スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝 ロホス - クレマ 2nd. leg 

決勝のセカンドレグ、ロホスとクレマの試合はかなり白熱した模様。90分で2対2の2試合合計3対3、決勝はアウェーゴールがカウントされないので延長戦まで行ったものの得点ならずでPK戦へ。ちなみに41分、ロホスはPKをゲットしたものの、パンドが失敗していたとか。(続く)
12-20 09:33


ちなみに両者の得点は8分ロロ・フォンセカ(クレマ)、57分チャロ(ロホス)、62分JJカスティーヨ(ロホス)、85分ロロ(クレマ)。今季あんまり調子の良くなさそうだったキャプテンのロロが2得点していて、やっぱりここぞという時に頼りになるのだなーと思ったり。
12-20 09:39


PK戦は5人が蹴って3対3、サドンデスの6人目は両者が失敗、7人目はロホスのビデスが失敗、クレマのアブエロ・モラレスが決めてやーーーーーっとクレマの優勝が決まったのでありました。見てた人はお疲れ様。なお、これが最後の公式戦となるピン・プラタは後半から出場しています。
12-20 09:44


ちなみにクレマのGKパレーデスは7本のPKのうち4本を止めたらしい。あーやっぱり見たかったもなこの試合。クレマは3シーズンぶりの優勝かな?その後ファンが大騒ぎして車のガラスが割れたりしたのですが、たたき割ったのじゃなくて車の上に乗ったせいで重さで割れたらしいです。なんだそりゃ。
12-20 09:54

スポンサーサイト

決勝 クレマ - ロホス 1st. leg 

開幕シーズンの決勝ファーストレグ、クレマとロホスは1対1の引き分けだった模様。得点はアレオラとパンド。最近アレオラが得点決めてることが多いような気がするなー。そんなわけで決着はセカンドレグでつけることになりましたとさ。
12-18 08:45



第6節 ロホス - シェラ 

ロホス 2 – 1 シェラフ
8月29日11:00、マヌエル・フェリペ・カレーラ(グアテマラシティ)
主審: オットー・バリオス



スペインリーグのラシンとバルセロナの試合が11時からあるってのは知ってたんだけど
同じ時間に始まるこっちの試合のことはすっかり失念してしまった。
なので後半を録画で見たんだけれど、
これはなかなかにおもしろい試合で、最初から見たかったかも・・・。


ロホス
GK : ハイメ・ペネド
DF : ハイメ・ビデス
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : ジョニー・フローレス
DF : グスタボ・カブレラ
MF : セルヒオ・ゲバラ
MF : チャロ?( カルロス・チャト・カスティーヨ)
MF : マルビン・アビラ(65’ ダーウィン・オリバ)
MF : ダビッド・アローチェ(73’ デニス・フローレス)
MF : パンド・ラミレス
FW : ロコ・ロドリゲス
DT : ギジェルメ・ファリーニャ(Por)

私が見た時間帯にはもうチャト・カスティーヨがプレーしていたのですが
どうやら交代で入った模様。
だとすると、先発はチャロだったのかしらん?

シェラフ
GK : マルビン・バリオス
DF : ミゲル・フェルナンデス
DF : ジョニー・ヒロン
DF : カルロス・デ・カストロ
DF : ミルトン・ガリ・レアル(68’ グレゴリー・ルイス)
MF : フリオ・エスタクイ
MF : エドガル・コット(78’ マルコ・トゥーリオ・シアニ)
MF : エクトル・デ・マタ
MF : カルロス・フィゲロア
FW : ネルソン・マルティン・クロッサ
FW : イスラエル・シルバ(58’ ナッチョ・ロペス)
DT : オラシオ・コルデーロ(Arg)


元々はマテオ・フローレスで予定されていた試合でしたが
最近の雨やらミッドウィークのジョー・パブリック戦の後では
試合なんてとんでもない!というわけで他のスタジアムを使用することになりました。


ロホスは自前のスタジアムが7区のトレボルにあるから、あまり問題はないわけで。
あそこの問題は多分駐車場なんだけれど、
それでも小さなスタジアムだけにお客さんがぎっしり詰まって見えるし、
まあその分野次やらなんやら余計はっきり聞こえるんで
負けたら何言われるか&されるかわからん・・・・・・。
というわけで、ホームチームとしては余計に負けられない試合になったのでありました。


一方の雨の方はこの試合の間は我慢していたようで、
試合が終わった頃から激しい雨。
それでも後半はセンターサークル付近はもうぬかるんでいて
ボールも全然転がらなかったですけれど。


面倒くさいのでゴールシーンなんかは貼り付けの画像を見て頂くことにして。




得点はパンドの2点とコットの1点。
パンドはこれでロホスで通算130得点(リーグ戦では99得点)。
過去にロホスでプレーしていた、カルロス・トレドという選手の記録に並んだそうです。
トレドは40~50年代にロホスやグアテマラ代表で活躍した選手らしい・・・・・・。
と言われても全然ピンと来ないのだけれど、
パンドもそういう歴史に記録を残す選手となったということか。
ついでにパンドは今シーズン5得点で、得点王争いのトップ中。


さて試合の方は、ロホスってこんなに走るチームだっけ、とちょっとびっくり。
ジョー・パブリック戦でプレーした選手がかなり出ているけれど、
あの悪条件でプレーした数日後とは思えないような溌剌ぶり。


ファリーニャってSHが走り回り、SBもガンガン上がりガンガン下がる、
そういうチームを目指しているのかな、とやっと理解できた今日でした(遅っ)。
ゲバラやチャロにスピードを要求するのはお門違いだし、
パンドも以前のダイナミックさは見られないと思うけれど
そういう芸達者のセンターに加えてサイドが活性化されていたので、
攻撃にバリエーションがあっておもしろかったですね。
アビラはやっぱり内に内にと入ってっちゃうけれど。


シェラは右サイドのフェルナンデスとフィゲロアのコンビが快足で
こっち側サイドから何度もいいチャンスを作ったんだけれど
この日はFWが不発の日。
・・・・・・というか、ギリシア帰りのシルバはいらないんじゃないだろうか。


個人的にはチャト・カスティーヨとシアニをもっと使って欲しいぞ。


ちょっと残念だったのは試合も終わりに近づいた88分頃、
パンドが相手エリア手前でファウルで倒された時、
チェホ・ゲバラが主審にクレームをつけてレッドをもらった頃の話。


なんのクレームだったのか最初はよくわからなかったんだけれど
どうやらその前のプレーで、ボールがタッチを割り、
ボールボーイがボールを入れる・・・はずのところ。
グアテマラではホームチームが僅差で勝っている時、
ボールボーイも協力して相手ボールの時には時間稼ぎをすることが多々。


この時もボールボーイはボールを投げ込まず、手に持ったまま。
怒ったシェラのフェルナンデスがボールをもらいに行ったついでに
ボールボーイを押して、彼は引っ繰り返っちゃったんだよね・・・。
それについて怒っていたらしい。
別のところではペネドが第4審判に話をしていたという話。


そこまではまだ理解できるとしても
スタンドから一斉に石やら何やら投げ込まれ、
ベンチに下がっていたコットが怪我したとか。


ホント、物投げ込むの好きだよね、グアテマラ人。
やっぱりマテオ・フローレスの方が安全で良いです・・・。


ロホスは会心の勝利。
こういうサッカーを続けてくれるんだったら、
ちょっとマジメに見てあげようかと思った今日でありました。


*タグ/ムニシパル(クラブ) シェラフ(クラブ)

CCL ロホス - ジョー・パブリック 

8月27日にマテオ・フローレスで行われたCCLの
ムニシパル対ジョー・パブリックの試合は1-1の引き分けで、
双方にとってあまり嬉しくない結果となってしまいましたが
いやでもしかし、あのピッチでサッカーしろって方が無理でしょ・・・みたいな。


個人的には、少し会ってお話する機会のあったジョー・パブリックの星出選手に注目。
大柄な選手の多いJPの選手の中にあって、一人だけ小柄で色白(!)で目立つ星出選手、
グアテマラのテレビの実況でも間違わずに名前を呼ばれるのはメリットですね(笑)


いやしかし、どっちを応援したらいいんですか、私?
とりあえず両方応援して、後は雰囲気で、ってことで・・・。


試合経過については当地の新聞報道等を簡単にまとめる程度で。





ジョー・パブリックと引き分け、壁際に追い詰められたロホス(プレンサ・リブレ紙)


豪雨のためスタジアムの芝は最悪の状態であり、見応えのある試合とは言えなかった。
あちらこちらに水がたまりボールコントロールが難しく、
両者とも攻撃を組み立てるのに苦労し、選手は怪我をしないように気づかっていた。


前半、ムニシパルはSHのアビラとカスティーヨのスピードを生かし、
それにパンドやアビラのミドルを織り交ぜる形で得点を狙って行った。


ジョーパブリックはDFが組織だって攻撃を防いでいた。
DFのヒスロップとモリスは身長を生かして上からのボールをクリアーしていた。
前半のロホスの最大のチャンスは36分、
パンドが蹴ったFKであったが、ボールがクロスバーを直撃。


後半、何度もチャンスを逃した後で
77分、ロコはDFミチェルのミスを逃さず、うまくボールをコントロールして得点。


JPはモリスの退場の後10人となり厳しい状態であったが、
誰もがロホスの勝利を信じていた93分、ルイスが決めて同点に追いついた。





嵐のような引き分け(エル・ペルオディコ紙)


ムニシパルは沼地と化したマテオ・フローレスの悪条件に苦しみ、
この状況下では、JPの方が攻撃に分があるように見えた。
それでもロコの得点は、退場者を出しJPが10 人となった後では、
試合を決定づけるものかと思われた。


しかしながら、びしょぬれで疲れ果てながらも、観客が勝利を祝い始めた瞬間、
ロホスDFの恐るべきミスがJPのゴールを許してしまった。





害となる引き分け(Guatefutbol.com)


強い雨の中で行われたこの試合、スタジアムは最悪のコンディションであった。
ロホスは普段の通り4-4-1-1、
ロングパスでボールを空中でキープしようとしたようであったが
最後の20mでボールを失った。
JPはシンプルに低目のボールでパスを繋いでいったが
ロホスエリア付近でボールを失っていた。


前半のロホスの最大のチャンスはパンドのFKであったがクロスバーを叩いた。
ゲバラのミドルシュートはGKのフィリップが弾き出す。
いつものように、ペネドの奇跡的なセーブにも欠けることなく、
41分のJPのシュートを防いだ。


後半、ロホスは試合を支配し始めたが
ロコ、カスティーヨ、パンドのいずれもがシュートミス。
77分になってやっとフィリップとDFのミッチェルの意思の疎通ができなかったところを
ロコがついて1-0とした。


81分にカスティーヨに肘打ちしたとしてモリスが退場となり、
ロホスの勝利が確実なものと思われた時にもJPは諦めず、
その努力は92分に報われることとなった。
ノーマークだったルイスに高いクロスがわたり、きっちりヘディング。
これで試合は1-1。


JPの選手がアウェーで獲得した点を祝っている一方で、
マテオ・フローレスで大雨に耐えたわずかばかりの観客は
ブーイングでロホスを送ることとなった。





監督や選手のコメントです。

ギジェルメ・ファリーニャ監督
「集中力の欠如が結果に現れた。
ムニシパルが常に勝利を目指していたのは明らかだろう」


チェホ・ゲバラ(MF)
「ホームで3点を取ったと思った瞬間、ミスで失点をしてしまった。
自分達が決められずにいたところを相手につかれてしまった」


ハイメ・ペネド(GK)
「残念・・・。とにかく残念」

ペネドのコメントはテレビのニュースから取ってますが
ホントがっくり来てて可哀想だった。


しっかし、何故に誰もジョーパブリックの選手のコメントを取らないのだ・・・。
英語のできるスポーツ記者はいないってこと?





番外編。
最近の新聞は記事に読者のコメントをつけられるようになってるのですが
ちょっと読んでいておもしろかったのが、
監督を非難する声はなくて、選手の方が悪く言われてること。


よく名前が挙がるのがパンド。
気の毒だけれど、やっぱり今のパンドにはちと不満。
グアテマラ代表の日本戦が彼中心の布陣なのかと思うと眩暈がする。


それとグアテマラのサッカーへの絶望の声・・・。
そこまで言わんでいいでしょ、と思うくらい辛辣で、
昔ボリーヨ・ゴメスが代表監督を辞任する際に言っていた
「グアテマラではまず結果が求められる」
という言葉を思い出してしまった。


いい話がありませんな・・・。


というわけで、日本戦はともかく
エルサルバドルとニカラグア相手の代表戦、
まずはこちらから結果を出していくことかしらね・・・。負けんなー!


*タグ/ムニシパル(クラブ)

第4節 ロホス - スチ 

ロホス 3 – 1 スチテペケス
8月15日11:00、マテオ・フローレス(グアテマラシティ)
主審:オスカル・レイナ



この試合、録画で見ています。
今週は雨の多い一週間で、この日も朝から細かい雨。
試合開始の頃にはちょうど雨もおさまったようですが
スタンドは普段にも増して空席ばかり。


そんな中、CCLの試合が始まるロホスと現在リーグ最下位のスチの対戦。
このカード、結構おもしろいことが多いんですけどね。

ロホス
GK : ハイメ・ペネド
DF : ハイメ・ビデス
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : グスタボ・カブレラ
DF : ジョニー・フローレス
MF : セルヒオ・ゲバラ
MF : カルロス・チャト・カスティーヨ(81’ ペドロ・サマヨア)
MF : マルビン・アビラ(56’ ダビッド・アローチェ)
MF : フアン・ホセ・カスティーヨ
MF : パンド・ラミレス(67’ カルロス・ビジャ)
FW : マリオ・ロドリゲス
DT : ギジェルメ・ファリーニャ(Por)

スチテペケス
GK : サンティアゴ・モランディ
DF : パブロ・ビヤトロ
DF : ヘンリー・メディーナ
DF : ビクトル・エルナンデス
DF : ウィルソン・ラリン
MF : マイノル・モラレス
MF : ウィルフレッド・ベラスケス
MF : ウィルベル・カアル(45’ フレディ・ガルシア)
MF : ロベルト・ポーラス
FW : ヨシマル・ナシメント(87’ ロナルド・ロアイサ)
FW : アラン・ドス・サントス(79’ エバンドロ・フェレイラ)
DT : アルベルト・カスティーヨ(Per)


ロホスはベストメンバーですかね。
パナマ代表のペネドと代表追放されたアビラ以外は、
全員9月の代表戦に招集されているメンバーだという、何気にすごいメンバーだったり。
髪をメッシュにしたロコがワントップでパンドがトップ下という配置。
昨シーズンまでスチでプレーしていた
カルロス・カスティーヨがスタメンに入っているのがちょっと見物。


スチはビヤトロとラリンが両SBという見慣れないラインアップ。
結構選手入れ替わってましたかね、スチって・・・・・・。
カスティーヨの穴を埋められる選手がいないのが現状かもな。


序盤からロホスがボールを持つ時間の長いこと長いこと。
細かいパス交換に、ハーフライン付近からのロングボールも織り交ぜて、
走りこむのがロコだったりフアン・カスティーヨだったり、アビラだったり。
結構皆が走っている中で、運動量が少ないのがパンド。
そりゃもちろん、運動量少なくても、光ったプレー見せてくれれば良いですけど。
問題はまだそんなに調子良さそうには見えないことか・・・・・・。


スチは左サイドから攻撃を仕掛けていくシーンが度々。
中心になってるのはラリン、ポーラス、カアルってところですか。
ヨシマル君とドス・サントスの重量級FWは見た目結構迫力はあるんだけど、
シュートしてるのは別の人たちばかりだな~。


ぼーっとしてたらロコのミドルにびっくりした・・・。
トルティーヤ・エルナンデスのマークを物ともせずに反転してシュートっ!
ちょっと外れたけれど、お陰で目が覚めたシュートだった。


その直後の25分、ロコが右サイドを駆け上がり、
フェイントかけてみたりなんかした後にクロス、
ロホスは他に誰も上がってきてなくて、どうってことないクロスだったのに
CBのメディーナがクリアーしようとして押し込んでしまい、ロホスが先制。
GKに任せるべきだったか・・・・・・。
ここまで悪くなかったスチだけれど、調子の悪いチームには起こりがちな出来事かも。
(と書いてて思い出したのが今日のUの試合・・・。
 90分まで勝ってたのに、どうして試合終わったら負けてるかな)


31分にも右サイドを上がったロコがクロス、JJカスティーヨかな?のヘッドは
モランディがナイスキャッチ。
ロホスはピッチの幅をうまく使えているけれど、
スチの選手が中央寄りになってるのに助けられてるかも。
こうして自分達のペースで進められる試合だと
攻撃にも人数割けるし、攻撃されても安定感あるけれど、
CCLで今週対戦するコロンバス・クルーみたいな速い相手にはどうなんだろ。


なんてことをぼーーーーっと考えていると
パンドのミドルをモランディが横に伸びてナイスクリアー。


しかし、そこから続くCKで、ロホスが追加点。
もう45+1分てところかな。
ロコの蹴ったボール、ニアポストでスチの誰かがヘッドで触り、
ファーポストにいたラリンが足で触るもののクリアーしきれず
ノリエガの前にぽとり。
ノリエガ、容赦なく蹴っ飛ばしてゴールが決まり、前半終了。2-0です。





後半開始。
スチはカアルに代えてスーペル・ラトンことフレディ・ガルシアが入ってます。


そのフレディがいきなり左サイドから見事なおクロス。
しっかし前半大したボールが来てなかったドス・サントス、
わずかに追いつかなかった・・・。あれはやっぱり決めてほしいボール。


フレディと言えばロホス時代にスチ相手に決めたFKが未だ忘れられない私ですが
そのフレディがスチにいてロホスを相手にしてるのって何だか不思議だ。
小柄なフレディだけれど、ピッチの中ではあんまりそんな感じがしないのも不思議。


フレディが入って、俄然良くなってきたスチ。
勝負パスが出せるフレディが入るとFWが生きる。


53分にはパンドがFK、アビラがヘッドで合わせてゴールかと思ったら
これもモランディが弾き飛ばして、やっぱり反応がいいよね、この人。


2点リードしているロホスは余裕の選手交代。
56分、アビラが出て、若手のダビッド・アローチェが入る。
で、この頃から、チャト・カスティーヨがも少し後ろ目になって2ボランチ気味。


前半は止んでいた雨がまた降り始めたのが60分頃。
アローチェは小柄ながら速くて思い切りの良いプレーを見せてますね。
今のところ左サイドでプレーしてるけれど、いい感じ。


61分、今度はスチのゴール。
モラレス→ドス・サントスと中央で繋いで左サイドのフレディに開く。
どフリーのフレディが低めに上げたクロスにポーラスが飛び込んでゴール。
さっきから左サイドでフレディがフリーになってるのは
ビデスがフレディを尊敬でもしてるからなんでしょうか。ちょっと軽すぎ・・・。


この辺りから雨が激しくなっているマテオ・フローレス。
67分にはパンドが下がって、カルロス・ビジャ。
パンドさん、はいはい、お疲れさま。


つるりんと滑る選手が出てくるようになった70分頃。
ボールも何だか重たそうに見えるし、
ピッチもそろそろ緩い個所が出てきているみたい。


スチも悪くはないんだけれど、
さっきから派手に相手に突っ込んでいたベラスケスが
2枚目イエローを貰って退場したのが75分。
1点ビハインドのスチが1人少なくなってはね・・・、
今日の重馬場ではそりゃ厳しいでしょ。


残り10分となったところでスチはドス・サントスに代えて
やっぱりFWのエバンドロ・フェレイラ。
残り9分となったところで、ロホスはチャト・カスティーヨを下げてペドロ・サマヨア。
ロホスの交代は3人とも若手を入れた形になってます。余裕綽々って感じ。


そして83分、スチの選手が走れなくなってきたところでロホスのダメ押し。
相手DFのクリアーボールを拾ったタボ・カブレラ、
アローチェとのワンツーで左サイドを上がり、
中央に寄せるとクロス、ロコが簡単に押し込んで3点目。


今日一番走れてたのがタボで、次いでロコ、JJカスティーヨ辺り。
昨シーズンまでは、おじさんたちのちんたらチームだったのに、
気がついたら良く走るチームになっているという不思議。
だからアビラなのかな、という気はするけれど、
じゃあなんでパンドなんだろ。


スチは87分に最後の交代でヨシマル君を下げるとロナルド・ロアイサ。
それってさすがに遅すぎませんか・・・・・・。


やっぱり遅すぎたようで、3-1でロホスの勝ち。


試合後のファリーニャへのインタ、すごっ!
ファリーニャ、何言ってるのかさっぱりわからん!!!
あれはスペイン語か・・・、ポル語にしか聞こえんぞっ!
表情一つ動かさず、渋面でわけのわからないことを話すと
(多分、修正しないと、とか何とか言ってた模様)
華麗に立ち去っていったファリーニャでありました。


*タグ/ムニシパル(クラブ) スチテペケス(クラブ)

第3節 レタルテカ - ロホス 

レタルテカ 1 – 1 ロホス
8月9日11:00、オスカル・モンテロッソ・イサギレ(レタルレウ)
主審:ダビッド・エスパーニャ



良く考えたら、ロホスはこの後CCLがあるわけだし、
しかも、星出選手のいるジョー・パブリックと対戦するんだし、
ちょっとマジメに試合見てあげようかと思って後半だけ(!)録画して見たんですが
ロホスは主力不在で、加えてトンデモ試合になってしまったので
あんまり参考にはならなかったかも。


他のクラブなら主力の選手が普段はベンチにいるのね、ってのは良くわかったんですが。
カルロス・カスティーヨとかフリアン・プリエゴとか、普段使わないんならUに頂戴!!
とか思いながら見ていた私でした・・・(ハアァ


レタルテカ
GK : クリスティアン・アルバレス
DF : カルロス・ベガ
DF : ハイロ・ペレス
DF : ジャン・セデーニョ
DF : ホセ・シリロ・ロペス
MF : マイノル・フィゲロア(72’ ラウル・ゴンサレス)
MF : リカルド・グティエレス(66’ ヘッソン・ペレイラ)
MF : クリスティアン・ベガ(58’ エリック・ビヤトロ)
MF : イゴール・デ・ソウサ
FW : ロランド・ブラックバーン
FW : ホルヘ・エストラダ
DT : カルロス・ガルシア・カンタネロ

ロホス
GK : ハイメ・ペネド
DF : パブロ・ソロルサノ
DF : パブロ・メルガル
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : ジョニー・フローレス
MF : セルヒオ・ゲバラ(92’ カルロス・ビジャ)
MF : カルロス・ラファエル・カスティーヨ(82’ フリアン・プリエゴ)
MF : マルビン・アビラ
MF : フアン・ホセ・カスティーヨ
MF : パブロ・フット(60’ ペドロ・サマヨア)
FW : マリオ・ロドリゲス
DT : ギジェルメ・ファリーニャ


チャロは負傷、パンドは体調不良か何か、
ビデスとタボ・カブレラは第2節でレッド貰っているのでこの試合はお休み。


というわけで中盤のキーマンを2人も失ってしまったロホスは
それでもボールを持っている時間が長かったような気はするけれど、得点はカウンター。
カスティーヨが2人もいてちょっとややこしくなったロホスだけれど、
カルロス・カスティーヨがセンターサークル付近から大きく右サイドのロコへ開き、
ロコがファーポストに走りこんで来るフアン・カスティーヨにクロス、
こっちのカスティーヨがヘッドで合わせて、ロホスが先制したのでありました。
これが68分の出来事。


調子が良さそうだったのはロコとフアン・カスティーヨ。
気になったのは右サイドが死んでること。
ビデスが戻ってきたら違うだろうけれど、
この試合の右SBはハラパから移籍してきたばかりのソロルサノ。
セットプレー以外ではほとんど上がらず、上がったとしてもボールが来ない状態。


で、その右のSHはティティマン・アビラだったのだけれど
この人、目立つ容姿をしているのに、何故か消えている時間が多くて・・・。
大体アビラってSHというよりは中に切り込んでいくタイプだから
そんなこともあって右サイドががら~ん。


3節まで3試合とも90分プレーしてるから、監督は認めてるんでしょう。
身体能力も高いし、いい選手なんだけれど、
この試合、少なくとも私が見た後半に関してはいいところなかったような・・・。
パンドやチャロがいれば、もう少し違っていたのかしらん。


その空いた右サイドの上に時々切り込んでいたのがロコで
その下が新戦力のメキシコ人、ピザ・ハット。じゃなくてパブロ・フット。
P Huttって名前なので、どうしてもピザ・ハットって言いたくなるし・・・。
でそのフットは初先発だったようですが、こちらもまたいいところなし。
まだうまくロホスのサッカーに馴染めていない気配。


一方のレタルテカは相変わらずちょこまかちょこまか良く走るチームだこと・・・。
でも攻撃がロホスの守備を破るシーンは数回あった程度で
昨年の開幕シーズンのような迫力は不在。


同点に追いついたのは83分、FKから。
左サイドにいたシリロに大きく蹴りだし、シリロが折り返してクロス、
セデーニョが高く飛び上がってヘディング!だったのだけれど、
これは明らかなオフサイド。


しかも、線審がオフサイドの合図をしていたにも係わらず
主審のエスパーニャさんがゴールの合図してしまって、
ロホスの選手がわらわらわらわらと主審と線審を取り囲む事態。
まあそりゃ、線審がオフサイドって言ってたら、普通オフサイドでしょ。
選手たちが納得できないのはごもっとも。


しかも、テレビのおじさんたち曰く、クロスを上げたシリロは
「前半で退場していたはず」なんだとか。
ラフプレーでイエロー1枚ゲットし、
その後また後ろから突っ込むタックルがあったけれど
エスパーニャさん、そのまま流しちゃったらしいのですよね・・・。


そんなこんなでロホス的には意味不明な試合になってしまったわけですが、
エスパーニャさんも試合のコントロール失ってしまって
88分にはシリロが2枚目イエローで遂に退場するけれど
今度はロホスのカードもののファウルを見逃してしまったりとかね・・・。
ちょっと残念な試合になってしまったなぁ。


揉めてた時間やらシリロの退場の時間が長かった割には
追加は4分だけで、94分にはきっちり終わったのでありました。
はー。


*タグ/レタルテカ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

第2節 クレマ - ミクトラン、スチ - レタルテカ、マラカテコ - ロホス 

第1節はすっ飛ばしてしまいましたが、
まあそんなこともこれからもあるかも、ってことで
できる時だけguatefutbol.comの記事をベースに、
自分も見た試合については若干付け加えながら書いておこうかと。


記事1つにつきタグが10個までしかつけられないという関係で、
各節2つ位に分かれることになると思いますが、ご容赦。


クレマ 1 – 1 ミクトラン
7月31日15:30、ペンサティーボ(アンティグア)


クレマのホームスタジアムであるセメントス・プログレッソは
現在改修中なんだそうで、使用できず。
代替スタジアムはマテオ・フローレスかと思ったら、
アンティグアのペンサティーボなんだそうです。なんで???


先制はクレマで18分、エドガル・チンチーヤのボールに
トランシト・モンテペケが合わせて1-0。


後半、クレマは追加点を取りにいくものの決めることができず、
逆に82分、フェルナンド・ガロがヘッドで決めて1-1。


というわけで、アンティグアまで出かけたクレマインチャは
第2節にして監督交代を要求することになった・・・・・・という次第。
私も何故にゴンサレスが監督続けているのか良くわからぬ。


スチテペケス 0 – 2 レタルテカ
8月1日11:00 カルロス・サラサール・イホ


コスタ・スール・ダービーだそうです。はいはい・・・。


5分、イゴール・デ・ソウサ(って前サカパにいたっけ)が先制。
その後、レタルテカはリベラ(ってどのリベラ?)が一発退場、
1人少なくなったが故に守備に専念できることともなり、
スチはどうにも得点できず・・・・・・。


最後には93分、ロランド・ブラックバーン(て誰?)がダメ押し点を決めて
0-2とアウェーで貴重な勝利を納めることとなりました。


マラカテコ 3 – 2 ロホス
8月1日12:00, ラス・ガルデニアス(コアテペケ)


マラカテコのホームはマラカタンのサンタ・ルシアなのですが
この試合はコアテペケで行われた模様。


最初に得点したのはマラカテコのカルロス・メルセデス・バスケスで17分。
前半1-0で終わりそうだった45分、
パンドがPKを決めて1-1。
ついでにマラカテコのハミルトン・ロペスがレッドで退場というオマケ付。


後半立ち上がりはロホスが一気に攻撃をしかけ、
65分、パンドが追加点を決めて1-2とロホスの勝ちよね、という雰囲気になったのに。


今度はロホスがハイメ・ビデスとグスタボ・カブレラの両SBを
それぞれイエロー2枚で失い、気がついたら相手より一人少なくなっていたという。
そこへメッチェ・バスケスがこの試合2点目、
91分、ルディー・チャコンが決勝点を叩き込んだという
何やらすごい試合だった模様。


それにしてもメッチェ・・・、Uから出て行った途端、そんなに活躍せんでも。
マラカテコの監督は、以前ハラパを優勝に導いたことのある
エクトル・フリアン・トゥルヒーヨ。
私、この監督好きなんですよね・・・、今シーズンはちょっと楽しみかも。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ミクトラン(クラブ) スチテペケス(クラブ) レタルテカ(クラブ) マラカテコ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

リギージャ決勝 シェラフ - ロホス 

リギージャ決勝 シェラフ - ロホス
5月15日20:00、マリオ・カンポセコ
主審:カルロス・バトレス



好試合を期待したんだけれど、
尻上がりに調子を良くしてきたロホスの一方的な試合展開に。


シェラは守備ミスが目立つし、中盤が効かないし、
ホント、いいところないまま敗戦。
ちと期待ハズレの試合ではありましたが、
最後までシェラを応援していたシェラインチャはやっぱりすごいなぁ。


来シーズンのCCLはロホスとシェラの2チームの参加が決まってます。
ロホスは優勝おめでとう!




  • 20:01  決勝のシェラとロホスの試合、そろそろ開始。いやしかし、まだ夕食中・・・。主審はカルロス・バトレス。テレビ画像が、無茶苦茶悪くて、まともに見られないかも。

  • 20:15  食べ終わった・・・。11分、0-0。シェラが2度3度と惜しいシーンあり。今もさすらいのペペのシュートがちと上にそれてしまいました。

  • 20:20  ロコが抜け出して一対一、ソンブレロでシュート!は大きく外れすぎ。

  • 20:22  18分、ロホスのゴール。またカスティーヨだな。チャロが左からクロス、なぜかノーマークだったカスティーヨ、落ち着いてボールを落とし、狙いすましてゴールっ!

  • 20:23  ざわざわざわざわとするマリオ・カンポセコのスタンド。シェラは最低3ゴールが必要だが・・・。

  • 20:25  スタメン表を見逃した&あまりに映像がひどい、ので誰がどこで何をしているのかが非常にわかりにくいんですけれど・・・。シェラはひょっとして3バック?

  • 20:31  シェラは最初の内、モーヨがうまく攻撃を組み立てていたんだけれど、きっちりマークされるようになってからはロホスペース、に見える。ロホスはもうシンプルにロングボール。カンチェ、裏取られすぎ。

  • 20:32  ロホスのCKで、チャロ?目掛けて空き缶やら何やらが投げ込まれているよ・・・

  • 20:35  スタメンは多分こんな感じ。シェラ:パティゴール、タボ・カブレラ、カンチェ・ロドリゲス、シナイ、ミゲル・フェルナンデス、エスタクイ、ベタンクール、モーヨ・コントレラス、ナッチョ、ガロ、さすらいのペペ。DTオラシオ・コルデーロ。

  • 20:36  ロホス:ペネド、ビデス、ノリエガ、フローレス、ブランコ、ゲバラ、チャロ、カスティーヨ、アビラ、オリバ、ロコ。DT:マヌエル・ケオセヤン。前の試合ではアルビスーリスがいましたが、この試合ではブランコ。

  • 20:38  スタンドから石、それも結構大きな石が投げ込まれたようで、試合が一時中断。シェラ、もっとしっかりせんと、もっとでかいもの投げ込まれるんじゃないか・・・

  • 20:39  シェラのシュートは14本。だけど、枠の中に飛んだの、何本あっただかね

  • 20:42  長い長いFK、パティゴールがボールをキャッチしたと思ったら、上手の手からボールが毀れてしまったよ・・・、幸い何事もなかったけれど。今日の午後、かなり雨が降ったとかいうシェラ。

  • 20:45  中盤勝負はどうやらロホスが勝ってるかな。ベタンクールのパスがどうも繋がらない。ひょっとして皆上に上がりすぎ?

  • 20:46  ロホスのCKシーン、ボールを蹴る選手の後ろに盾を頭にかざした警備員が何人もいて選手をガード。ちと笑えた

  • 20:49  ロホス追加点。オリバか。このカードもう勝負ありだね・・・。ちー、つまらん。

  • 20:51  左サイド、オリバがボールを持ち上がり、シナイをかわして切り込むとシュート、パティゴールがとびつくけれど触れず、後ろから飛び込んできたカブレラが押し込んでしまいましたとさ。OGと言えなくもないが、どっちにしても入っただろ

  • 20:51  そして前半終了。

  • 21:05  画面からはどうしてもわからないんだけれど、シェラ、まだ雨降ってるらしいです。HTの間もブラバンが聞こえるマリオ・カンポセコ。シェラ、もう少し頑張ろうよー

  • 21:06  2部の準決勝、サカチスパスとコバンの試合も20時開始。前半終わって0-0だそうです。

  • 21:07  コスタリカはサプリッサが2試合合計7-2でサンカルロスに圧勝の優勝。ウチとこもそんな感じになりそうかもー

  • 21:08  後半開始。交代は今のところなし。

  • 21:09  あ、もう、タボ!エリア付近でビデスにボール奪われてどーするっ!交代交代!!

  • 21:15  テレビの画像が少しまともになった。さっきまで音声も聞けたものじゃなかったのでラジオで聞いていたのですが、テレビに切り替え。ラジオの方が解説はおもしろいんだけど、CM多すぎて疲れる。

  • 21:16  と思ったらまた雑音が入り始めて画像も悪くなった。黒い太い線が縦に入ってるんですけど・・・。シェラとシティの間のどこかで雷雨があるのではないかしら

  • 21:19  オラシオさん、いい加減動かないといかんのでは・・・。交代候補はガロとベタンクール。あと一人はタボで宜しい。

  • 21:22  シェラ最初の交代はシナイが下がって、シャカシャカ・エスピノサ。今度こそ3バック。カンチェとタボとフェルナンデスではかなり不安だが、この際贅沢は言ってられない

  • 21:25  シェラ、2人目の交代。ガロがサヨナラで入ったのがグレゴリー・ルイス。

  • 21:28  コントレラス、何とかボールを入れようとするんだけれど、受けてくれる人がいない・・・。シェラって今シーズン、ずっとこんな試合をしてたんだろうか。ガロとかペペとか、それほど動かない人たちだし、コントレラスとベタンクールが走り回るが、この2人マークされたらお終いじゃん

  • 21:37  残り20分弱。シェラは5ゴールしないといけない。4分に1ゴール、できるかな

  • 21:39  ロホス最初の交代。ピン・プラタが入ってオリバがアウト。

  • 21:44  残り10分。まだ帰らないシェラの人たち。せめて2点くらい返そうよ~

  • 21:47  見逃したけど、モーヨ、2枚目イエローでサヨナラですか。その後のFKからピンがまたゴールして、あらあらあら。試合は3-0、合計で6-1。シェラは7点必要也。

  • 21:49  シェラはいい選手いるのに監督がやっぱりなー、と思ってしまう私。オラシオさんの続投はないだろ。来期はも少しマシなチームにしてほしいぞ

  • 21:51  ロホスは余裕で2人交代。クロッサとパラグア・ゴンサレスが入って、アビラとカスティーヨがアウト。

  • 21:54  テレビのおじさんが、シェラで一番いいのはナッチョと言ってるけど、これは同感。献身的に走るし、惜しいシュートもいくつかあったしね。

  • 21:54  90分満了。追加は3分。

  • 21:56  シェラは交代枠残してるけど、そのままかな。スタンド、帰る人が見えるようになりました

  • 21:57  92分、シェラのゴール、かと思ったらルイスのミドルはほんのちょびっとポストの外。呪われてるなー、と思ったらロコのシュートはどうしてこんなに簡単に決まるのだ。0-4になっちゃったよ。

  • 21:58  そして試合終了。この試合は0-4、2試合合計で7-1。ロホスは2連覇おめでとう。

  • 21:59  さすらいのペペがインタを受けてます。「シェラのファンには感謝してる」。来シーズンはサントスに移籍が決まっているペペなのでした。

  • 22:02  シェラインチャ、まだ旗振って歌歌ってない?偉いなぁホント、尊敬する。

  • 22:07  ロホスは28回目の優勝だそうです。CCLはグアテマラ1がロホス、グアテマラ2がシェラフに決定。プラタは来シーズンもプレーするのかなぁ

  • 22:16  ペネドが「勝利の秘訣は?」と聞かれて「監督が代わったこと」と言ってた。シーズン途中でケオセヤンになった時はどうなるかと思ったけど、後半びっくりするくらい調子が上がってきたもんなぁ。納得。

  • 22:17  ロホスのメンバーがメダルもらって、カップを渡してもらうところ、なう。

  • 22:18  チャロがカップを掲げて、おめでとー。それとは全く無関係に相変わらず歌ってるシェラフインチャ強し。


Powered by twtr2src.


*タグ/シェラフ(クラブ) ムニシパル(クラブ)

リギージャ ロホス - シェラフ 

リギージャ決勝 ロホス - シェラフ (1st. leg)
5月13日20:00 マテオ・フローレス
主審:ワルテル・ロペス



好調2チームの決勝、と楽しみにしていたのですが
思いがけず一方的な展開になった試合でした。


ロホスはキレキレのロコが素晴らしい。
閉幕はかなりの間怪我で棒にふってしまったけれど
休養できた分、勢いもスピードもあるし、粘りもでてきていて
どのチームもロコを止めるのに一苦労。
シェラも例外ではなくて、レアル、カンチェ、シナイ、カブレラのいずれもがてんてこ舞い。
あれ、ロホスってこんなにいいチームだったっけ・・・。


3-0となってシェラはもう厳しいかな、と思った終了間際、
シェラはFKから1点をゲット、2点差として試合終了。


第2戦はシェラホーム。2点差であればロホスは守ってくるでしょうね。
最近危ないシーンの多かったロホスDFですが、
今日の試合はフローレスが危機をうまく回避していて
久しぶりにペネドに仕事らしい仕事のない試合となってしまいましたが、
多分今日のようなゲーム運びにはならないだろうし。


どんな展開になるのか、2戦目が楽しみ~。




  • 19:50  閉幕シーズンの決勝戦ファーストレグ、ロホス対シェラフの試合があと10分ほどで始まります。グアテマラシティーは雨降りそうだけれど降らない曇り空。気温は23度。主審はワルテル・ロペス。

  • 20:02  スタメン:ロホス GKペネド、DFビデス、フローレス、ノリエガ、アルビスーリス、MFゲバラ、チャロ、カスティーヨ、アビラ、FWオリバ、ロコ。DTマヌエル・ケオセヤン

  • 20:04  シェラフ:GKパティゴール、DFカブレラ、シナイ、カンチェ・ロドリゲス、フェルナンデス、MFエスタクイ、レアル、ベタンクール、コントレラス、FWグレゴリー・ルイス、さすらいのペペ。DTオラシオ・コルデーロ

  • 20:08  シェラフボールでキックオフ。シェラはガロもナッチョもスタメンから外れ、かわりにルイス。ちょっとびっくりだけど、ルイスの方がスピードはあるのでその辺が狙いかなぁ・・・

  • 20:13  ロホスは今のところアビラとロコがFW担当、オリバが少し下がり目。アビラの起用はびっくりだけど、クロッサの怪我がすっきり治りきらなかったらしい。クロッサ、ベンチには入ってます。

  • 20:21  序盤から激しい攻防。というか、DF効いてないんじゃ、というか。シェラ応援団はにゃんと!5000人位来てるらしいです。さすが。

  • 20:22  ロホスはカスティーヨが左サイドからクロスを入れるシーンが度々。そのクロスがカブレラの腕にばしっ!と当たったけれど、ノーファウル。まあ、あれはワザとじゃないわな。伸ばした手の方にボールが当たってきたんだから。

  • 20:24  ロホスもシェラもホームユニは赤なので、スタンドはどっちを向いても真っ赤っ赤。ちらっと見ただけじゃ、どっちのファンかわからないんですけど。

  • 20:30  最近のロホスは中盤でのチェックが良くなってて、中盤で勝つシーンが目立つ気が。調子の良くなかった頃は中盤を支配できなくてボロボロだったわけで、あの頃から良く立て直したなぁ、と言うか、ロコが入ると中盤しまるのね、と言うか。

  • 20:32  どっちも良いけど、シェラの方がシュートまで行くこと多し。カスティーヨのシュートはパティゴールの急所を直撃した模様。かあいそ、だけどちゃんとボールはストップ。パティゴールの治療?の間に第4審判が主審に何か告げ口しに行きました。

  • 20:37  シェラインチャ、どう考えても5000人も来るわけないよな・・・。多分500人くらい。バス11台で乗り込んできたという話なりけり。

  • 20:44  そ言えばCCLの出場クラブは、閉幕の優勝がどちらになったとしても、ロホスとシェラで既に決定。ロホスは開幕チャンピオンなので既に出場権有。シェラは通年で最多勝点をゲットしているので、閉幕チャンピオンがロホスになっても出場権をゲットするという仕組み。

  • 20:45  シェラはLSBがミルトン・レアル、ミゲル・フェルナンデスはSHでプレーしてますね。フレディ・サンティアゴが怪我で不在なのはシェラにはちと痛い。

  • 20:51  ロホスのゴール!右サイドからロコが切り込み、ゴールライン際からマイナスにクロス、レアルが飛び込むけれどクリアーできず、パティゴールが触るけれど押さえられず、カスティーヨが蹴り込んでロホスが先制。カスティーヨって、ハラパ時代から大切な試合でゴールを決める印象があるな~

  • 20:54  でも、お手柄はやっぱりロコですかね。シェラフDFがきりきり舞い、レアルではやっぱりちと不安かも。

  • 20:55  1-0にて前半終了。


  • 21:12  後半開始なう。

  • 21:21  シェラはナッチョが入る模様。下がるのはルイスかな

  • 21:23  ロホスエリア内でコントレラスの蹴ったボールがチェホの腕に。前半のカブレラのよりはも少しファウルくさいけど・・・、ま、ファウルじゃないでしょ。そうは言っても大きく頭を抱えるオラシオさん。ナッチョが入ってルイスが下がりました。

  • 21:29  さすらいのペペにイエロー。ペネドとの接触プレー、ボールを追いかけて顔をけりましたか。珍しく怒って審判にクレームするペネド。

  • 21:32  ロホス追加点。すげーーーーーー久しぶりに得点したのではないかな、アビラ。

  • 21:33  起点はまたしてもロコ、右サイドからのクロスをシナイがクリアーしきれず、目の前にいたアビラが押し込みましたとさ。この試合はもう決まりかな・・・

  • 21:34  今度はカブレラがロコを倒してPKゲット。あ、ほんとロコ様さまなロホス・・・

  • 21:36  普段はチャロだけど、今日はロコがPK蹴ります。ずばりと決まった!と思ったらポストの外でしたね・・・。ロコってシュート下手なんだよな、やっぱり。

  • 21:38  シェラは2人目の交代、シャカシャカ・エスピノサが入って、今日は見せ場のなかったミゲリート・フェルナンデスがアウト。

  • 21:40  スタンドで観客が揉めてるみたい。怪我人が出たとか何だとか。そういうのは止めようよ~。シェラがいい位置でFKゲット。エスタクイが下がって、セルヒオの方のフクップが入ります。

  • 21:41  ベタンクールが蹴るかと思ったけど、モーヨ・コントレラスが直接狙う。ボールは大きくはずれて、わーっと沸くスタジアム。ええええー。プラタが入るらしいです。引退試合なのか、ひょっとしてこれ。

  • 21:43  オリバが下がってピン・プラタ。ロホスのインチャは大喜び。プラタ、プレーするのいつ以来なんでしょ。

  • 21:48  ビデスのクロスがそのまま入りそうになったけど、カブレラがヘッドで間一髪クリアー。防戦一方になりつつあるシェラ。でもスチはホームで2点リードしても勝ち抜けなかったわけだし、2-0ならホームで何とかできるという気持ちもあるかも

  • 21:50  ロホス2人目の交代。アビラが下がってフィゲロア。久しぶりに良いアビラを見た気がw

  • 21:54  う、うーーー。シェラのOGかと思ったけど、入ってなかったのかなー。リプレイを待つか・・・

  • 21:55  ロホス3点目はやっぱりこの人。プラタです。相手エリア付近でぽん、ぽんとパスを回し、最後はプラタがダイビングヘッド。やー、さっきのOGのこととか、もうどうでもいいなー。

  • 21:57  にしてもリギージャに入ってからのロホスって、リーグ戦期間とは見違えるほどにいいチームになったなー。ロコ効果だけではない気が。一体何が変わったのか、とっても気になる

  • 21:58  カスティーヨが下がってジョニー・ヒロンが入りました。時間は既に90分。

  • 22:00  うあー。シェラのゴールだ。いい位置のFKだったけど、まさか入ると思わんだよ・・・。右サイドからベタンクールが蹴り、押し込んだのはモーヨ・・・?

  • 22:00  そして試合終了。3-1でロホスの勝ち。最後の1点でシェラフは生き延びたね・・・

  • 22:01  ベタンクールのFK、直接入ってますか。スローで見ると誰も触ってなかったかも。プラタがインタ受けてますが、涙ぐんでますね。背景の赤いボードとプラタの顔の色が一緒なんですけどw

  • 22:04  シェラのフリオ・エスタクイ「ロホスは速い、ロコとかカスティーヨとか、速くて大変だった」。さすらいのペペ「パティはボール拾ったけど、毀れ球には相手の方が早かった。ロホスは強敵だけど、スチの時のように逆転できると信じている」。お。やっぱりシェラフのインチャ5000人来てるんだそうです

  • 22:06  セカンドレグは15日20時からマリオ・カンポセコで。2シーズン制になって以降、首都のチームがグアテマラシティー以外のスタジアムで優勝を決めたことはないんだとか。さてシェラ、逆転できるか。

  • 22:07  MOMはロコ。次点はフローレスかな。珍しくペネドが活躍しなかった試合でありました。

  • 22:11  さっきのOG?シーンがやっとリプレイでました。ロホスのシュート、ライン上でカンチェが後ろ向きにクリアーしようとしたけれど、しきれずに真上に上がって落ちたところはライン外。カンチェの足に当たった次点で既に入っていたようにも見え、入っていないようにも見え・・・。

  • 22:11  小さいカメラでいいからゴールラインのところにカメラ固定しておいてくれないかなー。横から見ないとわかんないもんね。

  • 22:17  スタジアムに行った人の写真発見。南側パルコから撮ってますね RT @camilaca03: Hoy si reventaba el estadio!!! http://twitpic.com/1nl76f


Powered by twtr2src.


*タグ/ムニシパル(クラブ) シェラフ(クラブ)

リギージャ 第252回クラシコ 

第252回クラシコ (リギージャ準決勝、2nd. leg)
5月8日16:00 セメントス・プログレッソ
主審:フアン・カルロス・ゲーラ



ファーストレグは2-1で終わったこのカード、
クレマはどうしても先制点を取りたかったはずなのですが
ロコを止めようとしたカストリーヨがPKを取られて先制され苦しい立ち上がり。


それでも頑張って頑張って頑張って、55分に何とか1点入れて同点としたものの
ペネドの獅子奮迅の活躍の前にあと1点がどうしても届かず、敗退。
開幕は決勝でロホスに敗れ、閉幕は準決勝でロホスに破れ。
クレマファンとしては何ともやるせないシーズンとなったのではないかしら。




  • 15:58  第252回紅白蹴球合戦、別名クラシコ、クレマホームで間もなく開始。リギージャの準決勝セカンドレグになります。ファーストレグは2-1でロホスが勝利。

  • 16:02  気温は26度のグアテマラシティー。我が家付近は時折強い風がびゅーっと吹いているけれど、試合があるのはシティーの反対側にあるセメントス・プログレッソ。主審はフアン・カルロス・ゲーラ。

  • 16:03  試合開始。

  • 16:07  先発メンバー:クレマ:ゲーラ、カストリーヨ、ディアス、ガヤルド、ラファ・モラレス、ブラッドリー、トンプソン、アレオラ、トリゲーロス、モンテペケ、ロロ・フォンセカ

  • 16:08  ロホス:ペネド、ビデス、ノリエガ、フローレス、ブランコ、ゲバラ、チャロ、フィゲロア、カスティーヨ、アビラ、ロコ。カルロス・ゴンサレスとマルティン・クロッサは前の試合で負傷で試合に出られず。

  • 16:12  1点ビハインドのクレマの方が押し気味な序盤。だけどカストリーヨは試合開始2分でもうカードもらってたりするけど。

  • 16:20  16分。ロロのゴールかいなと思ったけれど、わずかにポストの外。

  • 16:23  19分、ロホスにPK。カストリーヨがロコを倒したというのだが・・・、カストリーヨはボールに行っておりますがな。蹴るのはチャロ。

  • 16:24  チャロ、コロコロコロと右隅に流してゴール。1-0でロホスが決勝に近づく。

  • 16:51  前半終了。最後の最後にクレマのシュートがあったけれど、これもわずかにポスト外。んなわけで0-1でロホスがリード。

  • 17:08  後半始まりました。クレマは前半ミスの目だったトリゲーロスを下げてタンケ・ペッサロッシ。怪我で閉幕ほとんど棒にふってしまったタンケ、救い主になれるかな~

  • 17:09  47分、前半派手に削られたビデス、やっぱりダメみたい。交代です。入るのはマニア・アルビスーリス。

  • 17:12  アレオラのシュートはクロスバーに当たって外へ。クレマは最低2点必要なんだけれど、さてー。

  • 17:18  55分、クレマに待望のゴール。ロホスエリア内でボールが毀れたところを押し込んだのはアレオラですか。泥臭かろうが何だろうが、押し込んだものの勝ち。ノリエガがクリアーしようとしたけどアレオラが拾っちゃったのか。

  • 17:20  57分、どフリーで撃ったアビラのシュートは当たり損ね。ゲーラが楽々キャッチ。アビラって、対メキシコ戦くらいしか役に立たない気が・・・

  • 17:28  前半は中盤で膠着する、見ててちと退屈な試合だったのだけれど、後半は双方撃ち合いの楽しい試合になってきました。クレマはアレオラ、ロホスはロコがいい感じ

  • 17:29  ラファ・モラレスがガリガリと削られて負傷退場。てか、自分でケンケンしてゴール裏にばったり。代わりにブライアン・オルドーニェスが入ります。

  • 17:31  チャロに回し蹴りしたガヤルドにイエロー。カードはここまでクレマが4、ロホスが3。

  • 17:32  70分、ブラッドリーのジャストミートシュート、ペネドが手を伸ばして外へ。ペネド、大当たり~

  • 17:34  72分、ロホス選手交代。フィゲロアを下げてマヌエル・レオン。守備固めなり。

  • 17:35  72分、ジョニー・フローレスにイエロー。クレマ押せ押せだけど、さてさて。クレマはチンチーヤを入れてモンテペケがアウト。ええええーーーーー

  • 17:48  残り5分。クレマが1点入れれば延長だけれど、押しながらも得点できない苦しすぎる展開。ロロはしっかりマークされててなかなかお仕事させてもらえないし、タンケはどこにいるんだんけ(ちと苦しい)

  • 17:52  90分、ロホス最後の交代。ヒロンが入ってアビラが下がる。どうやらこのまま逃げ切りかなー

  • 17:55  試合終了。1-1、総合3-2でロホスが決勝進出。MOMはペネドだろ、この試合。もう一試合のシェラースチは今晩20時開始です。クレマは残念。来シーズン頑張ってちょ。

Powered by twtr2src.



*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) ムニシパル(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。