スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.98 

violet代表、ホンジュラスと親善試合

ネーションズカップの始まる前、1月10日に
またしてもロサンゼルスでホンジュラス相手に親善試合やるそうです。


代表、今、練習してはいますけれど
ロホスとクレマの決勝が終わってないので
代表を多数抱える両チームからはまだだれも練習に出てません。
こんなんで、本当に勝ち抜けるんでしょうかねぇ、ミンチョ親分。


violetその代表組、

先日、リカちゃんことリカルド・ヘレスが怪我したそうです。
ウルグアイのレンティスタスでGKを勤めるリカちゃん、
13日のリーグ最終戦で肘を傷めたんだそうで、全治2ヶ月。


W杯予選の対アメリカ戦、
なんとリカちゃんがゴールマウスを守って
「リカちゃんの活躍がなかったら、もっととんでもない点差になっていた」
という話だったらしくて、
ネーションズカップで見られるかな、と楽しみにしていたのに
ちょっぴし残念です。
まあ、若いリカちゃんならまだ機会もあるだろう。
リカちゃんの代わりに誰が招集されるのかも興味のあるところ。


violetU-20代表監督のクラビオットは、

辞任しました。


U-20のW杯中米予選、
ベリーズとの引き分けがたたって敗退してしまったU-20でしたが
監督のネストル・クラビオット、
FedeFutはクラビオットの留任を発表していたのですが
先日、故国アルゼンチンからのオファーを受けたんだそうで
それ故に辞任。はあ、なんだかね。


violetタボ・カブレラの行方

結局、AGFアーフスでほとんど出番のもらえなかったグスタボ・カブレラ、
12月で契約が切れるので行き先を物色中。


そのタボに、ボリーヨ元親分から「ウチに来んかい」と声がかかったとか。


ボリーヨ、現在コロンビアの2部サンタ・フェの監督をしています。
どこでタボの話を嗅ぎつけたのか知らないけれど、
ボリーヨはタボにキャプテンやらせてたくらいだからなぁ、
結構気に入った選手だったんだとは思うけれど、
さて、タボの方はいかに・・・・・・。


タボにはマルケンセからもオファーがあるそうです。


violetやっと決勝関係の話

日曜日の決勝戦、累積等で出られないのは、
ロホスのオラシオ・コルデーロ、だけだとか。


決勝戦のファーストレグでエルマル・ロダスに退場処分にされたコルデーロ、
審判団に対する侮辱や脅迫行為があったとして
4試合の出場停止と罰金Q4,000が課されました。


いやはや全くオラシオさん。
言いたいことはあるだろうけれど、じっと我慢するのも監督の仕事だよ。
ロホスにはこの決定を上告することができます。
どちらにしても、セカンドレグのオラシオさんのベンチ入りはないだろうなぁ~。


violet一方、ロダスには

取りあえず試合参加停止、が決定しています。
ただし、これは処分ではなく、
現在審判委員会で事実関係を調査中で、
その結果が出るまでは、別の試合の笛を吹くことはない。


・・・・・・って、試合そのものがないんですけれど。


オラシオさんが怒りまくったPKになったファウルについて、
主審だったエルマル・ロダスは
「自分自身は少し離れた場所にいたが、交錯したのは見えた。
 そこで笛を吹き、副審(セサル・ルアノ)を確認した。
 副審がその場に立ち止まったならFKだが、
 ゴールラインに走っていったら、それはPKだということだ。
 だからPKを指示した」。

「だからと言って、彼に腹を立てているわけではなく、
 審判団のキャプテンとして誤りを犯した自分自身を許せない」


とおっしゃっておられます。
あ、ちなみにこの副審、セサル・ルアノさんも現在試合に出場停止です。
確かに、最近ちょいと???なジャッジが目立つので
何とかして欲しいところではありますが、
審判だって間違えることもあるわけで、
ロダスさん、普段は安定したジャッジをしている方ですから
悪いジャッジだけではなくて、良い方のジャッジも
きちんと評価してあげてほしいですよねぇ。


*タグ/グアテマラ代表 リカルド・ヘレス(選手) ネストル・クラビオット親分 グスタボ・カブレラ(選手) ボリーヨ親分 オラシオ・コルデーロ親分 エルマル・ロダス(審判)

スポンサーサイト

Exニュース No.2 

ウルグアイはレンティスタスでプレーするリカルド・ヘレス、
先週末だったかなぁ、またしてもPKを止めたんだとか。
残念ながらチーム全体としてなかなか勝てずにいるようですが、
リカちゃんが頑張ってるのは嬉しい。
とりあえず3節を終了して4失点、その内1点がPKで、
ストップしたPKは2本。


・・・・・・ってそれ、PKをプレゼントしすぎてないかね、君のチームメイトは。
リカちゃんのための愛の鞭ってヤツなんだろうか。


で、早速インタビュー記事が上がっております。
Ricardo Jerez y su gran momento


リカちゃんとPKと言えば、思い出されるのはあの五輪予選。
あんなにたくさんのPKがあったのに、リカちゃん、一つも止められず、
オリンピック出場をかけた準決勝も、
名誉をかけた3位決定戦もPK戦で負けてしまった、のでありました。
PK戦にもつれこむような試合になったことの方が残念だけれど
2試合連続でPKで敗戦ってのは、
そりゃ悔しかったんだろうね、GKとしては。


「予選が終わった後、通常の練習の他にPKの練習をした。
 あんまり悔しかったからね。
 (ここでは)3試合でもうPKを3つも与えてしまっているけれど、
 有難いことにその内2つを止めることができて、
 チームの皆も、監督たちも喜んでくれてる。 
 いつの日か、代表であの時の借りを返したいね、
 前にも言った通り、あの予選でPKで敗退したのがあまりにも悔しかったんだ」


チームは勝てないけれど?と聞かれて、
「その内2試合はアウェーで、最初の試合は中間地(第三者のスタジアム)だったし。
 次の試合もまたアウェーで、第5節になってやっとホームでプレーできるんだよね」
あ、なる。アウェーじゃ勝てない、という訳・・・・・・じゃだめじゃん。
まあアウェーでも勝ち星1を上げられてるのなら良いけれど、
何故にアウェーばかりが続くのかは謎。


とにかく、その調子で頑張って頂戴。





リカちゃん以外ではペスカドとパッパがケガ、
コントレラスとカブレラは最近試合に出てないような?
コントレラスはまだちょっとアルゼンチンにフィットしてない感じだよなぁ、
それが代表でのプレーにも影響しているのがちと心配。


AGFのタボ・カブレラはリザーブチームの試合でプレーしてるらしい。
トップチーム、実はLSBを売却予定だったので
仕方なく?タボと契約したらしいのだけれど、
結局売買不成立(いや、株じゃないんですけれど)。


そんなわけで、トップチームには御用がなくなり、
もしもの時のために備えて
リザーブチームでプレーしているのであります、カブレラは。
いやでもリザーブチームって、若手養成を目的とするんじゃありませんかね?
まあでも、リザーブチームでいいプレーすれば
もちろんトップチームへの抜擢だったありうるわけで、
今はとりあえず、目前の試合を一試合ずつこなしていくしかないのかも。
それにしてもデンマークはそろそろ寒い時期じゃないんですかねぇ?
風邪引かないように。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.89 

violetシナバフルのごたごた

シナバフル、一体どうしちゃったんでしょ???
先日も書いた通り、マルロン・イバン・レオンは解雇。後任は未定。


加えて、選手たちには9月分のお給料50%カット、って通告したそうです。
そんな無茶苦茶な・・・。


会社員が、お給料の遅配を訴えてストをした。
会社側は「わかった、ちゃんと払う」と言って、
数日遅れで支給。
でもこのお給料は15%カットされていた。


それに怒った社員たちが、大事なイベントをすっぽかしたら
今度は50%カットになった。って話ですか・・・。


そりゃあいくらなんでもひどすぎる。
クラブの内規がどうなのかしらんけれど、
労働法に違反してるんと違うのかね???


折角いい感じでいたのに、これじゃあ選手もやる気でないよね。
選手はクラブの財産ってこと、わかってないのかなぁ???


violetフラード監督更迭

こちらはCCLでの不甲斐ない敗戦を受けて、更迭が決定。
後任はエクトル・フリアン・トゥルヒーヨ。
トゥルヒーヨって、フリオ・セサル・ゴンサレスが監督してた時に
アシスタントコーチをしてた人だったりします。
というわけで、ゴンサレス風に戻るってことか。

同時に、選手が3人ばかりクビになるという噂が・・・。
オスカル・イサウラの名前が取りざたされているようですが
実際のところは不明。


violetパッパへのインタビュー(動画)

MLSnet.comにパッパへのインタがアップされてます。
パッパはまだ英語でしゃべるのは無理か・・・。英語字幕付です。
El Chapín de Chicago


「スタジアムにたくさん観客がいて、やる気が出る。
 中には試合なんか全然見もしないで、後ろを向いて応援してくれる人までいて・・・」
あ、そりゃそうだ。
グアテマラでのサッカーって、地方の小さいスタジアムとか
クラシコならそこそこ満員になるけれど、
シカゴの試合って、クアウテモク・ブランコがいることもあって
観客増えてるみたいだしね。
「試合も見ないで・・・」っての、なるほどなー。
サッカーでも応援も文化なんだねぇ~。


violetメキシコに行ったクレマは

誰もがW杯予選に注目している6日の土曜日に、
サントス・ラグーナの創立25周年の記念試合をして、2-1で敗戦。
ま、こんな試合に勝っちゃいけませんよね?


サントスの得点はアンドニー・エルナンデス(21分)と
オリベ・ペラルタ(70分)、
クレマの得点はエルメル・ポンシアーノ(82分)。
はあ、エルメル・ポンシアーノかね。
今シーズンはまだプレーしてなかったような気がするけれど、
案外調子良いのかも。


一応クレマはこんな顔ぶれだった模様。
GK: クリスティアン・アルバレス、
DF: エルウィン・モラレス、アルバロ・ヒメネス(56’ エドウィン・エンリケス)、イーベルトン・パエス、エルメル・ポンシアーノ
MF: リゴベルト・ゴメス(46’ エドガル・コット)、ルイス・ブラッドリー、フアン・ホセ・プラド(46’ エクトル・デ・マタ)、マヌエル・ソト(46’ マルコ・シアニ)
FW: アドリアン・アペラニス(70’ ジミー・ベニート)、ロランド・フォンセカ(74’ トランシト・モンテペケ)
久しぶりにチューラ・ゴメスがプレーしてます。
やっとケガも良くなって来たようで、良かった良かった。


violet元クレマのリカルド・ヘレスは

ペニャロールのトライアウトはダメだったけれど、
ウルグアイの2部、レンティスタスに拾ってもらったそうです。
Últimas Novedades


レンティスタスって、ビチェーロスってニックネーム???
ビッチョス(虫)みたいなもんなんだろうか・・・、
リカちゃんはビッチョって言うにはちょっとでかすぎな気がするけれど。


えー、とりあえず、モンテビデオにあるクラブです。
正GKとしてプレーできるようだといいけれど。頑張れリカちゃん。


*タグ/シナバフル(クラブ) イバン・レオン親分 ハラパ(クラブ) カルロス・フラード親分 エクトル・トゥルヒーヨ親分 マルコ・パッパ(選手) コムニカシオーネス(クラブ) リカルド・ヘレス(選手)

続きを読む

海外移籍選手たちのプレシーズンも開幕 

こんなにまとめて海外でプレーする選手がいるのはひょっとして初?
それも若い選手たちばかり。
なのでそれぞれの近況などなど。


violetモーヨの巻

アルセナルは日本でガンバとやって勝ってきましたが、
お留守番組のコントレラス、どうやらまだホテル暮らしらしいです。
アルゼンチンの寒さに震え上がり、まずは洋服を買いに行ったようですが。


数日前、インタビュー記事が新聞に出ていたのですが、
「アルゼンチンでプレーするようになるなんて想像したことがあったかい?」と聞かれて
「ミゲル・ブリンディシがクレマの監督だった時、
 そのうちアルゼンチンでプレーするようになるぞ、って言われて
 単なる冗談だと思ってたんだけれど・・・」と応えてたのがおもしろい。


現在の代理人、ホルヘ・システルピレルとの出会いについては、
「五輪予選を見て、向こうから自分の契約について尋ねてきた。
 その時はまだ2年契約があったんだけれど、
 3ヶ月の給料未払いに我慢できなくて、解約してもらった。
 お陰でその後の交渉が楽になったんだよね」
我慢ができなかったんじゃなくて、渡りに船、ってやつだったのかい。


アルゼンチンサッカーについては:
「グアテマラより全然上だし、全く違う。
 クレマは練習用のグラウンドもなかったし・・・、
 アルセナルはビッグクラブじゃないけれど、施設はとてもきれいだ。」

「ここは競争も激しいけれど、ポジションを獲得しないとね。
 グアテマラの遅いサッカーにいたから、難しいとは思うけれど、
 きちんと練習を積んでいけば、遠からずチャンスもやってくるだろうし」


将来について:
「アルゼンチンで成功したい。
 もちろん、選手なら皆、
 ヨーロッパでプレーできるようになりたいと思ってるわけだけれど。
 でもこの次はボカでプレーしたいな」

リケルメとポジション争いだね?と言われて:
「(笑)うん、難しいよね」。


監督以下が帰国して、いざこれから、ってところでしょうかね、モーヨの場合は。


Prensa Libre


violetパッパの巻

シカゴ入りして1週間も経たないうちにトップチームでプレーさせてもらったパッパ。
モーヨと違って、言葉の端々に初々しさが伺えるかも。


「オレ、ここが気に入った。
 チームにもなじめたし、特にラテンの選手たちは親切だし。
 チームのプランの中にいるってことが大切だよね」。
 ロホスでは主力としては扱ってもらえなかったしね、パッパ。
そりゃあ嬉しかろう。


パッパ、当初はリザーブチームで慣らしていく、
という話だったんだけれど、30日の朝いきなり、
「パッパ、オマエ、トップチームでプレーしろ。
 それから今日のエヴァートンとの親善、先発やで」
とハムレット監督に言われて
「to be or not to be…」
などとつぶやいたかどうかは知りませぬが、
舞い上がったのは事実みたいです。


「試合の前オマエ先発や、って言ったんやけど
 全然信じとらんかったな」
とハムレット親分。
いや、ひょっとしてパッパちゃん、英語がわからなかっただけでは・・・。


「ピッチではナーヴァスになっとったな。
 そやけど、いいプレーしとった。
 シンプルで速くて、いつも顔を上げてボールを出すところを探しとる」。


そう、自信もってプレーしてちょ。
パッパのテクに磨きがかかることを期待しております。


Prensa Libre


violetヘレスの巻

ウルグアイはモンテビデオへと渡ったリカちゃん、
ペニャロールと合流して、もう練習始めてるそうです。


現在はトップチームがまだヴァケーション中なので、
リカちゃんはエスペシアルカテの選手たちと練習してるそうな。
トップチームは来週半ばに始動とか。
一方リカちゃんのトライアル期間は2週間程度とされています。


さてさてペニャロールに残ることができるか。
幸運を祈っておりますよ。


violetタボの巻

アーフスへの移籍が決まっていたタボ・カブレラ、
本日やっとグアテマラを出発。
今晩はワシントンに1泊、翌日デンマークはアーフスに向うそうです。


ここ2週間ばかり、行き先未定のフレディ・トンプソンと共に
Proyecto Golで練習していたタボ、
慣れないデンマークはいろいろと大変だとは思うけれど
それを乗り越えて頑張って頂戴。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.82 

violetフアン・カルロス・アリアサは

本日エレディアとの契約にサインする予定、だったんですが。


結局のところ、経済問題で折り合いがつかずご破算になったそうで。
両者の言い値の差額がQ7,000(1000ドル近く)だそうで、
それじゃあ、基本的にお金の問題は話してなかったんかい!?


さてそのアリアサ、ひょっとしたらハラパに行くかも?という話。
ハラパはアペラニスの抜けた穴はシルバに頑張って頂くとして、
マルケスの抜けた穴が意外に大きくて、
まあ、ピニェイロさんもいるけどね、
も一人誰か取っといた方がいいんでないか、という話らしい。


ハラパも経済的にさほど余裕があるクラブとは思えないのだけれど・・・。
そう言えば、開幕前に揉めてたお給料未払いの話はどうなったんでしょ。
気がついたら開幕、ちゃんと試合してましたけれどね、ハラパ。


violetリカルド・ヘレスは

ウルグアイのペニャロールへトライアル!?
わーーー、パッパの時に負けず劣らずのびっくりだ~!!!
La Red / Ricardo Jerez parte el miercoles para Uruguay



リカちゃんの代理人って、パンドと同じパブロ・ガレアノって人らしいんですが、
この人がペニャロールとの話をつけてくれたらしい。


そして奥ゆかしいリカちゃんは、この話、しばらく前から出ていたはずなのに、
一言も漏らさず、明後日出発!という日になってやっと監督に打ち明けたのだとか。
クレマの監督はウルグアイ人のフリオ・セサル・ゴンサレス。
そりゃペニャロールへの話なら喜んでくれるだろうけれど、
いきなり言われても困ったかもね・・・。


リカちゃん、05-06年はコバンで、06年はロホスで、
そして07年以降クレマでプレーしている、いやプレーしてないことも多いけれど、
とりあえずクレマに所属な選手なわけですが、
クレマとの契約には
「国外でプレーする機会があった場合、クラブは異を唱えることができない」
っていう文言があるんだそうで、いや、さすがクレマ、太っ腹。
てかリカちゃん、さすが学級委員、じゃなくて元キャプテン。


とりあえずペニャロールでトライアル受けて、
良ければペニャロールに残るけれど、
ダメだったらウルグアイの他のクラブに行く道を探る、と言ってます。
頼もしい。


「本当はヨーロッパでプレーしたかったんだけれど、
 オレ、ヨーロッパ国籍じゃないし、ビザの問題もあったし。
 やっとウルグアイに行けることが決まって、
 全力を出してペニャロールでプレーできるよう頑張るよ。
 グアテマラの名誉のためにもね。
 ウルグアイのサッカーはレベルが高いし、
 ヨーロッパからも見てもらえるしさっ」


ほらほらリカちゃん、グアテマラの名誉なんてどうでもいいってば。
(あ、石投げられるかも)
それよか、リカちゃんが外国で生き生き溌剌とプレーしてくれるのであれば、
それだけでおばさんは嬉しいっ!!
そしてハイボールの処理、もっとうまくなってちょ。



*タグ/フアン・アリアサ(選手) リカルド・ヘレス(選手)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。