スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.49 

violetユース大会の予選のことなど

CONCACAFのサイトにはまだ出てませんが、
U-20大会予選はトリニダード・トバゴ、
U-17大会の予選はメキシコにやっぱり決まったそうです。


というわけで、それに合わせて中米も予選をしないといけない。
こちらの方は本日決定して、もうUNCAFのサイトに出てたりする。

U-20

U-17


U-20W杯の中米予選は:
A組
9月17日~21日、ホンジュラス
参加国:ホンジュラス、コスタリカ、ニカラグア

B組
9月24日~28日、グアテマラ
参加国:グアテマラ、エルサルバドル、パナマ、ベリーズ


でもってU-17の中米予選は:
A組
11月5日~9日、パナマ
参加国:パナマ、ホンジュラス、ベリーズ

B組
11月12日~16日、エルサルバドル
参加国:エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、グアテマラ


で、肝心のU-20の監督にはケントンが今日にも就任、という話だったんだけれど、
まだ確定情報が流れてきません。
あと4ヶ月ちょっと。もたもたしている暇はないはずだけれど。


一方のU-17の方は、既に練習始めてるみたいです。


violetA代表はチリと対戦?

現在調整中らしいですが、
6月4日頃にチリでチリと親善試合を行う模様。


場所はサンティアゴじゃなくて、
音楽祭で有名なビーニャ・デル・マールかランカグアだとか。
へええ。
にしても6月1日にマイアミでパナマとやった後で、
移動だけでも大変そうだけれど・・・・・・。


で、肝心のセントルシア戦でへばってないといいけどね。
大丈夫なのか、ウチの代表たち。
初戦は6月14日、グアテマラシティーで行われます。


violetで、そのセントルシア戦。

アウェーで行われる試合について、
マラディアガはFedefutと直行便(ってチャーターのことよね?)で
行けるように手配してほしい、と掛け合っているとか。


一番一般的なルートはマイアミ経由なわけですが、
その長い長い旅で消耗するのを避けることもできるし、
何よりも。
アメリカのビザが取れないフレディ・ガルシアも
直行便であれば問題なし、と。


いい事尽くめ!お金さえあればね・・・・・・。


violetそのA代表の練習は一部始まっていたりして

クレマを自主退団したカンチェ・ロドリゲスとホセ・コントレラス、
それから決勝シリーズとは縁のないハラパのルイス・ペドロ・モリーナ、
ジーン・マルケス、カルロス・カストリーヨ、カルロス・ガヤルドの合計6人が
Proyecto Golに集合して、練習始めてます。


今週から決勝シリーズと降格プレーオフが始まるわけですが、
それと全く縁のないのはハラパとマラカテコだけなんですよねぇ~。
で、決勝シリーズは敗退したクラブの選手から順に追加招集してくそうです。


violetコントレラスとマルケスの交換会については

ハラパ側からも「その通り」という情報が流れてきています。
現在、クレマとハラパで条件について話しあっている模様。
クレマは既に「マルケス欲しい」と手付金まで払ってるそうです。


で、肝心のマルケスは、当初「ボク、残りたい」という話もありましたが
やっぱりクレマから欲しいって言われればぐらっとくるよね。
「条件が折り合えばいいよ」
って話らしいです。


さてさてコントレラスの意向が気になるところですが。


*タグ/ユース代表 グアテマラ代表 ホセ・コントレラス(選手) ジーン・マルケス(選手)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.47 

violet親善試合、対戦相手変更

「目指せ南アフリカ!やるぞ親善試合!!」で頑張ってるFedeFutですが、
親善試合、アメリカまたはカナダ相手に1つやる、って言ってたの、流れた模様。
その代わりにパナマとやるのかな?


日程は
5月30日 対エルサルバドル(ワシントンDC)
6月1日 対パナマ(マイアミ)
だとか。


むむ、いつもと同じ顔合わせか~。
てか、エルサルバドルとパナマって、W杯予選の次の試合、
この両国で対戦するんじゃありませんでしたっけ?

いいんか、こんなところに首つっこんで。
深手を負わなきゃいいけど・・・。


violet正式発表はまだだけど

U-20代表監督はロドリゴ・ケントンが内定した模様。


と言うニュースは前にもあったような気がするけれどもね・・・。
正式発表があったら、もう一度書くことにします。


violetこれも正式発表はまだですが

以前からまことしやかに、U-20W杯のCONCACAF予選は
トリニダート・トバゴに決定!という情報が流れておりましたが、
どうやら本当らしい。


この大会、グアテマラが立候補していたのは以前にも書きました。
パナマやホンジュラスも本当は立候補予定だったそうですが、
グアテマラ支援に回ってくれていたんだけれどもね・・・、
とにかくCONCACAFの大会って、中米には回って来ないんだよな~。


これ、こんな裏があったらしい。
現在のCONCACAFの会長はトリニダート・トバゴ人のジャック・ワーナー。
このワーナー、ドイツ大会のチケット販売でも黒い噂があって
FIFAにも訴えられたことがあるのですが、
FIFAの会長と言えば、お馴染みジョセフ・ブラッター。
この方、ワーナーの兄貴分なのかゴッドファーザーなのか、
まあそんな仲だそうで、ワーナー、何の処罰も受けなかったそうです。
ほんまかいな。


で、今回のユース大会については、
メキシコのリカルト・カニェドを取り込んで、
U-20をトリニダードでやる代わりに
U-17の予選をメキシコでやろう、ということで話をまとめたそうです。
もちろん、ワーナー、他のカリブ諸国の票も取りまとめております。


そんなわけでウチは相変わらず何にもなしかぁ~。ちえ。
参加国で持ち回りにしたらいいのにね、いっそのこと。


*タグ/グアテマラ代表 ケントン親分 ユース代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。