スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.99 

violetデデー、ハラパを辞める

閉幕シーズン首位と好調のハラパですが、
第8節を終えたところでデデーことホルヘ・ドス・サントスが辞任。


ハラパ、相変わらず台所事情が苦しいようで、
給料の遅配が常態化していたようですが、
遂に我慢できなくなったデデー、ハラパを辞めて
コバンに移籍してしまいました。


これはハラパにとってかなり痛いと思うけれどね・・・、
今後どうなるんでしょ、ハラパ。
一応、代わりの外国人としてはペドロ・オルティスという選手が決まっています。
ウルグアイ人、24歳。
ウルグアイの2部のラ・ルスというクラブでプレーしていたようです。
なお、オルティスは今週グアテマラ入りする予定。


violetマルケンセは会長が辞任

26日、マルケンセの会長ロランド・ピネダ・ラムが
クラブの理事らと会合を持ち、
以前から表明していた会長職からの辞任を確認、
後任にはオスカル・レオネル・バリオス・フローレスが就任。


なお、この会合にはサン・マルコス市の市長も来てたらしいのですが
マルケンセ・デ・ラ・エンセナーダを人工芝にしようという案があるんだとかで
それについてもあ話し合い。
結論はどうなったか知らないですけれど、
ひょっとしたら、エンセナーダも人工芝になっちゃうんですかねぇ、
あそこは別に天然の芝で問題なかったよな気がするけれど。


violetスチ、チバスUSAと提携

この提携合意によって、監督やテクニカルスタッフの米国修行に加えて
選手たちもチバスUSAへの移籍の可能性が広がったことになるんだそうです。
早速上がっている候補の名前は
ウィルソン・ラリン、ウィルフレッド・ベラスケス、
エドワルド・サンテリスにホセ・ロドリゲス。
どうなることやら、ちょっと楽しみではあります。


violetバトレス、コンフェデ杯へ

6月に南アフリカで開催されるコンフェデ杯の審判に、
CONCACAFからはカルロス・バトレスが選出されたそうです。
副審にはレオネル・レアル(Crc)とカルロス・パストラナ(Hon)、
副審の控えにはエルメリト・レアル(Gua)が決定済。


代表には期待できないけれど、
それでもバトレスが頑張ってくれるんだったら、
ちっとは見甲斐もあるってもんだよな。


*タグ/ホルヘ・ドス・サントス(選手) ハラパ(クラブ) コバン(クラブ) マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) カルロス・バトレス(審判)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.98 

violet代表、ホンジュラスと親善試合

ネーションズカップの始まる前、1月10日に
またしてもロサンゼルスでホンジュラス相手に親善試合やるそうです。


代表、今、練習してはいますけれど
ロホスとクレマの決勝が終わってないので
代表を多数抱える両チームからはまだだれも練習に出てません。
こんなんで、本当に勝ち抜けるんでしょうかねぇ、ミンチョ親分。


violetその代表組、

先日、リカちゃんことリカルド・ヘレスが怪我したそうです。
ウルグアイのレンティスタスでGKを勤めるリカちゃん、
13日のリーグ最終戦で肘を傷めたんだそうで、全治2ヶ月。


W杯予選の対アメリカ戦、
なんとリカちゃんがゴールマウスを守って
「リカちゃんの活躍がなかったら、もっととんでもない点差になっていた」
という話だったらしくて、
ネーションズカップで見られるかな、と楽しみにしていたのに
ちょっぴし残念です。
まあ、若いリカちゃんならまだ機会もあるだろう。
リカちゃんの代わりに誰が招集されるのかも興味のあるところ。


violetU-20代表監督のクラビオットは、

辞任しました。


U-20のW杯中米予選、
ベリーズとの引き分けがたたって敗退してしまったU-20でしたが
監督のネストル・クラビオット、
FedeFutはクラビオットの留任を発表していたのですが
先日、故国アルゼンチンからのオファーを受けたんだそうで
それ故に辞任。はあ、なんだかね。


violetタボ・カブレラの行方

結局、AGFアーフスでほとんど出番のもらえなかったグスタボ・カブレラ、
12月で契約が切れるので行き先を物色中。


そのタボに、ボリーヨ元親分から「ウチに来んかい」と声がかかったとか。


ボリーヨ、現在コロンビアの2部サンタ・フェの監督をしています。
どこでタボの話を嗅ぎつけたのか知らないけれど、
ボリーヨはタボにキャプテンやらせてたくらいだからなぁ、
結構気に入った選手だったんだとは思うけれど、
さて、タボの方はいかに・・・・・・。


タボにはマルケンセからもオファーがあるそうです。


violetやっと決勝関係の話

日曜日の決勝戦、累積等で出られないのは、
ロホスのオラシオ・コルデーロ、だけだとか。


決勝戦のファーストレグでエルマル・ロダスに退場処分にされたコルデーロ、
審判団に対する侮辱や脅迫行為があったとして
4試合の出場停止と罰金Q4,000が課されました。


いやはや全くオラシオさん。
言いたいことはあるだろうけれど、じっと我慢するのも監督の仕事だよ。
ロホスにはこの決定を上告することができます。
どちらにしても、セカンドレグのオラシオさんのベンチ入りはないだろうなぁ~。


violet一方、ロダスには

取りあえず試合参加停止、が決定しています。
ただし、これは処分ではなく、
現在審判委員会で事実関係を調査中で、
その結果が出るまでは、別の試合の笛を吹くことはない。


・・・・・・って、試合そのものがないんですけれど。


オラシオさんが怒りまくったPKになったファウルについて、
主審だったエルマル・ロダスは
「自分自身は少し離れた場所にいたが、交錯したのは見えた。
 そこで笛を吹き、副審(セサル・ルアノ)を確認した。
 副審がその場に立ち止まったならFKだが、
 ゴールラインに走っていったら、それはPKだということだ。
 だからPKを指示した」。

「だからと言って、彼に腹を立てているわけではなく、
 審判団のキャプテンとして誤りを犯した自分自身を許せない」


とおっしゃっておられます。
あ、ちなみにこの副審、セサル・ルアノさんも現在試合に出場停止です。
確かに、最近ちょいと???なジャッジが目立つので
何とかして欲しいところではありますが、
審判だって間違えることもあるわけで、
ロダスさん、普段は安定したジャッジをしている方ですから
悪いジャッジだけではなくて、良い方のジャッジも
きちんと評価してあげてほしいですよねぇ。


*タグ/グアテマラ代表 リカルド・ヘレス(選手) ネストル・クラビオット親分 グスタボ・カブレラ(選手) ボリーヨ親分 オラシオ・コルデーロ親分 エルマル・ロダス(審判)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。