スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.5 

どうも最近ニュース系ネタが書けないでいるのですが、ここは3つほど。

icon-flower-wineredマルビン・アビラ、中国へ

去年の11月だか12月のことでしたかねぇ、
ネーションズカップの直前だったと思いますが
代表に招集されたアビラ、練習を無断ですっぽかしたことがありました。
その罰として、1年間グアテマラ国内でのプレーの禁止と
代表からの永久追放が決まってしまい、
アビラにとってもグアテマラにとってもどうよ!?な気がするのですが、
それはともかく。


プレーできないアビラを置いとくなんて贅沢はできないロホス、
探し出した移籍先は中国は西安市。
スーパーリーグに所属する陝西宝栄滻灞足球倶楽部(せんせい-ほうえい-さんは-)、
えーーーと、ローマ字表記はShaanxi Zhongxin Chanbaらしいです。
どちらにしても読めないですが。


いやそれにしても、アビラが中国語をしゃべる様子が想像できない。
まだ小さい赤ちゃんはグアテマラに置いての単身赴任かな。


さて、中国と言えばマルビン・アビラの表記が一体どうなるのかが気になる。
で見つけたんですけれど、ここで再現できないような気がするので
クラブのオフィシャルサイトのマルビンのところをリンク。


最初の3文字で「マルビン」なんだと思うわけですが・・・、
最初の字はの略字かな。
2文字目はちょっとピンとこないんですが、
3文字目はビン


背番号は24番のようですね。
それにしても国籍:危地馬拉って・・・。
いや、こう書くとは聞いていたんですが、
馬も拉致される、いや、馬で拉致されるのか、
どっちでもいいですけれど、危地って表記は辞めて欲しいなぁ~。
グアテマラの治安が悪いのはきっとこの中国の当て字のせいだ!
(ちなみにグアテマラと国交のある台湾は別の字を使っていますが、
 確か最初の文字がだったような記憶が。どっちもどっち)


すっかり話が迷路に入ってしまいましたが、
迷路ついでにオフィシャルサイトをGoogleの翻訳機能で訳してみました


うーーんこれって、サッカーじゃなくてODAの話だったのか・・・。
文中出てくるモルヴァンてのがマルビンのことのようです。
タイトルは意味不明ですけれど、


また注目は、外国の援助を大幅に上昇しているとしている状態モルヴァン2倍の価値がある


そっか~、モルヴァンじゃなくてマルビン、2倍の価値があるのか。
良かった良かった。
しっかり頑張って、中国の人から愛されるような選手になっておくれよ。


icon-flower-wineredロコは結局どこにも貰ってもらえず

2月でしたか、韓国のチュンナム・ドラゴンズでトライアルを受けてきたロコ、
結局先方のお眼がねに叶わず帰国。
その後、今度は中国の、えーーーっと、早い話がアビラと一緒にトライアル、
という話で二人で西安入り。


しかし残念ながら、先方の予算では2人も雇えない、
ここはマルビンだけでいいよ~、という丁重なお断りを受けて
熨斗つけて帰ってきました、ロコ。髪も伸びてたけれど。


てなわけで、3月末からまたロホスにてプレーをしております。
ちょっと残念ではあるけれど、
ロホスにとっては結果的に良かったのかも。


icon-flower-wineredパッパ、好調

国外のクラブへ何とか移籍しても
その後スタメンを獲得するどころか、プレーするチャンスすら得られない選手とか、
プレーしてもチームは負け続け、みたいな選手が多いグアテマラ人たち。


その中で、チームの快進撃の立役者となっているのが
シカゴ・ファイヤーズのマルコ・パッパ。


昨シーズンはスタメンに定着できず、
シーズン開幕前の目標はスタメン定着だったようだけれど、
蓋を開けてみるとMLSの第4節まですべての試合に先発、
2ゴール2アシストと、ちょっと目を見張るような結果を出しております。


シカゴは2勝2分、東地区の首位に立っており、
幸先の良い出だし。
パッパにしても代表戦がない分クラブに集中できるという強みもあるし、
この調子でシーズンオフまで乗り切れますように・・・。


タグ/マルビン・アビラ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) マルコ・パッパ(選手)

スポンサーサイト

Exニュース No.4 

ちょっとサボっている間に、実はいくつか移動がありました。


icon-flower-wineredペスカド・ルイス、パラグアイへ

昨シーズン、ギャラクシーからトロントへ売り飛ばされたペスカド、
トロントからは契約延長をしてもらえず、
グアテマラに戻ってくるかもという噂もあったのですが、
最終的にはエベル・アルメイダが監督をする
パラグアイのオリンピアに拾ってもらえました。
そ、あのカルロス・フィゲロアと同じところでございます。


パラグアイは今週末にシーズン開幕しておりますが
オリンピアはまだ試合してないそうです。
フィゲロアはまだ足の故障が治らないようで、
開幕戦に間に合うかどうかは微妙だという話。


icon-flower-wineredエルメル・オサエタ、ウルグアイへ

私はこの選手のこと聞いたことなかったんですけれど、現在20歳。
ユース時代はロホス、スチ、ハラパと渡り歩いて
その後アルゼンチンのエストゥディアンテスへ。
12月にはウルグアイのナシォナルでトライアウトを受け
ナシォナルには拾ってもらえなかったものの、
2部のアトレティコ・ボストン・リーベルというクラブに移籍が決定。
ポジションはMFだそうです。


ウルグアイの2部は2月21日開幕。
同じくウルグアイの2部でプレーするリカルド・ヘレスと
顔を合わせることもあるかも。
まだ20歳だというのに、思い切ったものですよね。
ちょっと気にして見てみます。


icon-flower-wineredロコは、韓国!?

13日の金曜日になっていきなり降ってわいてきたニュースが
ロコが韓国に行くという話。
その13日の夜には既に飛行機に飛び乗って、15日に現地着。
移籍先は全南ドラゴンズ(チュンナム・ドラゴンズ)とか。


どこの誰がどういう経緯でロコに目をつけたんでしょう?不思議。
ロコにはいいプレーして欲しいと思う反面、
ロホスの行方が心配なんですけれど・・・。


ロホス、レギサモンもビヤトロも手放して、
残る快足と言えばロコくらいだったのに。大丈夫なんでしょうか。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) カルロス・フィゲロア(選手) エルメル・オサエタ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ぷちニュース No.95 

リーグ戦がない間に聞こえてきたゴタゴタ系移籍ネタとか。

violetフェルナンド・ガロは

いつの間にかスチを辞めてました。ビックリ。
今シーズンは確かに今ひとつだけれど、
昨シーズン大活躍してたのにねぇ~、
スチはウィリー・シムスを補強したからOKと思ってるってことか。


さてそのガロの行く先はミクトラン。
2部Bのクラブで、現在Bグループのトップを走っております。
2位がUSACなので、我が家的にはあまりありがたくない補強・・・。
頑張らなくていいよ、ガロ。


violetシナバフルは

相変わらずやりくりが苦しいようで、9月分のお給料、
先週土曜日にやっとこさ25%だけ支払ったんだそうです。


それに怒った
セサル・アニーバル・トゥルヒーヨ、
アンディ・トンプソン、
ホセ・ダニエル・カンポスの3人が
「こんなところでやってられるかぁ~」
と辞表を提出。辞めてしまいました。


この3人、いずれもスタメンクラスの選手で、
シナバフルにとっては大きな痛手。
さて、どこのクラブがこの3人を獲得するでしょうね?


violet一方ロコは

この前のトリニダード戦で怪我をした模様。
それも右膝靭帯損傷で3~4週間の負傷。


あ、それでトリニダード戦の後半は
ほとんど見当たらなかったんだな・・・、と納得。
多分、ファウルを受けた時に傷めたのではないだろうか。


というわけで、キューバ戦はおろか、
ロホスのCCL残り2試合もプレーできず。
代表ではとりあえずコントレラスかトリゲーロスが代役だと思うけれど、
右のSHがいない、んだよねぇ~、
代わりはやっぱりレギサモンかな。


それにしてもいい話題がないですな・・・。


*タグ/フェルナンド・ガロ(選手) ミクトラン(クラブ) シナバフル(クラブ) セサル・トゥルヒーヨ(選手) アンディ・トンプソン(選手) ホセ・カンポス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ぷちニュース No.76 

violetLNFは来シーズンから12チーム!?

それをやるなら今シーズンからやってよ・・・・・・。
USACがお願いしてたのにぃ。


まあいいです。
LNFの会長さんアルフォンソ・クルスによりますと、
2009-10シーズンは12のクラブで構成することとする。
ので、08-09シーズンは直接降格のクラブはなし、
通期で最下位のクラブは入替戦へ。


2部からは2チームが直接昇格、
多分これは前期王者と後期王者かな。
そして1チームが入替戦へ。
どうやって決めるのかは未定のようですが、そんなわけだそうです。


violetLNF今シーズンのユース規定

昨シーズンより更に厳しくなっています。
今シーズンは
U-20の選手をLNFで500分、
同じく20歳未満の選手をエスペシアルカテで3240分プレーさせること、
U-23の選手については、閉幕シーズンと同様800分を
リーグ戦(1節から18節の間に)LNFでプレーさせること。


カンテラのしっかりしてないクラブはちょっと大変かも。


violetロコ、メキシコ行きは夢の泡?

コアツァコアルコスに決まったはずのロコちゃんでしたが、
「ゴメン、やっぱ、いいわ~」と先方から言われたらしい?


ちょっと確定情報じゃあないんですが、どうやら赤鮫の監督カルロス・バレーラ、
ロコじゃなくてエクトル・アギラール(チリ)と
クラウディオ・ゴメス(アルゼンチン)と契約することにしたんだとかで、
「だからやっぱ、ええわ~、ごめんな」。
う~む、どうなってるんだかさっぱり話がわからんが、うりっ、舐めんじゃねー!
当のご本人は現在韓国にいるはずで、おコメント頂けません。


ロコがメキシコだからって、
ロホスはエドウィン・ビヤトロのレンタルバックももう決めてて、
ビヤトロ、もうロホスに合流してたのにねぇ。
さてこの情報、本当なんだろうか?


violetA代表の親善試合追加

8月の6日にジャマイカ相手の親善を計画中みたいです。
アメリカ相手の予選初日が20日ですから、
やるとすればこれが最後の親善試合かな。
何はともあれ、本番でうまく行きますように。


*タグ/マリオ・ロドリゲス(選手) グアテマラ代表

ぷちニュース No.75 

violetU-20監督決定

アルゼンチン人のネストル・オスカル・クラビオット。


・・・って誰だ?


えーーと、エストゥディアンテス、インデペンディエンテなどの選手だったことあり。
代表では11キャップ、ポジションはDF。
2000年からクラブの監督をしてたけれど、目覚しい活躍はしていない、と。
06-07シーズンは4部です?のセンテナリオの監督したけど、
いい結果を出せずにクビになった。
・・・・・・大丈夫か。


まあ、ですね、63年生まれの44歳と比較的若い監督さんなので、
選手たちといい関係を作れればいいですね・・・・・・。
とりあえず、フィジカル・コーチのセバスティアン・スコラーリと
GKコーチのリカルド・ヘレス(父、リカちゃんのパパ)は残留の模様。
アシスタントコーチは未定。


さてさてどうなりますことやら。


violetロコ、メキシコへ

ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲス、
結局メキシコの2部コアッツァコアルコスへの移籍が決定した模様。


1981年9月14日にグアテマラシティーで生まれたロコ、
USACからキャリアーを始めて次いでクレマへ。
この後MLSのコロンバス・クルー、USLのマイアミFCを経て
グアテマラに舞い戻ったと思ったら今度はロホスへ。
そして今度は赤鮫のコアッツァコアルコス。
しっかり頑張って来てくださいまし。


violetパッパはアメリカへ

ロホスのおイモちゃん?ことマルコ・パブロ・パッパ・ポンセ、
シカゴ・ファイヤーと合意に至り、残るはサインするだけらしいです。


代表のロコがメキシコ2部なのに
代表に選ばれてないパッパがMLSとはこれいかに?
と思ったら、現在20歳のパッパ、
23歳以下は外国人でも制限なし、というMLSの規定を利用しての移籍なんだとか。
逆に言えば、この2年ほどで結果を出さなければ帰ってくることになるのかも?
パッパは将来が楽しみだし、MLSでうまく伸びてくれることを祈る・・・。


でこのパッパ、グアテマラ人では9人目のMLSプレイヤーかな?
ショートリストなので全部書き出しますと

  • ホルヘ・アレクサンデル・ロダス(96 - サンノゼ・アースクイックス)
  • マルティン・マチョン(97-98 - LAギャラクシー、00 - マイアミ・フュージョン)
  • フレディ・ガルシア(02-03 – コロンバス・クルー)
  • カルロス・ルイス(02-現在 - LAギャラクシー、ダラス)
  • ギジェルモ・ラミレス(05 – LAギャラクシー)
  • グスタボ・カブレラ(05-06 – レアル・ソルト・レイク)
  • マリオ・ラファエル・ロドリゲス(05 – コロンバス・クルー)
  • ウィリー・シムス(06 – ニュー・イングランド・レヴォルーション)


この中でそれなりに活躍できたのって、マチョンとペスカドくらいかなぁ。
テクニシャンのパッパ、MLSでタフさも身につけてきてください。
それから、ブランコさんに可愛がってもらうように。


さてそれにしても、ロホスは一体どうするんでしょうね・・・?


*タグ/U-20グアテマラ代表 ネストル・クラビオット親分 マリオ・ロドリゲス(選手) マルコ・パッパ(選手)

ぷちニュース No.74 

violetペスカドの行方は?

まだ公式には出ていないようですが、ギャラクシーから解雇されたという話。
今シーズンギャラクシーに移籍したものの、初戦に相手のファウルで負傷、
最近やっとこさ復帰したばかりですが、
ペスカド不在でも好調だったギャラクシーに、
今更ペスカドの居場所はないってことらしい。


いや、実はもう一ひねりして
「ギャラクシーはロナウジーニョを狙ってるから外国人枠を空けないといけない」
という話もあったりするんですがね・・・・・・。


で、ペスカドの次の行き先は同じMLSのコロンバス・クルーになる模様。
ま、プレーできないところよりかはプレーできるところの方がいいよね。
元気で頑張ってちょ。


violet人事異動

海外への移籍の話、いくつか取り上げておきます。

  • ロコ
    ロコ自身は「海外移籍の話はもうない」と言ってるらしくて、
    ロホスのヘラルド・ビヤ会長は「まだ何とも言えない」
    と言ってるらしいんですが、何がどうなってるのかさっぱり不明ながら
    ロコはロホスに残留することになるかも?


    ロホスとしてはロコが海外移籍なら
    スチにレンタル中のエドウィン・ビヤトロを呼び戻す予定で、
    ビヤトロのレンタルを続けて欲しいスチにとっても気になるところ。


  • フレディ・トンプソン
    クレマに戻ったばかりのトンプソンですが、代理人によると
    「メキシコの2部かMLSから話あるんだ」とか。
    トンプソン、MLSのチバスUSAに2度チャレンジして苦い思いをしてるし、
    今度こそは決まるといいけれど。


  • マルコ・パッパ
    これはちょっとびっくりでしたが、パッパがシカゴ・ファイヤーに移籍とか。
    もう話はかなり進んでいて「近日中に契約になりそう」なんだとか。
    いやいやそれはメデタイし、
    パッパにとってもいいチャンスだと思うけれど、
    ロホスのMF、ひょっとして足りなくありませんかね?


violetさて、2部の日程とか

決まった模様です。
開幕は8月の2、3日になる模様。


とりあえず、A組とB組の組分けだけ書いておきます。( )内は県名。
A組(西部・南部)
  • ラ・メシーヤ(ウエウエテナンゴ)
  • ラ・ゴメラ(エスクイントラ)
  • コアテペケ(ケツァルテナンゴ)
  • アウロラ(グアテマラ)
  • アンティグア(サカテペケス)
  • アマティトラン(グアテマラ)
  • サン・ペドロ(サン・マルコス)
  • ヌエバ・コンセプシォン(エスクイトラ)
  • フベントゥ・レタルテカ(レタルレウ)
  • マラカテコ(サン・マルコス)


B組(北部・東部)
  • ミクトラン(サンタ・ロサ)
  • カルチャ(アルタ・ベラパス)
  • コバン・インペリアル(アルタ・ベラパス)
  • サナラテ(エル・プログレッソ)
  • アチュアパ(フティアパ)
  • サカチスパス(サンタ・ロサ)
  • USAC(グアテマラ)
  • サン・ベニート(ペテン)
  • ミスコ(グアテマラ)
  • グアスタトーヤ(エル・プログレッソ)


来シーズンこそは昇格するぞ~、がんばれ”U”!


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) マルコ・パッパ(選手)

ぷちニュース No.69 

violetロコ、メキシコへ?

コロンビアのクラブからオファーがあるという、
ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲスですが、
そこにメキシコのコアッツァコアルコス(早口言葉か、これは)から
オファーが届いた模様。


両方を見比べたロホスフロント、
「おいっ、こっちのオファーの方がええでー。メキシコ行けっ、ロコ!」
と言ったかどうかは知りませんが、どうもこちらの方が本命になりそうです。


ただし、来週に控えているハラパとのCCLシード権決定戦には
ロコもロホスでプレー。
ロホスのロコを見るのはこれで最後かもなぁ~、と思ったら、
コアッツァコアルコス、ここもロホスってニックネーム?
ティブローネス・ロホスねぇ、ユニも赤と青だったりするしなぁ。
案外すんなり入れるかもね、ロコちゃん。


にしても、コロンビアの1部よりメキシコの2部の方がたくさん払ってくれるって、
やっぱりメキシコ、景気良いのね。



violetクレマに戻ったと思ったトンプソンは

結局、クレマと契約内容で合意に至らず。


ところがトンプソンの場合、クレマがロホスに違約金$25,000を支払っていたので、
今度はトンプソンか移籍先のクラブがこれを支払わなければいけない。
もともとトンプソン欲しいって言ってたクラブはあったわけですが、
ロホスは「クレマ以外ならレンタルしてあげる」って言ってたので、
こうなってくるとどうなるのかよくわからないですねぇ~。


いっそのこと、トンプソンも海外に高飛びか!?


violetさて代表の親善試合

今度のアメリカ・韓国遠征しての
ホンジュラスU-23と韓国U-23戦のメンバーが発表になっていますが、
これはまた別途。
3試合目の相手が決まったようです。
7月19日、韓国からアメリカに戻って、シカゴ・ファイヤー!だって。


その後は8月20日のアメリカ戦になるのかなぁ?
いやぁ、多分きっとどこかと親善やるんですよね、きっと。


violetコスタリカのメドフォード監督は、

遂にクビが発表されました。
本人はまだやりたかったみたいで、
私も是非続けて欲しいと思っていたんですが。


後任には前から名前があがっているボリーヨことエルナン・ダリオ・ゴメス、
ルイス・フェルナンデス・スアレス、そしてセルヒオ・マルカリアンの名が。
と思ったら、え、ケントンの名前もあるとかないとかいう噂が。


まあケントンは「いや、誰も連絡してきてないよ。大体私は今、U20に集中してるから」。
オリンピック予選が終わった時点だったらどうなったかわからないけれど、
今なら大丈夫かな(多分)。続けてちょふだい、ケントンさん。


*タグ/グアテマラ代表 マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) ケントン親分

ぷちニュース No.65 

violetグアテマラ代表一行は

日曜日の夜の便でカリフォルニア州はオックスナードに移動。
木曜日にロサンゼルス入りするまではオックスナードで合宿するんだとか。


violet一方、セントルシア代表ご一行は

水曜日にアメリカへ移動の予定。
まあ、グアテマラの方が物価安いしね、多分。
ゆっくりのんびりして行ってください。


で、昨日・今日と、ウチの代表がいなくなったので
Proyecto Golを借りて練習したんだとか。
至れりつくせりって気がしないでもないが・・・、
いい試合を期待しておりますよ。


いや実は今日、セントルシア代表が宿泊しているという
ホテルの近くにあるスーパーに行ったら
なんとなくそれっぽい人たちがいたんですが・・・。
ひょっとしたらひょっとしたのかもね?


violet順延になってたアンティグア・バーブーダとキューバの試合は

キューバが3-4で勝ったそうです。
データは多分セカンドレグの結果と共にお伝えできるかな、と。
それにしてもキューバ、選手たちが亡命しても亡命しても
やっぱり勝っちゃうんですよねぇ~。


violetコスタリカのメドフォード監督の運命は

グレナダとのセカンドレグの結果如何という話だったのですが、
どうやら勝っても負けても退任の模様。


ん~、このタイミングで切るなら、どうしてもっと前に切らなかったんでしょね?
後悔先に立たずかもな、コスタリカ。


選手時代はコスタリカのヒーローだったエルナン・メドフォード、
残念ながら監督としては今ひとつな結果しか残しておりません。
就任が2006年10月、アレクサンドレ・ギマラーレスの後任として代表就任。
23試合を率いて現在まで6勝12分5敗という成績。


後任としては前クルス・アスル監督のマルカリアンだとか
前チャピンランディア代表監督のボリーヨとかの名前が挙がっております。
わはは・・・・・・。


というわけで、グレナダとのセカンドレグが最後の試合になりそうですが、
メドフォードは2-2の引き分けに終わったファーストレグ、
「いや、何もかもがダメだったってワケじゃなかったっしょ。
 グレナダみたいないいチーム相手に、アウェーで引き分け、
 それも前半25分で2-0で負けてたところから
 引き分けに追いついたんだからね。
 ホームでは、いい試合をして勝つから、まあ見ててよ」。


物は言いようですな・・・。
ちなみにFIFAランキングではコスタリカが75位、
グレナダが143位。
ちなみに139位のバミューダはアウェーで
87位のトリニダードに勝ったんでしたっけね・・・。


まあ、ランキングだけではわからないのがサッカーとは言え、
最近のコスタリカはまったくいいところないからなぁ。
最後はしっかりいい試合して退任してくださいよ、メドフォードさん。


violetエルサルバドル代表の

カルロス・デ・コボス監督は相変わらずコボスております。
「パナマ戦の前日の夜、ホテルの前で大音量で音楽を流してた連中がいて
 良く眠れなかったんだ。いや、実にけしからん!」。


というわけで、セカンドレグではパナマ代表宿泊ホテル前で
サルバドレーニョがどんちゃん騒ぎをする予定・・・かもしれません。


とにかく、遺恨の残らない試合となって欲しいものですが。


violetさて、グアテマラのクラブの方は

CCLに参戦するハラパとロホスはもうプレシーズン開始してます。
ハラパは来シーズンの登録選手がほぼ固まったようですが
ロホスはまだまだこれかららしく、
セルビン・モッタとエディー・オルティスの復帰以外には
新しく入ってくる選手の情報がありません。


一方、出て行く選手として名前が挙がっているのがパンドとロコ。
これはまだ噂話でしかありませんが、
パンドはどうやらエクアドルのデポルティーボ・キトだとか。
キトって、今エクアドルリーグの首位に立ってるみたいで、
来シーズンは国際大会も可能性あるのかな?
決まるとおもしろそうかも。


ロコも噂話ですが、コロンビアのクラブからお誘いがあるとか。
コントレラスもアルゼンチンだとすると、
どうやら一頃のMLS移籍ブーム?みたいに
今度は南米への移籍ブームなんでしょうか?
皆、活躍できるといいけどね。


*タグ/グアテマラ代表 ギジェルモ・ラミレス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ダニー・オルティスのこと 

選手のことなども取り上げてみたいなぁ~、と思いながら
時間のないままだったのですが、
やっとこさ少し余裕が出来てきたので念願の選手紹介シリーズ。


そのトップバッターは、今は亡きダニー・オルティス
元気でいれば、今も代表のゴールマウスを守っていたかもしれない選手、でした。


ホスエ・ダニー・オルティス・マルドナード(Josué Dany Ortiz Maldonado)は
1976年7月26日ケツァルテナンゴ県コアテペケ市で出生。
スチテペケスでプロデビュー、コアテペケ、カルチャを経て
2001-02年の開幕シーズンよりクレマでプレー。
当時はエドガル・エストラダが第1GKとしてクレマでプレーしていたため、
あまり出場機会はなかったようですが、
翌シーズン、ガト・エストラダのロホスへの移籍の後は
ゴールマウスを守るようになりました。


2002-03年の開幕シーズン前に、
そのガト・エストラダと交換トレード?でロホスに移籍。
ちょっとプレーが軽いとか不安定とか言われながらも、
パウロ・セサル・モッタと競い合い、第1GKの座をゲットします。


2004年2月29日11時。
この日、マテオ・フローレスではロホス-クレマのクラシコが行われました。
早い時間にジョニー・クベロ(クレマ)がゴールを決め、
23分にはクリスティアン・チャパーロ(ロホス)がレッドをもらい、
39分にはセルヒオ・モラレス(クレマ)が追加点を決め、
前半で既に勝負あったかのような試合でした。


そして78分。
マリオ・ロドリゲス(クレマ)がゴールに襲い掛かってきたのを止めようとして、
オルティスが飛び出し、ロドリゲスと衝突。
オルティスは胸を強打し、意識不明の状態で病院に運ばれます。
一旦は意識を回復したものの、内出血の発見が遅れたため、
15:35、病院で息を引き取ったのでした。享年27歳。


Dany Ortiz

代表では2001年2月のパナマ戦でデビュー。11キャップ。
2003-04年の開幕シーズンをロホスで優勝。


ダニーが亡くなった年の閉幕シーズン、
ロホスはリーグ戦をトップで通過しますが、
決勝シリーズではコバンに負けて準優勝。
でもその翌シーズンより、破竹のリーグ5連勝を実現しています。


これは余談ですが、ダニーの亡くなった後、
マリオ・ロドリゲスは脅迫電話を受けたり、
スタジアムでも大変なブーイングを受けたりと、
かなり大変な目にあっておりました。
ですから、このシーズンが終わった後、
ムニシパルに移籍した時には皆仰天したものでしたが・・・・・・、
ダニーの分まで頑張ってくれよ、ロコ。


彼の死後、最優秀GKに贈られる賞は、
「ホスエ・ダニー・オルティス賞」と呼ばれるようになっています。


不運な事故ではありましたが、
救急隊員がケアーするまでのタイミングが遅れたこと、
大量の内出血が見逃されてしまったこと、などを踏まえ、
試合で起こる事故・怪我に対する処置が見直されるようになってはいます。


サッカーに怪我は付き物。
であるからこそ、このような不幸な事故が二度と起こらないよう
万全の体勢を取ってほしいと、切に願うものではあります。


*タグ/ダニー・オルティス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ペスカドの手術とか、今日のニュース三題+おまけ 

ペスカド、手術。


ペスカドことカルロス・ルイス、右膝の半月板の手術をすることになりました。
以前から痛みがあったそうで、医師からも
「シーズン終了後に手術せなあかんで」と言われていたんだとか。


と言うわけで、ダラスも敗退したことだし、手術するなら今だよね?
いや、ちゃんとボリーヨ親分とも相談して決めたんだそうです。
「来年の予選に間に合わせーや、て言われてん」。


手術と言っても、切った、縫ったの手術ではなくて
関節鏡を使って半月板をゴリゴリするんだそうで、3週間程度で復帰できる模様。
手術は13日にダラスで行われる予定。


余談ですが、実はペスカド、ロホスのUNCAFクラブ杯で助っ人として参加か!
という噂もあったんですが、ご破算です。
ロホス、大丈夫かなぁ~。


ロコ、も手術。


11日のマルケンセ戦で顔?頭に膝蹴りを食らったロコことマリオ・ロドリゲス、
左の頬骨骨折で、当日のうちに手術したそうです。
経過は順調で12日には退院しておりますが、4週間はプレーできないとか。


代表、これでFWが2人減ってしまいましたね??
セルビン・モッタとか、ウィリー・シムスとか試すいい機会とも言えるかぁ・・・。


代表はともかく、マジで心配なのが、ロホス。
ロコがいないFWはとても機能するとは思えない・・・。
どーやって乗り切るんだ、UNCAFのアラフエレンセ戦。


ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞


2007年から、ラテンアメリカで最多得点をした選手に、
Bota de Oro(ゴールデンブーツ)が贈られることになったんだそうです。


本家のゴールデンブーツは各シーズンで表彰されますが、
ラテンアメリカ版ボタ・デ・オロは暦年。
各国リーグでの得点を加算するわけですが、
そのリーグのレベルも勘案して、1得点につき各国ごとに定められたポイントをかけて算出します。


ポイント数が2なのがアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、
1.5がコロンビア、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、エクアドル、
1がペルー、ベネズエラ、グアテマラ、ボリビア、ホンジュラス、パナマ。


とりあえず上記の国が対象の模様。ん?コスタリカは・・・?ま、いっか。


さてさてもうすぐ1年が終わるわけですが、
現在のところ初代ボタ・デ・オロに一番近いのがアルゼンチンのヘルマン・デニス(インデ)。
20ゴールなのでポイント2をかけて40点。
う~んむむむ、グアテマラのリーグだと年で40~50ゴールしないといけないかぁ・・・。
さすがに厳しそ・・・・・・。


おまけニュース。ギャラクシーがペスカド欲しいとか・・・


LAギャラクシーと言えば、監督がルート・フリットに代わったばかり。
でもってなぜかこのタイミングで「ペスカド欲しい」という声が聞こえてきております。
声の主はギャラクシー会長のアレクシス・ララス。


ペスカドと言えば、ギャラクシー時代に大活躍。
ペスカドがいなくなった年は、たしかパンドが優勝を決めるゴールを決めたのではなかったかな?
というわけで、実はグアテマラ人選手とギャラクシーの相性は結構良かったりするのであります。


ベッカム様を取っても優勝できなかったギャラクシー、
やっぱりこうなったら頼れるのはグアテマラ人しかいない!?


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) ゴールデンブーツ(賞)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。