレマ)

普通に考えれば、最小失点率のガト・ゲーラなんですが、
ペネドも捨てがたいよなぁ・・・・・・。
と、う~んと迷ったところで、最後は容姿で決めました!?


監督
フリオ・ゴンサレス(ハラパ)
次点:ガビーノ・ロマン(スチテペケス)

やっぱりこれは優勝監督ですよね。
実際に若い選手たちに自信をつけさせながら優勝まで導いた手腕はお見事でした。

次点もやっぱり準優勝監督。
スタートダッシュに失敗したスチでしたが、
途中でしっかり立て直し、優勝戦線にまで残るとは・・・・・・、
11月頃までは思いもよりませんでしたよ。


でもってMVPは当然のごとくアドリアン・アペラニス
ハラパはアペラニス一人を頼っていたチームではありませんでしたが、
それでもアペラニスの存在なしには優勝にはたどり着けなかったでしょうからねぇ。
というわけで、第9節ロホス戦のアペラニスのハットトリック+アシスト画像。



ついでに最優秀珍プレー賞パウロ・セサル・モッタ(ロホス)
第1節スチテペケス戦のコレでめでたく受賞です。




*タグ/私的ベストイレブン(賞)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。