スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロホス、モンソン監督辞任 

寒いと思ったら夕べから寒冷前線がグアテマラ付近にいるんだそうです。
今日は雨こそは降らなかったのですが、なんつー寒い一日・・・。
気温は12月並だとか。
上着もってけば良かったと後悔した今日の帰り道だったりしたんですが、
ロホスの皆さんにとっては寒波よりももっと厳しいニュース。


最近の成績不振、特に昨日のUNCAFクラブ杯、
ホームでのモタグア戦の敗戦を受けて、
ロホスのビクトル・ウーゴ・モンソンが辞任しました。


昨日の敗戦後、既にロホスの会長ヘラルド・ビヤに辞表を渡していたのですが、
その場では受け取ってもらえず、今日の緊急役員会までお預け。
でその役員会でモンソンが再び辞意を表明、受け入れられた、
というのがロホスの公式発表です。


モンソン、前監督エンソ・トロセーロが
サウジアラビアの某クラブ(名前覚えてない)に引っこ抜かれた翌日の7月3日、
ロホス監督に就任したのでありました。
公式戦18試合(リーグ戦13試合、UNCAF5試合)の成績は7勝4敗7引き分け。
最近は眠れない日が続いていたのでは・・・・・・。
グアテマラ人監督として、頑張ってほしかったんだけれどな。


さてとりあえずの後任は、カルロス・ルイス(Carlos Ruiz)。
て、ペスカド君じゃありませんよ。
ロホスのU-20カテゴリーの監督をしていたアルゼンチン人。金髪。こんな顔
ペスカドとは似ても似つかぬ。
今週は金曜日に予定されているリーグのペタパ戦がデビュー戦、
続いて来週火曜日にUNCAFクラブ杯のモタグア戦といういきなりハードなスケジュールになりますが、うまくロホスを立て直してくれるといいなぁ~。


*タグ/ムニシパル(クラブ) モンソン親分

スポンサーサイト

ロホス モンソンが監督に就任 

エンソ親分は昨日最後の練習に参加し、
「グアテを後にするんはものすごうさびしー
と大泣きしながら皆と最後(多分)の別れをして、
軽やかに去っていったのだとか。
明日にはもうサウジに向けて飛び立つそうです。


ロホスの服を着た、
赤鬼のような姿が見られなくなるのかと思うとちょっと寂しいなぁ。
サウジでも頑張ってね。


この突然の辞任劇、ロホスのフロントは
「ウチとこの監督が高い評価を受けるなんて、嬉しいね
と快くOKを出しております。
エンソ親分みたいに一時代を築いた監督って、
交代させる時期が難しいですから、
エンソ親分にも傷がつかないし、ロホスにとっては違約金も入るし、
案外両者にとっていい監督交代だったのかもしれません。


で、後任は誰になるか、と言うと、
エンソ親分の元でアシスタントコーチを務めていた
ビクトル・ウーゴ・モンソン(Víctor Hugo Monzón)
何しろもうプレシーズンも始まってるんで、
とにかく大急ぎで監督を決める必要もあったし、
エンソの路線を引き継げるから、この辺りでいいやろ!ってところ?


あまり詳しいデータがないんですが、現役時代のポジションはDF。
ロホスではもう9年間アシスタントコーチを務めている、という話なので、
恐らく10年くらい前までは現役だったのでは?
引退する時は、ロホスにいたようです。
あ、グアテマラ人です。
見た目も目立っていたエンソ親分と違って、グアテ人らしく地味系ですな。


という程度しか今のところデータがないので、
他にネタが入れば追加していこうかな、と。
しばらくはエンソ親分の遺産食い潰していけるでしょうが、
どんな試合を見せてくれることやら。
今シーズンの楽しみが、ちょっと増えました。


*タグ/エンソ親分 モンソン親分 ムニシパル(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。