スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.5 

どうも最近ニュース系ネタが書けないでいるのですが、ここは3つほど。

icon-flower-wineredマルビン・アビラ、中国へ

去年の11月だか12月のことでしたかねぇ、
ネーションズカップの直前だったと思いますが
代表に招集されたアビラ、練習を無断ですっぽかしたことがありました。
その罰として、1年間グアテマラ国内でのプレーの禁止と
代表からの永久追放が決まってしまい、
アビラにとってもグアテマラにとってもどうよ!?な気がするのですが、
それはともかく。


プレーできないアビラを置いとくなんて贅沢はできないロホス、
探し出した移籍先は中国は西安市。
スーパーリーグに所属する陝西宝栄滻灞足球倶楽部(せんせい-ほうえい-さんは-)、
えーーーと、ローマ字表記はShaanxi Zhongxin Chanbaらしいです。
どちらにしても読めないですが。


いやそれにしても、アビラが中国語をしゃべる様子が想像できない。
まだ小さい赤ちゃんはグアテマラに置いての単身赴任かな。


さて、中国と言えばマルビン・アビラの表記が一体どうなるのかが気になる。
で見つけたんですけれど、ここで再現できないような気がするので
クラブのオフィシャルサイトのマルビンのところをリンク。


最初の3文字で「マルビン」なんだと思うわけですが・・・、
最初の字はの略字かな。
2文字目はちょっとピンとこないんですが、
3文字目はビン


背番号は24番のようですね。
それにしても国籍:危地馬拉って・・・。
いや、こう書くとは聞いていたんですが、
馬も拉致される、いや、馬で拉致されるのか、
どっちでもいいですけれど、危地って表記は辞めて欲しいなぁ~。
グアテマラの治安が悪いのはきっとこの中国の当て字のせいだ!
(ちなみにグアテマラと国交のある台湾は別の字を使っていますが、
 確か最初の文字がだったような記憶が。どっちもどっち)


すっかり話が迷路に入ってしまいましたが、
迷路ついでにオフィシャルサイトをGoogleの翻訳機能で訳してみました


うーーんこれって、サッカーじゃなくてODAの話だったのか・・・。
文中出てくるモルヴァンてのがマルビンのことのようです。
タイトルは意味不明ですけれど、


また注目は、外国の援助を大幅に上昇しているとしている状態モルヴァン2倍の価値がある


そっか~、モルヴァンじゃなくてマルビン、2倍の価値があるのか。
良かった良かった。
しっかり頑張って、中国の人から愛されるような選手になっておくれよ。


icon-flower-wineredロコは結局どこにも貰ってもらえず

2月でしたか、韓国のチュンナム・ドラゴンズでトライアルを受けてきたロコ、
結局先方のお眼がねに叶わず帰国。
その後、今度は中国の、えーーーっと、早い話がアビラと一緒にトライアル、
という話で二人で西安入り。


しかし残念ながら、先方の予算では2人も雇えない、
ここはマルビンだけでいいよ~、という丁重なお断りを受けて
熨斗つけて帰ってきました、ロコ。髪も伸びてたけれど。


てなわけで、3月末からまたロホスにてプレーをしております。
ちょっと残念ではあるけれど、
ロホスにとっては結果的に良かったのかも。


icon-flower-wineredパッパ、好調

国外のクラブへ何とか移籍しても
その後スタメンを獲得するどころか、プレーするチャンスすら得られない選手とか、
プレーしてもチームは負け続け、みたいな選手が多いグアテマラ人たち。


その中で、チームの快進撃の立役者となっているのが
シカゴ・ファイヤーズのマルコ・パッパ。


昨シーズンはスタメンに定着できず、
シーズン開幕前の目標はスタメン定着だったようだけれど、
蓋を開けてみるとMLSの第4節まですべての試合に先発、
2ゴール2アシストと、ちょっと目を見張るような結果を出しております。


シカゴは2勝2分、東地区の首位に立っており、
幸先の良い出だし。
パッパにしても代表戦がない分クラブに集中できるという強みもあるし、
この調子でシーズンオフまで乗り切れますように・・・。


タグ/マルビン・アビラ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) マルコ・パッパ(選手)

スポンサーサイト

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.89 

violetシナバフルのごたごた

シナバフル、一体どうしちゃったんでしょ???
先日も書いた通り、マルロン・イバン・レオンは解雇。後任は未定。


加えて、選手たちには9月分のお給料50%カット、って通告したそうです。
そんな無茶苦茶な・・・。


会社員が、お給料の遅配を訴えてストをした。
会社側は「わかった、ちゃんと払う」と言って、
数日遅れで支給。
でもこのお給料は15%カットされていた。


それに怒った社員たちが、大事なイベントをすっぽかしたら
今度は50%カットになった。って話ですか・・・。


そりゃあいくらなんでもひどすぎる。
クラブの内規がどうなのかしらんけれど、
労働法に違反してるんと違うのかね???


折角いい感じでいたのに、これじゃあ選手もやる気でないよね。
選手はクラブの財産ってこと、わかってないのかなぁ???


violetフラード監督更迭

こちらはCCLでの不甲斐ない敗戦を受けて、更迭が決定。
後任はエクトル・フリアン・トゥルヒーヨ。
トゥルヒーヨって、フリオ・セサル・ゴンサレスが監督してた時に
アシスタントコーチをしてた人だったりします。
というわけで、ゴンサレス風に戻るってことか。

同時に、選手が3人ばかりクビになるという噂が・・・。
オスカル・イサウラの名前が取りざたされているようですが
実際のところは不明。


violetパッパへのインタビュー(動画)

MLSnet.comにパッパへのインタがアップされてます。
パッパはまだ英語でしゃべるのは無理か・・・。英語字幕付です。
El Chapín de Chicago


「スタジアムにたくさん観客がいて、やる気が出る。
 中には試合なんか全然見もしないで、後ろを向いて応援してくれる人までいて・・・」
あ、そりゃそうだ。
グアテマラでのサッカーって、地方の小さいスタジアムとか
クラシコならそこそこ満員になるけれど、
シカゴの試合って、クアウテモク・ブランコがいることもあって
観客増えてるみたいだしね。
「試合も見ないで・・・」っての、なるほどなー。
サッカーでも応援も文化なんだねぇ~。


violetメキシコに行ったクレマは

誰もがW杯予選に注目している6日の土曜日に、
サントス・ラグーナの創立25周年の記念試合をして、2-1で敗戦。
ま、こんな試合に勝っちゃいけませんよね?


サントスの得点はアンドニー・エルナンデス(21分)と
オリベ・ペラルタ(70分)、
クレマの得点はエルメル・ポンシアーノ(82分)。
はあ、エルメル・ポンシアーノかね。
今シーズンはまだプレーしてなかったような気がするけれど、
案外調子良いのかも。


一応クレマはこんな顔ぶれだった模様。
GK: クリスティアン・アルバレス、
DF: エルウィン・モラレス、アルバロ・ヒメネス(56’ エドウィン・エンリケス)、イーベルトン・パエス、エルメル・ポンシアーノ
MF: リゴベルト・ゴメス(46’ エドガル・コット)、ルイス・ブラッドリー、フアン・ホセ・プラド(46’ エクトル・デ・マタ)、マヌエル・ソト(46’ マルコ・シアニ)
FW: アドリアン・アペラニス(70’ ジミー・ベニート)、ロランド・フォンセカ(74’ トランシト・モンテペケ)
久しぶりにチューラ・ゴメスがプレーしてます。
やっとケガも良くなって来たようで、良かった良かった。


violet元クレマのリカルド・ヘレスは

ペニャロールのトライアウトはダメだったけれど、
ウルグアイの2部、レンティスタスに拾ってもらったそうです。
Últimas Novedades


レンティスタスって、ビチェーロスってニックネーム???
ビッチョス(虫)みたいなもんなんだろうか・・・、
リカちゃんはビッチョって言うにはちょっとでかすぎな気がするけれど。


えー、とりあえず、モンテビデオにあるクラブです。
正GKとしてプレーできるようだといいけれど。頑張れリカちゃん。


*タグ/シナバフル(クラブ) イバン・レオン親分 ハラパ(クラブ) カルロス・フラード親分 エクトル・トゥルヒーヨ親分 マルコ・パッパ(選手) コムニカシオーネス(クラブ) リカルド・ヘレス(選手)

続きを読む

マルコ少年、再び語る 

グアテマラサッカーのニューヒーローとなりつつあるマルコ・パッパに
La Redが電話インタビューしております。
Entrevista exclusiva con Marco Pappa

あまりの大喜びぶりが可愛らしいので、全文公開。





マルコ、シカゴはどうだい?
ここにいられるってことが夢みたいだよ。
こんなに早く何もかも片付くなんて、全然思わなかったし。
俺の人生の中でも、まったく予想もしなかったことがいろいろ起きてて。
でもまだたくさんやりたいことはあるし、これはそのための第一歩だからね。
もっともっと成長したいし、そのためにもここにいられることが有難いね。


ビザの取得まで超速かったんだって?
そうなんだよ。
チームメイトからは手続きには2ヶ月くらいかかるって聞いてたんだけど、
俺の場合は1週間半だった。
出発の前に神様の手に全てをまかせようって決めたんだけれど
俺を助けてくれてることは間違いないね。


マルコ、イギリスのエヴァートン戦でデビューするなんて予想してたかい?
全然。ロッカールームに入って、
監督が試合前の指示に使うボードに
俺の名前のイニシャルが書かれてるのを見てたまげたよ。
チームメイトさえ、M.Pって誰のことか知らなかったくらいだし。
右サイドでプレーして、すごく気持ちが良かった。


それからチバスとのデビュー戦は?
やっぱりびっくりさ。
ピッチにはワクワクしながら入った。
25000~30000人くらいの観客が来ていたんじゃないかな。
俺のデビュー戦はすっごく良かったと思う。
チームメイトが俺が皆に馴染めるようにしてくれて、ものすごく助かった。


マルコがチームに加わってから、負けなしだよね。
そうなんだよ。すごいよね。
ずーっと夢見ていたし、それが実現しているんだから。
これからもどんどんもっと良くなって行きたい。
前にも言った通り、まだまだ成長続けていたいしね。


シカゴでは右、それとも左?
どっちもやるよ。エヴァートン戦では右サイドをやるように指示された。
チバス戦は左。
監督からは、常にサイドを交代しろって言われてて、
ありがたいことに、今までのところ問題ないよ。
今までもずーっとそういう風にプレーしてきてたからね。


話は代わるけど、代表に選ばれたことは君にとっても大切なことかな?
もちろん。
ありがたいことに、サッカー選手なら誰もが夢見ることが叶いつつあるんだ。
選ばれて嬉しいよ。数ヶ月前までは予想もしなかった。
いやホント、嬉しい。


クラブからはグアテマラに来る許可をもらったのかい。
うん、代表監督が希望しているように、8月15日に着くことはできないんだけれど。
でも、チームのために一生懸命やりたいね。
90分のうち1分しかプレーできなくたって構わない。
心に国旗を感じて、勝つために俺も何かしたい、それだけだよ。





アメリカって、サッカー人気ないとか言われながらも
たくさんの人がスタンドに足を運ぶんですねぇ。
シカゴの場合はブランコさん人気ってのも大きいみたいですが。


グアテマラでは、ロホスとクレマのクラシコでも2万人ちょっとがいいところ。
大体3万人入るスタジアムなんてないじゃん!
加えて最近はロホスホームの試合って、1000人も人が来るかどうかって感じで
ロホス、今シーズンは主催ゲーム2試合とも赤字ですよ、今のところ。


サッカーが国技と言われながら誰もスタジアムに足を運ばないグアテマラと
サッカーなんて人気ないのにスタジアムがかなり一杯になるアメリカ。
家族連れでサッカー観戦を楽しめる、
健全な雰囲気があるのが羨ましいですよねぇ。


そりゃあマルコ少年(?)だって張り切るわけだわさ。
ロホスでの昨シーズン、LNFデビューしてゴールも決めたとは言え、
おじさんたちのロホスにマルコ少年の居場所はなく。
そういう苦いシーズンを過ごしたマルコ少年でしたが、
今年は大きく羽ばたける年になるといいね。頑張って。


*タグ/マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

パッパのMLSデビュー戦あれこれ 

デビューしたのはいいけれど、
パッパ、一体どうだったんだろう?
この試合、こっちでは放送もなかったしね~、
と心配でたまらないおばさんは、ちょっくら探してみました。


まず、消防士さんたちの公式サイト。
Chicado Fire(スペイン語)


おお、いきなりパッパの名前が。
それも「グアテマラ人マルコ・パッパの見事なデビュー」って!
得点したのはその次に名前が出ているパトリック・ンヤルコなんですが、
そっか、パッパ、頑張ったんだな(嬉


おまけに、ネットでの投票によるMOMは、
そのンヤルコをかろうじてかわしてパッパが1位ですよ~、今のところ。




でも、これ、公式サイトだしね。
それ以外には何かないかな~、と探したら、こんなのがありました。
ChicagoSports.com(英語)


コラムニスタなのかブロガーなのかよくわかりませんが、
ルイス・アロヤベという人のチバス戦雑感。
嬉しかったので、パッパについて書いたところ全文コピペします。


2. How does "Big" Pappa not get tired?
Marco Pappa runs all over the field and doesn't seem to burn out. That might be the best proof that he really is 20-years old. Denis Hamlett said he gave Pappa and Justin Mapp the freedom to flip sides during the match, which is why you saw Pappa on the left and right. "I like the right more but can work from both sides," Pappa said. By the way, how about that Cristiano Ronaldo-esque pass Pappa delivered to Nyarko just before halftime?


クリスティアーノ・ロナウドばりのパスって、
いやあ~、それほどでも(って私が照れてどうする)


その後のコメントにも好意的なものが多くて
(ひょっとして、皆グアテマラ人が書き込んでるとか・・・?)、
おばさんは嬉しいっ!


好スタートを切れたパッパ、順調に伸びてくれるといいなぁ~。


【追記】
あ、も一つパッパネタがあったのを忘れてました。
La Redがパッパにインタビューしております。
La Red/Platica Exclusiva con Marco Pappa

それによると、パッパ、もう消防士さんたちの一員として快適な日々だと。
「どうしてこんなことになるのか知ってるのは神様だけだけど、
 俺には文句なしだよ。
 プレーするチャンスももらってるし、この機会を逃す手はないよね。
 段々、俺の得意なこともやらせてもらってるし、
 監督からもチームの皆からも信頼されてるし」

「クアウテモク・ブランコは、素晴らしい人だと思う。
 おしゃべりで、冗談ばかり言ってるけれど。
 ブランコは俺が自信を持ってゲームに集中できるよう手助けしてくれたよ」

「土曜日、先発って言われて、正直びっくりした。
 期待してなかったからね。
 シカゴへはポジションを勝ち取るために来たんあdし、
 最初っからそんなチャンスがあってありがたいよ。
 後はもっと努力して、もっと監督の信頼を得られるようにするだけさ」。


*タグ/マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

パッパ、公式戦デビュー 

USACの試合を見て、家に帰って来たのが6時半頃。
しばらく休んだ後、そいえば今日、
消防士さんチーム(ってシカゴ・ファイヤーのことですよ)
チバスUSA相手に試合あるんじゃなかったけ?
と思いまして消防士さんたちのサイトをチェック。


マルコ・パッパ、この試合に招集されていたんですよね。
それで元気にベンチ入りでもしているかと思ったら。
え、え、え~、何と先発してるじゃあありませんか。
パッパ、あっという間に公式戦デビューです。


おまけにCKも蹴らせてもらってるみたいで・・・、
いやいやいやいや、おばさんはただひたすらびっくりだよ。
シュートもしてみたり、ファウルもしてみたり、
イエローカードまでもらってみたりしたようで、
73分には交代で引っ込んでおります。
ちなみに試合は1-0で消防士さんチームの勝ち。


この試合はブランコさんともう一人が累積で出られなくて
そのせいもあってパッパが出してもらえたようですが、
それでも大事な公式戦。
期待されているのだなぁ、という感じ。
ま、でも、大変なのはこれからなのかも。頑張ってね~!


*タグ/マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

海外移籍選手たちのプレシーズンも開幕 

こんなにまとめて海外でプレーする選手がいるのはひょっとして初?
それも若い選手たちばかり。
なのでそれぞれの近況などなど。


violetモーヨの巻

アルセナルは日本でガンバとやって勝ってきましたが、
お留守番組のコントレラス、どうやらまだホテル暮らしらしいです。
アルゼンチンの寒さに震え上がり、まずは洋服を買いに行ったようですが。


数日前、インタビュー記事が新聞に出ていたのですが、
「アルゼンチンでプレーするようになるなんて想像したことがあったかい?」と聞かれて
「ミゲル・ブリンディシがクレマの監督だった時、
 そのうちアルゼンチンでプレーするようになるぞ、って言われて
 単なる冗談だと思ってたんだけれど・・・」と応えてたのがおもしろい。


現在の代理人、ホルヘ・システルピレルとの出会いについては、
「五輪予選を見て、向こうから自分の契約について尋ねてきた。
 その時はまだ2年契約があったんだけれど、
 3ヶ月の給料未払いに我慢できなくて、解約してもらった。
 お陰でその後の交渉が楽になったんだよね」
我慢ができなかったんじゃなくて、渡りに船、ってやつだったのかい。


アルゼンチンサッカーについては:
「グアテマラより全然上だし、全く違う。
 クレマは練習用のグラウンドもなかったし・・・、
 アルセナルはビッグクラブじゃないけれど、施設はとてもきれいだ。」

「ここは競争も激しいけれど、ポジションを獲得しないとね。
 グアテマラの遅いサッカーにいたから、難しいとは思うけれど、
 きちんと練習を積んでいけば、遠からずチャンスもやってくるだろうし」


将来について:
「アルゼンチンで成功したい。
 もちろん、選手なら皆、
 ヨーロッパでプレーできるようになりたいと思ってるわけだけれど。
 でもこの次はボカでプレーしたいな」

リケルメとポジション争いだね?と言われて:
「(笑)うん、難しいよね」。


監督以下が帰国して、いざこれから、ってところでしょうかね、モーヨの場合は。


Prensa Libre


violetパッパの巻

シカゴ入りして1週間も経たないうちにトップチームでプレーさせてもらったパッパ。
モーヨと違って、言葉の端々に初々しさが伺えるかも。


「オレ、ここが気に入った。
 チームにもなじめたし、特にラテンの選手たちは親切だし。
 チームのプランの中にいるってことが大切だよね」。
 ロホスでは主力としては扱ってもらえなかったしね、パッパ。
そりゃあ嬉しかろう。


パッパ、当初はリザーブチームで慣らしていく、
という話だったんだけれど、30日の朝いきなり、
「パッパ、オマエ、トップチームでプレーしろ。
 それから今日のエヴァートンとの親善、先発やで」
とハムレット監督に言われて
「to be or not to be…」
などとつぶやいたかどうかは知りませぬが、
舞い上がったのは事実みたいです。


「試合の前オマエ先発や、って言ったんやけど
 全然信じとらんかったな」
とハムレット親分。
いや、ひょっとしてパッパちゃん、英語がわからなかっただけでは・・・。


「ピッチではナーヴァスになっとったな。
 そやけど、いいプレーしとった。
 シンプルで速くて、いつも顔を上げてボールを出すところを探しとる」。


そう、自信もってプレーしてちょ。
パッパのテクに磨きがかかることを期待しております。


Prensa Libre


violetヘレスの巻

ウルグアイはモンテビデオへと渡ったリカちゃん、
ペニャロールと合流して、もう練習始めてるそうです。


現在はトップチームがまだヴァケーション中なので、
リカちゃんはエスペシアルカテの選手たちと練習してるそうな。
トップチームは来週半ばに始動とか。
一方リカちゃんのトライアル期間は2週間程度とされています。


さてさてペニャロールに残ることができるか。
幸運を祈っておりますよ。


violetタボの巻

アーフスへの移籍が決まっていたタボ・カブレラ、
本日やっとグアテマラを出発。
今晩はワシントンに1泊、翌日デンマークはアーフスに向うそうです。


ここ2週間ばかり、行き先未定のフレディ・トンプソンと共に
Proyecto Golで練習していたタボ、
慣れないデンマークはいろいろと大変だとは思うけれど
それを乗り越えて頑張って頂戴。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.83 

violetパッパ、プレーする

と言っても公式戦じゃあありませんけどね・・・。
エヴァートン相手の親善試合、シカゴが2-0で勝っていますが、
先発出場で45分プレー。
Chicago Fireの公式サイト

シュート数3本はロルフと並んでチーム最多。
よっしゃあ、その調子っ!頑張っちょくれ。
ちなみにパッパ、背番号はロホスの時と同じ16だそうです。


violetアリアサはサインする

エレディア-ハグアーレスといったんはご破算になった
エクアドル帰りのフアン・カルロス・アリアサ、
結局再度エレディアと話し合いをして、契約に至ったそうです。
契約期間は1年。


violetホンジュラス代表はグアテマラに来る

えーと、何しに来るかというと、練習しに来るんだそうです。
8月20日のW杯予選の対メキシコ戦に向けて、
高さに体を慣らすのが目的だそうで、
グアテマラシティーより標高の高いテクパン(2300m)で合宿するそうな。
La Red / Honduras prepara en Guatemala duelo ante Tri


テクパンて、クレマは以前から、
ロホスは今年からプレシーズンの合宿に使っていて
グアテマラシティーからは1時間半の、落ち着いた町です。
テクパンで7日ほど過ごしてからメキシコ入り。
さてこの作戦、結果をもたらしてくれるでしょうかね・・・。


ホンジュラスを代表する選手、ダビッド・スアソはメキシコ戦の参加は微妙。
というのはスアソがインテルに残るのか、あるいは他のクラブに移籍するのか、
今まだ決まっていない状態なんだそうで、
そんな時に呼んでもね、とレイナルド・ルエダ。


いや、でも、ぶらぶらしてるよりは
サッカーに打ち込んだ方がいいかもですよ?
ま、そんなこんなでホンジュラスは気合いが入っているのでした。


violetパナマはゴールドカップ、できる?

2009年のCONCACAFゴールドカップに向けて、
カリブは既に予選が始まってるみたいですけれど
中米予選となるネーションズカップは2009年1月にパナマで行われる予定、でした。


ところが。


開催場所となるロンメル・フェルナンデス・スタジアム、
現在改装中ですが、その工事がひょっとして1月までに終わらないかも?
という話がここに来て浮上しています。
La Red / Panama podria perder la Copa de Naciones


この工事、昨年のUNCAFクラブ杯の後、8月から改装工事が始まって
今年9月には完成して引き渡される予定だったらしい。
まあでも期日通りにいくわけがないのがアタリマエでして、
それでも3ヶ月余裕見とけば大丈夫だろ、と発注側は思ったんでしょうが、
多分パナマも今年は多雨なんじゃないですかねぇ~、
そういう影響もあったんだろうと思うのですが、
全然完成のかけらすら見られないような状況だそうです。


「もし、大会に間に合わないようなら、開催地を変更してもらうしかない」
とはパナマサッカー連盟のアリエル・アルベルト・アルバラドさん。
パナマ代表のW杯予選敗退の傷がまだ癒えぬところへ
何とも景気の悪い話ですが、
スタジアムの方はぜひとも完成させて、気持ち良くやりたいですよね。


*タグ/フアン・アリアサ(選手) マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.79 

violetモーヨ、もう練習よ

土曜日にブエノスアイレスに飛んで行ったコントレラス、
月曜日にメディカルチェックを受けて、
その日の内にアルセナルと契約。
契約期間は1年間だとか。


で翌日22日にはもう練習開始なわけであります。
いきなりオフィシャルサイトにも載せてもらったりなんかしていて。
オフィシャルサイト


アルセナル、今日23日に
2部のタイエーレス・デ・エスカラダってなクラブと練習試合。
コントレラスも45分出てまあまあだったみたいです。
試合は0-1で負けたんだけれどね。


さてこの後アルセナルは日本に飛んで
スルガ銀行チャンピオンシップってのをガンバ大阪とやるそうですが、
コントレラスはこれには同行せず。
まあまだそれよりもアルゼンチンの気候と風土に慣れた方がいいよな。
8月にはボカ相手のレコパもあるわけだし。頑張るように。


violetマルコ・パッパは

こちらもメディカルチェックを無事クリアーして1年の契約にサインしたとか。
何でもロホスのアメリカ遠征に同行していたロホス幹部も
シカゴまで駆けつけて、パッパの面倒見てやったとかいう話。


その期待に応えて、大きく花開かせてくれよ~。


violetそう言えば

今週末LNFが開幕するわけですが、無事開幕できるかどうか?
行方の怪しげなクラブが約2つ。


まず新加入のシナバフル
ここ、2部リーグに対して借金(詳細不明)があり、
まだ返済できずにいるのだとか。
なので、開幕戦、ホームでのロホス戦の入場料をそれに当てることで何とかして~、
とお願いしているところ。
相手がそれを飲んでくれなければ、LNFへの登録ができないという事態になるわけですが・・・、
問題はもう一つ。


先日、LNFがスタジアムのチェックをしたところ、
「観客が審判やアウェーチームのロッカールームに簡単に入り込める」
「FIFAで禁止されている簡易スタンドを設置しようとしている」
という2点が引っかかって、改修しなければスタジアムの使用は不可、
となってしまったのでありました。


う~むむむ、今まで時間があったのに、スタジアムの改修はやってなかったんかい・・・。
というわけで、今週の木曜日(って明日ですか)に再チェック。
それまでに改修できてなければ、開幕戦にはスタジアムでプレーできない、
すなわち、お金もそれほど儲からない(多分)ということになってしまうのであります。


現在突貫工事で塀を直しているという話ですが・・・、
お金もないのにね。
さて、間に合うか。


もう1つがハラパ
前執行部の時に契約してたオマール・ピバラルとマルビン・ソリスが
「まだ給料払ってもらってない!」とハラパを訴え、
こちらもこれが解決しない限り、LNFへの登録ができないのでありました。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長って、
いつも金策で大変な目にあってるようで、ちょっと同情するんですけれど。


最初は6回分割で支払うという提案をしたそうですが
相手が受け入れてくれず、
仕方がないので、多分また自分の家を担保にでもして
今週末に完済する予定だとか。


開幕に間に合わせないといけないですからね・・・。


新しい選手の契約もあったり、何かと物入りのシーズンオフ。
クラブ幹部にも頭の痛い季節なのかもですね・・・。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) シナバフル(クラブ) ハラパ(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。