スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ったらヒーロー!スチテペケスのロマン監督へのインタビュー 

今シーズンも不調ですね・・・と思っていたら、いきなり好調サカパ相手に7-1と誰もが呆気にとられたまさかの大勝をしてしまったスチテペケス(失礼!)


そのスチテペケスのカントク、ガビーノ・ロマンへのインタビュー記事がありました。
http://www.prensalibre.com.gt/pl/2007/octubre/16/185167.html


サカパ戦ではスチテペケスは良いプレーを見せましたね。
サカパは勝つつもりで来ていたから、とても難しい試合になるだろうということは皆わかっていた。選手らは持てる力を発揮し、結果として予想もしなかったようなことになった。


これほどたくさんのゴールを決めた秘訣は何なんでしょうか?
先週から、選手らと3点を取らなければいけない、ということについて話し合ってきた。チームは首位からは離されていたからね。私たちは6位以内に入りたいと思っている。


何もかも、予想よりもうまくいったんじゃありませんか?
この試合では、私たちはしっかり守って得点しなければならなかった。ミスを犯したくなければ、DFとGKはうまく反応する必要があった。攻撃においては、今まで得点の機会をうまくものにできなかったことがあった。それでセットプレーを集中して練習した。期待通りの結果を得られたよ。


今後もこの調子で行けるでしょうか?
グアテマラでは、プレーする場所の天候によってチームのプレーも変わる、ということを見てきた。この5試合でウチは2勝1敗2分だが、試合ではいいプレーをしている。このチームはトップ争いができるチームだし、そうなってほしいと思っている。


プロフィール

  • ガビーノ・ロマン・リベロ(Gabino Román Rivero)
  • 1955年2月19日、パラグアイの首都アスンシオンで生まれた。
  • 1974年、パラグアイのプリメーラ・ディビシオンにあるクルブ・ヘネラル・カバィエーロス(Club General Caballeros)でデビュー。
  • 1977~78年、チリのレンジャース(Rangers)でプレー。
  • 1980年、メキシコのプエブラに1シーズンだけ移籍。当時の監督はマヌエル・ラプエンテ。
  • 1980年、パラグアイに戻る。リベルター(Libertad)でプレー。
  • その後、アトレティコ・コレヒアル(Atlético Colegial)に移籍、このチームで8シーズンを過ごす。選手としての全盛期。
  • 監督デビューは1992年。古巣のクルブ・ヘネラル・カバィエーロスを率いた。
  • 1994年、プレシデンテ・ハイエス(Presidente Hayes)でネルソン・バスアルド監督のアシスタント・コーチを務める。
  • 2005年、パラグアイのユース代表監督を務める。
  • 2006年、スポルティーボ・トリニデンセ(Sportivo Trinidense)監督。
  • 2006-07年の閉幕シーズン、グアテマラのスチテペケス監督に就任。
    前監督のオラシオ・コルデーロ(Arg)は、成績不振のため解任されてました。

*ロマン親分(親分) スチテペケス(クラブ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。